赤ちゃん用スリーパーおすすめ8選!夏も冬も快適に!

赤ちゃんは手足をバタバタと活発に動かし、布団をはいでしまうことがよくあります。そんなとき役立つのが、寝冷え対策におすすめのスリーパー。スリーパーは冬の寒い時期だけでなく、夏の冷房対策にも活躍してくれます。そこで今回は、赤ちゃん用スリーパーの選び方や秋冬用~オールシーズン使える通年用まで、おすすめ商品をご紹介します。

赤ちゃん用スリーパーとは?

布団にくるまれている赤ちゃん

スリーパーとは、赤ちゃんが寝るときに温度調節のために着るもので、首元から足元まで覆って寝冷えを防ぎます。

ポンチョやベストのような形をしているものが一般的で、赤ちゃんが動きやすい袖なしのスリーパー、布団の代わりにもなる寝袋タイプのスリーパー、最近ではおしっこ漏れを吸収してくれるおねしょ対策にも使える多機能タイプなど、多くの種類の商品が販売されています。

赤ちゃん用スリーパーは手足をばたつかせ始める3ヶ月頃から使い始める場合が多いようです。新生児の頃はまだ動きが小さいので、使わなかった先輩ママも多いようです。

赤ちゃんにスリーパーは必要?どんなときに役に立つの?

くまのぬいぐるみを持って眠る子供

赤ちゃんが布団から出てしまってもスリーパーがあれば安心

赤ちゃんはバタバタと手足を動かして布団を蹴飛ばしたり、寝返りをしたりして、布団から出てしまうことがよくあります。

しかし、赤ちゃんが布団から出てしまう度に、布団を掛け直してあげるのは大変。夜、眠っているときだと、赤ちゃんが布団から出てしまっていることに気がつかないで、そのままの状態で朝になってしまうなんてことも。

そんなとき、赤ちゃん用スリーパーを着せていれば寝冷えを防ぐことができて安心です。

掛け布団とあわせて使って赤ちゃんの寒さ対策

重い掛け布団や、厚い毛布は赤ちゃんが窒息する原因となってしまうことがあります。

消費者庁では、窒息事故を防ぐために、できるだけベビーベッドを使用し、子供が払いのけられる子供用の軽い掛け布団を使用するよう注意喚起をしています(※1)。

しかし、子供用の軽い掛け布団だけでは寒さ対策が心配になることも。そんなときは、スリーパーと併せて使うと防寒になります。お昼寝のときにも毛布やタオルケットと併せて使えば防寒もバッチリ。

室温の調整が難しい旅行先にも活躍してくれますよ。

夏の赤ちゃんの寝冷え対策にも

スリーパーは冬に使うというイメージが強いですが、実は夏にも活躍するアイテム。夏の暑い夜に冷房をつけて寝る場合は、体の冷えすぎを防ぐために薄手のスリーパーがあると便利です。

通気性が良く、汗を吸収する素材のスリーパーなら、暑い季節でも快適に赤ちゃんの寝冷えを防ぐことができます。また、日中に冷房のついた室内で赤ちゃんが過ごすときでも、体温調整のためにスリーパーを上から着せてあげてもOK。

赤ちゃん用スリーパーの選び方のポイント

電球のイラストのアイコン

赤ちゃん用スリーパーは長く使えるように工夫された商品も多く販売されています。その分、素材やサイズ感には気をつけて選びたいところ。ここでは、スリーパー選びのポイントをご紹介します。

1.スリーパーのデザイン

袖なしベストタイプと袖があるタイプ

袖がないベストタイプの赤ちゃん用スリーパーはオールシーズン使えて便利。赤ちゃんの腕の動きを妨げないので、良く動く赤ちゃんにもおすすめです。成長して腕の長さが変わっても使えるので、長い期間使うことができます。

袖がある赤ちゃん用スリーパーは、保温性が高いので寒い冬におすすめ。布団から出てしまいがちな肩や腕の冷えをしっかりと防ぐことができます。袖をスナップボタンで取り外しできる2wayタイプのスリーパーも人気です。

横開きタイプと前開きタイプ

赤ちゃん用スリーパーには身体の脇から開く「横開きタイプ」と中心にスナップボタンやファスナーが付いて開く「前開きタイプ」があります。

脇から開く横開きタイプは、大きく広げることができるので、ねんねの時期の赤ちゃんに最適。赤ちゃんを寝かせたままでも着せやすく、おむつ替えがしやすいのが特徴です。

前開きのタイプは、開け閉めが簡単なのが特徴。

着脱のしやすさや、おむつ替えのしやすさなど、赤ちゃんの成長や好みに合ったスリーパーを選んでくださいね。

ファスナータイプとスナップボタンタイプ

ファスナータイプのスリーパーは、前開きタイプが多く、開閉が簡単で、スナップボタンタイプに比べて脱げにくいのが魅力です。スナップボタンタイプは裾が分かれる2wayタイプなど、形の種類が多いのが特徴。

おむつ替えがある時期は、下側からも開けられる方がおむつ替えしやくおすすめです。中には、ファスナータイプでもWファスナー仕様でおむつ替えしやすいスリーパーも販売されています。

裾が分かれるタイプはズレにくい

スナップボタンを止めると股下がズボンのようになるスリーパーは、寝返りなどで裾がめくり上がってしまうのを防げます。寝相が悪い赤ちゃんや小さな子供にも安心。

股の部分にスナップボタンが付いた2wayタイプのスリーパーなら、ボタンを留めてカバーオール型に、大きくなったら留め方を変えてワンピース型にと、成長に合わせて長期間使うことができます。

2.サイズ

スリーパーの長さ

赤ちゃん用のスリーパーを布団の代わりに使いたい場合は、足先まですっぽりと覆う長さがあるスリーパーがおすすめ。ただし、歩けるようになった赤ちゃんの場合は、長すぎるスリーパーだと転んでしまう可能性があるので、長すぎるものは避けた方が安心です。

膝下~足首の位の長さのスリーパーを選ぶといいでしょう。

首回りと腕周りのサイズにも注目

スリーパーのサイズは長さや幅だけでなく、首回り、腕周りの大きさにも注目するのがポイント。首回りや腕周りが大きすぎると、スリーパーが脱げやすく、保温性も低くなります。

赤ちゃんの成長は早いので、大きめのサイズを買いたくなりますが、首回り、腕周りが大きすぎないことを確認しましょう。

3.洗濯方法

汗っかきな赤ちゃんに使うスリーパーは、手軽に洗濯できるものがおすすめ。特に赤ちゃんの場合、ミルクを吐いたり、うんちやおしっこで汚してしまうこともあるため、おのずと洗濯の頻度も多くなりがちです。洗濯機で丸洗いできると便利です。

また、ガーゼ素材やパイル地など通気性に優れた素材なら乾きも早いので洗濯洗いもスムーズになりますね。

4.シーズンや用途に合わせた素材選び

秋冬はフリース素材がおすすめ

ポリエステル素材を起毛させたフリースは、肌触りがなめらかで、暖かいのが特徴。伸縮性のある生地で、赤ちゃんが動きやすいのも魅力です。通気性が良く、洗濯した後に乾きやすいのも嬉しいポイントです。

特に寒い冬には羽毛や綿入りタイプもおすすめ

冬の特に寒い時期には、軽くて保温性が高い羽毛タイプのスリーパーもおすすめです。コットン生地の中にポリエステル綿を入れて保温性を高めた綿入りタイプのスリーパーも冬の時期にぴったり。

パイル素材は夏にぴったり

夏の素材として定番のパイル地は、吸水性に優れているので汗っかきな赤ちゃんにぴったり。ふんわりとした肌あたりと通気性の良さが魅力です。赤ちゃんのスリーパーにもよく使われ、手入れもしやすい素材です。

オールシーズン使うならガーゼ素材が優秀

ガーゼに使われる綿は、赤ちゃんにも安心して使える素材。肌が荒れやすい赤ちゃんや、刺激に敏感な赤ちゃんにも安心して使うことができます。耐久性も高いので、長く使うことができるのも魅力のひとつ。

ガーゼ素材は肌あたりが優しく、通気性・吸水性が高いのが特徴です。赤ちゃんの汗をしっかり吸い取り、早く乾くので、夏の暑い時期はもちろん、一年中使える素材です。また、ガーゼを重ねた生地は保温性もあるので温度調節に役立ちます。

秋冬用!赤ちゃんにおすすめのあったか素材のスリーパー

寒くなる秋冬シーズンにぴったりなフリース素材や羽毛素材など、軽くて暖かいスリーパーをピックアップ。赤ちゃんの防寒予防におすすめです。

1.kukka ja puu(クッカヤプー) フリーススリーパー

kukka ja puu(クッカヤプー) フリーススリーパー

出典:www.rakuten.co.jp

薄くて軽量なのに保温性が高い、マイクロファーバーのフリース素材を使用したスリーパー。股下ボタン付きでめくれ上がる心配もありません。

また、安全性の高い樹脂製ボタンで肌に優しく、金属アレルギーの子供にも安心。洗濯ネットに入れて洗濯機洗いが可能です。洗濯後の乾きが早いのも魅力。

カラーも豊富でお気に入りが見つかりそうですね。出産祝いやギフトにもおすすめです。

●カラー:サーモンピンク×ホワイト、ライトブルー×ホワイト、ライトグレー×ピンク、グレー×ブルー など
●サイズ:50~70cm、80~100cm、110~130cm
●税込価格:楽天/3,132円

(2019年3月4日 21:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見る

2.ハンスパンプキン ショルダーオープン型 冬用マイクロファイバーリバーシブルスリーパー

ハンスパンプキン 冬用マイクロファイバーリバーシブルスリーパー

出典:www.rakuten.co.jp

スナップボタンの肩開き型スリーパー。保温性に優れた柔らかなボア生地を使用しています。柄地の部分はコットン100%で肌あたりも優しくて◎。

リバーシブル仕様で2つのスタイルを演出してくれます。こだわりのオリジナルパターンが素敵。ネットに入れて洗濯機洗いが可能です。

●カラー:ドリームタイガー(ブラウン)、ウィンクラビット(ピンク)、オニオンフラワー(イエロー) など
●サイズ:S~XL
●税込価格:楽天/4,190円

(2019年3月4日 21:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見る

3.はぐまむ 綿毛布 2wayベビースリーパー

はぐまむ 綿毛布ベビースリーパー

出典:www.rakuten.co.jp

上質な超長繊維綿で作られた天然繊維100%のスリーパー。綿を起毛させたふわふわの毛布素材で冬でも暖か。綿毛布は吸水性が高く、寝汗が多い赤ちゃんも快適◎。

国内の縫製工場で生産、ホルムアルデヒド基準をクリアなど、安全性にも配慮したスリーパーで、安心して使うことができます。肩と両脇にスナップボタンが付いていて、赤ちゃんを寝かせたままでも着せることができ、おむつ替えもしやすいのがポイント。

●カラー:イチゴ×ピンク、小鳥×ブルー、カエル×グリーン、スター×ネイビー、ベーシック×グレー など
●サイズ:約39×55cm
●税込価格:楽天/3,599円、Amazon/3,999円

(2019年3月4日 21:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

4.エムール マトリョーシカ柄 2重ガーゼ ダウンスリーパー

マトリョーシカ2重ガーゼ ダウンスリーパー

出典:www.amazon.co.jp

軽くて暖かなホワイトダックダウンを使用した、羽毛タイプの赤ちゃん用スリーパー。羽毛タイプは冬でも暖かく布団代わりにすることもできます。

表生地は綿100%の2重ガーゼ生地で柔らかな肌触り。Wファスナー仕様で下からも開けることができるので、おむつ替えにも便利。袖下にギャザーがあり、冬でも暖かさを逃さない工夫がされています。

羽毛を使用していますが、手洗いすることができるのでお手入れも安心。対象年齢は新生児~6歳くらいまでなので長く使うことができます。

●カラー:ココアブラウン、ラズベリーピンク、ターコイズブルー など
●サイズ:約40×75cm
●税込価格:楽天/5,990円

(2019年3月4日 21:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見る

通年用!夏も快適な汗かき赤ちゃんにおすすめスリーパー

夏は涼しく、冬は暖かいオールシーズン活躍してくれるスリーパーをピックアップ。素材や縫製にこだわった人気のスリーパーをご紹介します。ギフトとしてもおすすめですよ。

5.サンデシカ 6重ガーゼ スリーパー

6重ガーゼ スリーパー

出典:www.amazon.co.jp

清潔に保ちやすい綿100%の6重ガーゼを使った、通年通して活躍してくれる人気のスリーパー。吸水性・速乾性に優れていて汗っかきな赤ちゃんにぴったり。洗うほどにふんわりとした柔らかな優しい肌あたりが魅力です。

両側がスナップボタンで開閉出来ます。めくれ防止のボタン付きで安心。織布から縫製まで国内生産にこだわった安心品質だから、ギフトとしてもおすすめです。

●カラー:ひつじ、ぞう、洋ナシ、くま など
●サイズ:約着丈64×身幅39cm(Lサイズ)
●税込価格:楽天/4,480円、Amazon/4,080円

(2019年3月4日 21:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

6.wataboushi オーガニックベビースリーパー

wataboushi オーガニックベビースリーパー

出典:www.amazon.co.jp

オーガニックコットン100%の赤ちゃん用スリーパー。化学薬品不使用のオーガニックコットンはお肌が敏感な赤ちゃんにもおすすめです。

表面はさらさらとしたガーゼ素材で洗うたびふんわり柔らかに。赤ちゃんの肌に触れる裏面はパイル素材で汗をしっかりと吸収します。通気性も優れているので乾きも良くて◎。

サイズは小さめで0歳~2歳くらいまでの赤ちゃんにおすすめのスリーパーです。適度な保温性があり、オールシーズン使用可能。ギフトとしてもおすすめです。

●サイズ:約49cm×30cm×40cm(フリーサイズ)
●税込価格:楽天/2,894円、Amazon/2,994円

(2019年3月4日 21:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

7.Mille-feuille de coton(ミルフィーユデコットン) 6重ガーゼベビースリーパー

ミルフィーユデコットン 6重ガーゼベビースリーパー

出典:www.rakuten.co.jp

綿100%の6重ガーゼで、夏は涼しく、冬は暖かく使える赤ちゃん用スリーパー。肩と両脇にスナップボタンが付いていて、ねんねの時期の赤ちゃんに使いやすい形状です。

ガーゼの縁は固めの素材でパイピングされていて、型崩れしにくい工夫がされています。ナチュラルでやさしいデザインも魅力。手洗いで洗濯することができるガーゼ素材で、新生児~3歳頃まで使うことができます。

●カラー:クリーム、ピンク、サックス、ブルーヒツジ、ネイビーハリネズミ など
●サイズ:着丈約58cm、身幅:約40cm(新生児~3歳頃まで)
●税込価格:楽天/3,488円

(2019年3月4日 21:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見る

8.サラッとした肌触り裏地ガーゼ お休みスリーパー ロング

お休みスリーパー ロング

出典:www.rakuten.co.jp

綿100%でサラサラとした肌触りが魅力の赤ちゃん用スリーパー。肌に触れる裏生地は通気性の良いガーゼ素材で、暑い夏でも快適に過ごすことができます。

表生地は柔らかなパイル素材でふんわりとした触り心地。縫い目が赤ちゃんの肌に当たらないように縫い方にも工夫がされています。

長めの丈で赤ちゃんの足までカバーするので、夏の冷房対策に最適。名入れ刺繍ができるのでギフトにもおすすめです。新生児~幼稚園くらいまで使えるスリーパーです。

●サイズ:身幅42cm×着丈70cm(フリーサイズ)
●税込価格:楽天/2,160円

(2019年3月4日 21:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見る

赤ちゃん用スリーパーで快適な睡眠を!

布団の中で向き合う赤ちゃんとママ

大人でも暑すぎたり寒すぎたりするとぐっすり眠れないもの。体温調節機能がまだ未熟な赤ちゃんは、自分で布団を掛け直すことができないのでスリーパーで温度調節をしてあげると良いですね。

季節や成長に合ったスリーパーを選んで、赤ちゃんの寝冷えを防いであげましょう!

※1 参考文献:消費者庁 0歳児の就寝時の窒息死にご注意ください!

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter