妊婦はお葬式に参列していいの?よく聞く迷信や服装、マナーについて

訃報は前触れもなく突然やってくるもの。それは妊娠中に訪れることも当然あります。そもそも妊婦お葬式に参列していいの?服装は?もし体調が悪くなったら?など、妊娠中は参列に迷う人も多いでしょう。そこで今回は、妊婦のお葬式への参列可否や気になる迷信、服装、マナーなどをまとめました。

妊婦はお葬式に参列してもいいの?

お葬式で手を合わせる女性

妊婦もお葬式に参列して大丈夫!

妊婦のお葬式やお通夜、告別式への参列ですが、結論から言うと全く問題ありません。お葬式における妊婦のマナー等はありませんし、故人を悼む気持ちは妊婦でも同じです。そのため「妊婦だから…」と参列を断られることはないはずです

体調が良くない時は無理しちゃダメ!

でも妊娠中は「直前まで元気だったのに…」というように体調を崩しやすいため、無理をしたらかえって周りに心配をかけてしまうことも。

そのため参列する場合は、体調が万全かどうかで判断するとよいでしょう。もし不安な場合は、かかりつけの産科医の先生に判断してもらうのも一つの方法です。

臨月の時は避けたほうがベター

注意すべきは、いつ産まれてもおかしくない場合。臨月の時は何が起こるかわからないため、お葬式への参列は控えることをおすすめします。

特に火葬場では、長時間立ちっぱなしになる可能性があるなどお葬式以上に体力を消耗するので、妊婦にとっては厳しい環境であることも理解しておく必要があります。しっかり体調を考慮した上でお葬式に参列しましょう。

妊婦のお葬式にまつわる迷信について知りたい

祭壇の花

お葬式に参列する前に、古くから妊婦とお葬式に関する言い伝えがあることをご存知ですか?

  • お腹の赤ちゃんがあの世に連れて行かれる
  • お腹の赤ちゃんに故人の魂が宿る(生まれ変わりになる)
  • あざのある赤ちゃんが生まれる
  • 妊婦がお骨を拾ってはいけない
  • 妊婦が火葬場に行ってはいけない

…といった、今では迷信とも思える内容ですが、地域や家庭によっては現在でも気にする人がいる場合がありますし、出産を控えた妊婦なら、少なからず不安を感じてしまうのも仕方がありません。

でも、これらの良くない言い伝えに対抗するように、以下のような言い伝えもあります。

  • 鏡を外向きにしてお腹に入れる
  • お腹に赤い布を巻く

古来より鏡は、邪悪なものを祓う力があると言われており、鏡の反射で悪影響を跳ね返すという意味も込められているようです。

赤い布も同様に、悪いものから守ってくれると言われています。もし気になるようでしたら、参列時に準備しておくと良いでしょう。

妊婦のお葬式にまつわる迷信はなぜ生まれたの?

お腹をさわる妊婦さん

母子を守りたい想いが迷信に

時代とともに少しずつ迷信は薄れつつあるものの、お葬式に妊娠中の女性がいた場合、お腹に鏡を入れることを勧める人がいたり、今でもお腹部分に鏡を入れるポケットがついたマタニティ用のフォーマルドレスが販売されているものがあったりと、強く信じられている傾向にあります。

こうして古くから妊婦のお葬式にまつわる様々な迷信ができた由来としては、実は「母子を守りたい」という、身内をはじめとする周りの人々の気遣いから生まれたと言われています。

お葬式の参列は想像以上に体力を使う

葬儀やお通夜は、普通の大人でもかなりの体力を消耗するもの。ましてや妊婦であれば、普通の大人以上に体力的・精神的にも負担が掛かってしまい、体調を崩しかねません。

そういった妊婦の状況を配慮し、様々な迷信が作られたのだと考えられます。

地域によっては、このような言い伝えが色濃く残るところもあります。参列の際は、事前に確認しておくことが大切です。

妊婦がお葬式に参列する際に注意すべきこと・マナー

注意点

まずはかかりつけ医に相談

上述のように、お葬式に参列する際は、十分に体調面に気をつける必要があります。

特に遠方での葬儀の場合は、行き帰りの移動でも体力を消耗してしまうため、体調を崩しかねません。

参列する場合は、あらかじめ産婦人科医の先生に相談し、ゆとりを持ったスケジュールを組む事が大切です。その際は、必ず母子手帳と保険証を持っていくことを忘れずに!

事前に身内の人に確認しておくと安心

地域によっては、そもそも妊婦のお葬式への参列が禁止されていることもあります。事前に故人の身内の人などに参列していいかを確認すると良いでしょう。

当日は冷え対策を万全に

また妊婦にとって最も注意しなければならないのが、葬儀会場の冷え対策。空調管理された葬儀会場内は、季節に関係なく冷える可能性があります

冷えは妊婦の天敵です!ストールやカーディガンなどの羽織ものがあると心強いでしょう。

感染症のリスクがあることも理解しよう

加えて、葬儀会場内は大勢の弔問客が集まるため、妊婦の場合、風邪やインフルエンザといった感染症のリスクが上がるのも事実です。しっかりと予防のためにもマスクを持っていくとよいでしょう。

マスクの着用は問題ナシ!

葬儀中のマスクの着用は、冠婚葬祭のマナーの観点でも問題ないとされています。ただし、受付時の挨拶やお焼香時はマスクを外した方が良いでしょう。

その際、マスクをあごに引っ掛けたままだと失礼に思われることもあるので、きちんと耳から外しましょう。

妊婦のお葬式参列時の服装が知りたい!

悩んでいる喪服の女性

葬儀やお通夜、告別式での服装は、妊婦も一般の人と同じです。キラキラと光るものを避け、華美にならないようオーソドックスなブラックフォーマルの装いが、基本的な服装のマナーとなります。

<喪服>お腹まわりがゆったりとした服装を

お葬式は意外と立ったり座ったりを繰り返すことが多いため、妊婦の場合、できる限り身体に負担がかからない服装が良いでしょう。

まだお腹が目立たない段階でしたら、一般的なブラックフォーマルの喪服でも問題ありません。

妊娠後期やお腹が大きくなっている場合は、「ゆったりとしたワンピース」や「腰がゴムのスカートやパンツ」など、お腹まわりの緩いマタニティ用のブラックフォーマルなどの着用をおすすめします。

とはいえ訃報は何の前触れもなく届くため、喪服を用意できないこともあるでしょう。その場合は、光沢のない黒や紺色等でマナーに沿っていれば、フォーマルでなくても問題ありません。

最近では、即日発送・翌日配達可能なマタニティ喪服などのレンタルサービスも増えてきているので、活用してみるのも良いでしょう。

<足元・靴>負担のないフラットな靴がおすすめ

お葬式では、光沢がなく飾りや金具が目立たない、ヒール3センチ程度の黒い靴を履くことがマナーとされています。

妊婦の場合、足元が安定しないヒールは極力避け、疲れにくいフラットパンプスをおすすめします

また、少しでも下半身を冷やさないためにも、黒のストッキングではなく、光沢のない黒いタイツを着用するのが良いでしょう。

<その他>パールと結婚指輪以外のアクセサリーはNG

アクセサリーは一般の人と同様、結婚指輪以外は着けないのがマナーです。ただし、パールのネックレスは用いてもよいとされています。

妊婦がお葬式を欠席する際に注意すべきこと・マナー

注意ポイント

つわり等で体調が優れなかったり、お腹が大きくて動くのが大変な場合は、無理をしてまでお葬式に参列する必要はありません。何よりも優先すべきは、お腹の赤ちゃんと妊婦の身体です。

もし参列できないとしても、やはり故人を悼む気持ちは伝えたいですよね。そんな時は以下の方法で弔意を表すことができます。

弔電を送る

弔電は、やむを得ず葬儀に出席できない場合に送る、お悔やみの電報です。ただし、弔電はあくまでも略式のため、送った後に改めてお悔やみ状(お悔やみの手紙)を送るか、弔問に伺うことが礼儀とされています。

弔電は、NTTや郵便局、インターネットで申し込むことが可能です。弔電ならではの「敬称」があるなど送る際には注意が必要ですので、不安な人はオペレーターに問い合わせるのも良いでしょう。

料金は3千円~5千円程度が相場です。

香典を送る

香典を送る場合、参列する知人にお香典を預けたり、喪主宛に現金の入った香典袋を現金書留の封筒に入れて郵送します。

その際は、お悔やみと欠席を詫びる手紙も同封すると良いでしょう。また、「弔電を打ち香典を送る」という手配をするのが相応しいと言われています。

金額は故人が親族であれば1万円~10万円程度、友人や知人なら3千円~1万円程度が相場ですが、故人との関係性により異なります。

供花を送る

「きょうか」または「くげ」と読み、故人に供えるお花を言います。祭壇の両側に「親族」や「親戚一同」などと書かれた供花を見たことがある人も多いでしょう。

遺族や故人と親しかった人が贈るほか、お葬式に参列できない人、香典辞退の葬儀では、香典の代わりに供花を贈ることもあります

供花は、葬儀を担当する葬儀社に依頼し用意してもらうのが一般的です。もちろん花屋にて自身で手配することもできますが、宗教や地域の風習などにより異なるため、葬儀社に依頼することをおすすめします。

価格の相場は1万5千円~3万円程度が主流と言われています。

妊婦のお葬式の参列は問題ナシ!でも体調だけには注意して!

お腹を守る妊婦さん

今回は、妊婦のお葬式参列に関する迷信から服装やマナー、注意点ついて詳しく紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

お葬式は、故人との最後のお別れの場所。ですから妊婦であっても、お葬式への参列は基本的には自由です。ただ、何よりも自身の体調を最優先で考えなければいけません。

お葬式に参列する場合は、体調面を考慮しながらゆとりを持ったスケジュールを心がけることが大切です。

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter LINE@