幼児ドリルおすすめ15選!くもん・学研など人気教材も紹介!

学習のファーストステップにおすすめの幼児ドリル。今回は、くもんや学研など人気の幼児ドリルを種類別にまとめました。初めてにおすすめの幼児ドリルや「時計」「英語」「めいろ」など様々な種類をラインナップ。幼児ドリルの気になる選び方・使い方のコツも併せてご紹介します!

幼児ドリルはいつから始める?

幼児ドリルで学習している女の子

幼児ドリルをはじめる時期はいつからといった決まりはありませんが、一般的な幼児ドリルの対象年齢は、ことばの数が一気に増え始める2歳・3歳頃からを対象にしたものが多いです。

そのため、3歳前後を目安に幼児ドリルを買い始めるママが多いよう。

この頃から、次第に「読みたい」「書きたい」という思いが強くなる子供が多いので、鉛筆を思い通りに動かせる力「運筆力」のトレーニングとして始めてみるといいかもしれませんね。

幼児ドリルの選び方・使い方のコツ

電球のアイコン

ちょうどいいレベルのドリル

子供にあったレベルの幼児ドリルで順番に学習を進めていくのが、最後まで楽しくやり切るコツ。

最初は少しやさしいかなと思うようなドリルからスタートし、子供がすらすらとできるようなら、少しだけチャレンジする要素があるものにステップアップしていくのがおすすめです。

そうすることで、「もっと勉強したい」という子供の意欲もわきやすくなります。

幼児ドリルを選ぶときは対象年齢を目安にすると分かりやすいですが、子供の成長には個人差があるので、あまり気にし過ぎず子供の興味(めいろが好き、文字が好きなど)に合わせて選ぶといいでしょう。

付録のシールで子供のやる気をアップ

子供はシールが大好き。幼児ドリルには、「できたねシール」や「がんばりシール」と呼ばれるようなシールが付録についていることがあります。

1ページ終わったらシールを1枚ずつ貼ってあるげるなどして、上手に付録を活用しながら子供を褒めてあげましょう。

子供が間違っても教えすぎない

子供が間違ったときに「そうじゃないよ」「こうでしょ」など、大人が意気込んでしまうと子供はかえってやる気を失ってしまうことがあります。

「ここは合っているかな?」などヒントを出してあげながら、サポートしてあげましょう。できるだけ子供が「自分でできた!」という達成感を感じられるようしてあげることが大切です。

初めてにおすすめの幼児ドリル

はじめて鉛筆を持ち始める子供には、基本運筆力が身につけらる幼児ドリルがおすすめです。

鉛筆の持ち方や、直線や曲線、さらに迷路を使ったジグザグ線など、線を引く練習をしながら文字や数字を書くための土台を身につけていきましょう。

1.くもんのはじめてのおけいこ

くもんのはじめてのおけいこ 幼児ドリル

出典:www.amazon.co.jp

初めて鉛筆を持つ子供におすすめの幼児ドリルです。鉛筆の持ち方や使い方の練習をして、徐々に運筆力を身に付けましょう。

最初は短い線を引く練習から始まり、その後、曲線やジグザグ線、交差する線など、さまざまな線の練習をおこないます。

少しずつステップアップをしながら練習をするため、子供に合ったペースで、楽しみながら学べますよ。

●セット内容:できたねシール、表彰状
●出版社:くもん出版
●対象年齢:2歳~
●ページ数:80ページ
●税込価格:楽天/712円、Amazon/713円

(2019年7月23日 17:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

2.2〜4歳 はじめてのおけいこ

2〜4歳 はじめてのおけいこ 幼児ドリル

出典:www.rakuten.co.jp

短い直線や長い直線、曲線、迷路など、徐々にステップアップをしながら、楽しく運筆力を身に付ける幼児ドリル。

ただ線を引くだけの単純作業ではなく、しっかり頭を使い、知恵を働かせながら線を引く練習ができます。

簡単な文字や、1から5までの数字を書くページも。1ページずつはがしても使用できます。

●セット内容:がんばりシール、おけいこシール、おけいこボード
●出版社:学研プラス
●対象年齢:2歳~
●ページ数:80ページ
●税込価格:楽天/712円、Amazon/713円

(2019年7月23日 17:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

【文字・言葉】おすすめの幼児ドリル

子供がひらがなに興味をもちはじめたら、文字や言葉をテーマにしたドリルを始めてみましょう。

書いては消しての繰り返しができたり、人気キャラクターのイラストなど、子供が楽しみながら練習できるおすすめの幼児ドリルをピックアップしました!

3.2~3歳 かいてけせる ひらがな

2~3歳 かいてけせる ひらがな 幼児ドリル

出典:www.amazon.co.jp

書いては消して、繰り返しひらがなの練習ができる幼児ドリルです。クレヨンやマーカーペンを使い、何度も練習をしましょう!

最初は線をなぞる練習から始まり、その後、初めてでも書きやすく取り組みやすい「つ」「と」など、15文字のひらがなの練習をします。

初めてひらがなの学習をする子供におすすめの幼児ドリルです。

●セット内容:がんばりシール、おけいこシール、おけいこボード
●出版社:学研プラス
●対象年齢:2歳~
●ページ数:52ページ
●税込価格:楽天/842円、Amazon/842円

(2019年7月23日 17:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

4.日本一楽しいひらがなドリル うんこひらがなドリル

日本一楽しいひらがなドリル うんこひらがなドリル 幼児ドリル

出典:www.rakuten.co.jp

日本中にうんこ旋風を巻き起こした『うんこ漢字ドリル』の最新刊。「あ」から「ん」の清音、さらに濁音・半濁音・拗音まで収録されている幼児ドリルです。

1ページ1音で構成されており、何度か書き方の練習をした後、名詞・形容詞・動詞を活用した例文で定着させます。

各行の段落には長文も掲載されているため、読む力も身に付けられますよ。声に出して読んでみましょう!

フルカラー、挿絵つきで、子供を飽きさせません。ドリルの最初のページには鉛筆の持ち方や、字を書く姿勢について説明されています。

●セット内容:ひらがなシール
●出版社:文響社
●対象年齢:4歳~
●ページ数:80ページ
●税込価格:楽天/1,058円、Amazon/1,058円

(2019年7月23日 17:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

5.ドラえもん はじめてのあいうえお 3・4・5歳

ドラえもん はじめてのあいうえお 3・4・5歳

出典:www.amazon.co.jp

ドラえもんと一緒に「あいうえお」の50音を学びましょう!幼児教育研究家監修のひらがな幼児ドリルです。

身近なものや、ドラえもんの作品に出てくるものに関連した言葉で、ひらがなを学びます。

1ページ1音で学ぶことができ、各行のおさらいページもあるので、子供のペースに合わせて無理なくて進められます。

ドラえもんが好きな子供、お遊び要素が多い楽しく学べる幼児ドリルを探している人におすすめです。

●セット内容:できたねシール、おけいこシール、あいうえお表、ミニブック
●出版社:小学館
●対象年齢:3歳~
●ページ数:66ページ
●税込価格:楽天/820円、Amazon/821円

(2019年7月23日 17:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

【かず・計算・時計】おすすめの幼児ドリル

子供がかずや数字に興味を持ち始めたら、幼児ドリルで学んでみましょう。数字の読み書きから、算数や時計まで、楽しく学べる幼児ドリルがおすすめです。

6.はじめてのすうじ

はじめてのすうじ 幼児ドリル

出典:www.rakuten.co.jp

数字に興味を抱き始めた子供におすすめ。1から10の数字の読み書き練習ができる幼児ドリルです。

「書く」作業を大切にしている幼児ドリルなので、まず線を引く練習から始まります。その後、数字を読む練習に移り、段階を踏みながら数字を書く練習をおこないましょう。

こちらの幼児ドリルだけで、運筆力・数唱力・数書力を身に付けられます。

●セット内容:できたねシール、表彰状
●出版社:くもん出版
●対象年齢:2歳~
●ページ数:80ページ
●税込価格:楽天/712円、Amazon/713円

(2019年7月23日 17:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

7.3歳 かず

3歳 かず 幼児ドリル

出典:www.rakuten.co.jp

シールを貼ったり色塗りをしたり、子供が飽きずに数字の勉強ができる幼児ドリル。5までの数字が読める子供におすすめです。

ただ数えるだけではなく、生活シーンで実際に数字を使いこなす力を身に付けます。指定された数の分だけ色を塗ったり、数と数字の関係と理解を深めたりできます。

さまざまな問題に取り組み、楽しく数量感覚を磨きましょう。幼児ドリルで学んだことを、実生活に取り入れるのもおすすめです。

●セット内容:がんばりシール、おけいこシール、おけいこボード
●出版社:学研プラス
●対象年齢:3歳~
●ページ数:64ページ
●税込価格:楽天/712円、Amazon/713円

(2019年7月23日 17:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

8.考える力がつく算数脳パズル 新はじめてなぞぺー

考える力がつく算数脳パズル 新はじめてなぞぺー

出典:www.amazon.co.jp

子供の算数脳を鍛えるなら、大人気学習教室「花まる学習会」のメゾットが詰まった幼児ドリルがおすすめ。

大人も難しく感じる立体迷路や矢印迷路で、空間認識力や図形センス、アイディア力など「考える力」を養いましょう。

なぞなぞクイズのように、楽しく学べますよ。「なぞぺーシリーズ」には、さまざまな幼児ドリルがあるので、シリーズで購入するのもおすすめです。

●出版社:草思社
●対象年齢:4歳~
●ページ数:80ページ
●税込価格:楽天/950円、Amazon/950円

(2019年7月23日 17:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

9.5~6歳 とけい

5~6歳 とけい 幼児ドリル

出典:www.amazon.co.jp

徐々に時計に対して興味を持ち始め、遊びながら時計の読み方を子供に教えたい人は、こちらの幼児ドリルがおすすめ。

まず時計の文字盤を理解し、「何時」「何時半」「何時何分」の時刻を練習していきましょう。

自分の生活と時間がどのように関わっているのか知ることで、時間の大切さを知ることもできます。

幼児ドリルと併せて「あのアニメは何時に始まるね」「3時のおやつの時間だよ」など、普段の生活に取り入れるのもよいでしょう。

●セット内容:がんばりシール、おけいこシール、おけいこボード
●出版社:学研プラス
●対象年齢:5歳~
●ページ数:72ページ
●税込価格:楽天/713円、Amazon/713円

(2019年7月23日 17:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

【英語】おすすめの幼児ドリル

アルファベットの練習は、幼児ドリルがおすすめ。まず大文字のアルファベットから練習し、その後に小文字の練習をするのがよいかもしれませんね。

10.はじめてのアルファベット

はじめてのアルファベット 幼児ドリル

出典:www.rakuten.co.jp

早い段階から子供に英語を触れさせたい人や、子供自身が英語に興味を持ったときにおすすめの幼児ドリル。アルファベットの大文字の練習をしましょう。

線を引く練習の後、アルファベットの書きやすい文字「L」から練習を始め、その後、ABC順に全てのアルファベット(大文字)の練習に移ります。

書きやすいアルファベットから学ぶことで、英語に対して親しみを持ちながら練習ができそう。何度も繰り返し英語の練習をして、読み書きの力を定着させてくださいね。

●セット内容:できたねシール、表彰状
●出版社:くもん出版
●対象年齢:3歳~
●ページ数:80ページ
●税込価格:楽天/712円、Amazon/713円

(2019年7月23日 17:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

11.4~6歳 アルファベット ABC

4~6歳 アルファベットABC 幼児ドリル

出典:www.rakuten.co.jp

英語に興味を抱き始めた子供におすすめの幼児ドリル。英語学習の基礎として、ぴったりのドリルです。

絵描き歌、迷路、塗り絵などの楽しい遊びを通して、アルファベットの大文字の形と順番を学びましょう。

アルファベットの文字の練習ページも充実しており、線に合わせた大きさで書く練習も可能です。

まずアルファベットの大文字を、しっかり書けるようにしたい人におすすめ。各アルファベットで始まる英単語も表記されていて、長く楽しめる幼児ドリルです。

●セット内容:がんばりシール、おけいこシール、おけいこボード
●出版社:学研プラス
●対象年齢:4歳~
●ページ数:64ページ
●税込価格:楽天/713円、Amazon/713円

(2019年7月23日 17:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

これもおすすめ!迷路・工作の幼児ドリル

「迷路は子供の知育によい!」と聞いたことはありませんか?遊びながら運筆力や推理力、判断力などが学べます。また、はさみの正しい使い方を知ることで、「切る」楽しさと工作の達成感を味わってくださいね。

12.3歳 めいろ

3歳 めいろ 幼児ドリル

出典:www.rakuten.co.jp

直線や曲線、折れ線の迷路で、運筆力や集中力、洞察力を養いましょう。迷路を楽しみながら、言語力などの知識能力もアップする幼児ドリルです。

交差のない基本的な迷路から始まり、徐々にしりとり迷路や数字迷路など、応用編となっていきます。

付属のシールを使うと、迷路の条件や道順を変えることができますよ。

●セット内容:がんばりシール、おけいこシール、おけいこボード
●出版社:学研プラス
●対象年齢:3歳~
●ページ数:64ページ
●税込価格:楽天/712円、Amazon/713円

(2019年7月23日 17:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

13.めいろあそび にほんのめいしょ

めいろあそび にほんのめいしょ 幼児ドリル

出典:www.amazon.co.jp

複雑な迷路で遊びながら、運筆力・集中力・判断力などを身に付けられる幼児ドリルです。

ドリルの奇数ページは、日本の都道府県47ヶ所を題材としています。自分の住んでいる都道府県はもちろん、他の地域についても興味や関心が芽生えるかもしれませんよ。

偶数ページは幾何学模様の複雑な迷路。どう進めばゴールに辿り着けるのか、答えを導き出す迷路で、推理力や判断力を養いましょう。

迷路が好きな子供におすすめです。日本の名所は、大人が見ても楽しめる内容となっています。

●セット内容:できたねシール、表彰状
●出版社:くもん出版
●対象年齢:4歳~
●ページ数:80ページ
●税込価格:楽天/712円、Amazon/713円

(2019年7月23日 17:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

14.はじめてのはさみ

はじめてのはさみ 幼児ドリル

出典:www.rakuten.co.jp

初めてはさみを持つ子供に「切る」楽しさ、そして手先の運動能力を高めましょう。はさみを開いて閉じる練習から始める、工作の幼児ドリルです。

はさみの動かし方を学んだ後は、さまざまな線を切る練習をしましょう。段階的に切る長さも長くなり、直線から曲線、円など、徐々にステップアップしていきます。

最後は、切って折って遊べる工作ができます。手順通りに組み立てる集中力や、作り上げる喜びと達成感が味わえますよ。

こちらの幼児ドリルをきっかけに、ものづくりが好きな子供になるかもしれませんね。

●セット内容:できたねシール、表彰状
●出版社:くもん出版
●対象年齢:2歳~
●ページ数:40枚
●税込価格:楽天/712円、Amazon/713円

(2019年7月23日 17:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

話題のドリルもチェック!小学校一年生におすすめのドリル

ここでは、小学生になったら是非取り入れてみて欲しい、先輩ママたちもおすすめのドリルをご紹介します。しっかり学べて、なおかつ楽しいイラスト入りなら、子供たちも興味を持って取り組んでくれそうですね。

15.なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳

なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳

出典:www.rakuten.co.jp

累計部数22万部を突破した、「もっとうまく書けるようになってほしい!」と願うママ・パパにおすすめの人気のドリル。

名門・筑波大付属小学校の桂先生と、女流書道家の永田さんによる、無理なく身につく「3ステップ」方式のひらがな練習帳です。

ひらがな練習でよく見られる「なぞり書き」ではなく、効果的な「写し書き」を採用しているのが特徴。鉛筆の動かし方やひらがなの「とめ」や「はね」などのポイントを楽しいイラストで分かりやすく教えてくれます。

●出版社:実務教育出版
●対象年齢:6歳~
●ページ数:145ページ
●税込価格:楽天/1,080円、Amazon/1,080円

(2019年7月23日 17:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

はじめての学習は幼児ドリルで楽しく学ぼう!

本を赤ちゃんと子供に読み聞かせるママ

幼児ドリルには、子供が興味を持ちやすいイラストやカラー、やる気を高める付録のシール、ひらがな練習を「あ」からはじめるのではなくて簡単な「し」から始めるなど、小さな子供でも最後まで楽しく学べるようにたくさんの工夫がされています。

ぜひ対象年齢にこだわり過ぎず、子供の興味に合わせてぴったりな幼児ドリルを見つけてあげてくださいね。

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter LINE@