秋の絵本おすすめ17選!読み聞かせにぴったりな季節の絵本特集!

といえば、紅葉や落ち葉、どんぐり、焼き芋、お月見……と、美しい景色や美味しい食べ物が味わえる特別な季節です。そこで今回は、秋の魅力を存分に楽しめる、とっておきの絵本を厳選してご紹介します。読み聞かせやおはなし会にもおすすめですよ!

絵本で秋を楽しもう!

落ち葉のなか走る子供

秋の美しい風物詩や楽しい行事をテーマにした絵本は沢山あります。

例えば、紅葉で色づく景色を描いた鮮やかな絵本、子どもたちが大好きなどんぐりをテーマにした絵本、芋ほり遠足の季節にぴったりなサツマイモの絵本、秋の虫が登場する絵本など、種類もさまざま。

絵本を通して、季節の移り変わりを言葉や絵で感じることは、子どもの情緒を育てることにもつながります。子どもの興味にあわせて、色々な絵本に触れさせてあげてましょう。

秋に読みたいおすすめの絵本!

赤ちゃんと女の子に絵本を読むママ

ここからは、秋に読みたいおすすめの絵本をご紹介します。

秋にちなんだテーマごとにおすすめの絵本をピックアップしているので、好みにあわせて選んでみてくださいね。

また、以下の記事では「ハロウィン」をテーマにした絵本をご紹介しています。ハロウィンの由来やかぼちゃランタンの作り方がわかる絵本、魔女やおばけが登場するドキドキのしかけ絵本など、子どもに人気のおすすめ作品をラインナップ。

気になった方は、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

秋に読みたい!紅葉と落ち葉の絵本

1.おちばいちば

おちばいちば 絵本

出典:www.rakuten.co.jp

幼稚園で作ったどんぐりの馬を追いかけていくと、落ち葉市場に辿り着きました。市場には食べ物や洋服など、さまざまな品物が売られていて、それを虫たちが販売しています。

どんぐりに落ち葉、木の実にリスなど、秋が詰まった絵本です。虫がたくさん登場したり、色鮮やかな落ち葉が描かれていたりと、ページいっぱいに描かれた秋の世界に、子どもたちも目を輝かせるはず。

何度読んでも楽しく、読み返すたびに新たな発見を見つけられそう。子どもの創造力が広がりそうな1冊です。

●出版社:ブロンズ新社
●ページ数:32ページ
●税込価格:楽天/1,404円、Amazon/1,404円 中古901円~

(2019年8月14日 18:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

2.おちばきょうそう

おちば きょうそう 絵本

出典:www.amazon.co.jp

庭の落ち葉を掃いているたっくんの元にタヌキがやってきて、落ち葉集めの競争が始まりました。山のように集めた落ち葉を見た2人は、思わず落ち葉の中へジャンプ!しかし、夢中になって遊んでいるうちに、また落ち葉を散らかしてしまうのです。

無邪気なタヌキと、たっくんのやり取りが子どもらしくて可愛い絵本。人気シリーズ「たっくんとたぬき」を読んでいる人にとって、お馴染みの2人でしょう。

秋の風物詩の落ち葉も掃除となると面倒で、退屈になりがち。でも、たっくんたちのように競争感覚で掃除をおこなえば、少しは楽しくなるかもしれませんね。

落ち葉を集めて遊びたくなる1冊。落ち葉が積もる時期におすすめです。

●出版社:ひさかたチャイルド
●ページ数:24ページ
●税込価格:Amazon/中古979円~

(2019年8月14日 18:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

Amazonで見る

3.もりのおふろやさん

もりのおふろやさん 絵本

出典:www.amazon.co.jp

紅葉の森のお風呂に浸かっていると、岩の向こう側から声が聞こえました。声の方を覗くと、そこには赤ちゃんを抱いたクマの親子が入浴しています。

心も体もポカポカになった動物たちが帰ったあと、お風呂がグラグラと動き始めて・・・。

ほのぼのとした雰囲気に、ほっこり癒される絵本です。予想外の展開に子どもはもちろん、ママやパパも驚くはず。

朝晩冷え始める秋は、ゆったりとお風呂に入りたいですよね。絵本を読んでいると、温泉に入りたくなります。お風呂が苦手な子どもにもおすすめです。

●出版社:ひさかたチャイルド
●ページ数:24ページ
●税込価格:楽天/1,080円、Amazon/1,080円 中古96円~

(2019年8月14日 18:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

秋に読みたい!どんぐりの絵本

4.ドングリ・ドングラ

ドングリ・ドングラ 絵本

出典:www.amazon.co.jp

松ぼっくりやクヌギ、コナラ、トチノミなど、色や形が異なるさまざまなどんぐりたちが「火の島」を目指します。途中、リスと戦ったり仲間が脱落してしまったりと、一難去ってまた一難の連続。それでも前に進むどんぐりたちの、旅の目的とは何でしょう。

秋になると公園などでよく見かける、どんぐりが主役の絵本。ひたむきに頑張る小さなどんぐりたちの姿に胸を打たれ「ドングリ、ドングラ〜」と応援したくなるはず。

独特な世界観と、ページいっぱいに描かれた絵に子どもたちも興味津々。自然の営みや生命について考えさせられる1冊です。

●出版社:くもん出版
●ページ数:32ページ
●税込価格:楽天/1,296円、Amazon/1,296円 中古926円~

(2019年8月14日 18:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

5.山のごちそう どんぐりの木

山のごちそう どんぐりの木 絵本

出典:www.amazon.co.jp

秋に見かけるどんぐりは、公園や学校の校庭でもよく見かける「コナラ」の木にできます。そのどんぐりの木の1年の歩みを教えてくれる絵本です。

コナラの木にどんぐりができる過程や、木に集まる虫や動物たちの営み、さらに木の利用についてなど、森の生態・自然科学について知ることができます。

細部まで丁寧に描かれており、まるで図鑑と絵本を組み合わせたような1冊。小さな子どもからパパ・ママまで楽しめますよ。

親子でどんぐりの知識を深めてくださいね。どんぐり拾いの前に絵本を読むと、より一層どんぐり拾いを楽しめるでしょう。

●出版社:理論社
●ページ数:54ページ
●税込価格:楽天/1,944円、Amazon/1,944円 中古388円~

(2019年8月14日 18:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

6.どんぐりどらや

どんぐりどらや 絵本

出典:www.amazon.co.jp

「どんぐりどらやのどらやきづくり」の歌に誘われて森に入ったアキオくん。するとそこには、一生懸命どら焼きを作るどんぐりたちがいました。

さまざまな形のどんぐりたちが、力を合わせてどら焼きを作る絵本。粉を混ぜたり、あんこを練ったりするシーンを見ると、お腹が鳴ってしまいます。

どんぐりから2つ貰ったどら焼きを、1つお地蔵さんにお供えするアキオくんの優しさにほっこり。絵本を読み終えたあとは、どら焼きが食べたくなってしまいます。

●出版社:佼成出版社
●ページ数:32ページ
●税込価格:Amazon/中古3,580円~

(2019年8月14日 18:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

Amazonで見る

7.どんぐりと山猫

どんぐりと山猫 絵本

出典:www.amazon.co.jp

宮沢賢治の『注文の多い料理店』の冒頭作品を、数々の賞を受賞した田島征三氏がダイナミックに描いた1冊。いろいろな出版社から販売されている作品ですが、その中でもこちらは人気の絵本です。

ある土曜日の夕方、主人公の元に一通の不思議なハガキが届きました。それは山猫裁判長から「1番偉いどんぐりは誰なのか」という内容。

主人公が思いついた判決とは何でしょうか。迫力のあるネコの絵が、物語をより盛り上げてくれています。

宮沢賢治独特の言い回しでありながら、子どもにも理解しやすい言葉遣いで、絵本の世界にグッと引き込まれます。宮沢賢治ファンのパパ・ママにもおすすめです。

●出版社:三起商行(ミキハウス)
●ページ数:40ページ
●税込価格:楽天/1,620円、Amazon/1,620円 中古466円~

(2019年8月14日 18:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

秋に読みたい!美味しい食べ物の絵本

8.やきいもするぞ

やきいもするぞ 絵本

出典:www.amazon.co.jp

落ち葉だらけの森と、イモだらけの畑を見た動物たちは、焼き芋をすることにしました。ホクホクの焼き芋を食べ始めると、次第にオナラが出始めます。こうなったら、オナラ大会の始まりです。

焼き芋が美味しい秋に読みたい絵本。子どもたちはなぜかオナラが大好き。絵本の後半は爆笑必至です。

動物たちと一緒に、大笑いしながら絵本を読んでくださいね。リズミカルな文章で、読み聞かせが苦手なパパ・ママにもおすすめです。どこか懐かしさを感じる絵にも注目。

●出版社:ゴブリン書房
●ページ数:32ページ
●税込価格:楽天/1,512円、Amazon/1,512円 中古500円~

(2019年8月14日 18:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

9.あきやさいの あきわっしょい!

あきやさいのあきわっしょい! 絵本

出典:www.amazon.co.jp

今日はお祭り。イモや野菜、キノコなどがそれぞれお神輿を担ぎ、楽しく競争していましたが、いつの間にか暗い森の中に迷い込んでしまいました。すると、突然現れたオバケに驚く野菜たち。さて、このオバケの正体は何でしょうか。

じゃがイモ、秋ナス、人参、ゴボウなど、秋の味覚が勢揃いする絵本です。野菜が苦手な子どもたちも、ユーモアな野菜を見たら、食べられるようになるかもしれませんね。

「わっしょイモ、わっしょイモ。」「ヤッサイ、ヤッサイ。」「ちょっとマツタケ!」など、言葉遊びが含まれた文章に思わずクスっと笑ってしまいます。食欲の秋にぴったりな1冊。

●出版社:ひかりのくに
●ページ数:26ページ
●税込価格:楽天/1,382円、Amazon/1,382円 中古930円~

(2019年8月14日 18:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

10.さつまのおいも

さつまのおいも 絵本

出典:www.amazon.co.jp

土の中で生活するイモもご飯を食べたり、歯磨きをしたり、トイレにも行ったりします。トレーニングをして体を鍛えたら、子どもたちとの綱引き勝負。さて、最後はどちらに軍配が上がるのでしょうか。

大人気のロングセラー作品。秋の行事・イモ掘りの季節にぴったりな絵本です。絵本を読むと、ほかほかのサツマイモが食べたくなりますよ。

最後の展開に子どもたちは爆笑するはず。細かく描かれたイモの表情にも注目です。

●出版社:童心社
●ページ数:32ページ
●税込価格:楽天/1,404円、Amazon/1,404円 中古1円~

(2019年8月14日 18:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

11.きのみのケーキ

きのみのケーキ 絵本

出典:www.fukuinkan.co.jp

たぬきさんは、森で拾った木の実を入れたケーキを作りました。とても美味しそうにできたので、森の仲間を呼びに出かけます。しかし、戻ってくるとケーキが消えてしまっていたのです。

木の実のケーキを持って行ったのは誰でしょうか?豪快にケーキを作るたぬきさんが可愛らしい絵本です。実りの秋にぴったりですね。

ケーキを読み終えたあと、子どもたちと一緒にケーキを作るのも楽しそう。料理に興味が出てきた子どもや、木の実を集めるのが好きな子どもにおすすめです。ハードカバーで持ち運びの絵本としても◎。

●出版社:福音館書店
●ページ数:28ページ
●税込価格:楽天/756円、Amazon/756円 中古1円~

(2019年8月14日 18:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

秋に読みたい!秋の虫の絵本

12.むしのチロリンコンサート

むしのチロリンコンサート 絵本

出典:www.amazon.co.jp

「リーン、リーン」「チンチロリーン」森の中で始まった虫のコンサート。素敵な音色にうっとりしていると、突然ハチの大群がやってきました。

鈴虫やコオロギなど、虫たちの出す音が特徴的な絵本。虫たち一匹一匹の表情も素敵です。虫好きはもちろん、今まで虫にあまり興味がなかった子どもへのきっかけづくりとしてもおすすめ。

絵本を読み終えたあとは、秋の夜長が待ち遠しく感じるはず。耳を澄まして、虫のコンサートを楽しみましょう。

●出版社:教育画劇
●ページ数:28ページ
●税込価格:楽天/1,080円、Amazon/1,080円 中古298円~

(2019年8月14日 18:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

13.だんまりこおろぎ

だんまりこおろぎ 絵本

出典:www.amazon.co.jp

大人気絵本『はらぺこあおむし』の著者・エリック・カール氏が手掛けた、秋の虫・コオロギが主役の仕掛け絵本。色鮮やかな絵と、最後の仕掛けに子どもたちも興味津々です。

生まれたばかりのコオロギは、羽をこすっても音が出ません。セミやバッタは「こんにちは」と挨拶をしてくれるのに、一生懸命に羽をこすっても、音が鳴らないのです。

絵本を読み進めていくうちにコオロギは成長していき、最後には仕掛けが鳴ります。大人になることの意味を知ることもできますよ。

コオロギの「音が鳴らない」を「歌えない」と例えた表現力は、エリック・カール氏だからこそ。子どもに感性を育ませたい人におすすめです。丈夫なボードブック。

●出版社:偕成社
●ページ数:25ページ
●税込価格:楽天/1,188円、Amazon/1,188円 中古348円~

(2019年8月14日 18:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

秋に読みたい!お月さまの絵本

14.おつきさまこんばんは

おつきさまこんばんは 絵本

出典:www.amazon.co.jp

発売以来、多くの子どもたちから支持されている人気の1冊。夜空に輝くお月様と、家の屋根の上にいる黒猫2匹という、シンプルな構成の絵本です。

ページをめくるたびにお月様の表情が変化。その中でも特にお月様の優しい表情が印象的です。

お月様が話しかけているような感覚になりますよ。対象年齢は0歳からなので、初めての絵本として、また寝かしつけの絵本としてもおすすめです。

●出版社:福音館書店
●ページ数:20ページ
●税込価格:楽天/864円、Amazon/864円 中古5円~

(2019年8月14日 18:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

15.ぼく、お月さまとはなしたよ

ぼく、お月さまとはなしたよ 絵本

出典:www.amazon.co.jp

クマくんは、お月様に誕生日プレゼントをあげようと決めましたが、何を贈ればよいのか分かりません。そこでクマくんは山に登り「誕生日はいつですか?」と聞くと、全く同じ答えが返ってくるのです。

自然現象の「やまびこ」をユーモラスに描いた絵本。やまびことは分からず、お月様だと信じていろいろお話をする、クマくんの純粋な姿に癒されます。

さて、クマくんはお月様に何をプレゼントしたのでしょうか。落ち着いたブルーを基調とした、静かな秋の夜に読みたい1冊です。

●出版社:評論社
●ページ数:32ページ
●税込価格:楽天/1,296円、Amazon/1,296円 中古1円~

(2019年8月14日 18:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

16.お月さまってどんなあじ?

お月さまってどんなあじ? 絵本

出典:www.amazon.co.jp

「お月様はどんな味がするのだろう」と疑問に思った動物たちが、自分の背中に動物たちを乗せて、天を目指します。しかし、お月様はひょいっと上に逃げてしまうので、なかなか触れることができません。

落ち着いたトーンと、和紙のようなイラストから温もりを感じる人気の絵本。カメやゾウ、キリンなど、さまざまな動物たちが登場するので、動物好きな子どもにもおすすめです。

子どもにとって、月は魅力的な存在。お月様が美しく輝く秋に読みたい1冊です。

●出版社:らんか社
●ページ数:26ページ
●税込価格:楽天/1,620円、Amazon/1,620円 中古165円~

(2019年8月14日 18:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

17.ぶたさんちのおつきみ

ぶたさんちのおつきみ 絵本

出典:www.amazon.co.jp

ぶたさん家の家族はススキを用意したり、お団子をたくさん作ったりと、お月見に向けて準備万端です。しかし、いざお供え物を飾りに行くと、お月様が雲に隠れてしまいました。

さり気ない日常を描いた絵本。ほのぼのとした雰囲気で、愉快な会話が弾ける展開に癒されます。

お月見の季節・秋におすすめの1冊。「ぶたさんち」シリーズでは、今回ご紹介した以外に、他の季節にぴったりな絵本もあるので、合わせて読むと季節の移り変わりも楽しめそう。

●出版社:ひさかたチャイルド
●ページ数:40ページ
●税込価格:楽天/1,296円、Amazon/1,296円 中古405円~

(2019年8月14日 18:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

絵本でじっくり秋を味わおう

秋の紅葉

「秋の絵本」には、短い紅葉の景色を美しく描いた絵本や秋ならではの楽しいストーリーなど、素晴らし絵本が沢山あります。

ひらがなを覚えたり、トイレトレーニングに役立つような、教育やしつけをテーマにした絵本とはまた違った、「体験」を子どもたちに与えてくれるのではないでしょうか。

ぜひ、お気に入りの一冊を見つけてみてくださいね!

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter LINE@