くだもの絵本おすすめ10選!フルーツが食べたくなる人気作品を紹介

スイカを食べる子供

子供が大好きないちごやバナナ、りんごなどの身近な「くだもの」がテーマの絵本をあつめました。美味しそうな色とりどりのフルーツがいっぱい。食べ物への興味や関心を高めてくれる、編集部おすすめの絵本を年齢別でご紹介します。

【0歳・1歳~】「くだもの」がテーマのおすすめ絵本

1.くだもの

くだもの 絵本

出典:www.fukuinkan.co.jp

子供たちが大好きなスイカやりんご、いちご、さくらんぼなど、いろいろなくだものが登場する絵本。みずみずしく描かれた、くだものに注目です。

くだものの名前が描かれたページと、食べやすい形にカットされたくだものを「さあ どうぞ」と差し出すシーンを繰り返します。

小さな子供でも分かりやすく、食べ物に興味を持ち始めた子供におすすめですよ。

くだものの名前も自然と覚えられますね。「このくだものは何かな?」「さあ どうぞ」「いただきます」など、コミュニケーションを取りながら読みたい1冊。

◇口コミ

くだものを読んだ人の口コミ

くだものの名前を教えたくて0歳の娘に購入しました。買って大正解でした!1歳半となった今でも毎日読むほど、一番お気に入りの絵本となりました。食べるマネをしたり、「どうぞ」と言って私に食べさせたりしてくれます。この絵本で「いただきます」と「ごちそうさま」の挨拶、「おいしい」のことばを覚えられました。

くだものを読んだ人の口コミ

息子が1歳になる頃にこの絵本と出会い、今は1歳の下の子が読んでいます。「さあ どうぞ」と言いながら娘の口元へ運ぶマネをすると、口を開けてモグモグ。息子が妹に読んであげている姿を見ると、簡単なやり取りなので、兄妹遊びにもなる絵本なんだな、とほのぼのしました。

◇商品詳細

●出版社:福音館書店
●作:平山 和子
●ページ数:24ページ
●税込価格:楽天/972円、Amazon/972円 中古1円~

(2019年9月27日 9:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

2.くだものさん

くだものさん 絵本

出典:hon.gakken.jp

人気作家、tupera tupera(ツペラツペラ)さんの折りたたみ仕掛け絵本。一度見たら忘れられない、独特な表情のくだものに注目です。

「くだものさん くだものさん だあれ」「ぽろりん ○○さん」の繰り返しとシンプルな仕掛けで、子供の興味心を誘います。

葉っぱに隠れたくだものを見て、当てっこゲームをするのも楽しそう。くだものの名前も自然と覚えられますね。葉や枝の形もリアルに描かれていますよ。

出産祝いやファーストブックにおすすめの1冊。サイズが小さく、持ち運びも便利です。

◇口コミ

くだものさんを読んだ人の口コミ

息子がちょうど1歳の頃に読み聞かせを始めました。当時は全く興味を持ってくれませんでしたが、1歳2ヶ月の今は、仕掛けをめくって楽しんでくれています。特にぶどうさんがお気に入りのようで、仕掛けをめくる前からいい顔をしています。食べるマネもしてくれるようになりましたよ。

くだものさんを読んだ人の口コミ

現在1歳4ヶ月の子供のお気に入りです。本棚から選び「読んで」と毎日お願いされます。自分で仕掛けをめくるのが楽しいようです。絵本の途中で出てくるリスさんに、ぺこっとあいさつをしています。

◇商品詳細

●出版社:学研プラス
●作:tupera tupera(ツペラツペラ)
●ページ数:38ページ
●税込価格:楽天/1,026円、Amazon/1,026円 中古416円~

(2019年9月27日 9:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

3.りんごりんごりんごりんごりんごりんご

りんごりんごりんごりんごりんごりんご 絵本

出典:www.amazon.co.jp

「あるひ りんごが ころんと おちた」から始まる、りんごの冒険絵本。真っ赤なりんごが緑の大地を転がり、いろいろなものにぶつかりながら転がっていきます。

「りんご りんご りんご」とリズムよく繰り返す内容に、子供たちが大喜びすること間違いなし。点と線で描くシンプルなりんごの表情が少しずつ変化する様子が可愛く、大人も釘付けになります。

抑揚をつけて読み聞かせをするのがポイント。はっきりとした色彩で描かれているので、0歳の赤ちゃんから楽しめるおすすめの1冊です。

◇口コミ

りんごりんごりんごりんごりんごりんごを読んだ人の口コミ

1歳の子供に読んでいます。自分なりに毎回同じリズムで読んでいると、嬉しそうに体全体を揺らして聞いてくれます。絵本を読む時間がとても楽しいです。

りんごりんごりんごりんごりんごりんごを読んだ人の口コミ

3歳の息子が自分で読んだり、0歳の弟に読んであげたりしています。りんごを見ると「りんご りんご りんご」と言っています。

◇商品詳細

●出版社:主婦の友社
●作:安西 水丸
●ページ数:24ページ
●税込価格:楽天/918円、Amazon/918円 中古1,670円~

(2019年9月27日 9:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

【2歳・3歳~】「くだもの」がテーマのおすすめ絵本

4.いちご

いちご 絵本

出典:www.fukuinkan.co.jp

いちごがいつ植えられて、何色の花が咲くか知っていますか?こちらの絵本は、いちごを植えてから、食べ頃になるまでを描いた絵本です。

手を伸ばして食べたくなってしまうほど、本物そっくりに描かれたいちご。絵だけを見ても十分楽しめるので、いろいろ子供とお話をしながらページをめくるのも良いですね。

いちごが好きな子供におすすめです。こちらの絵本をきっかけに、プランターでいちごを育ててみたり、いちごの収穫体験に行ってみたりしてはいかがでしょうか?

◇口コミ

いちごを読んだ人の口コミ

2歳の娘に。丁寧に描かれた本物そっくりのいちごの絵で、食べるマネをするのが楽しいようです。熟れる前のいちごのときは「すっぱい!」真っ赤ないちごのときは「甘~い!」と楽しんで読んでいます。

いちごを読んだ人の口コミ

いちごが大好きな1歳の息子に読みました。表紙にはいちごの実が描かれていますが、絵本を開くとはじめは苗のみ。それが育っていちごになります。売られている食べごろのいちごしか知らなかった息子は、とても興味深そうにジッと見つめていました。読むたびに新しい発見もあるようで、食育の絵本としてもよさそうですね。1ヶ月近くたちますが、飽きずに繰り返し読んでいます。

◇商品詳細

●出版社:福音館書店
●作:平山 和子
●ページ数:24ページ
●税込価格:楽天/972円、Amazon/972円 中古280円~

(2019年9月27日 9:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

5.くだもの だもの

くだものだもの 絵本

出典:www.fukuinkan.co.jp

くだもの名前を使った言葉遊びが楽しい絵本。声に出して読むのがおすすめです。

「かいすいよくには いかない スイカ」「キウイ うきうき うきわでおよぐ」など、子供がマネをしたくなるリズミカルで楽しい言葉ばかり。

海水浴場を舞台としたストーリー性のある絵本なので、言葉遊びと物語を同時に楽しめるのがよいですね。

擬人化されて描かれたくだものは、どれも本物のような質感。楽しく言葉を覚えてほしい人におすすめです。

◇口コミ

くだもの だものを読んだ人の口コミ

3歳の娘は「マンゴーのまご まごまご まいご」が気に入ったらしく、この絵本のことも「マンゴーの本」と呼んでいます。2週間ほど経つと全部のページを覚えてしまい、今では毎日お人形さんやぬいぐるみに読んでいるほど何度も読んでいます。

くだもの だものを読んだ人の口コミ

くだものが大好きな3歳の息子に購入しました。案の定、くだものへの食いつきが凄かったです。ダジャレ風の文章にピンときていないようでしたが、可愛いくだものの絵を見て楽しんでいます。

◇商品詳細

●出版社:福音館書店
●作:石津 ちひろ/絵:山村 浩二
●ページ数:24ページ
●税込価格:楽天/972円、Amazon/972円 中古252円~

(2019年9月27日 9:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

6.くだもの なんだ

くだもの なんだ 絵本

出典:www.fukuinkan.co.jp

人気絵本『やさいのおなか』のくだもの編!モノクロで描かれたくだものの断面図やシルエットを見て、何のくだものなのか当てましょう。

不思議なシルエットが登場し、次のページに答えのくだものが描かれています。大人も「何だっけ?」と思うほど、単純なようで難しいくだものばかり。親子で楽しめるくだもの絵本を探している人に、おすすめです。

こちらの絵本をきっかけに、くだものの断面図を見たり、話題が出ると良いですね。くだものそれぞれのタネにも注目です。

◇口コミ

くだもの なんだを読んだ人の口コミ

子供が1歳になる前から読んでいます。初めて読み聞かせをしたときは、もう釘付け!現在1歳4ヶ月となり、言い当てることはできないものの、くだものの名前をすべて言えるようになりました。夢中で見てくれる素敵な絵本です!

くだもの なんだを読んだ人の口コミ

難問だらけの1冊ですが、とても気に入って何度も読んでいる2歳の娘は、「なし!」「キウイ!」「カキ!」と、見てすぐに正解を言えるようになりました。食べるだけではなく、形を子供に見せて一緒に楽しむのがいいのかもしれませんね。大人もハッとさせられます。今度キウイを買って、娘に見せようと思います。

◇商品詳細

●出版社:福音館書店
●作:木内 勝
●ページ数:48ページ
●税込価格:楽天/1,080円、Amazon/1,080円 中古612円~

(2019年9月27日 9:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

【4歳~】「くだもの」がテーマのおすすめ絵本

7.とんでいったりんご

とんでいったりんご 絵本

出典:www.amazon.co.jp

お腹いっぱいのねずみくんは、食べかけのりんごをポイッと捨ててしまいます。すると、ミミズクくんに当たりくじらの上に落ちて、ラクダがいる砂漠を超えていきました。

くだものを含め、食べ物の大切さを教えてくれる絵本。ねずみくんがポイっとした行動を見て「ゴミ箱以外にゴミを捨ててはいけない」と、マナーを教えるきっかけにもなりますよ。

テンポのよい展開なので、最後まで集中してお話を聞いてくれるはず。絵本に登場する動物を順番に並べると「ねずみ ミミズク くじら らくだ・・・」と、しりとりとしても楽しめる絵本です。

◇口コミ

とんでいったりんごを読んだ人の口コミ

いろいろな動物が出てきます。1歳半の娘のお気に入りで、りんごや動物を指差して喜んでいます。絵のタッチが優しく、ほのぼのとした絵本です。

◇商品詳細

●出版社:学研プラス
●作・絵:ふくだ としお
●ページ数:32ページ
●税込価格:Amazon/中古844円~

(2019年9月27日 9:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

Amazonで見る

8.いちごパフェエレベーター

いちごパフェエレベーター 絵本

出典:www.rakuten.co.jp

見ているだけで美味しい気分になれる、ユーモアと可愛さが詰まった絵本。表紙いっぱいに描かれた、いちごパフェが印象的です。

スイーツの層をエレベーターで移動して、お客様をご案内します。パティシエのパフェスキーヌさんは、カステラさんやバナナさん、いちごさんなどのお客様を、どんなフロアに案内するのでしょうか?

スポンジに生クリーム、いちごなど、甘いものやくだものが好きな子供には堪らない1冊。「美味しそう!」と言ってしまうほど、魅力的な世界観ですよね。

絵本を読み終えたらパフェが食べたくなるはず。スイーツが好きな子供におすすめです。

◇口コミ

いちごパフェエレベーターを読んだ人の口コミ

いちごが好きな4歳の娘が喜びそうだなと思い購入。娘はリゾートバナナの階が好きなようで、キャラクターを指差しながら笑っています。カラフルな色と、はっきりとした線で描かれているので、子供が喜ぶ絵本だと思います!

いちごパフェエレベーターを読んだ人の口コミ

3歳1ヶ月の息子は、エレベーターに乗り込む甘い彼らにテンションが上がり、満面の笑み。7階では「バナナの仲間だねぇ」、最上階では「みんな、いちごの仲間だねぇ」と楽しそうに読んでいます。

◇商品詳細

●出版社:教育画劇
●作・絵:石崎 なおこ
●ページ数:32ページ
●税込価格:楽天/1,188円、Amazon/1,188円 中古455円~

(2019年9月27日 9:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

【5歳~】「くだもの」がテーマのおすすめ絵本

9.くだものさがしもの

くだもの さがしもの 絵本

出典:www.rakuten.co.jp

迷路や間違い探し、ダジャレ、絵探しなど、内容が盛りだくさん!本物そっくりに描かれたくだものにも注目の絵本です。

バナナのページでサルを見つけたり、なしのページで絵探しをしたりと、子供が成長してからも楽しめる1冊。

簡単な問題から難しい問題があるので、親子で一緒に謎を解くのも面白そう。くだものはどれもみずみずしく、色鮮やかで美味しそうですよ。

◇口コミ

くだものさがしものを読んだ人の口コミ

迷路や間違い探しが6歳と4歳の子供にぴったりで、とても楽しそうに読んでいました。ぶどうの粒を数えたり、切り取った形を当てたり、一つひとつ異なる問題で飽きずに楽しめると思います。キャラクターものの探し絵より、こちらの絵本の方が好きです。

◇商品詳細

●出版社:PHP研究所
●作・絵:はらぺこめがね
●ページ数:32ページ
●税込価格:楽天/1,404円、Amazon/1,404円 中古1,200円~

(2019年9月27日 9:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

10.くだものおばけやしき

くだもの おばけやしき 絵本

出典:www.rakuten.co.jp

「くだものがおばけ」という斬新な発想が面白い、少し怖くて笑える楽しい絵本。

ある日、空き地だった隣に突然、家が現れました。家主に誘われて入ってみると、そこはくだものおばけの家だったのです。

おばけは怖いイメージがありますが、こちらの絵本に出てくるおばけは大丈夫。ご挨拶用のくだもののカゴ盛りを用意するほど、礼儀正しいのですから。

いちごやバナナ、キウイなど、くだものが好きな子供におすすめ。夏の涼しい夜に読みたい1冊。

◇口コミ

くだものおばけやしきを読んだ人の口コミ

おばけなので普通のあいさつではなく、驚かしておばけっぽくあいさつをするのですが、礼儀正しいのです。8歳の息子は「こんなお隣さんがいたらいいな~」と言いながら、絵本を見ていました。

◇商品詳細

●出版社:ひかりのくに
●作・絵:酒巻 恵
●ページ数:32ページ
●税込価格:楽天/1,296円、Amazon/1,296円 中古816円~

(2019年9月27日 9:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

絵本を通してくだものの魅力を感じよう!

バスケットに入っている果物

こどば遊びやストーリーを楽しみながら、食材への魅力を伝えてくれるくだもの絵本。

「美味しそう」「食べてみたい」の気持ちを誘ってくれるので、くだものが大好きな子はもちろん、最近くだものを食べてくれないと、悩んでいる場合にもおすすめです。

ぜひお気に入りの一冊を見つけてみてくださいね。

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter LINE@