2018年おすすめ離乳食のレシピ本12選!作り置きやアレンジも!

初めての離乳食は親にとってわからないことだらけ。そんなとき頼りになるのが離乳食のレシピ本です。進め方は?どんな食材が食べさせられる?アレルギーは?など、分かりやすく教えてくれるおすすめの離乳食12選をご紹介します。ぜひ毎日の献立作りに役立ててくださいね。

離乳食の本は必要?どんなことが学べるの?

手づかみで野菜を食べている女の子

最近はネットで簡単にレシピが調べられる時代です。それでも離乳食の本は必要でしょうか?

ネット上の無料で見られる様々なレシピのなかには、安全性に問題がある情報も含まれている場合があります。たとえば、1歳児未満の乳児に与えてはいけない「はちみつ」を使った離乳食が多数掲載されていて物議をかもしました。溢れるネットの情報の中から適切なものを選び出すのは簡単なことではありません。

離乳食は赤ちゃんが人生で初めておっぱいやミルク以外に口にするものであり、食生活の基盤となるものです。

離乳食の本があれば、レシピだけでなく月齢によって食べさせていい食材や悪い食材、離乳食の進め方、アレルギーに関する知識を深めることができます。自己流で離乳食を作る前に、まずは本を購入して信頼できる情報から基本をしっかり身につけることをおすすめします!

離乳食のレシピ本を選ぶときのポイント!

カットした野菜やフルーツと離乳食のペースト

いざ離乳食の本を選ぼうとしても、「たくさんありすぎてわからない!」というママも多いでしょう。そこで、ここでは離乳食のレシピ本を選ぶときのポイントをお伝えします。

1.初めてなら基本を押さえたわかりやすい本を

赤ちゃんは月齢に応じて、食べられる食材や飲み込める食べ物の大きさ、量が異なります。離乳食作りが初めてのママやパパは、食べさせ方や離乳食の進め方など「離乳食の基本」をわかりやすく学べる総合解説本を選ぶといいですよ。

最初から手の込んだ献立を作ろうとすると疲れてしまいます。まずはシンプルなレシピが載った本を選ぶのが、離乳食作りを楽しく続けられるポイントです。

2.月齢別や食物アレルギーに配慮した本があると便利

離乳食は、赤ちゃんの成長段階に応じて食べられるものや固さが変わってきます。そのため、月齢別にレシピや献立が掲載されている本があると便利。

また、両親に食物アレルギーがあると、赤ちゃんも同じ症状が出るのではないかと心配になりますよね。そんなときは、食物アレルギーに配慮した離乳食本があると役立ちますよ。

3.ライフスタイルに合ったレシピが載っているか

ママのライフスタイルによって、必要なレシピ本は変わってきます。離乳食のレシピ本にはいろいろな種類があるので、子供の栄養だけでなく、ライフスタイルを考慮して選ぶことが大切です。

たとえば、忙しく働くワーキングマザーであれば、時短レシピや作り置きメニューがたくさん掲載された本があると重宝します。反対に時間をかけたいのであれば、おしゃれなレシピ本を選んで、凝った献立に挑戦するのもいいですね。

基本から作り置きも!おすすめの離乳食レシピ本

離乳食の基本を押さえたものから、作り置きメニューまで、多くのママやパパに支持されているレシピ本を厳選しました。ぜひ離乳食本選びの参考にしてみてくださいね。

1.はじめてママ&パパの離乳食 (実用No.1シリーズ)

はじめてママ&パパの離乳食

出典:www.amazon.co.jp

初めての離乳食から卒業までこの本1冊で網羅できる、離乳食初心者のバイブル的なレシピ本です。離乳食の献立例や簡単レシピをなんと300品も!食材別の裏ワザや冷凍保存の方法など、頑張りすぎない離乳食作りのアイディアが満載です。

オールカラーでわかりやすく、食材の大きさも原寸大サイズの写真が掲載されていて◎。これさえあれば、赤ちゃんのお世話で忙しいときも、ネットであちこちチェックする手間が省けます。

切り取って使える「時期別・1回あたりの食べる量・早わかりシート」&「食べていいもの・悪いものオールガイド」も付いていて、重宝すること間違いなし!

●出版社:主婦の友社
●著者・監修:上田 玲子
●サイズ:約23.4cm×21cm×1.3cm
●税込価格:楽天/1,404円、Amazon/1,404円

(2018年8月6日 9:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

2.電子レンジ・フリージングをフル活用!はじめてでもカンタン離乳食

電子レンジ・フリージングをフル活用!はじめてでもカンタン離乳食

出典:www.amazon.co.jp

新米ママや離乳食初心者でも簡単に作れるレシピ本です。離乳食作りの基本をしっかり押さえて、食材選びから、食べ物の大きさや硬さ、量、食べさせ方まで丁寧に解説されています。気になるアレルギーについても、わかりやすくまとめられているのでいざというときにも安心です。

情報量が多いとごちゃごちゃして見にくくなる傾向がありますが、この離乳食本はおしゃれなレイアウトで必要な情報を簡潔にまとめてあるのがポイント。

ママの負担を少しでも減らせるよう、電子レンジやフリージングをフル活用した献立や調理のコツが紹介されています。まとめて作って冷凍保存しておけば、毎日の離乳食作りがぐっと楽になりますね。

●出版社:PHP研究所
●著者・監修:松尾 みゆき
●サイズ:約23.4cm×18.2cm×1.6cm
●税込価格:楽天/1,404円、Amazon/1,404円

(2018年8月6日 9:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

3.最新決定版 はじめての離乳食 最初のひと口からの上手な作り方と進め方がよくわかる (暮らしの実用シリーズ)

はじめての離乳食最新決定版 最初のひと口からの上手な作り方と進め方がよくわかる

出典:www.rakuten.co.jp

離乳食の役割から調理法や栄養バランスについてなど、離乳食のことをまとめた200ページを超える大充実の1冊。だし汁や野菜スープの作り方など、写真で丁寧に紹介してくれるので初めてでも安心です。また、忙しいママにも便利なフリージングや電子レンジ、ベビーフードを使った離乳食も月齢別で紹介してます。

●出版社:学研プラス
●著者・監修:小池 澄子
●税込価格:楽天/1,404円、Amazon/1,404円

(2018年8月6日 9:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

4.初めての離乳食 最新版 (たまひよ新・基本シリーズ)

初めての離乳食 最新版(たまひよ新・基本シリーズ)

出典:www.amazon.co.jp

ベネッセから出版されている、基本シリーズの『初めての離乳食 最新版』。離乳食の基本がギュっと詰まった人気の一冊です。離乳食の進め方が月齢別で分かりやすく、よくある離乳食の悩みを解決してくれるQ&Aも充実。また、フリージングや電子レンジを使った時短調理のコツも紹介しています。さらに、使用できる調味料の一覧表も掲載されていて安心です。管理栄養士が監修したレシピは、離乳食の進め方だけでなく、栄養バランスについても学べて◎。

●出版社:ベネッセコーポレーション
●著者・監修:ひよこクラブ/太田 百合子/小池 澄子
●サイズ:24×19cm
●税込価格:楽天/1,512円、Amazon/1,512円

(2018年8月6日 9:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

5.最新版らくらくあんしん離乳食

最新版らくらくあんしん離乳食

出典:www.amazon.co.jp

発達月齢別にまとめたレシピが345品も掲載されています。食べやすくするためのコツや下ごしらえの手間を省く裏ワザなども掲載されているので、初めて離乳食を作るママでも戸惑うことなく調理をすることができるでしょう。

スマホ時代にふさわしく、電子版ダウンロードサービス付き。外出先でも食べさせてもいい食材が簡単に調べられますよ。他にも1週間の献立案や、家にあるもので作れるアレンジレシピなどが1冊にまとまっているので、忙しいママやパパにおすすめです。

●出版社:学研プラス
●著者・監修:小池 澄子/検見崎 聡美
●サイズ:約24cm×18.4cm×1.8cm
●税込価格:楽天/1,404円、Amazon/1,404円

(2018年8月6日 10:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

6.月齢ごとに「見てわかる!」育児新百科

月齢ごとに「見てわかる!」育児新百科

出典:www.amazon.co.jp

約5ヶ月~1歳6ヶ月までの赤ちゃんに適した離乳食の基本とレシピが、月齢ごとにまとめられてるレシピ本。食材をどのくらいの大きさに切ればいいのかなど、実寸大の写真が掲載されているのでイメージしやすく、初心者も大助かりです。

食べて良いもの・悪いものがわかりやすくリスト化されているため、簡単に把握することがきできます。実際に先輩ママたちが作った離乳食の献立も紹介されているので、参考にしてみるいいですね。

●出版社:ベネッセコーポレーション
●著者・監修:ベネッセコーポレーション
●サイズ:約25.6cm×21cm×1.8cm
●税込価格:楽天/1,404円、Amazon/1,404円

(2018年8月6日 9:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

7.1週間ラクラク フリージング離乳食

1週間ラクラクフリージング離乳食

出典:www.amazon.co.jp

フリージング離乳食に特化したレシピ本です。

仕事や家事に忙しいママにとって、毎日少しずつ離乳食を作るのは大変なもの。時間があるときに1週間分の献立をまとめて作って冷凍保存しておけば、チンしてすぐ食べさせられるので便利です。

食材別のフリージング方法や解凍のコツなどは、離乳食に限らず普段の調理にも役立ちそう。フリージングメニューに特化しているので、基本のレシピ本の補助的なものとして利用するのもおすすめです。

●出版社:主婦の友社
●著者・監修:ほりえ さわこ
●サイズ:約25.4cm×20.8cm×0.8cm
●税込価格:楽天720円、Amazon/720円

(2018年8月6日 9:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

8.やさしくわかる 月齢別 離乳食のきほん事典

やさしくわかる 月齢別 離乳食のきほん事典

出典:www.amazon.co.jp

離乳食の基本を月齢別にわかりやすく教えてくれます。マンガのイラストが可愛らしく、写真もたくさん使われていて、初心者でも楽しみながら知識を深めることができます。食べて良い食材・ダメな食材がチェックリストになっているので、これを見れば何を食べさせたらいいのか一目でわかり、毎日の献立を考えるのにも便利です。

●出版社:西東社
●著者・監修:太田 百合子
●サイズ:約23.2cm×18.2cm×2cm
●税込価格:楽天/1,404円、Amazon/1,404円

(2018年8月6日 10:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

離乳食と一緒に大人ごはんも作れるおすすめレシピ本

離乳食を作るのは手間がかかりますね。大人のごはんと一緒に作れて助かるレシピ本をご紹介します。

1.赤ちゃんもママもうれしい とりわけ ごはん

赤ちゃんもママもうれしい とりわけごはん

出典:www.amazon.co.jp

離乳食もおしゃれにしたいというママにおすすめなのが、札幌の人気子連れカフェ「Pop Spoon Cafe」を主宰する熊谷しのぶさんによるレシピ本です。

見た目が可愛いだけでなく、しっかり美味しい離乳食が全45品紹介されています。大人と赤ちゃんの献立がいっぺんにできる「とりわけ」や、困った時に役立つ「お助け」など、ごはん作りの負担を軽減する工夫がいっぱい。最新の今までにない離乳食本として、プレゼントにもおすすめです。

●出版社:北海道新聞社
●著者・監修:熊谷 しのぶ
●サイズ:約25.8cm×18.4cm×1cm
●税込価格:楽天/1,620円、Amazon/1,620円

(2018年8月6日 10:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

2.みきママのスーパー離乳食&パパごはん

みきママのスーパー離乳食&パパごはん

出典:www.amazon.co.jp

テレビや雑誌で大人気のおうち料理研究家、みきママさんが手がけた離乳食レシピ本です。

3人の子供を育てた経験から、離乳食前半はフリージングを駆使したメニュー、後半になったら大人の献立からの取り分けを推奨しています。取り分けの方法も本の中で詳しく解説されているので、初めての離乳食作りでも楽しく取り組めそう。どれも時短で美味しく作れる工夫がされているから、すぐにでも真似したくなりますよ。

●出版社:主婦の友社
●著者・監修:藤原 美樹
●サイズ:約25.8cm×21.2cm×0.8cm
●税込価格:楽天972円、Amazon/972円

(2018年8月6日 10:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

アレルギーに悩んでいるママにおすすめの離乳食レシピ本

赤ちゃんにアレルギーがあると何を食べさせたらいいか悩んでしまうもの。アレルギーに配慮した離乳食レシピ本を参考にして、心の負担を軽くしましょう!

1.アレルギーっ子のごはんとおやつ

アレルギーっ子のごはんとおやつ

出典:www.amazon.co.jp

離乳食初期から大人まで対応したレシピが満載なので、長い期間使えそう。食物アレルギー対応の献立と聞くと、あまり美味しくないイメージを持つ人も少なくないですが、この本では大人も美味しく感じられるレシピだけを110品紹介しています。

食材もスーパーで普通に手に入るものばかりなのもおすすめのポイント。アレルギーを持つ親のQ&Aやリアルな体験記も充実しているので、アレルギー対策に悩むパパやママの心強い味方になってくれそうです。

●出版社:主婦の友社
●著者・監修:伊藤 浩明/楳村 春江
●サイズ:約23.4cm×21cm×1.8cm
●税込価格:楽天/1,512円、Amazon/1,512円

(2018年8月6日 10:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

2.食物アレルギーをこわがらない!はじめての離乳食

食物アレルギーをこわがらない!はじめての離乳食

出典:www.amazon.co.jp

アレルギー専門医ならではの的確なアドバイスが満載。赤ちゃんにアレルギー症状が出たときの対応の仕方や離乳食の進め方など、必要な知識がしっかりまとめられています。写真が多用されていて、初心者にわかりやすいのでおすすめです。アレルギーを怖がらず、前向きな気持ちで離乳食に取り組める1冊です。

●出版社:主婦の友社
●著者・監修:伊藤 浩明/上田 玲子
●サイズ:約21.2cm×14.8cm×0.9cm
●税込価格:楽天/1,296円、Amazon/1,296円

(2018年8月6日 10:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

教えて先輩ママ!離乳食のレシピ本を購入したママたちの体験談

料理をする女性

「スマホ検索だけでなく、1冊は持っておきたい」~1歳男の子ママ~

●購入した離乳食本:『最新決定版 はじめての離乳食 (暮らしの実用シリーズ)』

母親学級や病院からもらった冊子で作っていましたが、味付けが同じで子供が飽きてしまったようで、離乳食を食べなくなってしまいました。毎日の献立にも限界を感じレシピ本を購入。本は、ネットで口コミがよかったものを購入しました。

お粥の分量や柔らかさも分かり、献立もたくさん載っているので助かりました。スマホで検索するだけでなく、1冊ぐらいは本を持っていてもいいと思います。

「離乳食本を参考に工夫したら食べてくれるようになりました」~7歳女の子ママ~

●購入した離乳食本:『いちばんやさしい きほんの離乳食 (はじめてBOOKS)』

初めての子供だったので、離乳食はまったく未知の世界。ネットで調べて作っていましたが離乳食をあまり食べてくれませんでした。

悩んだ末、離乳食の専門の本を見て作ったら離乳食が進むかと思い購入しました。レシピ本を参考にして、味だけでなく、見た目を可愛くしたり、手で持ちやすいようにアレンジして工夫をしたら食べてくれるようになりました。本も分かりやすかったです。

「アレルギーが発覚し、急いで離乳食アレルギーの本を購入」~2歳・9歳男の子ママ~

●購入した離乳食本:-

お友達みんなが食べているバナナを息子は嫌がり、食感が嫌なのかと思っていたら、アレルギーだということが判明。慌てて離乳食アレルギーの本を購入しました。バナナアレルギーのことは知らなかったので、勉強になりました。以来食材に対してさらに気を配るようになりました。

「スマホよりもレシピの文字が見やすい!」~4歳女の子ママ~

●購入した離乳食本:-

初めはスマホでレシピを検索していたのですが、産後、目が疲れやすくなったためスマホの小さな文字を見続けるのは苦痛でした。パッとわかる離乳食のレシピ本があればその中から献立を選べばいいので楽です。

「カットする食材の大きさが原寸大写真でわかりやすい!」~10歳男の子ママ~

●購入した離乳食本:『はじめてママ&パパの離乳食 (実用No.1シリーズ)』

初めての離乳食で、野菜をどのくらいの大きさに切っていいかわからなかったのと、栄養のある食材を知りたくて購入しました。本だと見たいときにパッと見やすく、実寸大の写真がわかりやすいので最初の不安だった頃にすごく重宝しましたね。

レシピ本を上手に活用して、楽しみながら離乳食を作ろう!

ママに本を読んでもらう女の子と赤ちゃん

初めての離乳食作りは、どんな食材をどのように食べさせたらいいか不安になるママやパパも多いでしょう。その都度インターネットで調べるのもいいですが、信頼できる離乳食のレシピ本が手元にあれば献立にも迷いませんね。

子供の成長過程で、離乳食を作ってあげられるのは限られた期間です。そのときは大変かもしれませんが、後から振り返ったらきっと良い思い出になるはず!今回ご紹介したレシピ本を参考にして、前向きに離乳食作りにチャレンジしてくださいね。

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter