トランポリンの運動遊びは子供にどんな効果がある?家庭用トランポリンおすすめ5選!

子供たちの遊具として人気のトランポリン。「ただジャンプするだけのおもちゃ」と思っていませんか?実はトランポリンでジャンプをするという動作は、子供の成長によい効果や影響があります。ここでは、家庭用トランポリンの使い方の注意点や選び方、ママや子供たちに人気のおすすめ商品を紹介します。

トランポリンは子供にどんな効果・影響がある?

トランポリンで遊ぶ子供たち

一見すると、ただ跳んで遊んでいるだけのように見えるトランポリン。

しかし、その効果から、多くの幼児教室や体操教室で取り入れられています。トランポリンに特化した「トランポリン教室」に通う子供たちも。

地上でジャンプするのとは全く違う、「ポヨンポヨン」とした独特の着地とジャンプをすることで、子供にどのような効果や影響があるのでしょうか。

高い運動効果がある

トランポリンでジャンプをする動作は、子供の下半身の筋力や体幹が鍛えられ、運動能力のアップに効果があるといわれています。

そもそも、トランポリンの「ポヨンポヨン」とした独特のジャンプは、子供にとって初めから簡単にできるわけではありません。

体の重心を低くする、着地で下半身を使う、座って着地する、仰向けで着地するといった動きや、バランスを崩したときの着地の仕方など、ジャンプを繰り返しながら、徐々に「体の使い方」を覚えていくのです。

また、体幹を鍛えることは、運動能力に役立つだけでなく、姿勢も自然とよくなります。

バランス力が身に付く

トランポリンのジャンプを繰り返すことで、空中でのバランスの取り方、体の重心の保ち方を身に着けることができます

ジャンプをしている間の空中でのトレーニングは、地上での動きはなかなか学べないもの。

バランス力は、トランポリンだけではなく、様々なスポーツに活かすことができます

リズム感が身に着く

トランポリンは一定のリズムでジャンプするため、「リズムを取る」ことを、理屈ではなく体で自然と覚えることができます。運動でのリズムの取り方はもちろん、音楽にも役立てることができます。

子供のトランポリンは何歳から始められる?

ママに抱っこされる笑顔の子供

3歳頃~が目安

トランポリンは何歳から始められるか、明確に定められた年齢はありませんが、目安として3歳くらいからが望ましいとされています。子供用トランポリンでも、「対象年齢:3歳~」となっている商品が多いです。

ママ・パパとの取り組みであれば0歳~2歳でも大丈夫

ただ、ママ・パパが子供の手をしっかり握りながらであれば、一人でジャンプできないような0歳~2歳ぐらいの赤ちゃん・小さな子供でも使用することが可能です

0歳~2歳の赤ちゃん・小さな子供は、ジャンプどころか、まだまだ上手に歩くことすらできない場合もあります。

まず、トランポリンをしながらつま先立ちになってしまう子供には足の裏をしっかりつける練習を、次の段階では、脚を柔らかく屈伸する動きを練習してみましょう。

親子間でコミュニケーションを深める機会にもなるので、小さな年齢でもぜひ挑戦してみてください。

慣れてきたら、一人で跳ぶ前に、手すり付きのトランポリンで徐々に慣れていくのもよいですね。

揺さぶられ症候群の心配は?

なお、跳ぶ動作を何度も繰り返すことで、「揺さぶられ症候群」を心配する人がいますが、揺さぶられ症候群は新生児~生後6ヶ月前後の赤ちゃんに起こる脳の損傷です。

首がすわっていて、一人で安定して歩けるようになっている子供であれば、揺さぶられ症候群の心配はありません。

子供がトランポリンで遊ぶときの注意点

電球マーク

子供のトランポリン遊びには、使い方次第では危険も潜んでいます。楽しく安全にトランポリン遊びに取り組むためにも、次のことに注意しましょう。

安全な環境をづくり

室内に充分なスペースがない場合は、無理にトランポリン遊びをすることはおすすめできません。ゆとりを持ってトランポリンスペースを確保し、周囲に何も置かないようにしましょう

また、きょうだいがいる場合、上のおにいちゃん・おねえちゃんがトランポリンで遊んでいる時に下の小さな赤ちゃんが近づかないよう、ガードを設置しておくなどしましょう。

必ず大人と一緒に遊ぶ

子供がトランポリンで遊ぶときは、必ず大人が付き添うようにしましょう。転倒による怪我の防止はもちろん、複数人で乗るなど子供が間違った使い方をしたときは、きちんと注意することも大切です。

組み立て・収納は大人がおこなう

大人にとっては簡単なトランポリンの組み立て・収納も、子供にとってはまだまだ難しく、トランポリンの重量も重く、不慮の事故に繋がりかねません。

安全のために、トランポリンの組み立て・収納は大人がおこなうようにしましょう。

準備運動をする

トランポリンで運動遊びをするときは、怪我を防ぐためにも、アキレス腱やひざの裏をストレッチするなど、準備体操をしましょう。体を動かした後も、軽くストレッチをしてクールダウンするとよいですね。

順番やルールを守って遊ぶ

事故やトラブル防止のために、トランポリンを複数人で遊ぶときの順番、1回につき何回跳べるかなど、子供にルール・マナーを教えながら取り組ませることも大切です。

家庭用トランポリンを選ぶときのチェックポイント

チェックリスト シート

子供にトランポリンを自宅でやらせてみたい!と思っても「かさばりそう」「何歳まで使えるの?」など、不安な点もあり、選び方もよくわからないですよね。

家庭用トランポリンを購入する際に、チェックしたいポイントを紹介します。

本体の大きさ

トランポリンは想像以上に場所を取ってしまうもの。「届いたら思ったより大きかった」という体験談は少なくありません。

トランポリンの大きさを確認し、室内にゆとりを持って置けるスペースがあるかどうかをチェックしておきます

また、使用時のスペースだけでなく、収納スペースについても事前に考慮しておきましょう

家庭用トランポリンは、折りたたんで保存できるものがほとんどなので、折りたたみ時のサイズも確認しておくとよいですね。

耐荷重量

トランポリンにはそれぞれ耐荷重量が定められています。

子供用トランポリンは、耐荷重70㎏前後のものが主流で、子供の体重に十分耐えられるぐらいの強度があります。

大人の使用も想定している場合は、耐荷重100㎏ぐらいを目安に選ぶとよいでしょう。

手すりの有無

トランポリンは手すりがなくても使用することはできますが、ジャンプに安定感を持たせたい場合や、より安全に子供に使わせたい場合などは、手すりがあると安心です。

家庭用トランポリンには、①手すりナシの商品、②手すり付きの商品、③手すりが付けられない商品があるので、手すりの必要性を考慮したうえで、商品を検討してください。

バネ部分の材質

トランポリンの“跳びはねる部分”は、メーカーによって部品や材質が異なります。主に次の2種類に分けられます。

子供の簡単な運動遊びであればゴムバネ式で充分ですが、より本格的に使う場合はスプリング式がおすすめです。

ゴムバネ式跳ねた時の音が静かだが、1本でもゴムが切れたら買い替える必要がある。子供が単純にジャンプを楽しみたい場合、マンションで音が気になる場合などにおすすめ。
スプリング式耐久性が高く、部品の交換も可能。一方、跳ねた時に「ギシギシ」という音が気になりやすい。本格的にトランポリンを楽しみたい人、大人の運動解消に使用する場合におすすめ。

子供におすすめの家庭用トランポリン5選!

ここでは、家庭用トランポリンの中から、レビュー件数多数のおすすめ人気商品を厳選してご紹介します。

1.アガツマ アンパンマンぴょんぴょんジャンプ

アガツマ アンパンマンぴょんぴょんジャンプ

出典:www.rakuten.co.jp

子供たちに大人気のアンパンマンがトランポリンになって登場!ママの口コミ多数の子供用トランポリンの定番商品です。直径1メートル以内のコンパクトなサイズ感で、初めてのトランポリン遊びにおすすめ。

アンパンマンのイラストは「転写プリント」されており、耐久が強くはがれにくくなっています。

◆商品詳細

◇サイズ:直径90cm×20cm
◇耐荷重:70㎏
◇税込価格:楽天/7,480円、Amazon/6,574円

(2019年7月5日 11:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

2.PURE RISE(ピュアライズ)トランポリン 家庭用

ピュアライズ トランポリン

出典:www.amazon.co.jp

こちらもレビュー件数が多い人気商品。人気の理由は何といっても3,970円のプチプラ価格。さらに、カバーは18種類から好きなカラーを選べます。

耐荷重は110㎏なので、大人もエクササイズや健康維持に使えます。同メーカーから、「手すり付き」「ジョイントマット付き」のトランポリンも販売されています。

◆商品詳細

◇サイズ:直径102cm×高さ20cm
◇耐荷重:110㎏
◇カラー:レッド、ブルー、シルバー、グリーン、ショコラ など計18色
◇税込価格:楽天/3,970円、Amazon/3,970円

(2019年7月5日 11:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

3.RIORES(リオレス) トランポリン 手すり付き

リオレス トランポリン 手すり付き

出典:www.amazon.co.jp

スポーツ用品メーカーのRIORES(リオレス)の家庭用トランポリン。手すり付きながら、組み立て・収納が簡単なのが魅力。

バネが劣化したときはメーカー公式ホームページからバネだけを購入できるので、長く使えてコスパ面でもおすすめです。

◆商品詳細

◇サイズ:直径約102cm×高さ23cm
◇耐荷重:約110㎏
◇カラー:スカイブルー、ピンク、オレンジ など計12色
◇税込価格:楽天/5,480円、Amazon/6,180円

(2019年7月5日 11:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

4.eSPORTS(イースポーツ)オリジナル トランポリン

eSPORTSオリジナル トランポリン モカブラウン

出典:www.amazon.co.jp

8本足のトランポリンは、ジャンプ時・着地時の安定性がしっかりと確保されています。接地面が多いため、定番の6歩脚より本体をしっかりと支えることができ、運動時のぐらつきを軽減。

100㎏の耐荷重で、子供の遊びやトレーニングに使うのはもちろん、運動解消に活用したい大人の使用もおすすめです。

◆商品詳細

◇サイズ:96cm×22cm
◇耐荷重:100㎏
◇カラー:モカブラウン、マカロンピンク、ミント、ラムネ
◇税込価格:楽天/3,980円、Amazon/3,980円

(2019年7月5日 11:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

5.Puppy(パピー)ジャンピング ボード

パピー ジャンピングボード

出典:www.amazon.co.jp

一見するとトランポリンに見えないこちらのボード。実は立派なトランポリンです。

スプリング状の脚が音を吸収し、空気の反動でジャンプするので音が響きにくく、騒音が気になりません。専用の消音マットを使うとさらに消音効果があるほか、トランポリンのズレ防止にもなります。

スチールフレームやスプリングがないので怪我をしにくいのが特徴。組み立て不要なのですぐに遊べて、収納の際に折りたたむ手間がかかりません。子供一人で収納できてお片付けの習慣にも◎

◆商品詳細

◇サイズ:高さ12.5cm×幅55cm×奥行55㎝
◇耐荷重:70㎏
◇税込価格:楽天/8,980円、Amazon/11,000円

(2019年7月5日 11:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

家庭用トランポリンをマンション・集合住宅で使用するなら保護マットを敷こう

ジョイントマットに触れる赤ちゃんの手

家庭用トランポリンでジャンプをすると、マンションや集合住宅では音が響いてしまうことがあります。騒音や振動が迷惑となる場合も。

防音対策としてだけでなく、滑り帽子、床の傷や衝撃を和らげるためにも、子供用トランポリンを使用する際は、下に保護マットを敷くようにしましょう。

トランポリン専用マットも販売されていますが、子供用のジョイントマットやヨガマットでも代用できます。

子供のトランポリンはメリットがいっぱい!安全に楽しみながら取り組もう

トランポリンで遊ぶ子供

トランポリンには、運動能力アップやバランス力が自然に身に着くなど、子供にうれしい効果があります。幼児教室や体操教室でも多数取り入れているので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

今回紹介した家庭用トランポリンであれば、お教室に通わなくても、気軽にトランポリンを取り組むことができます。

また、子供がトランポリンで遊ぶときは必ず大人が見るようにし、安全には十分気を付けて、楽しみながら運動してくださいね。

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter LINE@