哺乳瓶ブラシ人気のおすすめ11選!乳首用や便利なセットも紹介!

乳児の育児に欠かせない哺乳瓶は、使用後にしっかりと洗浄をおこなう必要があります。そこで今回は、哺乳瓶の洗浄に使用する、おすすめの哺乳瓶ブラシと洗い方についてご紹介します。パーツのお手入れに便利な乳首ブラシと人気の哺乳瓶ブラシセットにも注目です。

哺乳瓶ブラシは必要?

哺乳瓶でミルクを飲む赤ちゃん

哺乳瓶で飲ませる母乳やミルクは栄養豊富なので、菌が繁殖しやすく、少量の洗い残しも要注意。しかも、使用後の哺乳瓶や乳首は時間が経つほど汚れがこびりつきやすくなります。

赤ちゃんの抵抗力は弱く、1歳くらいまでは大人と比べるとおよそ2分の1程度の抵抗力しかありません。そのため、毎日口に入れるものは特に衛生管理を気を付けたいところ。

使用後の哺乳瓶は、専用の洗剤で汚れを洗浄した後、消毒液できちんと消毒しましょう。

哺乳瓶は食器用スポンジで洗ってもよい?

哺乳瓶の形は複雑です。特に底や乳首の部分は、食器用スポンジではなかなか隅々まで手洗いすることができません。

しっかり洗ったつもりでも、落としきれていない可能性があるので、哺乳瓶の形に合った哺乳瓶ブラシを使いましょう。

使用後は哺乳瓶の本体(ボトル部分)と乳首を取り外して、パーツごとにしっかり洗ってください。

デリケートな乳首も専用ブラシでしっかり、やさしく洗う

乳首の裏側の細かい溝もしっかり洗うために、乳首ブラシも用意しておきましょう。洗いにくい溝や隙間の汚れ落としに便利です。

また、赤ちゃんの口に入る乳首はデリケート。先端部分はゴムが薄くなっているので、ゴシゴシと洗っていると裂けてしまう可能性があります。乳首を洗うときは、乳首の先端を指の腹で押さえながら、専用ブラシでやさしく、かつしっかりと洗いましょう。

また、乳首ブラシはおしゃぶりやトイなどの細かい部分の汚れ落としにも、使うことができますよ。

哺乳瓶ブラシの選び方

哺乳瓶と粉ミルク

哺乳瓶に合わせて素材を選ぶ

哺乳瓶には「耐熱ガラス製」と「プラスチック製」があります。それぞれの素材に合わせて、哺乳瓶ブラシの素材を変えるのがおすすめです。

◇プラスチック製哺乳瓶を洗う場合

  • シリコンブラシ
  • スポンジブラシ

ラスチック製哺乳瓶にはスポンジブラシかシリコンブラシが適しています。

プラスチック製哺乳瓶にナイロンブラシを使うと、何度も洗ううちに細かいキズが付いてしまうため、使い分けることをおすすめします。

最近はシリコンブラシが人気で、ママたちの間で注目が集まっているます。素早く乾いて、沸騰消毒や食洗機で洗うことも可能です。

スポンジブラシの場合は、厚みのあるスポンジを選ぶと泡立ちがさらに良くなりますよ。ただし、口が細い哺乳瓶にブラシを無理やり入れると破れる可能性があるので、サイズに合ったものや弾力のあるシリコン製がおすすめです。

◇ガラス製哺乳瓶を洗う場合

  • ナイロンブラシ
  • シリコンブラシ
  • スポンジ

硬いナイロンブラシはガラス製哺乳瓶に使用できます。スポンジブラシに比べて耐久性に優れ、水切れが良いのが特徴。哺乳瓶を卒業したら、水筒などを洗うときに使えます。

また、万能なシリコンブラシはガラス哺乳瓶でも対応してくれます。手入れが簡単で、耐久性にも優れているのでおすすめです。

ブラシの保管方法

哺乳瓶ブラシは衛生管理が大切。使用後はきちんと乾燥し、清潔に保管できるかをチェックしておきましょう。

フック穴で吊るし収納ができるブラシや、立てて置くことができる自立タイプのブラシなどがあります。

収納やスペースに合った保管方法ができるブラシを選びましょう。

おすすめの哺乳瓶ブラシ

それでは、哺乳瓶の洗浄におすすめの哺乳瓶ブラシをご紹介します!哺乳瓶のそれぞれの素材に特化したブラシや、保管場所に便利なブラシをピックアップしました。

1.ピジョン スポンジブラシ 2WAYタイプ プラスチック製哺乳びん専用

ピジョン スポンジブラシ

出典:www.pigeon.co.jp

プラスチック製の哺乳瓶専用のブラシ。柔らかな折り返し形状のスポンジブラシが哺乳瓶を傷付けず、頑固な汚れをすっきり落とします。

サッと手軽に洗える回転式と、隅々までしっかり洗えるストレート式の2通りで洗うことが可能。

握りやすく回しやすいハンドルなので、ストレスなく哺乳瓶を洗えるのがうれしいポイントです。

「使い勝手がよい」「哺乳瓶の奥まできれいに洗える」と、口コミでも好評の商品。

●税込価格:楽天/389円、Amazon/378円

(2019年6月11日 14:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

2.エジソン シリコンブラシ

エジソン シリコンブラシ

出典:www.amazon.co.jp

食洗器や煮沸消毒にも対応している哺乳瓶のブラシです。耐久性にも優れているため、長期的に使えて経済的です。

弾力のあるシリコンブラシが汚れを逃さず、しっかり洗浄。哺乳瓶だけではなく、グラスは水筒を洗うときにも重宝します。

水切れがよいので使用後はすぐに乾き、衛生的。細長く保管場所にも困らないブラシです。

●カラー:パープル、ピンク、グリーン
●税込価格:楽天/1,180円、Amazon/695円~

(2019年6月11日 14:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

3.ピジョン ナイロンブラシ 2WAYタイプ ガラス製哺乳びん専用

ピジョン ナイロンブラシ

出典:www.pigeon.co.jp

ガラス製の哺乳瓶にはこちらの専用ブラシがおすすめ。哺乳瓶の底面汚れもしっかり落とすため、先端部分が高密着ブラシとなっています。

ブラシは、回転とストレートの2通りの洗浄が可能。手短に洗うときは回転式、1日の終わりにはストレート式など、生活のリズムに合わせて上手く使い分けてください。

なお、こちらのブラシをプラスチック製の哺乳瓶に使用すると傷が付いたり、その傷の部分に汚れが溜まってしまったりするので、注意してください。

●税込価格:楽天/418円、Amazon/397円~

(2019年6月11日 14:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

4.まめいた ビーンズライフ 置くだけたっち!スポンジ プラスチックびん用

ビーンズライフ スポンジ プラスチックびん用

出典:www.amazon.co.jp

泡立つスポンジで汚れを落とす哺乳瓶のブラシです。手のひらにフィットするハンドルサイズで使いやすく、力を入れてしっかり洗えます。

自立するため保管場所にも困りません。コンパクト収納が可能です。フックに吊るして乾燥もできます。

ブラシの連結部分は簡単に取り外しができるので、汚れたら外して清潔さをキープしましょう。

哺乳瓶ブラシの保管場所に困っている人や、使うやすさを重視している人におすすめです。

●税込価格:楽天/418円、Amazon/470円

(2019年6月11日 14:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

5.サンコー フルフルほ乳びん洗い

サンコー フルフルほ乳びん洗い

出典:www.amazon.co.jp

振るだけで汚れを落とすブラシ。乳首専用ブラシも付いています。哺乳瓶の洗う手間をできるだけ省きたい人におすすめです。

汚れをかき出す効果のある、特殊形状の繊維ブラシによって汚れが落ちるメカニズム。幼児用マグにも使えます。専用ブラシは、ほとんどの乳首に使用できるとのこと。

持ち運びに便利な収納保管ケース付き。旅行先やお出かけ先でも、手軽にしっかり洗浄できます。

●カラー:グレー、ピンク
●税込価格:楽天/540円、Amazon/940円~

(2019年6月11日 14:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

一緒に揃えておきたい!おすすめの乳首ブラシ

乳首は内側部分が洗いにくく、汚れも溜まりやすいパーツ。専用のブラシできれいに洗浄しましょう!

6.まめいた ビーンズライフ 置くだけたっち!乳首洗い

ビーンズライフ 乳首洗い

出典:www.rakuten.co.jp

手のひらにフィットするナイロンブラシで、乳首をしっかり洗いましょう。

泡立ちと洗浄の二役をするスポンジは抜群の水切れ。立てて保管できるので、収納場所に困りません。

乳首の先端を洗うときは、乳首部分をつまむように持つのがポイント。そうすると、先端に溜まったミルクカスもきれいに落とせます。

購入しやすいプチプラ価格。劣化しにくいとの口コミもあり、持っておくと便利な乳首専用ブラシです。

●税込価格:楽天/298円、Amazon/378円

(2019年6月11日 14:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

7.ピジョン 母乳実感 専用乳首ブラシ

ピジョン 乳首ブラシ 母乳実感専用

出典:www.pigeon.co.jp

乳首部分にしっかりハマり、汚れを落とすブラシです。デリケートな乳首を傷付けず、細かい溝の汚れもきれいに洗浄します。

ブラシの柄は握りやすく洗いやすい、ゆるやかなカーブ。フックが付いているので、清潔に保管ができます。

なお、こちらの乳首ブラシは「ピジョン 母乳実感 哺乳びん」専用となっています。

●税込価格:楽天/238円、Amazon/230円

(2019年6月11日 14:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

8.チュチュベビー 乳首 洗浄 ブラシ

チュチュベビー 乳首洗浄ブラシ

出典:www.amazon.co.jp

哺乳瓶も乳首も洗えるブラシです。キメ細かいスポンジなので泡立ちがよく、スポンジがぴったりフィットして汚れを落とします。

乳首はスリムと広口タイプのどちらにも対応。他のメーカーの乳首にも対応している利便性のよさが人気です。

おもちゃの隙間やくぼみを洗うときにもおすすめ。手に馴染みやすくカーブしたハンドルは、乳首が洗いやすくストレスフリーですよ。

●税込価格:楽天/307円、Amazon/380円

(2019年6月11日 14:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

セットが便利!おすすめの哺乳瓶ブラシセット

哺乳瓶ブラシと乳首専用ブラシ、それぞれ用意するのが面倒なに人はブラシセットがおすすめです。フックに掛けやすくて保管に便利だったり、ブラシの素材にこだわっていたりと、一度で揃う人気のブラシセットをご紹介します!

9.コンビ テテオ teteo 哺乳びん&乳首洗浄ブラシセット

テテオ 哺乳びん&乳首洗浄ブラシセット

出典:www.rakuten.co.jp

哺乳瓶と乳首をしっかり洗浄できる専用ブラシセット。フックに掛けやすい大きなリングで保管も簡単です。

哺乳瓶は2つのスポンジで汚れを落とします。回転式なのでラクちん洗浄。ガラス製とプラスチック製、どちらの哺乳瓶にも対応しています。

乳首専用ブラシは柔らかく、しっかり先端にフィット。細かな汚れも余すことなく落としてくれます。

●税込価格:楽天/678円、Amazon/627円

(2019年6月11日 14:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

10.ベッタ (Betta) ドクターベッタ哺乳びん専用 ブラシセット

ドクターベッタ哺乳びん 専用ブラシセット

出典:www.amazon.co.jp

ガラス製もプラスチック製の哺乳瓶も洗えるブラシセットです。お手入れしやすくリニューアルしました!

哺乳瓶には高級ブラシの素材として使われる“白馬毛”を使用。しなやかで弾力性があり、哺乳瓶の角もカーブもきちんと洗い上げます。

乳首専用ブラシはナイロン製。丸みを持ったブラシが乳首の裏側にフィットし、洗いやすくなっています。

ブラシの素材や使いやすさにこだわりたい人におすすめです。

●税込価格:楽天/1,188円、Amazon/1,145円

(2019年6月11日 14:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

11.哺乳瓶ブラシセット7点セット

哺乳瓶ブラシセット7点セット

出典:www.amazon.co.jp

哺乳瓶と乳首専用ブラシが7点セットとなっています。ガラスとプラスチック、どちらの哺乳瓶も使用している人におすすめです。

ナイロンブラシやスポンジブラシ、乳首専用ブラシだけではなく、隙間を洗うときに便利なストローブラシも付いています。

哺乳瓶以外でも使用できそうな利便性の高さもおすすめポイント。長く使えるアイテムは、ママの味方です。

●セット内容:ナイロンボトルブラシ、スポンジボトルブラシ、PP製ボトルクリップ、スポンジ乳首ブラシ、ナイロン乳首ブラシ、ホースブラシ(長/短)
●税込価格:Amazon/1,159円

(2019年6月11日 14:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

Amazonで見る

哺乳瓶ブラシで哺乳瓶・乳首を洗うときのポイント

洗った後の哺乳瓶

哺乳瓶のお手入れの基本は「洗浄」と「消毒」。ここでは、哺乳瓶の基本的な洗い方をご紹介します。

使用後の哺乳瓶は、哺乳瓶ブラシと乳首ブラシを使い、赤ちゃん用の専用洗剤で洗いましょう。

哺乳瓶の洗い方

  1. 本体(ボトル部分)の内側を上から下までしっかりと洗います。
  2. 汚れが残りやすい底の部分は、特にブラシで念入りに洗います。
  3. 本体の入り口付近は、内側・外側を丁寧に洗ってください。
  4. 本体の外側を洗います。
  5. 隅々まで洗えたら、流水で洗い流します。

乳首の洗い方

  1. 乳首の内側(裏)を、隅々まで洗います。
  2. デリケートな乳首の先端部分は、指の腹で押さえながら、乳首の穴部分を内側からやさしく洗います。
  3. 乳首の外側と先端を、隅々まで洗います。
  4. 隅々まで洗ったら、流水で洗い流します。

※乳首を装着するキャップ部分も汚れが残りがちなので、外側・内側を洗い残しがないようにぐるっと洗いましょう。

哺乳瓶ブラシでいつも清潔に!

水が流れているキッチン

抵抗力の弱い赤ちゃんを守るためにも、哺乳瓶はパーツごとに専用のブラシと赤ちゃん用洗剤を使って、しっかり洗浄しましょう。

どうしてもすぐに洗えないときは、哺乳瓶を水に浸けておくことで、汚れが乾燥してこびりついてしまうのを防げますよ。

哺乳瓶の洗浄・消毒で常に清潔を保ってあげてくださいね。

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter LINE@