日焼け後のアフターケア方法は?おすすめのケアアイテム7選を紹介!

日差しが強くなる夏場。汗で日焼け止めが流れてしまったり、塗り直しの時間が取れなかったりして、つい日焼けしてしまうこともありますよね。日焼けして赤みやひりつきが出た肌には、どのようなアフターケアが必要なのでしょうか?日焼けのメカニズムや、紫外線によるダメージを抑え健康な肌を保つためのケア方法、おすすめの保湿アイテムなどをご紹介します。

日焼け後に起こる症状とは?

日焼けして赤くなった女性の肩

日焼けは正式名を「日光皮膚炎」といい、やけどの一種です。原因は太陽光に含まれる紫外線、特に紫外線A波(UVA)と紫外線B(UVB)です。紫外線A波は真皮にまで達し、コラーゲンやエラスチンを変性させることで、シワやたるみなどの原因となります。

紫外線B波は表皮にまでしか達しませんが、皮膚のDNAに影響し、シミやしわなどの原因になります。また、過剰に浴びることで皮膚がんの原因にもなります(※1)。

日焼けによるサンバーンとサンタン

日焼けの症状は、主に紅斑(サンバーン)と色素沈着(サンタン)に分類されます。肌が紫外線に長時間さらされると、主に紫外線B波の影響で、肌のほてり、赤み、ひりつきなどの症状とともなうサンバーンが起こります。

この症状は紫外線を浴びてから約8時間程度で始まり、約24時間後にピークを迎えます。また、肌に浴びた紫外線量が多いと、鋭い痛みや腫れ、水ぶくれ、発熱や悪心などの症状が出ることもあります。

日焼けから3~5日後に、紅斑がひき、色素沈着によって肌色が黒っぽく変わるのがサンタンです(※2)。

日焼けしてしまったら?アフターケアの方法

スキンケアをする女性の脚

日焼け後まもなく、サンバーンの症状が出ている段階では、日焼けした部分を冷やすことが大切です。冷水や冷たいタオル、氷、アイスノンなどで冷却し、皮膚のほてりを鎮めましょう。

その後、皮膚鎮静効果のあるローションやミルクなどで十分に保湿します。保湿ケアが済んだら、ワセリンやオリブ油(局方品 *1)、シアバターなどを塗って皮膚を保護しましょう。

日焼けの程度がひどく、腫れや水ぶくれなどができている場合は、皮膚科で診察を受けてください。症状に応じて、抗アレルギー剤やステロイド剤などが処方されることがあります。医師の指導に従い、用法・容量を守って使いましょう。

*1 局方品とは…日本薬局方に収載されている医薬品を指します。

日焼け後の保湿ケアアイテムの選び方

ピンク色のボトルの化粧品

日焼け後の保湿ケアに使うローションやミルクなどは、刺激の少ないものを選びましょう。具体的には、アルコールやメントールなどの成分を含まないものがおすすめです。

クリームは日焼けした肌への負担になる場合もあるので、なるべく液体に近いものを選ぶようにしましょう。抗炎症・鎮静作用があることで知られるアロエやカモミール(カミツレ)エキス、ヘチマエキス、クマザサエキスなどを配合したローションでケアするのもおすすめです。

医薬品や医薬部外品であれば、グリチルレチン酸やグリチルリチン酸を配合したものを選ぶといいでしょう。

日焼けのアフターケアにおすすめ!保湿アイテム7選

ここでは、保湿や鎮静効果に優れたアフターサンケアアイテムをご紹介してきます。肌の刺激になるエタノールやメントールを含まない商品を厳選しているので、敏感肌の人や子供にもおすすめですよ。

価格やジェル・ローションなどの使用感の好みに合わせて、自分に合った保湿アイテムを選んでくださいね。

1.エーザイ 薬用ベラリス

エーザイ 薬用ベラリス

出典:www.amazon.co.jp

医薬品メーカー「エーザイ」が開発・販売する、薬用ジェルローション。オーガニックのアロエベラエキスを99%配合し、肌を保湿します。日焼け後のケアとして使うのはもちろん、コットンにのせてパックのように使うのもおすすめ。アロエの抗炎症効果が夏の疲れた肌を補修してくれます。

●容量:128g
●税込価格:楽天/698円、Amazon/662円

(2018年7月27日 15:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

2.宮古島のしずく アフターサンケアジェル

宮古島のしずく アフターサンケアジェル

出典:www.amazon.co.jp

宮古島に生息する植物「アロエベラ」やキク科の植物「ムツウサ」のエキスを配合した、日焼けケアジェル。ムツウサには抗酸化作用があり、皮膚の老化防止に効果を発揮します。肌の回復を促すビタミンCやビタミンE、β-カロテンを含む長寿草のエキスも配合。赤ちゃんからお年寄りまで家族全員で使えます。

●容量:50g
●税込価格:楽天/1,080円、Amazon/1,080円

(2018年7月27日 15:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

3.ピジョン 薬用ローション ももの葉

ピジョン 薬用ローション ももの葉

出典:www.amazon.co.jp

保湿効果のあるももの葉エキスをベースにしたローション。とろみのあるローションなので、全身に塗りやすいのが特徴です。0歳の赤ちゃんにも使える低刺激設計なので、肌の弱い人でも安心です。皮膚科医による皮膚刺激性テスト済み。あせもや湿疹のある肌にも使えます。無香料無着色、パラベンフリー。

●容量:200ml
●税込価格:楽天/740円、Amazon/891円

(2018年7月27日 15:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

4.私の部屋 オーシマスキンローション ヘチマ水

オーシマスキンローション ヘチマ水

出典:www.amazon.co.jp

成分はヘチマ水のみというシンプルな保湿ローション。香料・防腐剤等の添加は一切含まず、精製水で薄めたりもしていません。

ヘチマには、保湿効果だけでなく、抗炎症や熱さましの効果もあり、日焼け直後のほてった肌のケアに最適です。 バシャバシャ使える大容量が嬉しいですね。ローションパックとして夜のスキンケアにも。

●容量:458g
●税込価格:楽天/1,944円、Amazon/1,877円

(2018年7月27日 15:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

5.Lar(ラー) ネオナチュラル ヒーリングローション

Lar ネオナチュラル ヒーリングローション

出典:www.amazon.co.jp

天然成分100%の化粧水。オーガニックのヘチマ水をベースに、月桃葉水、モモ葉エキス、クマザサエキスなど、保湿鎮静に効果のある植物エキスをふんだんに配合。サラッとしたテクスチャーで日焼け後の肌にも低刺激です。肌のしっとり感が持続します。

●容量:120ml
●税込価格:楽天/3,186円、Amazon/3,186円

(2018年7月27日 15:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

6.山澤清 クマザサ化粧水

山澤清 クマザサ化粧水

出典:www.amazon.co.jp

漢方として親しまれてきたクマザサエキスをベースに、カミツレエキスやラベンダー油を含んだオーガニック化粧水。クマザサにはビタミンCやB1、B2など、肌荒れを解消するビタミンが含まれています。また、抗炎症作用や新陳代謝の促進作用があるため、日焼け後の肌の修復と回復に役立ってくれます。

●容量:100ml
●税込価格:楽天/4,104円、Amazon/4,104円

(2018年7月27日 15:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

7.HOUSE OF ROSE(ハウスオブローゼ) カモミストウォーター

ハウスオブローゼ カモミストウォーター

出典:www.amazon.co.jp

保湿鎮静効果のあるカミツレエキスを配合した化粧水。ミストタイプなので、赤みやほてりが気になったらシュッとひと噴き。外出先でも手軽にアフターサンケアができます。持ち運びに便利な携帯サイズ(70g)もありますよ。無香料、無着色、弱酸性で敏感肌にもやさしい設計です。

●容量:150g
●税込価格:楽天/2,538円、Amazon/2,538円

(2018年7月27日 15:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

8.Burt’s Bees(バーツビーズ) アロエ&リンデンフラワー アフターサンスーザー

バーツビーズ アロエ&リンデンフラワー アフターサンスーザー

出典:www.rakuten.co.jp

アメリカのオーガニックブランドが作った、99.5%天然成分の日焼けケアローション。軽いつけ心地で、敏感肌の人に人気です。肌の修復効果が高く、赤ちゃんのおむつかぶれに使っている人も。

●内量:177g
●税込価格:楽天/1,580円

(2018年7月27日 15:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見る

9.Badger(バジャー) オーガニックアフターサンバーム

バジャー オーガニックアフターサンバーム

出典:www.amazon.co.jp

アメリカのオーガニックブランドBadger(バジャー)のアフターサンバーム。USDA認証で品質と安全性はお墨付き。小ぶりな缶に入っているので、化粧ポーチの中に入れて気軽に持ち歩けます。バームタイプは、液漏れしにくいのも嬉しいポイント。ほのかなラベンダーの香りです。

●内量:56g
●税込価格:Amazon/1,390円

(2018年7月27日 15:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

Amazonで見る

日焼けの後はインナーケアも!美白と肌補修に役立つ成分とは?

野菜とサプリメントの錠剤

日焼けしてしまった肌には、外側だけでなく内側からのケアも大切です。一般的に、化粧品に含まれる成分が真皮まで届くことはありません。肌の奥に達した紫外線によるダメージに対応するためにも、インナーケアがおすすめです。

活性酸素を排出する抗酸化作用をもつ栄養素を意識的に摂ることで、色素沈着やたるみ・しみ・シワをつくりにくくすることができます。

日焼けの後は、紫外線によるダメージを軽減してくれる栄養素を含む食べ物を食事に取り入れたり、サプリを飲んで、体の内側から補修していきましょう。

ビタミンC

美白効果で知られるビタミンC。シミの原因となるメラニンは、細胞の中にあるアミノ酸の一種「チロシン」が酸化することで生成されます。ビタミンCは、強い抗酸化作用でチロシンの酸化を防ぎ、シミができないようにしてくれます。

サプリや美容ドリンクなどにも配合されていることが多く、取り入れやすい栄養素です。水溶性であるビタミンCを食事から摂り入れる場合は、長時間茹でると水に溶けだしてしまうので注意しましょう。

◇多く含まれる食べ物

シトラス類やパセリ、ピーマン類、アセロラ、ケール、緑茶

ビタミンE

抗酸化作用をもつビタミンEは、血行促進や、皮膚のコラーゲン生成を助けることでも知られています。シミ・シワを防ぎ、肌の弾力を保つために積極的に摂取したい栄養素です。

日焼けした日は、ビタミンEを豊富に含むひまわり油やサフラワー油などを使った料理がおすすめですよ。

◇多く含まれている食べ物

魚やアーモンド、かぼちゃ、モロヘイヤ、ホウレンソウ、アボカド、植物油

β-カロテン

β-カロテンとは、緑黄色野菜などに含まれる色素のこと。主にトマトに含まれる、美白成分として有名な「リコピン」もβ-カロテンの一種です。抗酸化作用のほか、保湿効果や、粘膜を保護する働きを持ちます。

野菜サラダや野菜ジュースなどで手軽に取り入れることができます。熱に強く、油との相性がいいので、野菜炒めなどにしてもOK。ビタミンEを含む植物油と合わせれば、ますます効果が期待できますよ。緑黄色野菜が苦手な人は、サプリを活用しましょう。

◇多く含まれる食べ物

にんじん、カボチャ、ほうれん草、小松菜

日焼け止めで毎日の紫外線カット

日焼け止めと麦わら帽子

一度日焼けしてしまった後の肌ケアは大変ですよね。できることなら、効果的な紫外線カットで日焼けを予防したいものです。

デイリーのUVケアに欠かせないアイテムといえば、日焼け止め。日焼け止め効果のレベルを表す数値のうち、SPFは紫外線B波に、PAは紫外線A波に対応しています。肌質や使用する場面などに合わせて、適切な日焼け止めを選びましょう。

日常使いにはSPF15~30程度、海や山でのレジャーにはSPF50程度が目安です。小さな子供や敏感肌の人は、特に刺激の少ない、「紫外線吸収剤不使用」の日焼け止めを選ぶといいでしょう。

◇おすすめUVアイテム!アロベビー UV&アウトドアミスト

アロベビー UV&アウトドアミスト

出典:www.alo-organic.com

1本で日焼け対策と虫除けができる、天然オーガニック成分100%のミスト。紫外線吸収剤・ディート不使用で、小さな赤ちゃんから大人まで安心して一緒に使えます。バッグの中に入れて持ち運びやすいサイズなので、出先での塗り直しにも便利。

●内容量:80ml
●SPF/PA:SPF15、PA++
●税抜価格:2,350円

(2018年7月27日 14:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

販売サイトで見る

日焼けした肌はアフターケアで回復!

浜辺を歩くカゴバッグを持った女性

普通に生活をしていれば、毎日、万全の紫外線対策をするのは難しいものです。特に日差しの強い夏場は、ごく短時間外にいるだけでも、すぐに日焼けをしてしまいます。

肌に赤みやほてりが出たときは、まずはしっかりと患部を冷やし、刺激の少ないローションなどで保湿ケアをしましょう。抗酸化作用のあるビタミンを含む食べ物やサプリを摂ることで、体の内側から働きかけ、色素沈着やたるみ・しみ・シワなどのリスクを減らすこともできます。

日焼けした部分が腫れたり、水ぶくれができたり、突き刺すような強い痛みがある場合は、自宅でのアフターケアに頼らず、皮膚科で診察を受けてくださいね。適切なケア方法を身につけて、日焼けに負けない楽しい夏を過ごしましょう!

※1 参考文献:なかじま医院 日光皮膚炎には気をつけて!
※2 参考文献:紫外線によって生じる皮膚疾患の診断と治療

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter