日焼け止め乳液・ミルクタイプでUV&保湿ケア!年中使えるおすすめ13選

日焼け止め乳液は紫外線対策と肌の保湿が同時にできる多機能アイテム。特に乾燥肌や普通の日焼け止めでは肌荒れしやすい敏感肌の人におすすめです。口コミで人気の商品を厳選してご紹介します。また、一般的な「乳液」代わりとしてとして使えるのか、「化粧下地」としての効果もあるのか、日焼け止め乳液の使い方についても解説します。

日焼け止め乳液・ミルクとは?

プールサイドに置いた日焼け止め乳液

紫外線対策に欠かせない日焼け止め。しかし、乾燥、肌荒れ、塗った後のキシキシ感、ベタつき感が苦手など、様々な理由で日焼け止めに苦手意識を持つ人もいるでしょう。

特に顔にはできるだけ肌に優しいもので、日焼け止めの上に重ねるメイクに響かないものを使いたいですよね。これらの悩みを解消するには日焼け止め乳液がおすすめです。

日焼け止め乳液と一般的な日焼け止めとの主な違いをご紹介します。

特徴1.保湿力が高い

日焼け止め乳液はその名のとおり「乳液」としての効果があるため、美容成分(スキンケア成分)が配合されており、一般的な日焼け止めよりも保湿力が高いものが多いです。塗った後の日焼け止め特有のキシキシ感はなくしっとりします。

特徴2.顔用

そのため、日焼け止め乳液はもちろん全身に使えるものですが、乳液感覚で「顔用」として使うのが一般的です。容量も30ml程度の少ないものが多いのが特徴。

顔に使うことを想定してつくられているため、顔を明るく見せてくれたり、ファンデーションののりをよくしたり、化粧崩れを防ぐためにパウダーを配合するなどの工夫がされています。

特徴3.化粧下地として使える

日焼け止め乳液は、乳液と化粧下地の2役をこなすものが多いので、時短ケアにぴったり。化粧水で肌を整えた後にすぐに塗ることができて、日焼け止め乳液を塗った後はベースメイクを重ねることができます。

特徴4.軽いテクスチャーで塗りやすい

一般的な日焼け止めは主に「ジェル」タイプや「クリーム」タイプが主流で、比較的重めの使い心地が多いのに対して、日焼け止め乳液は軽めのテクスチャーが特徴です。肌摩擦を防ぎたい顔にも伸ばしやすいのがメリット。

特徴5.専用クレンジング不要

一般的な日焼け止めは紫外線カット効果が高い分、落とすときは専用クレンジングが必要なものが多いです。対して、日焼け止め乳液は肌に優しい処方になっており、大半のものが専用クレンジングは不要。いつも使っている洗顔料で落とすことができます。

日焼け止め乳液・ミルクの選び方

腕に伸ばした日焼け止め乳液

SPF・PA

SPFとPAとは、日焼け止めの紫外線ブロック効果をわかりやすく表示した指数です。SPFは「UV-B」の防止効果を表す数値で、PAは「UV-A」の防止効果を表したものです。

現在の最高レベルは「SPF50+・PA++++」ですが、日常使いであれば「SPF30・PA+++」程度で十分だといわれています。一般的には、SPF・PAの数値が高いほど肌への負担が大きくなるため、求める効果に応じて選びましょう。

美容成分

日焼け止め乳液は顔に使用するため、保湿力や美容効果も大切なポイントです。

乾燥肌にはセラミドなどの潤い成分、敏感肌には肌荒れを防ぐ抗炎症成分、シミ対策にはトラネキサム酸などの美白有効成分といったように、求める効果によって日焼け止め乳液を選ぶとよいでしょう。

紫外線吸収剤・紫外線散乱剤

日焼け止め乳液に含まれる紫外線カット成分には、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。

どちらにもメリット・デメリットがあり一概にどちらがよいとはいえませんが、一般的には紫外線吸収剤を使わないものを「ノンケミカル」と表現され、肌に優しいとされています。敏感肌の人は紫外線散乱剤を使用したものがおすすめです。

一方で、紫外線吸収剤にも白浮きしにくい、キシキシ感が少ない、など使いやすいメリットもあるため、肌に合うものを選ぶようにしましょう。

口コミで人気!日焼け止め乳液・ミルクタイプおすすめ13選

日焼け止め乳液・ミルクタイプの中から、口コミ評価の高い人気アイテムをピックアップしてご紹介します。デパコスブランドからドラッグストア・薬局で市販されているプチプラアイテムまで、幅広く集めました。

1.HALENA オーガニックUVミルク

HALENA オーガニックUVミルク

出典:www.alo-organic.com

99.8%天然由来成分の国産オーガニックの日焼け止め乳液です。ベビースキンケアNo.1ブランドのアロベビーとの共同開発で、赤ちゃんにも使えるほど優しい日焼け止めを実現。

紫外線吸収剤・界面活性剤フリーでUVカット力は国内最高値の「SPF50+・PA++++」。しっかり紫外線はカットしたいけれど、肌負担が心配な人にぴったりです。

伸びのよい乳液タイプで顔にも塗りやすく、白浮きしにくいので化粧下地としても◎。毛穴や凸凹をカバーし自然なトーンアップでツヤ肌をつくってくれます。20種の美容液成分配合でつけている間はしっとり乾燥しらず。

専用クレンジング不要でメイクを重ね付けしていない部分は洗顔料だけで落とせます。ファンデーション等を塗っている場合は、クレンジングの使用がおすすめ。

紫外線吸収剤・界面活性剤・合成香料・合成色素・鉱物油・パラベン・エタノール・シリコンはすべて無添加。

●容量:35g
●SPF、PA:SPF50+/PA++++
●税込価格:3,564円(数量限定)

(2019年7月11日 15:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

販売サイトで見る

2.エリクシール ルフレ バランシング おしろいミルク

資生堂 エリクシール ルフレ バランシング おしろいミルク

出典:www.amazon.co.jp

テカリや毛穴を目立たなくする「おしろい効果」のある「下地がいらない朝用乳液」です。「SPF50+・PA++++」の最高レベルの紫外線カット効果でUVケアもできます。

スキンバランス処方で皮脂と水分のバランスを整え、ベタつかずサラサラが長続き。透明感もアップします。これ1本で保湿も化粧下地も日焼け止めの効果もあるので、忙しい朝の時短ケアにぴったりです。

専用クレンジング不要で洗顔料で落とせます。フレッシュブーケの香り。

●容量:35g
●SPF/PA:SPF50+/PA++++
●税込価格:楽天/1,900円、Amazon/1,940円

(2019年7月11日 15:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

3.ソフィーナボーテ 高保湿UV乳液 しっとり

ソフィーナボーテ 高保湿UV乳液 しっとり

出典:www.sofina.co.jp

潤いを保つために大切な「セラミド」ケア成分を配合し、紫外線やエアコンなどの乾燥から肌を守ってくれる日中用乳液。チューベローズ(月下香)培養エッセンスとグリセリンがしっとり潤うハリ肌へ導きます。

「UV-A」と「UV-B」どちらも長時間しっかりカット。化粧下地としても使えます。専用クレンジング不要で洗顔料で落とせます。ほのかな花雫の香り。

●容量:30g
●SPF/PA:SPF30/PA++++
●税込価格:楽天/2,779円、Amazon/3,024円

(2019年7月11日 15:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

4.ランコム UVエクスペール トーンアップ

ランコム UVエクスペール トーンアップ

出典:www.lancome.jp

口コミサイトや美容雑誌でも人気の高い日焼け止め乳液です。最高レベルの紫外線カット効果(SPF50+・PA++++)ながら、肌を整えるエーデルワイスエキスを配合しスキンケア効果も叶えます。

さっとひと塗りするだけで透明感のある明るい肌をつくります。「ツヤ感が出てくすみも払ってくれる」という口コミが。伸びがよく化粧下地としても使えます。

紫外線吸収剤にはテレフタリリデンジカンフルスルホン酸、ドロメトリゾールトリシロキサンという独自成分を使用しています。

●容量:50ml
●SPF/PA:SPF50+/PA++++
●税込価格:楽天/5,319円、Amazon/6,298円

(2019年7月11日 15:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

5.アクセーヌ スーパーサンシールド ブライトフィット

アクセーヌ スーパーサンシールド ブライトフィット

出典:www.amazon.co.jp

季節の変わり目や日々のストレスを感じやすい敏感肌にもおすすめのアクセーヌの日焼け止め乳液です。低刺激性、ノンケミカル処方でウォーターベース。肌負担が少なく軽い付け心地でベタつきもありません。

ヒアルロン酸の約1.7倍の保水力で肌に潤いを与えます。くすみが気になる部分もツヤが出てトーンアップ。顔だけでなく腕やデコルテ、全身の肌もきれいに見せたい人におすすめです。

「SPF50+・PA++++」の紫外線カットに加えて、汗や水に強いウォータープルーフタイプなのでレジャーにも使えます。機能性は高いのにいつもの石鹸で落とせる肌への優しさがうれしいですね。

無香料、アルコールフリー、パラベンフリー、色素が直接肌に触れないパーフェクトヴェール処方。

●容量:40g
●SPF/PA:SPF50+/PA++++
●税込価格:楽天/2,539円、Amazon/2,999円

(2019年7月11日 15:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

6.Obagi(オバジ)マルチプロテクトUV乳液

Obagi オバジC マルチプロテクト UV乳液

出典:www.amazon.co.jp

3種類のビタミンC誘導体を高濃度配合したオバジCシリーズの日焼け止め乳液です。美容液、乳液、日焼け止め、化粧下地と、1本で4つの役割を果たします。

潤いを与えながら紫外線をカットするだけでなく、シミを予防し、PM2.5、ホコリ、花粉など空気中の有害物質もカットします。水や汗に強いウォータープルーフタイプです。

保湿力は高いのにサラサラしたテクスチャーで「メイクとも喧嘩しない」という口コミが。よく振ってから使うタイプです。

●容量:30ml
●SPF/PA:SPF50+/PA++++
●税込価格:楽天/3,240円、Amazon/3,240円

(2019年7月11日 15:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

7.ラロッシュポゼ UVイデアXL(敏感肌用)

ラロッシュポゼ UVイデアXL [敏感肌用]

出典:www.amazon.co.jp

フランス発の敏感肌スキンケアブランドの日焼け止め乳液です。「乾燥しない」と乾燥肌・敏感肌から根強い人気の1本。

白浮きしにくい無色タイプで化粧下地としてもおすすめです。ツヤ感を与えトーンアップ効果も。

肌の奥深くまでダメージを与え、肌のシミやシワを作り出す原因と言われている「UV-A」をしっかりブロック。紫外線だけではなく、花粉やPM2.5などの大気中物質からも肌を守ります。

皮膚をやわらげ本来の肌機能をサポートする整肌成分を配合しスキンケア効果が期待できます。専用クレンジング不要で洗顔料で落とせます。

●容量:30ml
●SPF/PA:SPF50/PA++++
●税込価格:楽天/1,987円、Amazon/3,672円

(2019年7月11日 15:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

8.ジュリーク UVディフェンスローション(日焼け止め乳液 顔用)

ジュリーク UVディフェンスローション

出典:jurlique-japan.com

「遮る・守る・整える」3つの防御で繊細な肌を健やかに保つ、オーガニックコスメの日焼け止め乳液。軽い付け心地で白浮きしにくく化粧下地としてもおすすめです。

肌荒れを防ぐカレンドラエキス、ハリ・弾力を与えるスピランティスエキスなど植物由来のスキンケア成分を配合し、年齢や肌タイプを問わず使用できます。

シンプルでおしゃれなパッケージはギフトにも◎。癒やされるフォレストシトラスの香り。

●容量:50ml
●SPF/PA:SPF50/PA++++
●税込価格:楽天/5,254円、Amazon/5,292円

(2019年7月11日 15:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

9.雪肌精 ホワイトUVエマルジョン[医薬部外品]

KOSE 雪肌精 ホワイトUVエマルジョン [医薬部外品]

出典:www.kose.co.jp

美白スキンケアの定番ブランド・雪肌精の朝用乳液はやはりシミ対策に人気の1本。美白有効成分のトラネキサム酸を配合し、メラニンの生成を抑えてシミ、そばかすを防ぎます。

紫外線だけではなく、日中の皮脂のベタつきやエアコンの乾燥など、変化する肌環境にもしっかり対応し潤いを保ちます。

和漢由来の皮脂吸着パウダー配合し、皮脂崩れを防ぎ化粧もちをアップ。化粧下地としてもおすすめです。「肌のトーンが明るくなり、化粧ノリもよくなる」という口コミも。

●容量:35g
●SPF/PA:SPF50+/PA++++
●税込価格:楽天/2,527円、Amazon/2,509円

(2019年7月11日 15:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

10.NOV(ノブ) UVミルクEX

ノブ UVミルクEX

出典:noevirgroup.jp

お湯でも落とせる、敏感肌や小さな子供まで使える肌に優しい処方の日焼け止め乳液です。伸びがよくみずみずしく軽い付け心地で、「落ちにくい」「肌負担が不安」など日焼け止めが苦手な人の不安を解消してくれます。ニキビ肌にも使えます。

「SPF32・PA+++」と日常使いしやすい紫外線カット効果で、秋冬などオフシーズンにもおすすめです。「化粧下地としても優秀でとてもきれいにファンデーションがつく」という口コミも。

紫外線吸収剤不使用、無香料、低刺激性。ノブはドラッグストア・薬局でも取り扱いがあります。

●容量:35g
●SPF/PA:SPF32/PA+++
●税込価格:楽天/2,916円、Amazon/2,600円

(2019年7月11日 15:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

11.無添加工房OKADA 岡田UVミルク

無添加工房OKADA UVミルク

出典:www.amazon.co.jp

ブランド名のとおり、合成界面活性剤や紫外線吸収剤、合成ポリマーなどが含まれていない無添加処方の肌に優しい日焼け止め乳液です。

植物由来エキスや食品にも使われている成分だけを使用しているため、安全性が高く、敏感肌や赤ちゃんへの使用もおすすめです。

グリセリンやカミツレ花エキス、アロエベラ花エキスなどの植物オイルが、肌に潤いを与えてコンディションを整えます。

紫外線吸収剤不使用、ノンシリコン、合成ポリマー不使用、合成界面活性剤フリー、無香料、無着色、鉱物油フリー、防腐剤フリー、合成安定剤不使用。

●容量:50g
●SPF/PA:SPF20/PA++
●税込価格:楽天/3,888円、Amazon/4,468円

(2019年7月11日 15:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

12.キュレル UVミルク[医薬部外品]

キュレル UVミルク

出典:www.amazon.co.jp

肌に潤いを与えるセラミドケアと紫外線カットを両立した乾燥性敏感肌のための日焼け止め乳液。紫外線吸収剤は使用していない肌に優しい処方です。

ドラッグストア・薬局で市販されている手軽さとプチプラ価格でも人気。

植物由来の消炎剤を配合し、日焼け後のほてりや肌荒れも鎮めます。セラミド機能成分、ユーカリエキス、アスナロエキスが肌の潤いを保ちます。

白浮きせず、肌をなめらかに整えファンデーションの「ノリ」をよくするので、化粧下地としてもおすすめです。無香料、無着色、紫外線吸収剤無配合、アルコールフリー。

●容量:30ml
●SPF/PA:SPF30/PA++
●税込価格:楽天/1,080円、Amazon/1,620円

(2019年7月11日 15:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

13.ズボラボ 休日用乳液 UV

サナ ズボラボ 休日用乳液 UV

出典:www.amazon.co.jp

プチプラコスメ派におすすめの日焼け止め乳液です。1本で保湿・UVカット・肌色補正の3役をこなします。「休日にメイクはしたくない、だけど肌ケアはしたい」という人におすすめです。

ほんのり色づくナチュラルベージュ色で、これだけでご近所メイクならOK。気になる毛穴も隠してくれるのでもちろん化粧下地としても使えます。

セラミドや3種の美容オイルなど7種の美容液成分を配合し、、時間が経っても潤い長続き。専用クレンジング不要で洗顔料だけで落とせませす。

●容量:60g
●SPF/PA:SPF28/PA++
●税込価格:楽天/1,058円、Amazon/985円

(2019年7月11日 15:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

日焼け止め乳液・ミルクの使い方

日焼け止め乳液を顔に塗る女性

日焼け止め乳液は、その名前から「乳液として使うの?」「日焼け止めとして使うの?」「使う順番は?」と使い方に迷っている人がいます。ここでは、日焼け止め乳液の正しい使い方と順番をご紹介します。

朝・日中に使用する

日焼け止め乳液を通常の基礎化粧品と同様に使ってもよい、と考える人がいますが、あくまでも「日焼け止め」として使うのが正しい使い方です。

紫外線カット成分が含まれているので、夜のスキンケアに使用するのは避けて、朝・日中用として使うようにしましょう。

使う順番

日焼け止め乳液を使う順番は、化粧水で肌を整えた後で塗りましょう。多くの日焼け止め乳液は化粧下地の役割を果たすため、その後はファンデーションやフェイスパウダーなどのベースメイクを重ねてください。

メイクをお休みしたい日など、ベースメイクを塗らず日焼け止め乳液だけでも構いませんが、日焼け止めの後にパウダーを重ねることで、紫外線防御力がアップすることがわかっています。

クレンジング・洗顔で落とす

日焼け止め乳液は「乳液」とはいっても、あくまでも日焼け止めなので、1日の終わりにはクレンジングや洗顔料できちんと落としましょう。どんなに肌に優しくても、日焼け止め乳液が肌に残ったままで眠ると、肌荒れを引き起こす可能性があります。

日焼け止め乳液で保湿をしながら紫外線をカット!

髪が風になびいている目をつぶった女性

日焼け止め乳液は、朝のスキンケアが時短になるだけでなく、保湿もしてくれる優秀アイテムです。「日焼け止めのキシキシ感が苦手」「肌荒れしやすい」という人は、ぜひ一度日焼け止め乳液を試してみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介した日焼け止め乳液はどれも定番人気のおすすめアイテムです。お気に入りの日焼け止め乳液を見つけて、季節を問わず1年中しっかり紫外線対策をしましょう。

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter LINE@