冬に読みたいおすすめの絵本15選!雪遊びや心温まる季節の絵本を紹介

寒い冬の雪だるま

の寒い日には、この季節だからこそ味わる絵本を読んでみませんか?「冬」をテーマにした絵本には、雪だるまやスキーなどの雪遊び、あったかお風呂のおはなし、ほっこり心温まる物語など、冬のならではの楽しみがたくさん。

そこで今回は、冬に読みたいおすすめの絵本をご紹介します。名作から注目作品まで、読み聞かせにぴったりな絵本をあつめました!

冬に読みたい!雪の絵本

雪が降ると、子どもたちはいつもと違う外の景色にワクワク。雪だるま、雪合戦、スキーなど雪遊びの楽しさが伝わるストーリーや雪景色が美しい絵本など、雪の魅力がことばと絵を通して表現された、おすすめの絵本をご紹介します。

1.14ひきのさむいふゆ

14ひきのさむいふゆ 絵本

出典:www.amazon.co.jp

森の草木や木の実、自然の描写が美しいと話題の大人気絵本「14ひきのシリーズ」から、冬におすすめの1冊です。

寒い冬。14匹のねずみの家族たちは暖かい家の中で、おばあちゃんの作ったおまんじゅうを食べたり、ゲームをしたりして過ごします。雪が止んでからは、家族みんなでソリ遊び!

冬を存分に楽しく過ごす方法を教えてくれる絵本です。家の中でも外でも、寒い季節だからこその楽しみ方があるはず。

文章も短く、小さな子供も楽しく読み進められます。冬ならではの美しい雪景色も楽しんでくださいね。

◇口コミ

14ひきのさむいふゆを読んだ人の口コミ

3歳の娘と北国で雪遊びをしていた頃に読んだので、とても楽しく読むことができました。やっぱり寒い冬は室内遊びが一番だなと思いますが、子供は好きなのは外遊びですね。ねずみの兄弟たちが雪まみれになりながら楽しく遊んでいる様子を見て、「同じように遊んだね」と言いながら読み聞かせをしています。

14ひきのさむいふゆを読んだ人の口コミ

5歳の子供と一緒に読みましたが、2歳ぐらいからでも楽しめる絵本だと思います。このシリーズは文章が少なく、まるで詩のようです。ある寒い日の1日が描かれていますが、14匹のお家はとても暖かそうで羨ましくなります。理想の家庭・家族が描かれていると思いました。

◇商品詳細

●対象年齢:3歳~
●作・絵:いわむら かずお
●出版社:童心社
●ページ数:32ページ
●税込価格:楽天/1,296円、Amazon/1,296円 中古1円~

(2019年8月21日 9:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

2.だるまちゃんとうさぎちゃん

だるまちゃんとうさぎちゃん 絵本

出典:www.fukuinkan.co.jp

ロングセラー「だるまちゃんシリーズ」から、冬に読みたいおすすめの絵本です。

雪が降る日、だるまちゃんは妹と一緒に雪だるまを作ります。雪だるまの目として使うリンゴが、坂の下にいるうさぎちゃんのところまで転げ落ちてしまいました。そしてだるまちゃんは、うさぎちゃんと一緒にさまざまな遊びを始めます。

雪うさぎや手袋人形の作り方、ナプキンをうさぎの形にする方法など、工作遊びをたくさん知ることができる1冊です。物知りなだるまちゃんに、いろいろ教えてもらいましょう!

だるまちゃんの動きや表情、言葉がユーモラスなので、パパやママも子供と一緒に楽しめますよ。

◇口コミ

だるまちゃんとうさぎちゃんを読んだ人の口コミ

5歳の息子が大好きな「だるまちゃんシリーズ」。私も子供の頃から親しみのある絵本で、息子もお気に入りのようです。「座頭市(ざとういち)」など、子供に馴染みのない言葉が出てきますが、それも面白い!何より息子が一番気に入ったのは、りんご。「僕もこれに挑戦したい!」と興味津々です。

だるまちゃんとうさぎちゃんを読んだ人の口コミ

初めて「だるまちゃんシリーズ」を3歳の娘に読み聞かせしました。この絵本で教えてもらった手袋を使ったうさぎちゃんと、新聞紙で作るうさぎかぶとを、さっそく娘と作りました。お話を楽しむだけではなく、親子で一緒に工作もできて娘も大喜び。娘の喜ぶ顔を見られて私もとても嬉しいですし、一石二鳥の絵本でした。

◇商品詳細

●対象年齢:3歳~
●作・絵:加古 里子
●出版社:福音館書館
●ページ数:28ページ
●税込価格:楽天/972円、Amazon/972円 中古10円~

(2019年8月21日 9:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

3.このゆきだるまだーれ?

このゆきだるまだーれ? 絵本

出典:www.fukuinkan.co.jp

どこかで見かけたことのある絵ではないでしょうか。大人気ベストセラー『ぐりとぐら』の作者による、冬にぴったりな絵本です。「ちらら ほらら ひらら はらら」と、雪が降る様子を独特な言い方で表現したところから、ストーリーが始まります。

雪が降る中、もみちゃんはソリに乗って山の頂上を目指します。動物たちも一緒に山の上を目指しますが、次々とソリから転げ落ちてしまうのです。

もみちゃんが山の下に行くと、そこには見たことのない雪だるまたちが。さて、この雪だるまたちは誰でしょうか?

動物たちがソリから転げ落ちていく表現がそれぞれ異なり、読み聞かせも楽しい軽快な文章が特徴的。ぜひ、親子で声に出して読んでくださいね。

◇口コミ

このゆきだるまだーれ?を読んだ人の口コミ

3歳の娘に読みました。娘はたくさん積もった雪を数回しか見ていないので、雪遊びの経験もとても少ないのです。雪の中、楽しく遊ぶ女の子と動物たちを見て「雪だるま、いいな!」「ソリやりたい!」と羨ましそうに言っていました。今年の冬は経験させてあげたいです。

このゆきだるまだーれ?を読んだ人の口コミ

息子が2歳のときにクリスマスプレゼントとして贈りました。擬音の響きが楽しくリズミカルです。同じようにソリから転げ落ちているのに、動物の体格やキャラクターに合わせた言葉選びをしていて、「なるほど!」と感心しました。読み聞かせや音読をして、言葉の響きやリズムを感じた方が楽しい絵本だと思います。

◇商品詳細

●対象年齢:2歳~
●作:岸田 衿子/絵:山脇 百合子
●出版社:福音館書店
●ページ数:32ページ
●税込価格:楽天/1,080円、Amazon/1,080円 中古4円~

(2019年8月21日 9:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

4.ペネロペ ゆきあそびをする

ペネロペ ゆきあそびをする 絵本

出典:www.amazon.co.jp

子供たちが大好きなペネロペの仕掛け絵本です。スキーウェアや手袋を着用させたり、スノーブーツを履かせたりなど、ページの随所に散りばめられた仕掛けで、ペネロペのお手伝いをしてあげましょう。くるくる回る仕掛けには、大人も子供も驚くはずです。

絵本には、雪だるま作りや雪合戦、スキー、ソリ滑りなど、雪が楽しめる冬ならではの遊びばかり。真っ青な空と真っ白な雪、そして真っ赤なスキーウェアのコントラストが、美しく描かれています。

ペネロペが好きな子供や、一般的な仕掛け絵本よりもダイナミックな仕掛けを楽しみたい人におすすめです。

◇口コミ

ペネロペ ゆきあそびをするを読んだ人の口コミ

子供がテレビアニメのペネロペが好きなので、購入してみました。一緒に読みながら仕掛けを引っ張るのが楽しく、親子でワクワクできる絵本です。くるくる回転する仕掛けは、子供に大ウケでした。絵もカラフルでとても可愛いです!

ペネロペ ゆきあそびをするを読んだ人の口コミ

娘が1歳のときに購入しました。1歳のときは雪だるまとゴーグルをいじって遊び、2歳になるとペネロペのスキーに影響を受け、おもちゃのスキー板を履いて遊んでいました。3歳になった今年は、雪合戦がお気に入りのようです。この絵本1冊で、ペネロペがいろいろな雪遊びをしてくれるので、毎年読んでは子供がいろいろな雪遊びに興味を抱きます。

◇商品詳細

●対象年齢:0歳~
●文:アン・グットマン/絵:ゲオルグ・ハレンスレーベン
●訳:ひがし かずこ
●出版社:岩崎書店
●ページ数:10ページ
●税込価格:楽天/2,268円、Amazon/2,268円 中古4円~

(2019年8月21日 9:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

5.お化けの冬ごもり

お化けの冬ごもり 絵本

出典:www.amazon.co.jp

お馴染み「お化けシリーズ」から、冬におすすめしたい1冊。おばけが冬ごもりをする発想がユニークな絵本です。

おばけ屋敷におばけが集まり、雪合戦をします。雪女やろくろ首、一つ目小僧など、さまざまなおばけがたくさん登場しますが、可愛らしい愛嬌たっぷりなおばけばかりなので、おばけが苦手な子供でも大丈夫。

しんしんと雪が降り続ける中、かまくらで鍋物を食べたり積もる話に花を咲かせたりするシーンは、まるで人間のよう。雪国の楽しさが伝わってくる1冊です。

◇口コミ

お化けの冬ごもりを読んだ人の口コミ

おばけなのに、娘はまるで知り合いに会ったかのような歓迎ぶり。とても魅力的なおばけたちで、怖いどころか、逆にほのぼのします。こたつ、雪合戦、かまくらなど、冬満喫のお話でした。

お化けの冬ごもりを読んだ人の口コミ

おばけが大好きな娘のために借りました。この絵本に出てくるおばけたちは、雪かきをしたりかまくらを作ったりと人間っぽいんです。かまくらの中にロウソクを灯すシーンは素敵です。最後のページと雪童子にも注目!

◇商品詳細

●対象年齢:5歳~
●作:川端 誠
●出版社:BL出版
●ページ数:31ページ
●税込価格:楽天/1,404円、Amazon/1,404円 中古157円~

(2019年8月21日 9:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

6.かさじぞう

かさじぞう 昔話 絵本

出典:www.amazon.co.jp

6人のお地蔵様が、おじいさんとおばあさんに恩返しをする昔話。いろいろな出版社から出ている『かさじぞう』ですが、その中でもこちらの作品は、趣があると人気の絵本。

日本の伝統和紙を背景に、見開きいっぱいの扇面に描かれた水墨画が、日本情緒を醸し出しています。温もりが伝わる愛情たっぷりな語り口も魅力的です。

味のある雪や老夫婦のやさしい笑顔に心がほっと休まりますよ。年の瀬の読み聞かせにおすすめです。

◇口コミ

かさじぞうを読んだ人の口コミ

最近、2歳の息子が教えていないのに「お地蔵さん!」と言葉を繰り返していたので(多分保育園で教えてもらったのでしょう)、お地蔵さんといえばこれだと思い、購入しました。老夫婦の貧しさ、何も用意をしないお正月など、息子には想像できなかったと思いますが、おじいさんがお地蔵様に笠を被せたことは、良いこととして理解していました。優しい心を育む絵本ですね。

かさじぞうを読んだ人の口コミ

図書館で借りてきました。笠は5つ、お地蔵様は6体。6体目のお地蔵様には自分の笠を被せるという、思いやりの大切さだけではなく、引き算と足し算の要素が自然と溶け込んでいます。昔話ってよくできていますね。5歳の娘は、おじいさんの優しさに感心していました。

◇商品詳細

●対象年齢:4歳~
●再話:せた ていじ /絵:赤羽 末吉
●出版社:福音館書店
●ページ数:20ページ
●税込価格:楽天/972円、Amazon/972円 中古29円~

(2019年8月21日 9:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

冬に読みたい!セーター・てぶくろの絵本

寒い冬に欠かせない、てぶくろやニット。冬の生活に身近なアイテムから物語が広がる、心温まるお話をあつめました。

7.てぶくろ

てぶくろ 絵本

出典:www.fukuinkan.co.jp

雪の森の中で、おじいさんは手袋を落としてしまいました。すると、その手袋にねずみが住み込み、カエルやうさぎ、キツネなどの動物たちが次々とやってきます。今にも弾けそうな手袋ですが、そこにおじいさんが戻ってきて…?

ロシアのウクライナ地方に伝わる民話を絵本にした名作。民族衣装を着た動物たちの会話がリズミカルで、読んでいるだけで楽しくなります。

雪深い森の中で起こる、動物たちの秘密事をこっそり覗いている気分になれますね。細かな描写まで美しい、冬におすすめの絵本です。

◇口コミ

てぶくろを読んだ人の口コミ

息子が1歳4ヶ月の頃から読んでいます。「入れてよ」「どうぞ」のやり取りが続くのですが、いつの間にか「入れてよ」の後の「どうぞ」のセリフがなくなっているのですね。それでも息子は「どうぞ」と言います。息子も近いうちに、お友達にも言えたらいいなと思っています。

てぶくろを読んだ人の口コミ

おじいさんが落とした手袋に動物が入っていく様子を見た息子は、「まだ入るの?」「また来たよ!」「どうするの?」と楽しそうにしていました。最初はただの手袋だったのに、動物が増えるたびに徐々に家らしく変化していく様子も、気に入ったようです。

◇商品詳細

●対象年齢:3歳~
作:(ウクライナ民話)/絵:エウゲーニー・M・ラチョフ
●訳:内田 莉莎子
●出版社:福音館書店
●ページ数:16ページ
●税込価格:楽天/1,080円、Amazon/1,080円 中古1円~

(2019年8月21日 9:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

8.手ぶくろを買いに

手ぶくろを買いに 絵本

出典:www.amazon.co.jp

母ぎつねは、冷たくなった子ぎつねの手に合う手袋を買ってあげようと思います。その夜、母ぎつねは子ぎつねの片手を子供の手に変え、必ず人間の手の方を差し出すように言い聞かせます。果たして子ぎつねは、無事に手袋を買うことができるのでしょうか?

母ぎつねと子ぎつねの親子愛に満ちた絵本。幻想的な雪の質感や夜の灯り、美しい会話から、ぬくもりが伝わってきます。

人間と動物の共存につても考えさせられます。気持ちが寒くなってしまった冬の日、ホッと心を温めてくれる1冊です。

◇口コミ

手ぶくろを買いにを読んだ人の口コミ

4歳になったばかりの息子に、ちょっと難しいかな?と思いながらも素敵な絵に惹かれて購入。内容がどこまで伝わったかは分かりませんが、長いお話にも関わらず、最後までじっと聞いてくれました。息子は子狐の坊やの手が人間の手になったことが不思議でたまらないようでした。成長するにつれ、内容を理解していくのだと思います。絵もやさしく綺麗で、長く読める絵本です。

手ぶくろを買いにを読んだ人の口コミ

私が小学生の頃に教科書で読み、自分の子供にも知ってもらいたかったので、読み聞かせをしました。人間を恐ろしいと思っている母狐は、くれぐれも注意するようにと子狐に言い聞かせます。そのやりとりに、ハラハラ・ドキドキさせられ、子供も不安そうになっていました。最後はホッと力が抜けて、温かい気持ちになります。これからも冬の定番として、毎年読みたいと思います。

◇商品詳細

●対象年齢:5歳~
●作:新美 南吉/絵:黒井 健
●出版社:偕成社
●ページ数:32ページ
●税込価格:楽天/1,512円、Amazon/1,512円 中古140円~

(2019年8月21日 9:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

9.ハリーのセーター

ハリーのセーター 絵本

出典:www.fukuinkan.co.jp

ハリーは、バラ模様のセーターをプレゼントされましたが、あまり好きになれません。街を歩けば、道行く人たちに笑われるのです。ハリーは、セーターを脱ぎ捨てようと試みますが、その度に親切な人たちが届けてくれるので、なかなか上手くいきません。

そんなとき、セーターの毛糸がほつれていることに気が付き…?大人気絵本『どろんこハリー』の続編です。

セーターを編んでくれたおばあちゃんの気持ちを考えると、ハリーの行動はあまりよいとは言えませんが、誰しもが好みやこだわりはあるもの。

言葉が通じる人同士は、自分の気持ちを相手に伝えていきたいですね。自分の心に素直に生きる魅力を教えてくれます。

◇口コミ

ハリーのセーターを読んだ人の口コミ

2歳11ヶ月の娘に読み聞かせしました。読み終わった後、ママも少しだけ編み物できるよと伝えたら「黒ブチのセーター作って!」と言われ困ってしまいました。

ハリーのセーターを読んだ人の口コミ

我が家の娘は花柄が好きなので、ハリーがセーターを気に入らない気持ちが少し分からなかったようです。「モノを大切にする」という点で見ると、ハリーの行動は賞賛できませんが、「みんなそれぞれ好み・こだわりがある」という点では納得ができます。

◇商品詳細

●対象年齢:4歳~
●作:ジーン・ジオン/絵:マーガレット・ブロイ・グレアム
●出版社:福音館書店
●ページ数:32ページ
●税込価格:楽天/1,296円、Amazon/1,296円 中古1円~

(2019年8月21日 9:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

10.ニットさん

ニットさん 絵本

出典:www.eastpress.co.jp

毛糸の編み物が得意なニットさん。「シャカ シャカ シャカ シャカ」と、家や芝生、お花にちょうちょ、何でも編んでしまいます。

ほんわかゆったり、でも少しユニークな雰囲気が魅力的な、寒い冬におすすめの絵本。実際の編み生地をコラージュしており、鮮やかな毛糸が白地の背景に映えて、とてもきれいです。

ニットさんの優しい人柄に、絵本を読むこちら側もホッとした気持ちになります。実際に編み物を見せるのもよさそう。

◇口コミ

ニットさんを読んだ人の口コミ

最近、他の絵本の影響で「編み物がしたい」「セーターが作りたい」と言う息子にぴったりの絵本でした。

ニットさんを読んだ人の口コミ

ニットさんが何を編んでいるのか、5歳の娘と当てっこをしながら読みました。家を編んでしまうのは驚きです。とっても面白く、そして可愛い絵本です。

◇商品詳細

●対象年齢:3歳~
●作:たむら しげる
●出版社:イースト・プレス
●ページ数:32ページ
●税込価格:楽天/1,404円、Amazon/1,404円 中古941円~

(2019年8月21日 9:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

11.ちょろりんのすてきなセーター

ちょろりんのすてきなセーター 絵本

出典:www.fukuinkan.co.jp

寒がり屋のトカゲ・ちょろりんは、洋品店で見かけた春色のセーターに一目惚れ。おじいちゃんのランプ作りを手伝い、貰ったお金を握りしめて洋品店に行くと、そのセーターはトカゲ用ではないことを告げられます。

欲しいものを得るために努力をする大切さが学べる絵本。働いてお金を稼ぐ大変さや、それを乗り超えた充足感が描かれています。

実は、この絵本の表紙をよく見ると、絵本のストーリーが全て描かれているのはご存知でしたか?暖かな春に向けて、まだ寒い冬に読みたい1冊。

◇口コミ

ちょろりんのすてきなセーターを読んだ人の口コミ

絵本を読んでいるうちに、3歳の娘と一緒にちょろりんを一生懸命応援していました。自分で頑張って欲しいものを手に入れるのは、簡単に買ってもらうより価値がありますよね。洋品店のおばさんの頑張る姿も見られてよかったです。娘も喜んでいました。

ちょろりんのすてきなセーターを読んだ人の口コミ

4歳の娘は、最初の2ページにわたって描かれた町の地図のような絵に見入り、店の名前や場所、ちょろりんが通ってきた道順など、丁寧に目で追っていました。ダイナミックで迫力満点の絵ですが、細かな描写も楽しめて見どころがたくさんあります。寝る前に一度読み、お布団に入ってからもう一度読んだ後「抱っこして!」と言われます。温かい気持ちが伝わったのでしょうか。

◇商品詳細

●対象年齢:4歳~
●作・絵:降矢 なな
●出版社:福音館書店
●ページ数:32ページ
●税込価格:楽天/972円、Amazon/972円 中古1円~

(2019年8月21日 9:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

冬に読みたい!お風呂の絵本

冷えた体で入るお風呂。あの「ほっ」とする瞬間って幸せですよね。そんな幸せがつまった絵本をご紹介します。

また、お風呂嫌いの子どもにもおすすめの「お風呂って楽しい!」を伝えてくれる話題作品にも注目です。

12.あったまろう

あったまろう 絵本

出典:www.amazon.co.jp

ブルブルと寒い雪の中。うさぎさんは温泉を見つけましたが、そこはサルさんの温泉でした。追い出されてしまたうさぎさんは、無事に温泉に入れるのでしょうか?

温泉に浸かったうさぎさんの表紙が印象的な、寒い冬に読みたい絵本。読み終えた後は、お風呂にゆったりと浸かりたくなるはず。

シンプルな絵と文章で、小さな子供にもおすすめです。みんなで分かち合う大切さを教えてくれる1冊。

◇口コミ

あったまろうを読んだ人の口コミ

うさぎが好きな4歳の娘は、表紙のうさぎさんを見て「お風呂に入っている~!」と気に入ったようです。うさぎさんの優しい行動に、親子で感動しました。

あったまろうを読んだ人の口コミ

ほっこりするお話で、4歳の息子と「温泉に行きたいね!」と盛り上がりました。息子は、ゆったりできるところに行きたいそうです。

◇商品詳細

●対象年齢:-
●作・絵:もろはらじろう
●出版社:鈴木出版
●ページ数:-
●税込価格:Amazon/中古2,416円~

(2019年8月21日 9:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

Amazonで見る

13.やまのおふろやさん

やまのおふろやさん 絵本

出典:www.amazon.co.jp

真っ白な雪が積もるだるま山に、ポコポコとお湯が沸いているお風呂屋さんがあります。サルやイノシシなど、さまざまな動物たちが温泉に入り、みんな温まっていくのです。

繰り返す短い文章が心地よい、冬におすすめの絵本。雪だるまがお風呂に入るシーンを見て心配になってしまいますが、大丈夫。雪が解けた雪だるまからは、赤いだるまが出てきます。

実はこのお風呂屋さんは歩けるので、動物がお風呂に入り終えたら次の山へ移動するのも面白い。

ほっこりお風呂に浸かり、気持ちよさそうな表情をする動物たち。お風呂が苦手な子供も、この絵本を読み終えた後は、お風呂の楽しさに気付くかもしれませんね。

◇口コミ

やまのおふろやさんを読んだ人の口コミ

対象年齢は2、3歳~と書いてありましたが、1歳半の娘でも十分楽しめます。繰り返しの言葉もあり、一緒に口ずさんでいます。温かな雰囲気の絵ですし、ストーリーも覚えやすいので、絵本を開いて覚えたフレーズを言いながら、娘だけで楽しんでいます。

やまのおふろやさんを読んだ人の口コミ

冬のお話会で2歳児に読み聞かせをしたら、大好評でした。分かりやすいお話と可愛らしい絵、言葉数は少なく、繰り返しのある文章は、小さい子供でも読みやすいですね。雪だるまのシーンは、5歳の息子も大ウケでした。

◇商品詳細

●対象年齢:3歳~
●作・絵:とよた かずひこ
●出版社:ひさかたチャイルド
●ページ数:23ページ
●税込価格:楽天/1,080円、Amazon/1,080円 中古93円~

(2019年8月21日 9:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

14.パンダ銭湯

パンダ銭湯

出典:www.amazon.co.jp

あなたは、パンダ専用の銭湯があるのを知っていますか…?パンダの衝撃的秘密がいま、明かされる。

「第3回街の本屋が選んだ絵本大賞グランプリ」を受賞した人気作品。子どもは大ウケ。大人もハマる。ユーモアたっぷりの絵本です。

絵の中の細かい書き込み部分にも注目してみてくださいね。見どころ満載で、何度も読みたくなる一冊。

◇口コミ

パンダ銭湯を読んだ人の口コミ

5歳の娘に大ウケ!簡単なストーリーですが、絵の中の張り紙とかもよく見ると面白い。何回もページを見直して、色々と発見しながら楽しむことができる絵本です。続編が出たら良いのになー!

パンダ銭湯を読んだ人の口コミ

ツぺラ ツぺラさんの本を気に入ってよく読んでいるのですが、今回のパンダ銭湯も同じく、読み進めるごとに「ええー!」と子どもの食いつきがすごかったです。楽しいやらシュールやらで、大人が読んでも面白い。ただ、スーパー銭湯しか知らない息子には、絵本に出てくる昔ながらの銭湯がいまいちピンとこないようでした。

◇商品詳細

●対象年齢:3歳~
●作:tupera tupera(ツペラ ツペラ)
●出版社:絵本館
●ページ数:32ページ
●税込価格:楽天/1,404円、Amazon/1,404円

(2019年8月21日 9:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

15.ぷっぺと銭湯おとうさん

ぷっぺと銭湯おとうさん

出典:www.amazon.co.jp

お父さんと銭湯へやってきたぷっぺ。ビリビリの電気風呂や、冷たーい水ぶろにビックリ仰天!

「給食番長シリーズ」でお馴染み、よしながこうたくさんの初期の人気作『おふろだいすき!ぷっぺ』をリニューアルした作品です。

絵本の見返しには、作家自ら作詞・振り付けをおこなった「ぷっぺと銭湯おとうさんの歌」の楽譜&振り付き。お父さんと一緒に歌と踊りを覚えて、親子で銭湯に出かけたくなる、「カッコいいお父さんの銭湯エンターテインメント絵本」です。

◇口コミ

ぷっぺと銭湯おとうさんを読んだ人の口コミ

派手な色使い、躍動感のある絵でインパクト大です。5歳の息子と読みましたが、遊び心満載で小学校低学年くらいの子でも楽しめそうです。

ぷっぺと銭湯おとうさんを読んだ人の口コミ

個性的なイラストなので、好みが分かれるかもしれません。もしかするとプレゼントには向かないかも?でも、兄弟のいるご家庭などではすごく楽しめると思います!

◇商品詳細

●対象年齢:3歳~
●作:よしながこうたく
●出版社:好学社
●ページ数:32ページ
●税込価格:楽天/1,566円、Amazon/1,566円

(2019年8月21日 9:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

冬の絵本であったまろう!

赤ちゃんと女の子に絵本を読むママ

季節の移り変わりを絵やことばで表現する、季節の絵本はぜひ手に取ってみていただきたい絵本のひとつ。しつけや教育の絵本とはまた違った、素敵な「体験」になるのではないでしょうか。

今の時期だからこそ味わえる、冬の魅力をたくさんつめこんだ「冬の絵本」をぜひ親子で楽しんでみてくださいね。

以下の記事では、冬に読みたい「クリスマスの絵本」や「お正月の絵本」をご紹介しています。気になった方はこちらもチェックしてみてくださいね!

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter LINE@