保育園の種類を整理しよう!認可・認可外・認証の違い、先輩ママはどう選んだ?

子どもを保育園に預けたいママはどのような基準で保育園を選ぶのでしょうか?保育園には、認可・認可外・認証など種類が多く、区別がつかず保育園の選び方に迷っている人もいるでしょう。そこで今回は、保育園の種類とその違いについてわかりやすくまとめました。

保育園の種類

保育園にておもちゃで遊ぶ子供

保育園は一般的に、「認可保育園」「認可外保育園」「認証保育園」の3種類に分けて説明されることが多いかもしれません。

実際には、運営主体や規模などによって、次のような種類があります。

施設・事業の有無や詳細は自治体によって異なります。それぞれの種類の違いについて詳しく見ていきましょう。

1.認可保育園

認可保育園は、施設の大きさや園庭の広さ、保育士の人数、定員数、保育時間など、国の定める「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準」を満たし、都道府県知事から認可を受けている保育園です。

保育園の種類の中では一番人気で、申込が集中します。年度末になると聞かれる「保育園に落ちた」とは、この認可保育園に入れなかったケースを指すことが多いです。

認可保育園の中でも、設置・運営主体によって、公立と私立の2種類に分けられます。

公立の認可保育園は自治体が運営しているのに対して、私立保育園は社会福祉法人やNPO法人、株式会社などが運営しており、それぞれ園独自の特色や教育方針があります。

公立認可保育園私立認可保育園
設置・運営自治体社会福祉法人・NPO法人・株式会社など
保育料自治体の定める金額自治体の定める金額
延長保育自治体の定める時間・延長保育料実施有無・時間・延長保育料は保育園によって異なる
申込先自治体自治体

保育料

認可保育園の保育料は、各世帯の住民税の所得割課税額によって異なり(収入が多いほど高くなる)、自治体へ支払います。

それぞれの自治体と世帯によって保育料は異なるものの、一般論として、認証保育園等と比較すると保育料が安く抑えられることが多いです。

申込先・申込方法

公立・私立を問わず、認可保育園は自治体へ申し込みをします。

少子化の昨今も定員を超えることが一般的で、入園の選考には、保育の利用指数(一般的に点数と呼ばれるもの)が用いられ、指数が高い世帯から、保育の必要性が高いとみなされて選考されていきます。

認可保育園に入れなかった場合は、他の認可外保育園等を利用するか、または待機児童として順番を待つことになります。

2.認定こども園

認定こども園は、保育園の「保育」と幼稚園の「教育」の機能を一体的におこなう施設です。

保育園と幼稚園の両方のよさを併せ持っており、ワーママでも子どもを幼稚園に入れられると人気の施設ですが、まだまだ数は少ないです。

認定こども園は次の4種類に分けられます。

こども園の種類内容・特徴
幼保連携型認定こども園として認可を受け独立して、幼児教育と保育を一体的に実施する施設
幼稚園型認可幼稚園に保育所的な機能を備えた施設
保育所型保育園が幼稚園的な教育をしながら預かる施設
地方裁量型認可外保育施設が地域の実情に合わせて幅広い対応をする施設

中でも、幼保連携型と幼稚園型のこども園が主流です。幼稚園型は0~2歳児の受け入れがなく、3~5歳児のみを受け入れているところが多いです。

また、認定こども園についても、設置・運営主体は公立と私立があります。

保育料

認定こども園の保育料は、認可保育園と同様に各世帯の住民税の所得割課税額によって決定され、さらに、それぞれの認定こども園によって、延長保育料、給食費、制服代、教材費等がかかってきます。

また、保育料の納付先は、公立認定こども園は自治体へ、私立認定こども園は各施設に納付することになります。

申込先・申込方法

認定こども園の申し込み手続きは、子どもの認定区分によって異なります。

認定区分申込先
1号認定(満3歳以上。保育の必要事由に該当しない家庭の子ども)認定こども園へ直接
2号認定(満3歳以上。保育の必要事由に該当する家庭の子ども)自治体
3号認定(満3歳未満。保育の必要事由に該当する家庭の子ども)自治体

自治体・施設によっても申し込み方法は異なるため、詳細は各施設に確認してください。

3.地域型保育事業

地域型保育事業は、原則0~2歳児を対象に、19人以下の少人数を保育しています。平成27年に施行された「子ども・子育て支援新制度」により、認可事業として位置づけられています。

地域型保育事業の種類

地域型保育事業は、次の4種類に分けられます。

◇小規模保育事業

家庭的保育に近い雰囲気のもと、定員6~19人の少人数を対象にした保育をおこないます。保育士の配置基準や有資格者の数によって、A型(保育所分園、ミニ保育園に近い類型)・B型(中間型)・C型(家庭的保育)があります。

◇家庭的保育事業

保育者の家やアパートなどで、定員1~5人の少人数を対象に、家庭的な雰囲気のもと、きめ細やかな保育をおこないます。

◇事業所内保育事業

会社など事業所が設置する保育施設で、主に従業員の子どもを対象としています。地域枠として、定員の4分の1は従業員以外の子どもの受け入れが義務付けられています。

◇居宅訪問型保育事業

保育を必要とする居宅に保育者が訪問し、1対1のきめ細やかな保育をおこないます。

※参考:内閣府 地域型保育事業の概要

保育料

地域型保育事業の保育料は、自治体の認可を受けているため、認可保育園と同様に、各世帯の住民税の所得割課税額によって決まります。支払い先は各自治体となりますが、延長保育料はそれぞれの事業によって異なり、自治体ではなく各事業者に直接支払います。

申込先・申込方法

地域型保育事業は基本的に自治体へ申し込みます。ただし、自治体と事業者、それぞれに申し込みが必要な場合があるため、確認が必要です。

4.認証保育園

認証保育園は東京都独自の制度で、東京都が定めた基準を満たした保育施設です。

東京都では国が定める基準面積をクリアできないなどの理由で認可外になる施設が多いものの、土地の広さが限られている都市部の実情を考慮し設けられたのが認証保育園。民間事業者が設置・運営をしています。

認証保育園は次の2種類に分けられます。

A型0~5歳児を対象。定員20~120人のうち、0~2歳児を2分の1以上預かる。
B型0~2歳児を対象。定員6~29人の小規模・家庭的保育施設。

認可保育園は開所時間が11時間、また0歳児の受け入れがない保育園もある中で、認証保育園は13時間以上の開所、0歳児の受け入れが義務付けられており、都民のニーズに幅広く対応しています。

特に認証保育園は駅前に設置されている点でも利便性が高く、ママ・パパにとってもメリットがあります。

保育料

認証保育園の保育料は園によって異なります。延長保育に限らず、タイムカードで時間がきっちり管理されており、何時間預けるかによって保育料が異なるケースが多いです。

申込先・申込方法

認証保育園の申し込みは、自治体を通さず、直接保育園に申込をします。園独自の事前面談があったり、前金制度があったりします。

※参考文献:東京都福祉保健局 認証保育所について

5.保育室

保育室は一部の自治体で設置している比較的小規模な保育施設です。

自治体独自の施設のため認可外になりますが、待機児童解消のために、十分な面積を確保できない都市部で質の高い保育を提供しています。

自治体が設置し、民間事業者が運営をしているケースが多いです。

保育料

保育室の保育料は自治体によって異なります。自治体によって保育室の保育料が一律で決められている場合と、認可保育園と同様に世帯収入によって決まる場合があります。

申込先・申込方法

手続き方法は自治体によって異なり、自治体に申し込む場合と、保育室に直接申し込みをする場合があります。

保育室は待機児童の解消や、就労・病気等の理由で保護者に代わって保育をすることが目的であるため、保育の必要性を証明する(支給認定)必要があります。

6.保育ママ(家庭福祉委員)

自治体の認定を受けた保育士の有資格者が、自宅等で子どもを預かる家庭的保育です。家庭福祉委員とも呼ばれます。もちろん個人が運営しています。

保育ママ1人で預かることができる子どもの数は最大3人。補助者がいる場合は最大で5人までとなります。0~2歳児を対象としています。

人数が少ない分、子ども一人ひとりに細やかに目がゆき届くこと、多人数の保育園に比べて感染症などにかかる心配が少ないこと、ベテラン保育士に子育てについて相談ができることなどがメリットです。

アットホームな環境で、きょうだいがいるような体験ができるのも、子どもにとってはよいかもしれません。

保育料

保育ママの保育料は、自治体によって一律決められており、月額23,000~25,000円に加えて、延長保育料やその他実費がかかってくることがあります。

また、給食はないケースが多く、食事は持参しなければいけません。

申込先・申込方法

保育ママの申し込みに際しては、自治体を介さず、また保育の必要性の認定(支給認定)を受ける必要もなく、直接保育ママと契約をします。

7.認可外保育園(無認可保育園)

「認可外保育園(無認可保育園)」の定義は、自治体や人によって少し異なりますが、厚生労働省では「都道府県知事等の認可を受けていないが、保育所と同様の業務を目的とする施設」としており、次の3種類があります。

認可外保育園(無認可保育園)の種類

◇企業主導型保育事業

企業主導型保育事業は、待機児童解消の切り札として、国が推進している保育事業です。

民間企業が自社または他企業との共同利用で従業員向けに設置することを主目的とし、「地域枠」を設けて地域の子どもを受け入れて運営することも可能です。

上記で紹介した「事業所内保育事業」とよく似た制度ですが、事業所内保育事業は「子ども・子育て支援法」で規定され、認可を受けているのに対して、企業主導型保育事業は認可外保育園となる点が主な違いです。

◇ベビーホテル

認可外保育園のうち、次のうちひとつでも該当する施設がベビーホテルです。

  • 午後7時以降の保育をおこなっているもの
  • 児童の宿泊を伴う保育をおこなっているもの
  • 時間単位での児童の預かりをおこなっているもの

◇その他の認可外保育園(無認可保育園)

また、その他、企業主導型保育事業やベビーホテルにも該当しない認可外保育園(無認可保育園)もあります。東京都の認可外保育園は、東京都福祉保健局のホームページでも一覧表を確認することができます。

※参考文献:東京都福祉保健局 認可外保育施設(ベビーホテル・その他・事業所内)一覧の公開と利用する際の留意点

「認可外保育園(無認可保育園)だからよくない」とは決していえません。アートや教育に力を入れるなど、独自のカリキュラムを設けていたり、車送迎をおこなっている園もあります。

ただし、施設の立入調査結果を参考にしたり、実際に見学に足を運び保育士の質や設備の安全性を確認するなど、子どもを安心して預けられるか、きちんと事前に確認することが大切です。なぜ認可外(無認可)なのか不明な場合は、質問してみるとよいでしょう。

※参考文献:東京都福祉保健局 認可外保育施設(ベビーホテル等)立入調査結果一覧

保育料

認可外保育園(無認可保育園)の保育料は、施設によって異なります。

特に、その他の認可外保育園(無認可保育園)は高額になるケースが多く、中には、月額保育料が10万円以上の高額となる園もあります。ただ、自治体によっては、一定条件のもと、保育料の一部補助を受けられる場合があるので、確認してみてください。

申込先・申込方法

認可外保育園(無認可保育園)の申し込みに際しては、自治体を介さず、保育園と直接契約します。週2日だけ、短時間だけ、といった利用者の要望にも比較的柔軟に対応してくれます。

※参考文献:公益財団法人 児童育成協会 企業主導型保育事業ポータル

先輩ママの体験談! 保育園の種類はどのように選んだ?

保育室で遊ぶ子どもたち

待機児童問題がある中で、保育園は「選べる」ほどまだまだ選択肢は与えられていないのが現実かもしれません。

とはいっても、大切な我が子を預ける保育園はしっかり選びたいもの。保育園の種類は様々ですが、どのような理由で選んだのでしょうか。先輩ママたちの体験談を紹介します。

認可保育園を選んだママの体験談

「認可保育園の入園申請で一度は不承諾に。しかし、費用や保育環境などを考慮し、我が家では認可保育園がベストと判断し待機児童になりました。しばらくして内定者の中から辞退者が出たので無事に希望する認可保育園に入園できました」

「小規模保育施設から認可保育園に転園しました。園庭もあり、施設も小規模のときよりも広くて転園できてよかったと思います」

「認可保育園は一度は落ちてしまったため、認証保育園へ入園を決めて手続きを進めていました。ただ、4月入園ギリギリ直前で繰り上げになったと区から電話が。認証保育園には入園金も支払い済みで悩みましたが、対象が2歳児までだったので、5歳児まで長く通える認可保育園に決めました」

認可外保育園を選んだママの体験談

「1歳児クラスで認可保育園に入れるために、入園申請のときの加点を狙って、0歳児のうちから認可外保育園に入れました。保育料は高かったけれど、おかげで1歳児では認可保育園に転園できました」

「認可外保育園でも、うちの子どもが利用した保育園は基準面積が少し狭いだけで、設備や保育士の質はまったく問題ありませんでした。区から補助も出ていたので、我が家の場合は認可保育園よりも安く済みました」

「週5のフルタイム勤務ではなかったため点数が低く、認可保育園は難しいといわれました。ただ、働き方は変えたくなかったので、認可外保育園にしました」

認証保育園を選んだママの体験談

「駅前で通勤途中にあるところが魅力だったので、認証保育園を選びました。通勤途中に送り迎えができたのはよかったと思います」

「激務な上に通勤時間が長いので、13時間預かってくれる認証保育園は本当にありがたかったです」

「大手民間企業が運営している認証保育園だったので安心感がありました。また、携帯で園内カメラをリアルタイムで確認できる機能があり、仕事中も逐一子どもの様子を見られるのがよかったです」

認定こども園を選んだママの体験談

「うちの子どもが入園したのは、保育園型の認定こども園だったので長時間預かってもらえるだけでなく、ひらがななどの学校教育も受けられて一石二鳥でした」

「小規模保育は2歳までしか預かってもらえなかったので、卒園後は幼稚園型の認定こども園に入園しました。保育園のときと変わらず長時間預かってもらえるので助かりました」

ややこしい保育園の種類を整理しよう

ひよこ組

保育園は種類が様々で少しややこしく、保育園選びに困惑するかもしれません。

2019年10月から開始される「幼児教育・保育無償化」の対象や上限額も保育園の種類によって異なります。不明点があれば、自治体の保育園窓口で担当者に相談してみることをおすすめします。

また、いずれの保育園の種類も、メリット・デメリット、個性があります。認可や認可外といった言葉だけでは、保育士の質や保育環境などは、実際に見学してみないとわからないことが多くあるものです。保育園を決める前んは必ず見学に行くようにしましょう。

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter LINE@