喃語(なんご)とは?赤ちゃんはいつから言葉を話すの?先輩ママの体験談

喃語とは「あー」「うー」など、意味のある言葉を話す前の赤ちゃんが発する声です。赤ちゃんが一生懸命声を出す練習をしているかと思うと、とてもかわいいですよね。赤ちゃんの喃語はいつから始まるの?喃語の種類やそれぞれに意味はあるの?喃語が出ない・少ないと心配?など、喃語の気になるアレコレについて、先輩ママの体験談と共に紹介します。

喃語(なんご)とは?

笑顔でおしゃべりする赤ちゃん

のどや唇を使う練習

喃語(読み方:なんご)は、赤ちゃんが言葉を話す前段階の時期に発する、「あー」「うー」「あうー」「バーバー」「ぶぶぶぶ」などの声です。

1歳頃から出てくる「わんわん(犬)」や「まんま(ママ・ごはん)」といったオノマトペ(いわゆる「赤ちゃん言葉」)とは異なり、喃語に特別な意味はありません。

喃語を発しながら、声の出し方や声帯の使い方を練習し、段々と言葉を習得していくのです。

赤ちゃんがご機嫌なときに発するもの

喃語に意味はないものの、赤ちゃんはご機嫌なときに喃語を発するともいわれています。

喃語が聞かれたら、赤ちゃんが「嬉しいよ」「楽しいよ」「リラックスしているよ」という気持ちを表しているのかもしれませんね。

赤ちゃんの喃語はいつから始まるの?

公園でおしゃべりする赤ちゃんたち

生後2~3ヶ月頃から

赤ちゃんが泣き声以外の声を発するのは、個人差はあるものの、生後2~3ヶ月頃、「あー」「うー」など母音だけの「クーイング」から始まります。

クーイングとは?

クーイングとは、赤ちゃんだけの発声方法で、舌を使わずにのどで「クー」となるような息が漏れるような声が出ます。やさしく小さな声で、生まれて数ヶ月の時期にしか聞くことができない音です。

「バーバー」「ダァダァ」など2文字以上や子音もある場合などは喃語と呼ばれ、区別されています。

赤ちゃんの喃語はいつまで?言葉はいつから話すの?

アイデアを考えている赤ちゃん

言葉の発達は個人差が大きい

赤ちゃんの喃語が、意味を持つ「言葉」に進化し、いつからおしゃべりを始めるかは、個人差がとても大きいです。また何をもって言葉と認識をするのか、周囲の大人の感じ方によっても異なります。

言葉を話すのは1歳頃から

一般的には、生後10~11ヶ月頃に喃語が減り始め、1歳頃から「わんわん」といった意味のある単語を1語で話すことが多いです。さらに2歳頃になると、「ママ、すき」といった2語文を話すようになります。

厚生労働省の乳幼児身体発育調査(平成22年)では(※1)、1歳6~7ヶ月未満の乳幼児のうち90%以上が、単語一語以上の言葉を話すという結果が出ています。

◇一般調査による乳幼児の言語機能通過率(※1)

年月齢単語を言う
生後7~8ヶ月未満2.2%
生後8~9ヶ月未満6.5%
生後9~10ヶ月未満9.0%
生後10~11ヶ月未満21.3%
生後11~12ヶ月未満40.9%
生後1年0~1ヶ月未満57.6%
生後1年1~2ヶ月未満69.9%
生後1年2~3ヶ月未満79.1%
生後1年3~4ヶ月未満86.1%
生後1年4~5ヶ月未満88.8%
生後1年5~6ヶ月未満89.1%
生後1年6~7ヶ月未満94.7%

【時期別】赤ちゃんの喃語と言葉の発達イメージ

笑顔でずりばいをする赤ちゃん

赤ちゃんの頃は、ずっと同じような喃語を発しているようなイメージがありますが、実際には、成長と共に喃語の種類が増えています。

赤ちゃんの喃語と言葉の発達イメージを、月齢・時期別に紹介します。

新生児~生後1ヶ月頃

生まれたばかりの赤ちゃんは「泣く」ことで、空腹や不快などの意思を伝えます。この頃は、まだ泣くことでしか、声を発することはありません。

ただ、赤ちゃんは生まれてすぐから聴覚はよく発達していて、ママの声はきちんと聞こえています。スキンシップをしながら、たくさん話しかけてあげましょう。

生後2~3ヶ月頃

初めての喃語、「あー」「うー」などの「母音」を中心とする1音節のクーイングが出始める頃です。少し曖昧な「母音+子音(※あ・い・う・え・お以外)」の喃語が聞かれることもあります。

赤ちゃんは自分の声が耳に聞こえてくるのを楽しんでいます。喃語をオウム返ししたり、話しかけたりして、親子のコミュニケーションを楽しみましょう。

生後4~5ヶ月頃

やさしくか弱いクーイングから一歩前進し、喃語がしっかりと大きな声になってきます。周囲やご近所に聞こえるような大きな声を発することがあるかもしれません。

「ぶー」「ばー」「がー」といった聞きなれない寄声にびっくりするママがいますが、これはのどや唇を使う練習です。「こうやって声を出すんだ!」と赤ちゃんが楽しんでいるのかもしれませんね。

生後6~7ヶ月頃

生後6ヶ月を過ぎた頃から、「ババババ」「バーバー」「あぶあぶ」「んまんま」「まんまん」といった、同じ声を繰り返す2音節、「反復喃語」が出てくるようになります。

喃語の種類や発する回数が増えてくるので、ママ・パパはこの頃に「話し始めた」と感じることが多いようです。

また、ママ・パパへのアピールが盛んで、何かを要求したいときに、大声をあげて「構ってほしい」「気付いてほしい」と注意を引くことがあります。

生後10~11ヶ月頃

生後10~11ヶ月頃になると、ママ・パパの言葉のニュアンスが少し理解できるようになってきます。

喃語が減る一方で、身振り手振りを交えながら、徐々にコミュニケーションが取れるようになってきます。名前を呼ぶと振り向くことがあったり、「ちょうだい」というと物を渡してくれたり、「いないいない」というと「ばぁ」と返してくれたり、「ん」といいながら指を差す赤ちゃんも。

まだ言葉は話せないものの、意思疎通ができていると感じることが多くなります。

また、大人の声をまねしようと、いろいろな声を出します。例えば「バイバイ」を「バーバー」といったように、おしゃべりが増えるので、たくさん話しかけてあげましょう。

1歳頃~

1歳前後から、少しつず意味のある言葉を話すようになります。言葉の意味を理解する能力が発達し、コミュニケーションがより楽しくなる時期です。

この頃話す言葉は、ママやごはんのことを「まんま」、犬を「わんわん」、車を「ブーブー」など、1単語のオノマトペ(赤ちゃん言葉)です。

オノマトペ(赤ちゃん言葉)は、言葉と物を認識し、結び付けることが大切なので、「わんわんじゃなくて犬だよ」などと訂正する必要はありません。成長と共に正しい言葉を覚えていきます。

また、1歳を過ぎると、言葉の発達の個人差が強く出てくる時期でもあります。その子の個性や、保育園に通っているなど周囲の環境に左右されることも。

言葉がなかなか出てこなくても焦らなくて大丈夫。心配なことがあれば、1歳健診や1歳半健診で医師や保健師に相談しましょう。

2歳頃~

「ママ、どこ」などの2語文を話すようになるのは2歳前後。

1~2歳頃は言葉をたくさん覚えている大事な時期です。「話しかける」「話す」という会話のやりとりを積極的におこないましょう。

実際の会話と比べると、テレビのような一方的な音声では、言語の発達はそれほど伸びないとされています。

日本小児科学会こどもの生活環境改善委員会からも、「2歳以下の子どもには、テレビ・ビデオを長時間見せないようにしましょう。内容や見方によらず、長時間視聴は言語発達が遅れる危険性が高まります」と提言されています(※2)。

いつ・どんな喃語が出た?赤ちゃんにどう話しかけた? 先輩ママの体験談

スキンシップしながらおしゃべりする赤ちゃんとママ

「喃語はいつから話した?」「初めて出た喃語は?」「喃語が出ないと練習が必要?」気になる疑問について、先輩ママに体験談を聞いてみました。

Q.喃語はいつから・どんな感じで始まった?

「生後1ヶ月ぐらい、『あー』と初めて泣き声以外を聞いたときはとってもかわいかったです。その後は、急速にどんどんおしゃべりが増えていった印象です」

「正直どれがクーイングで、どれが喃語だったのかよくわからなかったです(笑)。でもちゃんと声が出ていたから気にならなかった」

「いま3歳の子どもは、喃語も言葉もほかの同じ月齢の子どもより遅かったです。でも障害の心配はなく、喃語が遅くても成長に影響はないと思います。焦らなくてよいと思う」

「生後5ヶ月くらいから奇声が始まり、喃語が出ているかを把握する余裕はありませんでした…。生後7ヶ月頃にやっと少し落ち着いて、反復喃語が出ていることに気が付きました」

「娘が喃語を話さなくて耳の障害を疑ったこともありました。でもおもちゃのガラガラには反応していたので、きっと聞こえているだろうと思い、喃語が出てくるのを気長に待ちました。今2歳の娘は驚くほどおしゃべりです(笑)」

喃語が出る時期は本当に個人差があるようですね。赤ちゃんのペースに合わせて見守っていきましょう。

Q.喃語にはどんな話しかけをした?

「喃語が出たら、『うれしいね』『ママだよー』と何でもいいので必ず返すようにはしていました」

「子どもが『あぶぶぶ』といえば、『あぶぶぶだねー』と真似をして会話をしていました」

「同月齢の子どもと比べて喃語が少ないなと感じ、それまで以上に私から話す機会を増やしてみました」

「保育園のお友達と喃語でおしゃべりしているのをみて、とってもかわいかったです。『何話してたの?』ととっても気になりました。

喃語には無視せず、何かしら答えてあげていたというママたち。喃語でおしゃべりしている赤ちゃんを想像すると、とてもかわいらしいですね。

喃語が出ないと発達障害の心配がある?

病院イメージ

喃語は赤ちゃんの言葉が発達する段階のひとつで、みんなが通る道です。しかし、中には喃語をあまり話さない赤ちゃんもいるようです。

喃語の発達には個人差がある

赤ちゃんの発育の仕方は個人差が非常に大きいです。寝返りやハイハイ、つかまり立ちをする時期が違うのと同様に、喃語が始まる時期や、多い・少ないは赤ちゃんによってそれぞれ違います。

喃語があまり出なくても、基本的にはあまり心配しなくて大丈夫。赤ちゃんの成長スピードに合わせて様子をみましょう。

発達障害が疑われる場合は医師に相談を

「言葉が出ない」「言葉の遅れが目立つ」ことで、自閉症や知的障害などの発達障害を思い浮かべるかもしれません。

発達障害が疑われる様子の一例として、

  • 0歳台に激しく泣いたり大声を出したりしない
  • 1歳以降もあまり言葉が出ない
  • オウム返ししかしない
  • 意味のある言葉が出ない
  • 意味不明な言葉が多い

などがあります。

ただ、発達障害はもともと判断しづらく、特に0歳児は、育てにくさが乳幼児特有のものなのか、発達障害なのかを見極めるのは難しいです。様子を見ながら、気になる様子が見られたら、健診時に医師に相談しましょう。

聴覚障害の可能性は?

赤ちゃんが喃語をあまり発さない原因に難聴の心配をするママもいます。

出生時に新生児聴覚スクリーニング検査を受けていて、異常が認められなければ、大半は問題ありません。

難聴が疑われる様子の一例として、

  • 大きな音に驚いたりビクっと反応しない
  • おもちゃや音楽の音に反応しない
  • 声を出して笑わない
  • 1歳以降も「バイバイ」や「おいで」などの簡単な呼びかけに反応しない
  • 意味のある言葉が出ない

難聴は早期発見が大切なので、新生児聴覚スクリーニング検査を受けていない場合は、一度医療機関で相談してみるとよいでしょう。

赤ちゃんの喃語が出たらたくさん話しかけよう

赤ちゃんとおしゃべりするママ

喃語は生後10ヶ月頃を目安に徐々に少なくなり、1歳前後になると言葉や身振り手振りで意思表示ができるようになります。

赤ちゃんの喃語を聞けるのは、ほんの数ヶ月限定なのですね。そう考えると、喃語を話す赤ちゃんが愛おしく、思う存分聞いておきたいものですね。

赤ちゃん自身も声を出すのが楽しくて仕方がない時期です。赤ちゃんの成長を温かく見守りながら、たくさん話しかけてくださいね。

※1 参考文献:厚生労働省 乳幼児身体発育調査 調査結果の概要
※2 参考文献:平成16年4月1日 提言 乳幼児のテレビ・ビデオの長時間視聴は危険です 日本小児科学会こどもの生活環境改善委員会

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter LINE@