赤ちゃんにテレビは見せていい?言葉や視力への影響は?先輩ママはいつから見せた?

赤ちゃんテレビは見せない方がよい」と、何となく気を遣っているママも多いでしょう。実際に、テレビを見ることは、赤ちゃんの言葉の発達や視力にどのような悪影響があるのでしょうか。先輩ママたちがいつから・どんなテレビ番組を赤ちゃんに見せていたのか、体験談と併せて紹介します。

赤ちゃんにテレビは見せていい?言語発達に悪影響はない?

テレビを見る赤ちゃんの後ろ姿

人物や動物、アニメーションがリズミカルに動いたり、楽しい音楽が使われたりするテレビ番組は、赤ちゃんや小さな子どもにとって興味津々。

家事をしたいときや静かにしてほしいときなど、「ついつい赤ちゃんにテレビを見せてしまう」というママは多いでしょう。

テレビを長時間見せてはいけない」とは聞くけれど、その理由や、実際にどれくらいの時間ならよいのかなど、曖昧ですよね。

2歳以下の子どもにテレビ・ビデオは長時間見せない方がよい

日本小児科学会こども生活環境改善委員会や(※1)日本小児科医会「こどもとメディア委員会」では(※2)、2歳以下の子どもには、内容や見方にかかわらず、テレビ・ビデオを長時間見せないよう、提言をしています。

テレビの長時間視聴は言葉発達の遅れを招く原因に

日本小児科学会こども生活環境改善委員会の調査では、テレビを長時間視聴(4時間以上)した子どもは、そうでない子ども(4時間未満)に比べて、1歳6ヶ月時点における、意味のある言葉(有意語)の出現が遅れる率が高い、という結果が出ています。

親子の会話・コミュニケーションが減ることが問題

その背景として、テレビを長時間つけっぱなしにすること、子どもを放置し一人でテレビを見せることで起こる「弊害」が、言葉の遅れを招く原因になることが示唆されています。

赤ちゃんにテレビを長時間見せている間、おのずと親から子への話しかけや親子のコミュニケーションが減ります。これが言葉の発達が遅れる直接的な原因だと考えられています

実際に、親が話しかけをしながらテレビを見せた場合では、そうでない場合よりも、子どもがテレビの内容の真似をしたり、指をさしたり、歌を歌ったりと、赤ちゃんの反応行動が活発になることもわかっています。

赤ちゃんの言葉は一方的に聞くだけでは発達しない

ただ、一般的に、テレビを見ているときは、親子の会話は減り、顔を見ながら話すことも少ないため、たとえ親が一緒であっても、テレビの長時間視聴はやめた方がよいとされています。

赤ちゃんの言葉は「聞く」「話す」の双方向のかかわりで発達すると考えられており、内容にかかわらず、テレビからの一方的な働きかけでは上達しないのです。

赤ちゃんの視力発達とテレビ視聴との関係は?

テレビを見る赤ちゃんの目

赤ちゃんの視力はもともと未熟

生まれてすぐの赤ちゃんの視力は0.01~0.02ほどでぼんやりと見える程度。生後5~6ヶ月になるとママやパパの顔を認識できるようになり、1歳には0.2前後、2歳で0.5前後まで上昇するものの、まだはっきりとは見えていません。

「赤ちゃんとテレビとの距離が近い」いうママが多いですが、これも赤ちゃんの視力が未熟なために近づいてしまうのだと考えられています。

テレビを見ることと視力発達を関係付ける裏付けはない

赤ちゃんがテレビを見ることで、視力低下や弱視(視力が発達しない)を心配する声がありますが、はっきりとした研究結果や医学的根拠はありません

現代っ子の近視が増えている

ただ子どもの近視が増えており、近視の原因については、遺伝的な要素がありつつも、、テレビやゲーム、スマホなど、文明化された現代環境が近視に影響を与えている可能性も事実のようです(※3)。

将来的な近視を予防するためにも、目に負担をかけないよう、時間を決めてテレビを見る、部屋は明るくしてテレビを見る、テレビと一定離れて見るなど、小さい頃から習慣付けることが大切です。

赤ちゃんとテレビの上手なつき合い方

テレビとリモコン

とはいえ、物理的にテレビを置いていない家庭を除き、赤ちゃんにまったくテレビを見せないことは、現実的に難しいでしょう。

テレビそのものや番組の内容がすべて悪い影響を与えるわけではなく、家事を済ませたいとき、ママ・パパが一息つきたいとき、上の兄弟姉妹がいる場合、また知育教材を取り入れたいときなど、様々な場面でテレビは活用できるので、上手に付き合っていきたいもの。

赤ちゃんも楽しみながら知育に役立てられるので、各家庭でテレビを見るときのルールを決めておくことが大切です

ここでは、下記の日本小児科医会「子どもとメディア」対策委員会の5つの提言をもとに、赤ちゃんとテレビの付き合い方の参考例を紹介します。

◇日本小児科医会「こどもとメディア委員会」5つの提言(※2)

  1. 2歳までのテレビ・ビデオ視聴は控えましょう。
  2. 授乳中、食事中のテレビ・ビデオの視聴は止めましょう。
  3. すべてのメディアへ接触する総時間を制限することが重要です。1日2時間までを目安と考えます。テレビゲームは1日30分までを目安と考えます。
  4. 子ども部屋にはテレビ、ビデオ、パーソナルコンピューターを置かないようにしましょう。
  5. 保護者と子どもでメディアを上手に利用するルールをつくりましょう。

1.テレビのつけっぱなしはやめる

テレビを見ていないときは、つけっぱなしにせず消しておく習慣を付けましょう。子どもにとって、「テレビ=当たり前」になってしまうと、テレビを遠ざけるのがより難しくなってしまうためです。

2.リモコンやその他メディア機器も隠しておく

赤ちゃんの中には、リモコンを持ってきて、「テレビをつけて」とおねだりする子もいます。リモコンやスマホ、タブレット端末などは、赤ちゃんの目につかないところにしまっておきましょう

3.1日の視聴時間はトータルで2時間程度を目安にする

赤ちゃんにテレビを見せる時間は、1日トータルで2時間程度までを目安にしましょう

2時間通して見続けるのは避けて、例えば、午前中30分、お昼寝の後30分、夕方30分など、時間を区切って見せます。子ども向け番組のひとコマがおよそ20~30分程度になっているものが多いため、1回見終わったらテレビは消すようにします。

目を休ませるためにも、テレビを反復視聴する習慣は付けないよう注意しましょう。

4.授乳中・食事中の視聴は避ける

まだ上手にお話ができない赤ちゃんにとって、授乳やごはんの時間は、ママとの大切なコミュニケーションタイムです。

テレビを見ながら授乳やごはんを食べていると、ごはんに集中せずに、「ながら食べ」をする習慣がついてしまいます。

少し大きくなった後も、ごはんの時間はテレビを消して、できるだけ家族みんなで食事を取り、会話を楽しむようにしましょう

また、ごはんを食べるのが苦手な子には、「全部食べたらテレビを見てもよいよ」とうまくテレビを活用しているママもいるようです。

5.親も一緒に見て、声をかける、歌ったり踊ったりする

毎回テレビを一緒に見るのは難しいかもしれませんが、できるだけ親も一緒に見るのが望ましいです。

テレビの内容に応じて、「〇〇ちゃんの好きなわんわんだね」と声かけをしたり、一緒に歌ったり踊ったりすると、知育にテレビを上手に活用できます

テレビはどうしても受け身になりがちですが、一緒に楽しむママの反応を見ることで、赤ちゃんも、テレビを指さして興味を示したり、動作の真似をしたりと、能動的な言動が生まれ、言葉や体の動きの発達を促してくれます。

6.テレビは明るい場所で、離れて、正面から見る

最後に、テレビは見る時間だけでなく、視力や健康のために視聴環境にも気を配りましょう。テレビを見るときは、照明を明るくし、離れた場所で、正面から見るようにしてください。

テレビを斜めから見る習慣がつくことで、斜視になるリスクがあるともいわれています。

赤ちゃんにテレビはいつから見せる?

おすわりしておもちゃで遊ぶ赤ちゃん

2歳以下の子どもには、テレビの長時間視聴は避けるよう提言が出されていますが、実際に、先輩ママたちはいつ頃から赤ちゃんにテレビを見せていたのでしょうか。

赤ちゃんにテレビはいつから見せたか、ママの口コミ2

生まれて間もない頃から

上のお兄ちゃんがいたので、生後間もない頃からテレビはついている環境でした。もちろん新生児や月齢が浅いうちは、まだテレビに関心がなくつけていてもまったく見ていませんでしたが…。気づいたら上の子と一緒に見るようになっていました。

赤ちゃんにテレビはいつから見せたか、ママの口コミ3

生後4ヶ月頃

生活のリズムが整い始めた生後4ヶ月頃から見せるようになりました。テレビを見ている時間は大人しくしているので、朝の忙しいときなど家事に集中できました。

赤ちゃんにテレビはいつから見せたか、ママの口コミ1

生後6ヶ月頃

何となく生後半年くらいから。ママ友の間で子ども向け番組のダンスの話になり、着いていけなかったので、うちも見てみようかなと思ったのがきっかけです。

赤ちゃんにテレビはいつから見せたか、ママの口コミ4

1歳ぐらい

1歳からしまじろうの『こどもちゃれんじ』を始めたので、毎月送られてくるDVDを見せています。それ以外はテレビはつけっぱなしにしないよう気を付けています。

赤ちゃんにいつからテレビを見せるかは、状況によって人それぞれのようです。いつから見せるにしても、きちんとルールを決めておくことが大切でしょう。

赤ちゃんにどんな内容(番組)のテレビを見せた?

テレビの番組表

さらに、実際に赤ちゃんにどのような内容(番組)のテレビを見せていたのかも、併せて聞いてみました。

赤ちゃんに見せていたテレビ番組、ママの口コミ1

NHK Eテレ『いないいないばぁっ!』

やっぱりNHKのEテレ『いないいないばあっ!』です。1歳前の子でも番組を見てケタケタ笑ってました。小さい子ども向けによくできている番組だと思います。

赤ちゃんに見せていたテレビ番組、ママの口コミ2

NHK Eテレ『おかあさんといっしょ』

黄昏泣きの救世主的な存在が夕方の会の『おかあさんといっしょ』でした。2019年3月まで放送されていた「ブンバ・ボーン!」が大好きでした。「ガラピコぷー」の内容も、何気に深い学びがあるなぁ、と感心しながら一緒に見ています

赤ちゃんに見せていたテレビ番組、ママの口コミ3

『それいけ!アンパンマン』

うちの子はアンパンマンが好きで録画を繰り返し見ていました。アンパンマンのストーリーは、物事の善悪を教えてくれるから見ている子どもにとっても学びがあると思うし、いつもハッピーエンドだから安心して見せられます。

赤ちゃんに見せていたテレビ番組、ママの口コミ4

子ども向け英語教材のDVD

うちは英語のDVDを見せていました。小さい子どもでも楽しめる歌やダンスが収録されているので、言葉がわからなくても熱心に見ていました。

子ども向けの教育番組やわかりやすいアニメ番組を見せているママが多いです。教育番組なら、ストーリーがわかりやすく、歌や踊りが簡単だったり、すぐに真似できるものが多いですよ。

赤ちゃんにテレビを見せない「テレビなし育児」とは?

外で遊ぶママと子供

赤ちゃんにテレビを一切見せない「テレビなし育児」を実践したママもいます。赤ちゃんにテレビを見せないことで、どのような効果や変化を感じるのでしょうか。

テレビなし育児のメリット

テレビなし育児を実践したママの口コミ

テレビを見せない分、子どもにたくさん話しかけて、じっくり時間をかけて遊べました。

テレビなし育児を実践したママの口コミ

テレビをダラダラと見る習慣がないので、ここぞというときにテレビを見せると、すごく集中してくれます。英語のDVD教材への食いつきもよかったです。

0~2歳前後という子どもの成長にとって大切な時期に、じっくり時間をかけてコミュニケーションを取り、しっかり子どもと向き合えることが、テレビなし育児の一番のメリットかもしれません。

一方で、次のようなデメリットも。

テレビなし育児のデメリット

テレビなし育児を実践したママの口コミ

どうしても手が離せないときにも、後追いをされて家事がまったくはかどらなかったです…。

テレビなし育児を実践したママの口コミ

ママ友と子ども向け番組の話ができないのが少し辛かったです。テレビは一切見せないと話すと、『子どもがかわいそう』と言われてしまいました。

赤ちゃんにテレビを見せないことで、家事やしたいことができないことが、ママにとって一番大変なようです。ときには「家事は手を抜く」ぐらいの気持ちでいないと、テレビなし育児は難しいのかもしれません。

また、バラエティやドラマを見ていないと学校などで会話についていけないのと同様に、子ども向け番組を見ていないと、ママ友との会話や価値観が合わないことも。

子ども自身も、年少で保育園や幼稚園の入園時には他のお友達と話しが合わない、なんてこともあるようです。

テレビなし育児を検討している人は、ある程度柔軟性を持ち、3歳を過ぎた頃からは時間を決めて見るなど、テレビと上手に付き合っていくとよいかもしれませんね。

赤ちゃんとの生活にテレビとうまく付き合っていこう

ママとおもちゃで遊ぶ赤ちゃん

特に2歳以下の赤ちゃんについて、テレビを長時間見ていると、言葉の発達が遅れるリスクが懸念されています。

テレビを見る際には、1日2時間以内を目安に、視聴時間に気を付けて、できるだけ親が声かけをしながら一緒に見ることをおすすめします。

知育や親子のコミュニケーションにもテレビは楽しく活用できるので、ルールをきちんと決めてうまく付き合っていきましょう。

※1 参考文献:乳幼児のテレビ・ビデオ長時間視聴は危険です – 日本小児科学会
※2 参考文献:「子どもとメディア」の問題に対する提言 | 社団法人 日本小児科医会「子どもとメディア」対策委員会
※3 参考文献:2. 近視が多い現代っ子 | 子供の近視 | 目についての健康情報 | 公益社団法人 日本眼科医会

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter LINE@