幼稚園の面接準備は何をすればよいの?親・子どもへの質問内容や服装は?

幼稚園の入園にあたって避けて通れないのが面接です。特に初めてのお子さんの場合、幼稚園の面接ではどんな質問をされるのか、どんな服装で行けばよいかなど、わからないことだらけですよね。そこで今回は、幼稚園の面接について基本的な情報をご紹介します。

幼稚園の面接は必ずあるの?

幼稚園で遊ぶ子どもたち

幼稚園の面接は一部を除き、大半の幼稚園で実施されます。

有名な名門私立幼稚園や国立大学の附属幼稚園のような、倍率の高いいわゆる「お受験幼稚園」を除き、地元の一般的な公立・私立の幼稚園であれば、簡単な面接で合否が決まります。有名私立幼稚園や国立幼稚園では、親子面接または保護者面接に加えて、適正検査や個別テスト、集団テストなどがおこなわれるところもあります。

最近は、少子化に伴い、定員割れとなっている幼稚園も増えていることから、願書を提出し受理された段階で合格が確定するところもあるようです。

幼稚園の面接をする意味・目的は?落ちることはあるの?

春と桜、合格イメージ

幼稚園の面接をおこなう意味・目的は、家庭での教育方針を知り、幼稚園の教育理念に合うかどうか、子どもの個性を見て幼稚園で保育可能かどうかを確認するためです。幼稚園側としては、大切な子どもを預かる以上、願書に書かれていることだけではわからない、子どもの性格や個性について詳しく知っておく必要があります。

一方、親としても、幼稚園のことをよく理解したうえで入園先の幼稚園を選ぶことが大切です。「実際に入園したら、子どもに合わなかったから転園をした」という事例も決してめずらしいことではありません。入園説明会や面接は、幼稚園の特性や子どもとの相性を知ることができる機会でもあります。

幼稚園の面接の合否については、一般的な幼稚園と、お受験幼稚園(有名私立幼稚園・国立幼稚園)とでは事情が異なってきます。後者は倍率が高い分、選考も一般的な幼稚園よりもじっくりと時間をかけておこなわれ、当然ながら面接で落ちてしまう子どもも多く出てきます。

以下では、一般的な幼稚園とお受験幼稚園の差を比較しながらご紹介していきます。

幼稚園の面接の質問内容は?どんなことを聞かれるの?

Q&A

幼稚園の面接において、親と子どもそれぞれによく聞かれる質問をご紹介します。

1.一般的な幼稚園の面接での質問例

地元の一般的な幼稚園の面接での質問例として、次のようなものがあります。

◇親への質問

  • 志望理由
  • トイレトレーニングは終わっているか
  • 着替えは一人でできるかどうか
  • 食物アレルギーの有無
  • 通園方法(徒歩、自家用車、送迎バスなど)の確認
  • 持病の確認

幼稚園によって違いはありますが、おおむね上記のような簡単な質問で終わることがほとんどです。幼稚園と家庭での教育方針に大きな差がないかを確認し、面接の最後に、園について何か質問があるかどうかの確認をされます。

◇子どもへの質問

  • 名前と年齢
  • 好きな遊び
  • 好きな食べ物と苦手な食べ物
  • 今日は誰とここまで来たか
  • 幼稚園に行くのは楽しみかどうか

未就園児が答えられる質問には限りがあるので、簡単な質問で終わることが多いようです。名前と年齢を聞かれるだけのところもあるようですよ。

まだ恥ずかしがって受け答え自体が難しい子もいるので、返事が短くても問題はありません。もしも子どもが答えられなくても、先生から「どんな食べ物が苦手かな?ピーマンとか?」というように、答えを引き出してくれるところもあるので、あまり神経質にならなくてもよいでしょう。

2.有名私立・国立幼稚園の面接での質問例

いわゆる「お受験幼稚園」の面接では、一般的な幼稚園よりもさらに突っ込んだ質問が予想されます。

◇親への質問

  • 子育てをする上で大切にしていること
  • 志望動機
  • 子どもにはどのような人に育ってほしいか
  • 子どもの長所・短所
  • 子どもが興味を持っていること
  • 子どものどんなところが好きか
  • 子育てで迷った時に誰に相談するか。どのように解決するか
  • 子育て中に楽しかったエピソード
  • 子どもの褒め方・叱り方

本格的な入園選考がおこなわれるお受験幼稚園の場合、園の教育理念と家庭での教育方針にズレがあるかどうかを確認するために、一般の幼稚園よりも内容の濃い質問がされているようです。正解はないので、正直に伝えることが一番大切ですが、すぐに答えられるように、回答をあらかじめ準備しておくとよいでしょう。

◇子どもへの質問例

  • 名前と年齢
  • 好きな遊び
  • 家で何と呼ばれているか
  • 好きなおもちゃやそのおもちゃの特徴
  • 今日はここまでどうやって来たか
  • どんなことをして褒められるか、どんなことをして叱られるか
  • 父親と母親の名前

親に対する質問と同様に、子どもに対する質問も一般的な幼稚園よりさらに詳しい回答を求められる傾向があるようです。

未就園児がこれらの質問にすべて答えるのにはややハードルが高いかもしれません。幼稚園側としては答えの内容も含めて、これらの質問に対してしっかりと受け答えができているかを見ている可能性があります。

幼稚園の面接はどんな服装で行けばよい?

きちんとした服装の子どもたち

幼稚園の面接を受ける際の服装は、願書を送る園によって多少異なります。ママ・パパの場合と子どもの場合とわけてご紹介します。

ママ・パパ編

◇一般的な幼稚園の面接の場合

一般的な幼稚園の面接の場合は、デニムやスニーカーなどのカジュアルすぎる服装は避け、オフィスカジュアルのような服装がおすすめです。できればママはスカートで、パパもシャツやポロシャツ、ジャケットを着用すると好印象になります。

◇有名私立・国立幼稚園の面接の場合

一方、有名私立・国立幼稚園の面接では、ママもパパもスーツの着用が必須です。カジュアル服もオフィスカジュアルも避け、入園式や入学式で着用するようなフォーマルスーツがおすすめです。髪型もしっかり整え、清潔感のある服装や髪形にしましょう。

子ども編

◇一般的な幼稚園の面接の場合

一般的な幼稚園の面接の場合、普段着よりもきちんと感のある服装が望ましいでしょう。必ずしもフォーマルな服装である必要はありませんが、デニムやキャラクターものの洋服は避けた方が無難です。

◇有名私立・国立幼稚園の面接の場合

有名私立・国立幼稚園の面接の場合は、グレーや紺などの落ち着いた色の服を選びましょう。男の子ならポロシャツやシャツにベストの組み合わせ、女の子はブラウスにワンピースといったフォーマルなコーディネートが求められます。

幼稚園の面接の当日の持ち物は?

幼稚園の入園願書

幼稚園の面接で必要となる基本の持ち物は以下のとおりです。

  • 必要書類(園から面接のときに持参するよう指定されたもの)
  • 筆記用具
  • 大人用のスリッパ
  • 子ども用の上履き
  • 靴を入れるための袋
  • 幼稚園からもらった書類や資料を入れる袋やファイル(A4サイズが入るものを用意しましょう)

園によっては、これらの持ち物以外にも必要なものがあるかもしれないので、前日までに指定された持ち物を確認しておくとよいでしょう。

子ども用の上履きをまだ買っていないという人は、この機会に購入しておくことをおすすめします。サイズアウトしなければ入園後も使用できます。

なお、大人用のスリッパについては一般の幼稚園なら、自宅にあるスリッパや上履きなどで問題ありませんが、あまり派手なデザインは避けて落ち着いた色合いのものを選びましょう。

有名私立・国立幼稚園で面接する場合は、靴を履いている状態に近いような、無地の黒のスリッパが良いでしょう。一般的な幼稚園と同様、キャラクターものや柄物など、目立つデザインは避けた方が無難です。

幼稚園の面接は練習が必要?

幼稚園の帽子や工作グッズ

基本的にはありのままでOK

一般的な幼稚園の面接は、園の教育理念と家庭の教育方針のズレがないか、また子どもの個性の確認を目的としているため、面接の練習の必要はありません。自然体で臨みましょう。

たとえ幼稚園側からの質問に対してうまく答えられなくても、大抵の幼稚園はそうした子どもの個性を受け入れてくれます。

お受験幼稚園の場合は子どものためにも事前準備を

一方、お受験幼稚園では、事前に面接の練習を何度かおこなっておきましょう。これは、想定される質問が子どもにとって受け答えができるかどうかわからない上に、回答が長文になり、子どもが答えるのにはハードルが高くなる可能性があるためです。

「こういう質問がきたときは、こうやって答える」というように、想定される質問を子どもに伝えて、できるだけスムーズに答えられる練習をしましょう。練習しておくことで、子どもは練習通りに答えればよいので、精神的な負担を抑えることができます。

幼児教室は情報収集におすすめ

幼稚園受験の対策を目的とする幼児教室もあります。幼児教室が必須ではありませんが、お受験幼稚園を受ける家庭は教育に熱心で、幼児教室に通う人が比較的多い傾向があります。

幼児教室のメリットは、過去実績によって有益なお受験の情報を得られること、家庭での準備の進め方などの相談を乗ってもらえること、子どもの経験を増やすことができる、などが挙げられます。

ただし、幼児教室へ通うこと自体が大切なのではなく、それよりも家庭での日々の取り組みが大切といえるでしょう。

幼稚園の面接での当日の注意点や心得

ポイント

時間厳守。行き方は事前にチェック

まず、面接の当日は、幼稚園まで迷わないように道順を確認しておきましょう。面接の時間に遅刻すると印象が悪くなり、特にお受験幼稚園ではマイナスになるので注意が必要です。

子どもが質問にうまく答えられなくても温かく見守って

また、知らない場所で初対面の人に質問をされて話をするのは、大人でも緊張するものです。練習では上手に答えられていたのに、面接当日は恥ずかしがってうまく答えられないことだってあります。

子どもが面接でうまく答えられなかったからといって注意したり責めたりせず、温かく見守ることが大切でしょう。

幼稚園の面接の体験談

ママ友に体験談を話す様子

幼稚園に通う子どもを持つ筆者も、幼稚園の面接の経験者。実は、他の家庭の子どもと一斉に面接は受けておらず、入園式の約1ヶ月前に急きょ面接を受け、入園することに決まりました。

というのも、当初は保育園への入園を希望していたのですが、一次選考そして二次選考でも落ちてしまったために、幼稚園に入園することになったのです。保育園の選考中から、落ちたの時のためにいくつかの幼稚園に見学に行っていたので、その中から自分の子どもに合いそうな幼稚園を選びました。

幼稚園に入園希望の電話をした翌日、幼稚園の園長室に案内され、園長から簡単な質問を受けた後、その場で入園が決定しました。時間にして10分にも満たなかったと思います。

今思えば、園長室のソファーに座って和やかな雰囲気で話ができたので、面接というよりは面談のような感じでした。

恥ずかしながら、面接対策はおろか、面接自体があることを知らなかったので、私も子どもも服装はカジュアルなもので、スリッパも持参しませんでした(園のスリッパをお借りしました)。それでも快く子どもを受け入れてくれた幼稚園には感謝ですね。

幼稚園の面接は神経質にならずリラックスして挑もう

幼稚園内の様子

幼稚園の入園前には避けて通れない面接。ただし、入園を希望する幼稚園によって、求められる対策は異なります。もし、知人や親戚などに、希望の幼稚園にすでに入園させている人がいたら、面接の様子や質問内容など、詳しく聞いてみるとよいでしょう。

まだ小さい子どもに、面接で完璧な受け答えを求めるのは難しいものです。子どもが恥ずかしがって答えられなかったり的外れな答えが出てくることもあるかもしれません。あまり神経質にならず「個性」としてとらえて、リラックスして面接に挑んでみましょう。

関連キーワード

関連記事

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter