エイジングケアとは?いつから始める?おすすめの化粧品を紹介

20代後半から30代になると、しわやシミ、たるみなどのエイジングサインが気になり始めます。エイジングケアとは?いつから・何歳から始めたよいの?また化粧水やクリームなど、どのような化粧品を使うとよいでしょうか。今回は、エイジングケアのポイントやおすすめ化粧品をご紹介します。

エイジングケアとは?意味は?

目元のしわやたるみを気にする女性

エイジングケアとは、加齢によるトラブル(肌のハリ・弾力低下、シミ、しわなど)をもつ肌に対しておこなうスキンケア全般を指します。一般的に「年齢に応じたお手入れ」を意味しており、「若返り」をするものではありません。

年齢を重ねるごとに皮膚の水分や油分の分泌量は減少し、そのうえ女性ホルモンのバランスが変化します。さらに、それまでに浴びてきた紫外線の影響が肌に現われてきます。そのため、10代~20代の頃に比べて肌が乾燥しやすくなったり、ハリの低下やシミ、しわなどが目立つようになるのです。

エイジングケアは、自然な状態では不足しがちな水分や油分などを肌に与えたり、老化の原因となる紫外線を防止したりすることで、健やかな皮膚を保つためのお手入れです。

アンチエイジングとの違い

エイジングケアと似た美容用語に「アンチエイジング」があります。アンチエイジングとは、より積極的に「老化を防止する」ためのスキンケアです。

エイジングケアよりも即効性や効き目の高い成分を肌に塗布したり、美容医療やサプリ、点滴などの方法で肌の老化を食い止めます。

なお、「アンチエイジング」という言葉は老化に対する直接的な効能を想起させるため、化粧品の宣伝文などに使うことはできません。そのため、化粧品には「エイジングケア」、医薬部外品や美容医療には「アンチエイジング」という表現が使われます。

効果が穏やかなものには「エイジングケア」、効果が高いものには「アンチエイジング」という表現が使われている、と考えてもよいでしょう。

エイジングケアは具体的に何をする?

鏡をみて肌状態をチェックする30代女性

紫外線対策

紫外線対策はエイジングケアの基本です。紫外線を浴びると、体内で活性酸素*がつくられ、細胞の酸化が進んで老化の原因になります。

日焼け止めや日傘、帽子、抗酸化作用のある食品やサプリなどによって、紫外線による悪影響を最小限に抑えましょう。

*活性酵素とは…細胞を傷つけ、老化や動脈硬化、がん、その他多くの疾患をもたらす重要な原因となるもの

保湿

肌の水分量が足りないと、ハリが失われてたるみがちになったり、乾燥で皮膚表面のバリア機能が崩れ、しわや毛穴、肌荒れなどが目立つようになったりします。

肌刺激の少ないクレンジングや洗顔料でメイク汚れを落とし、化粧水や美容液などでしっかり保湿することが大切です。また、皮脂の分泌が減ってカサカサな肌には、クリームやオイルなどの高保湿アイテムで適度な油分を補給し、外部刺激から守ってあげましょう。

化粧品は10代~20代に使っていたものよりも保湿力に着目して選ぶようにし、年齢や肌状態に応じてエイジングケアに特化した化粧品に替えることをおすすめします。

ヘアケア

エイジングケアというと顔のお手入れを想像しますが、頭皮や髪のケアも重要です。加齢によって、抜け毛や白髪が増える、ツヤ・ハリ・コシがなくなるなど、髪にも変化が現れます。

髪は「見た目年齢」の印象を大きく左右します。髪用の日焼け止めで紫外線対策をしながら、エイジングケア用のシャンプーに替えたり、頭皮マッサージやツボ押しで血行を促すなどの心掛けで、若々しい健康な髪を保つことができます。

エイジングケアはいつから・何歳から始める?

疑問を抱く女性

一般的にエイジングケアというと、40代女性はもちろん、30代前後から強く意識し始める人が多いようです。中には20代からエイジングケアに取り組み始める人もいます。

紫外線対策は早期開始に越したことはない

エイジングによる肌トラブルの主要因は、紫外線、水分・油分の不足、女性ホルモンの分泌量の変化です。特に紫外線は、乾燥やシミ、しわ、たるみなど、年齢肌トラブルのほとんどを引き起こす美肌の大敵。

毎日の紫外線対策を始めるのは、早いに越したことはありません。紫外線対策をエイジングケアの一環ととらえると、エイジングケアは子供の頃から必要という考え方もできます。

年齢に捉われずエイジングサインが気になり始めたら

肌の水分や皮脂の量は20代後半、女性ホルモン分泌量は30代をピークに減っていくため、保湿や油分を補うエイジングケアを始めるなら、この時期をひとつの目安にするとよいでしょう。

ただし、肌状態や生活環境は人それぞれです。毛穴開き、たるみ、乾燥、しわといったエイジングサインが気になり始めたら、何歳からという年齢に捉われず、エイジングケアを始めましょう。

10代~20代はエイジングケア化粧品の使用は控える

反面、美白や積極的なアンチエイジングの効果をうたう成分は、若い頃から長期間使い続けると、肌へ刺激や負担となることがあります。

基本的な紫外線対策と保湿は早くから継続しておこない、年齢を重ねるごとにスペシャルケアを追加していくのがおすすめです。

エイジングケアに手遅れはない

40代~50代など、すでにシミ、しわ、たるみ、毛穴などが目立っている場合、エイジングケアを始めても手遅れでしょうか。

確かに、年齢に応じたお手入れを長期間怠ることで肌の老化は進行してしまいます。しかし、気付いたときからエイジングケアを始めることで、エイジングによる肌トラブルをより目立たせないようにすることは可能です。

エイジングケアに手遅れはありませんので、今からでも始めるようにしましょう。

エイジングケア化粧品を選ぶ際に注目したい成分

化粧水やクリーム、美容液、同乳液などの化粧品

エイジングケア化粧品を選ぶ際は、抗酸化作用や保湿作用のある成分が入っていることをチェックしましょう。ここでは、エイジングケアに効果を発揮する、代表的な成分を3つご紹介します。

セラミド

保湿ケアに効果があると考えられている成分がセラミドです。セラミドはもともと体内にある天然成分で、水分や油分を保持する働きをしています。

加齢に従って体内のセラミドが減ると、皮膚の水分をキープする力が落ち、肌のハリを失ったり、バリア機能が落ちて乾燥や肌荒れが起こりやすくなります。

セラミドは化粧品によって外部から補給することが可能な成分のため、化粧水や美容液などの保湿ケアアイテムには、セラミドが配合されているものを選ぶとよいでしょう。特に「ヒト型セラミド」と呼ばれる種類がおすすめです。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、シミの原因となるメラニンを還元し、できてしまったシミを薄くします。また、メラニンの生成過程にも働きかけるので、将来的なシミ予防ができます。

日焼けしがちな人や美白を保ちたい人には、ビタミンC誘導体入りの化粧品がおすすめです。また、ビタミンCは体内でコラーゲンを生成するため、肌のハリアップにも繋がります。

ただし、美白化粧品は肌への刺激が強い傾向があるため、敏感肌の人は使う頻度に気を付けたり、使用前にパッチテストで試すなどしましょう。

レチノール

レチノールはビタミンAの一種です。食べ物や薬などで摂取した場合、目の角膜や上皮、粘膜などを正常に保ちます(ビタミンAは過剰摂取すると副作用が出るため注意が必要です)。

肌に塗ると、皮膚のターンオーバーを整えて肌荒れやキメを改善したり、コラーゲンの生成を促してハリアップなどの効果を発揮します。医療用の塗り薬はトレチノインと呼ばれ、主にニキビ治療などに用いられます。

また、レチノールの効果で代謝が活発になった状態で紫外線を浴びるとダメージが大きくなるため、紫外線対策も並行してしっかりとおこなうことをおすすめします。

おすすめのエイジングケア化粧水

エイジングケア化粧品として定番人気のアイテムをご紹介します。

まずは、エイジングケアの基本となる保湿に欠かせない化粧水。肌の乾燥を改善しコンディションを整えてくれる化粧水をご紹介します。

1.SK-Ⅱ フェイシャルトリートメントエッセンス

SK-Ⅱ フェイシャルトリートメントエッセンス

出典:www.amazon.co.jp

エイジングケアといえば定番のSK-Ⅱ。フェイシャルトリートメントエッセンスは美容雑誌のアワードを受賞し、口コミサイト「@コスメ」でも20代~40代まで幅広い年代でランキング上位の人気化粧水です。

特別な酵母を発酵させて生成する天然成分のピテラを90%配合。肌荒れを防ぎ肌調子を整え、ハリや毛穴に効果があると口コミで話題です。価格は安くはありませんが、エイジングケアを始めたらまず試してみたい1本。

●容量:230ml
●税込価格:楽天/23,760円、Amazon/19,000円

(2018年8月16日 16:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

2.オルビスユー モイストアップローション

オルビスユー モイストアップローション

出典:www.amazon.co.jp

通販系化粧品ブランドのオルビスの「30代からはじめてのエイジングケア」ラインがオルビスユーです。

高保湿成分にHSP含有酵母エキスと低分子ヒアルロン酸を配合し、角層まで浸透するとろみ化粧水。浸透力の高さが特長で、乾燥肌に潤いを与え、乾燥や角質肥厚によるくすみ、ハリ不足、毛穴ケアに働きかけます。詰替え用あり。

※オルビスユーシリーズは2018年10月に新商品へ切り替え予定です

●容量:180ml
●税込価格:楽天/2,658円、Amazon/3,024円

(2018年8月16日 16:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

3.富士フィルム アスタリフト モイストローション

富士フィルム アスタリフト モイストローション

出典:www.amazon.co.jp

肌表面の角質をケアするビタミンC誘導体と、抗酸化作用のあるアスタキサンチン、保湿効果のあるヒアルロン酸およびコラーゲンを配合。多方面からエイジングケアできる化粧水です。

さらさらとしたテクスチャーながら、しっとり感のある仕上がりに。女性ホルモンを活性化させるダマスクバラの香り。レフィル対応。

●容量:150ml
●税込価格:楽天/3,180円、Amazon/3,770円

(2018年8月16日 16:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

おすすめのエイジングケアクリーム

エイジングケアクリームは、皮脂分泌が減り、肌バリア機能が弱った年齢肌の強い味方です。外部刺激から保護して乾燥を防ぐことで、健やかな肌を保ちましょう。

4.SK-Ⅱ R.N.Aパワー ラディカルニューエイジ

SK-Ⅱ R.N.Aパワー ラディカルニューエイジ

出典:www.amazon.co.jp

乳液としても使えるクリーム。保湿クリームとしてはもちろん、しわ、たるみ、毛穴開きといったエイジングトラブル全般のケアにぴったり。

SK-Ⅱの特徴でもある、酵母由来成分である超濃縮ピテラを含む有効成分が、肌にハリツヤを与えてくれます。

●容量:50g
●税込価格:楽天/12,420円、Amazon/12,420円

(2018年8月16日 16:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

5.フォードヘア化粧品 モチュレ アスタリノ

フォードヘア化粧品 モチュレ アスタリノ

出典:www.amazon.co.jp

活性酸素除去を促すアスタキサンチンと、メラニン還元作用を持つビタミンC誘導体を両方配合した高機能エイジングケア化粧品。アスタキサンチン配合ならではの赤いクリームが特徴です。

肌なじみがよく、重たさを感じないテクスチャー。肌をしっかりと保湿し、外部刺激から守ります。

●容量:120g
●税込価格:楽天/1,749円、Amazon/2,420円

(2018年8月16日 16:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

6.キュレル エイジングケアクリーム[医薬部外品]

キュレル エイジングケアクリーム

出典:www.amazon.co.jp

乾燥性敏感肌用のドラッグストアコスメの定番、キュレルのエイジングケアシリーズです。

エイジングケアに有効なセラミドの働きによって、肌に潤いを閉じ込めてハリ対策ができるクリーム。高保湿な「とてもしっとり」タイプのこちらと、ジェルクリームの「しっとり」タイプがあります。

年齢が出やすい目元はまぶたと目の下を重点的になじませ、ほおやおでこはリフトアップするようになじませます。

乾燥性敏感肌のエイジングケアには、同じくキュレルのエイジングケア化粧水とのライン使いもおすすめです。

●容量:40g
●税込価格:楽天/2,917円、Amazon/3,024円

(2018年8月16日 16:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

おすすめのエイジングケア美容液

基本の保湿ケアにプラスするなら美容液。シミ、しわ、たるみに効く注目のアイテムをご紹介します。成分濃度が高いアイテムは、スペシャルケアとして使うのもおすすめ。

7.ランコム ジェニフィック アドバンスト デュアル コンセントレート

出典:www.amazon.co.jp

「揺らぎ肌」に着目したエイジングケア美容液。抗酸化作用のある自然由来のフェルラ酸とビフィズス菌培養溶解質、酵母エキスを使う直前に混ぜ合わせて1カ月で使い切ります。肌調子が整い、ツヤが出てきたと口コミで話題です。

●容量:20ml
●税込価格:楽天/7,950円、Amazon/7,500円

(2018年8月16日 16:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

8.ポーラ リンクルショット メディカルセラム[医薬部外品]

ポーラ リンクルショット メディカルセラム

出典:www.rakuten.co.jp

厚生労働省の認可を受けたことで話題となった、ポーラのシワを改善する薬用美容液。

真皮の分解を抑える有効成分のニールワンを初配合し、シワを改善します。エイジングサインとして現われやすい目元のシワやほうれい線、頑固な首のシワにも。

●容量:20g
●税込価格:楽天/12,500円、Amazon/11,515円

(2018年8月16日 16:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

9.HAKU メラノフォーカスV[医薬部外品]

HAKU メラノフォーカスV

出典:www.rakuten.co.jp

美白美容液といえば定番人気のHAKUは、美白も保湿どちらもケアできる優秀アイテムです。美容雑誌の美白美容液のアワードや口コミサイト「@コスメ」のランキングでも常に上位。

4MSKとm-トラネキサム酸の2種の美白有効成分が角層に浸透します。レフィル有り。

●容量:45g
●税込価格:楽天/8,550円、Amazon/10,800円

(2018年8月16日 16:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

ドラッグストアで買えるおすすめプチプラエイジングケア化粧品

エイジングケア化粧品は即効性があるものではなく継続することが大切です。一方で、エイジングケア化粧品は比較的効果なものが多く、家計の負担になりがち。「高いもの=効果が高い」とは限らずプチプラでも優秀な化粧品はあります。肌に合う、長く続けられるものを探してみてください。

10.セザンヌ スキンコンディショナー 高保湿

セザンヌ スキンコンディショナー 高保湿

出典:www.rakuten.co.jp

ヒト型セラミド(セラミドAP、セラミドNP、セラミドEOP)を贅沢に配合した高保湿化粧水です。

約4カ月使える、500ml大容量タイプです。1,000円以下のプチプラ価格のなので、コットンパックや全身の保湿剤としても、惜しみなくたっぷり使えます。

プチプラながら、弱酸性・無香料無着色・エタノールフリーと、どんな肌質でも使える成分配合。

●容量:500ml
●税込価格:楽天/702円、Amazon/702円

(2018年8月16日 16:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

11.ルルルンプレシャス クリーム(保湿タイプ)

ルルルンプレシャス クリーム(保湿タイプ)

出典:www.rakuten.co.jp

ドラッグストア・薬局でも買えるプチプラフェイスパックで人気のルルルンから展開されているエイジングケア用の超濃厚クリームです。

こっくりリッチなクリームで乾燥による小じわを対策、ハリツヤ肌へ導きます。夜使うと翌朝はもちもち肌に。老化の要素に着目した美容成分、国産の厳選植物エキス、発酵酵母細胞壁エキス、新型プチペドなどが大人肌にアプローチしてくれます。

同じくルルルンプレシャスのエイジングケアフェイスマスクの後に使うのがおすすめです。

●容量:80g
●税込価格:楽天/1,944円、Amazon/1,944円

(2018年8月16日 16:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

12.メラノCC 薬用しみ 集中対策 Wビタミン浸透美容液[医薬部外品]

メラノCC 薬用しみ 集中対策 Wビタミン浸透美容液[医薬部外品]

出典:www.amazon.co.jp

Amazonでもベストセラーの定番人気商品。ロート製薬から出ている美白美容液です。

活性型ビタミンCが角層まで浸透し、メラニンの生成を抑えてくれます。ニキビ予防やニキビあとにも効果的。

1,000円前後のプチプラ価格で気になる部分を集中的にケアできる美容で気です。

●容量:20ml
●税込価格:楽天/1,080円、Amazon/988円

(2018年8月16日 16:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

エイジングケアは「早めに毎日」がおすすめ

白いクリームに添えられた白花

エイジングケアはいつ始めても早すぎることはありません。目安として、肌の水分量が減ってくる20代後半~30代になったら、スキンケアを一度見直してみてもよいですね。

老化の原因の大半は紫外線が関係しています。まずは日焼け止めや帽子などを活用して、紫外線カット対策を万全におこないましょう。

毎日のお手入れには、保湿効果の高い化粧品や、抗酸化作用のある成分を配合した化粧品を使うのがおすすめです。必ずしも高価なエイジングケアクリームや美容液が必要なではなく、手の届くプチプラ化粧品でも、毎日コツコツお手入れするのが効果的ですよ。早めのエイジングケアで健やかな肌を保ちましょう。