2018年ホームベーカリーおすすめ8選!初心者向きから本格派まで

自宅で手軽に焼きたてのパンを楽しむことができるホームベーカリー。1台あれば、毎日の食卓の幅が広がります。シンプルな食パンはもちろん、おかずパンやビザ、パスタ、うどん、ジャムと、バリエーションもざまざま。そこで今回は、初心者におすすめの便利な機能についてや、本格派におすすめの最新機種までご紹介します!

ホームベーカリーで食事の楽しさが広がる!

トーストとコーヒーの朝食

ホームベーカリーは好みの材料を投入し、スイッチを入れたらあとは焼きあがるまで放っておけるので、育児で忙しいママにもぴったりのアイテム。自力で一からつくるよりも、簡単で洗い物が少なくてすむので便利です。

さらに、前日の夜にタイマー機能をセットしておけば、翌朝には焼きたてのパンの香りで目覚めるなんてことも可能。そんな魅力いっぱのホームベーカリーをご紹介します

いつでも焼き立てのパンが食べられる

お店で焼きたてのパンを買うとなると、焼き上がる時間に合わせて買いに出かける必要があります。しかし、ホームベーカリーがあれば自分が食べたい時間に合わせてパンを焼くことが可能。

材料を入れてタイマー機能をセットしておけば、朝起きる時間に合わせて焼くこともできます。さらに、時短メニューでパンを焼き上げたり、8分で生地がつくれる機種もあるので調理も簡単になりますよ。

初心者でもパンづくりが簡単にできる

ホームベーカリーがなくても自分でパンをつくることはできますが、技術が必要な「ねり」や「発酵」、さらに「焼き」と工程が多く、温度管理も難しいのがパンづくり。

しかし、ホームベーカリーがあれば材料を入れるだけで、生地づくり、発酵、焼き上げまで自動でしてくれるので簡単です。初心者でも手軽に自分でパンをつくる楽しみを体感できます。

素材が選べて添加物やアレルギーに安心

大量生産されている市販のパンには気になる添加物が含まれていることも。しかし、ホームベーカリーを使った自家製パンなら、材料が分かるので◎。

離乳食に使う場合もシンプルな材料でつくれるので安心です。「パンがゆ」や手づかみしても汚れにくい「スティックパン」がおすすめですよ。

また、オーガニック素材・国産小麦・米粉など、材料にこだわることも可能です。アレルギーで避けたい食材がある場合も、素材を選べるホームベーカリーの自家製パンなら安心して焼き立てのパンが味わえるのでおすすめです。

親子クッキングで食育にも

幼児期以降の子供には親子クッキングにホームベーカリーが大活躍。

ホームベーカリーがあれば、ピザやドーナツ、メロンパンなどさまざまな生地を短時間でつくれるので、手間のかかる生地づくりの工程がはぶけます。

その分、親子で色々な形のパンをつくることができますよ。例えば、お絵かき感覚でつくれる「似顔絵ピザ」や、好きな動物の形のパンがつくれる「成形パン」が親子クッキングにおすすめです。

自分で食べるものを自分でつくる、という体験は食の大切さを学ぶために大切なもの。食への興味や料理の楽しさを育むのに一役買ってくれますよ。

料理の幅が広がる

ピザ生地やケーキ生地、うどん、パスタ、もち、ジャムなどさまざまなメニューがつくれるホームベーカリーは、手作りの楽しみが広がります。

毎日の料理の幅を広げたい、手作りにこだわりたい方にもホームベーカリーはおすすめです。

初めてのホームベーカリー選びのポイント

テーブルに並んだクロワッサン

ここでは、ホームベーカリーの選び方のポイントとおすすめの機能をご紹介します。ぜひ、ホームベーカリー選びの参考にしてみてください。

1.つくれるパンの種類を確認する

フランスパンや天然酵母、米粉など、ホームベーカリーの機種によってつくれるパンの種類が異なってきます。定番の食パン以外にどんなパンがつくりたいのか考えておくといいですね。

2.つくれる量を確認する

ホームベーカリーの機種によってつくれるパンの量が異なってきます。基本的には、1斤つくれるホームベーカリーが一般的ですが、ハーフサイズや1.5斤、2斤つくれる機種もあります。

家族の人数や食べる量を考えて、最適な容量のホームベーカリーを選ぶのがおすすめです。

3.初心者には「温度管理機能」がおすすめ

ホームベーカリーで失敗してしまう原因のひとつが「発酵」です。発酵が十分ではない、または発酵しすぎてしまうことが多いです。

これは、室温によって生地の温度が変わり、発酵にかかる時間が変化してしまうことが原因です。発酵時に生地の温度を管理する機能がついたホームベーカリーなら、気温にかかわらず安定したパンづくりをすることができます。

初心者でパンづくりに慣れていない場合は、「温度管理機能」があるホームベーカリーがおすすめです。

4.アレンジするなら「自動投入機能」が便利

ホームベーカリーではシンプルな食パン以外にも、ナッツやドライフルーツなど、好きな具材を入れていろいろな種類のパンをつくることができます。

多くの機種には具材の「自動投入機能」がついているので、まんべんなく生地に混ぜ込んでくれます。また、中にはパナソニックのホームベーカリーに搭載されているような「粗混ぜ機能」がある機種だと、ベーコンやチーズなどのやわらかい具材の形を残したまま生地に混ぜ込むこともできます。

市販にはないオリジナルのパンをつくることができるのも、ホームベーカリーのおすすめのポイントです。

5.置く場所を考えてサイズを選ぶ

ホームベーカリーを買ってもキッチンに置く場所がないと、使わなくなってしまうことも。事前に置く場所を考え、スペースに合ったサイズのホームベーカリーを選びましょう。

フタを開けるスペースの確保や、コンセントの位置も確認しておくと安心です。

ホームベーカリーのおすすめのメーカー

電球のアイコンが浮かぶ女性

パナソニック

初心者から本格派まで満足!ワンランク上の「パン・ド・ミ」が人気

パナソニックのホームベーカリーは、種類が多く、目的に合わせて選べるのが特徴。ひとつのホームベーカリーで多彩なメニューがつくれます。グルテンフリーケーキ、ジャム、もち、甘酒など40種類のメニューが楽しめる機種もあります。

また、パナソニックと言えば、人気の機能「パン・ド・ミ」。少量のイーストでつくる専用のプログラムで、温度センサー機能で発酵環境を自動管理してくれます。誰でも簡単にワンランク上の自家製パンをつくることができます。

「自動メニュー」は、操作も簡単なので初心者にもおすすめ。専用のパンミックスも多く発売されていて、手軽にいろいろな種類のものをつくことができます。

本格派には、生地づくり・発酵・焼き上げの工程をそれぞれ自分で調整できる「マニュアル機能」がある機種がおすすめ。すべての機種にイースト自動投入機能と具材自動投入機能が搭載されているのも便利ですね。

タイマー機能や短時間でパンをつくり上げる機能なら、平日の忙しい朝食にもぴったりです。

タイガー

薄皮のパリッとした香ばしい焼き上がりが人気

タイガーのホームベーカリーは、生地をしっかり釜伸びさせ、IHの高い火力で一気に最高温度まで加熱できるのが特徴。皮が薄く、パリッとした焼き上がりが楽しめます。

生地を冷却するファンと生地温度センサー、庫内温度センサー、室温センサーが搭載されていて、発酵時の温度をしっかりと管理。室温や水温変化に対応して安定した焼き上がりを保ちます。

アレルギーが気になる方には無添加グルテンフリーメニューが搭載された機種がおすすめ。専用のグルテンフリー米粉を使って、パン、ケーキ、うどんなどもつくることができます。

イースト自動投入機能や具材自動投入機能が搭載されているのも◎。

象印

パン屋さんの釜を再現した高火力が魅力

「おいしさ」にこだわった機種、コンパクトサイズで基本機能が搭載された機種と、自分にあった方のホームベーカリーが選べる象印のホームベーカリー。

食パン専門店が監修したこだわりのホームベーカリーは、底面から一気に高温に加熱するダブルヒーターで、パン屋さんの窯を再現。しっとりやわらかい皮の食パンを焼き上げるのが特徴です。さらに、パリッとかためのパンが好きな人は、「ハードコース」を選択すれば簡単に焼き方を変えることもできます。

焼き色を「ふつう」と「うすい」の2種類から選べるのもおすすめのポイント。

専用のミックス粉も販売されているので手軽にホームベーカリーを使いたい方にもおすすめです。「米粉コース」「天然酵母コース」など、色々なパンにも対応しています。パン以外にも、ジャムやケーキもつくれますよ。

シロカ

手頃な値段とシンプル機能が人気

シロカのホームベーカリーは、イーストや具材の自動投入機はありませんが、使い方がシンプルで低価格なのが人気のポイント。ホームベーカリーを使ってあれもこれもやりたいという人よりも、「食パン」を焼くことができれば満足、という人におすすめです。

最大2斤までのパンを焼くことができ、1斤・1.5斤・2斤と焼き上げる量を選べます。焼き色は「うすい」「ふつう」「こい」の3種類から選ぶことができます。

さらに、バター、ヨーグルト、フレッシュチーズなどの乳製品までもつくれる機種が登場し、他のメーカーにはないメニューが特徴です。

操作音や焼き上がりのブザー音などを消すことができるマナーモードが搭載されている機種は、小さい子供がいる方におすすめです。ただし、生地をこねているときのモーター音が思ったより大きかったという口コミの声もあるようです。

ツインバード

人数にあわせてサイズ選択が可能

ツインバードのホームベーカリーは、手頃な値段でコンパクト、シンプル機能で使いやすいのが人気です。小麦のふすまを主原料とした低糖質なブランパンや、焼きいも、甘酒などの珍しいメニューがあるのも特徴。

また、、1斤・1.5斤の2サイズ選べる機種や、0.5斤・0.8斤・1斤の3サイズから選択できる機種もあります。家族の人数に合わせてつくることができるのはうれしいですね。自動具入れ機能を搭載している機種もあります。

すっきりとしたシンプルなデザインもおすすめのポイントです。

初心者におすすめのホームベーカリー

基本のパンが美味しく焼けるシンプル操作のものから、初心者でも色々なメニューに挑戦できるオートメニューが豊富なものまで人気の機種をピックアップ。初心者におすすめのホームベーカリーをご紹介します。

1.Panasonic(パナソニック) ホームベーカリー SD-MB1-W

パナソニック ホームベーカリー SD-MB1-W

出典:www.amazon.co.jp

イーストを最適なタイミングで自動投入してくれる機能や温度センサーがついているので、失敗が少なくシンプル操作で初心者におすすめのホームベーカリー。人気の「パン・ド・ミ」も搭載しています。

自動でつくれるオートメニューは他の機種と比べると少ないですが、米粉パン、フランスパン、ピザ生地、ケーキ生地などもつくることができて人気です。レーズン・ナッツも自動投入できるので、レーズンパンを予約タイマーで焼くことも可能。

まずは基本のパンをおいしく焼きたいという人におすすめのホームベーカリーです。

●タイプ:1斤タイプ
●イースト自動投入:〇
●サイズ(約):幅24.1×奥行30.4×高さ32.7cm
●重量(約):5.8kg
●税込価格:楽天/20,217円、Amazon/16,950円

(2018年12月6日 16:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

2.Panasonic(パナソニック) ホームベーカリー SD-MT2-W

パナソニック ホームベーカリー SD-MT2-W

出典:www.amazon.co.jp

2018年10月に発売したパナソニックのホームベーカリー。人気の「パン・ド・ミ」が7年ぶり進化しました。5ステップでつくれて、甘くリッチな味わいに大満足。

さらに、ピザ生地・スイーツ・もち・甘酒など38種類の多彩なオートメニューを搭載し、色々なアレンジを手軽に挑戦したい人にもおすすめです。

レーズンやナッツなどを自動で投入してくれるので、具入りパンも簡単。「粗混ぜ機能」でやわらかい具材もOKです。朝食に合わせて焼き上げる「予約タイマー」付き。国産小麦を使ったレシピも豊富です。

●タイプ:1斤タイプ
●容量(食パン):ハーフ食パン、1斤
●イースト自動投入:〇
●サイズ(約):幅24.1×奥行30.4×高さ34.7cm
●重量(約):5.6kg
●税込価格:楽天/34,392円、Amazon/33,924円

(2018年12月6日 16:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

3.タイガー IHホームベーカリー<やきたて> KBY-A100-W

タイガー IHホームベーカリー KBY-A100-W

出典:www.amazon.co.jp

ダブルIHの高火力で耳まで美味しい!薄皮でパリッとした香ばしいパンが焼けるタイガーの人気のホームベーカリーです。「温度センサー」と「イースト自動投入機能」付きで安定した焼き上がりを保ちます。さらに、「具材自動投入」で手軽にバリエーションを増やすことも可能。

また、一斤サイズの山型と角型2種類の食パンがつくれるのもおすすめのポイント。IHヒーターだから、フラットな庫内でお手入れも簡単です。

「単独工程メニュー」では、「こね」「発酵」「焼き」の各工程が単独でも操作可能。パン作りの上級アレンジにも対応しているので、レベルアップしても使い続けられそう。パン以外にもピザ生地、うどん、パスタ、わらびもち、甘酒など様々なメニューも搭載。

●タイプ:1斤タイプ
●イースト自動投入:〇
●サイズ(約):幅22.9×奥行30.9×高さ32.3cm
●重量(約):6.8kg
●税込価格:楽天/20,468円、Amazon/16,326円

(2018年12月6日 16:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

4.ツインバード ホームベーカリー PY-E635W

ツインバード ホームベーカリー PY-E635W

出典:www.amazon.co.jp

コスパ重視の人におすすめのホームベーカリー。価格が手ごろなので、使いこなせるか自信がないという人はまずこちらから試してみるのもおすすめです。

1斤と1.5斤の2サイズに対応しているのが特徴。子供も食べやすいソフトパンや冷やごはんを使ったごはんパン、ピザ生地・めん生地、焼きいも、甘酒などもつくることができます。

パンに具を入れる場合は、具入れブザーに合わせて好みの具を投入します。朝に焼き立てが楽しめる15時間「タイマー機能」付き。

●タイプ:1斤タイプ
●容量(食パン):1.5斤、1斤
●イースト自動投入:-
●サイズ(約):24×35×28cm
●重量(約):4.2kg
●税込価格:楽天/6,380円、Amazon/6,116円

(2018年12月6日 16:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

5.siroca(シロカ) ホームベーカリー SHB-712

シロカ ホームベーカリー SHB-712

出典:www.amazon.co.jp

まずは手頃な価格で挑戦してみたい!というコスパ重視の人におすすめのシロカのホームベーカリー。基本の食パンはもちろん、色々なメニューをつくれるのが魅力です。ライ麦パン、天然酵母のパン、うどん、パスタ、そば、生キャラメル、バター、チーズなど29の多彩なメニューが揃っています。

ドライイーストの投入は最初に入れる材料を順番に投入してから最後に入れてパンケースを本体にセット。レーズンやクルミなどの具を入れるタイミングはブザーで知らせてくれるので好みの具を投入します。

食パンは1斤、1.5斤、2斤のものが焼けるので、家族が多い人にもおすすめ。「マナーモード搭載」で操作音や焼き上がりブサー、具入れのブザーを消すこともできます。食べたい時間に焼き上げることができる「タイマー機能」付き。

●タイプ:1斤タイプ
●イースト自動投入:-
●サイズ(約):幅26×奥行30.9×高さ31cm
●重量(約):4.15kg(パンケースなしの状態)
●税込価格:楽天/12,441円、Amazon/11,480円

(2018年12月6日 16:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

本格派におすすめのホームベーカリー

上級アレンジも楽しめる「マニュアル機能」搭載の機種をピックアップ。作りたいレシピに合わせて各工程を調整することができます。

オートメニューも豊富に搭載しているので、時間がないときでも手軽につくれて◎。こだわりたい人におすすめの本格派ホームベーカリーをご紹介します。

6.象印 ホームベーカリー BB-ST10-WA

象印 ホームベーカリー BB-ST10-WA

出典:www.amazon.co.jp

マニュアル機能が搭載されていて、本格的なアレンジパンもつくることができる人気のホームベーカリー。おすすめは「コネ」「発酵」「焼き」時間を調節できる「ホームメイド」コース。

生地を取り出し手作業を加えて本格アレンジパン(マーブル食パン、シナモンロールなど)がつくれます。残りの工程は引き続き自動でおこなえるので、本格派の人にもおすすめです。

こだわりは、パン屋さんの窯を再現した「底面加熱ダブルヒーター」。素早い加熱と底面からの高火力で耳までやわらかいパンを焼きあげます。イースト、具材の自動投入容器は取り外して丸洗いができるのもうれしいポイント。

ふたを開けると回転が止まる安全機能が搭載されているので、親子クッキングを安心して楽しみたい人にもおすすめです。

●タイプ:1斤タイプ
●イースト自動投入:〇
●サイズ(約):幅22.5×奥行31.5×高さ34.5cm
●重量(約):7.5kg
●税込価格:楽天/26,887円、Amazon/23,990円

(2018年12月6日 16:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

7.Panasonic(パナソニック) ホームベーカリー SD-MDX101

パナソニック ホームベーカリー SD-MDX101

出典:www.rakuten.co.jp

2018年10月に発売したパナソニックのホームベーカリー。自動メニューが40種類と多彩でマニュアル機能も使いやすく、自由度が高いのが魅力です。

「ねり」「発酵」「焼成」の工程をそれぞれ個別で設定でき、目的に合わせて調整可能。マニュアル機能を使いやすくした「マイねり機能」を使えば、レベルと時間を指定した「ねり」パターンを5つまで記録します。もっちりとしたパンや油分の多いリッチなパンなど目的に合わせた生地づくりが楽しめます。

時短メニューの「60分パン」と「8分スピード生地」は忙しいママにもおすすめ。もちやうどん・パスタ、ジャム、甘酒などもつくれます。人気の「パン・ド・ミ」も搭載。

●タイプ:1斤タイプ
●イースト自動投入:〇
●サイズ(約):幅26.3×奥行35.6×高さ35.3cm
●重量(約):6.1kg
●カラー:ブラック、ホワイト
●税込価格:楽天/44,910円、Amazon/40,458円

(2018年12月6日 16:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

8.MK精工 ホームベーカリー ふっくらパン屋さん HBK-152W

MK精工 ホームベーカリー HBK-152W

出典:www.amazon.co.jp

手頃な値段でマニュアル機能が搭載されている本格派におすすめのホームベーカリー。「ねり」「発酵」「焼き」のそれぞれで速度や温度を3段階に設定ができます。さらに、「一時停止機能」や「時間延長機能」も追加し、自由度が高いのがおすすめポイント。

「低温長時間発酵コース」では熟成された味わい深いパンをつくることもできます。ヨーグルト、塩麹パンなどヘルシーなメニューも充実。健康志向の方にもおすすめのホームベーカリーです。人気の天然酵母パンもつくれます。

具材を入れるタイミングは「ミックスコール」がお知らせ。鳴ったら好みの具材を入れていきます。最長16時間のデジタルタイマー付き。パンの形は横長山形パンになります。

●タイプ:1.5斤タイプ
●容量:1斤、1.5斤
●イースト自動投入:-
●サイズ(約):幅25×奥行40×高さ30cm
●重量(約):6kg
●税込価格:楽天/17,200円、Amazon/14,180円

(2018年12月6日 16:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

ホームベーカリーでつくったパンの保存方法とおすすめアレンジ

スライスされたホームベーカリーで焼かれた自家製パン

ホームベーカリーでつくる自家製パンは無添加のため、市販のように長持ちしません。そこで、自家製パンの保存方法とおすすめのアレンジ方法をご紹介します。

自家製パンの保存方法

◇常温保存の場合

自家製パンの良さでもありますが、市販のパンと違い「防腐剤」が入っていなので、その分保存期間も短くなります。特に、梅雨~夏はカビが繁殖しやすいので要注意。

常温保存はパンの種類にもよりますが1日を目安とし、食べる前には表面をチェックすることをおすすめします。特に、パンのなかでも「食パン」は劣化しやすいので気をつけましょう。その日のうちに食べられない場合は、冷凍保存しましょう。

もし、パンがかたくなってしまった場合は、クルトンやラスクにアレンジするのもおすすめです。

◇冷凍保存の場合

パンを食べやすい大きさにスライスし、1枚ずつラップに包んで保存袋に入れて冷凍保存しましょう。保存袋に入れることで、乾燥を防ぎます。

リベイクするときは、凍ったまま軽く霧吹きして、オーブンへ。焼きたての味と香りがよみがえり、外側パリッ中側ふわっと焼けますよ。

また、冷凍したパンは、フレンチトーストなどにアレンジしても美味しく食べることができます。

自家製パン粉も簡単につくれる!

冷凍保存しておいた、凍ったままのパンをフードプロセッサーやミキサーなどにかければ、自家製パン粉が簡単につくれます。なければ、おろし金でもOKです。

おすすめのホームベーカリーで手づくりを楽しもう!

食事を楽しむ親子

ホームベーカリーがあれば、定番のパンだけでなくパスタやもち、ケーキ、ジャムなど、いろいろなメニューがつくれて、アイディア次第でバリエーションも無限大。アレルギーが気になる場合にも、シンプルな材料で安心して美味しい焼きたてのパンが楽しめます。

週末にはホームベーカリーでつくった生地で親子クッキングを楽しむのもおすすめですよ。子供の食体験を豊かにしてくれそうですね。

ぜひ、おすすめのホームベーカリーで安全・安心の美味しいパンを楽んでみてくださいね。

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter