メイクブラシの洗い方は?頻度は?化粧ノリを良くするお手入れ方法!

メイクのときに使用しているメイクブラシ、きちんとお手入れしていますか?実は、定期的に正しい洗い方でケアしないと、メイクのノリが悪くなるだけでなく、肌トラブルやブラシの傷みにもつながってしまいます。正しい洗い方で、メイクブラシと肌の両方を守りましょう!

メイクブラシのお手入れ怠っていませんか?

メイクブラシが並ぶ化粧台

日頃のメイクに欠かせないメイクブラシ。きちんと普段から定期的なケアはできていますか?実は、使ったままの状態で放置したメイクブラシは、思わぬトラブルの原因になることがあるのです。

メイクブラシは雑菌の温床

肌に直接あてて使うメイクブラシは、使うたびに毛と毛の間に皮脂や油分が入りこみます。それをエサにして、発生・増殖するのが雑菌やカビ。しかも、洗面台などの湿気が多い場所に置いている場合は、さらに雑菌やカビの温床になってしまいます。

そのままの状態のブラシを使うと、化粧品と一緒に溜まった汚れや雑菌も顔に塗っていることに。メイクの仕上がりが悪くなるだけでなく、肌荒れやニキビといった肌トラブルの原因にもつながります。

メイクブラシは肌に直接触れるもの。清潔な肌とメイク道具を保つためにも、メイクブラシは常に清潔にしておきましょう。

メイクの仕上がりが悪くなり、ケーキングの原因に

メイクブラシに汚れが溜まってくると、ブラシがコスメのパウダーを上手く含まない、色が混ざってきれいに発色しないなど、メイクのノリや仕上りが悪くなってしまいます。

また、汚れたブラシを使い続けることによってコスメを汚してしまうこともあります。アイシャドウやチークなどの表面に細かいブツブツができたり、一部が固くなったりするケーキングが見られるようになります。

これは、原因のひとつに油分や汗、皮脂などの汚れが付着し、アイシャドウなどの表面が固くなっていることで起こります。

メイクブラシを洗うタイミングや頻度は?

ファンデーションがついたメイクブラシ

毛先が束になって固まってきたり、ブラシを使ったとき発色が悪いと感じたときは、メイクブラシを洗うことをおすすめします。ただし、あまり洗いすぎるとブラシの筆を痛める原因にもつながるので、注意が必要です。

リップブラシの場合は、口周辺に触れ、雑菌が付きやすいのでこまめに洗いましょう。ナイロンなどの人口毛は毎週洗っても大丈夫です。

メイクブラシの洗い方

洗剤の泡

メイクブラシの洗い方には、主に中性洗剤を使う洗い方と専用の石けんを用いる洗い方の2種類があります。どちらの洗い方も簡単なので普段のケアに取り入れてみてくださいね。

メイクブラシの洗い方<1>中性洗剤で洗う方法

【準備するもの】
・コップ
・ぬるま湯
・中性洗剤(アルコール入りは×、台所用などがベスト)
・タオル

【洗い方の手順】
(1)コップにぬるま湯を入れます。
(2)ぬるま湯に中性洗剤を一定の割合で加えます。
(3)ぬるま湯と中性洗剤を混ぜ合わせた洗浄液に、汚れた部分をつけてシャカシャカと振りながら洗いましょう。
(4)振り洗いを終えたメイクブラシを洗浄液から出し、先の方を指で押し洗いします。
(5)汚れが落ち切ったら、中性洗剤が残らないよう綺麗な水ですすいでください。
(6)メイクブラシを手でキュッと握り、残った水気をしっかり切ります。
(7)最後に乾いたタオルで先端を挟むなどして水分を除去したら、メイクブラシの形を指で軽く整えましょう。
(8)日陰かつ風通しのよい場所にメイクブラシを置き、乾燥させます。

洗浄液のを用意するときは、パウダー製品に用いるメイクブラシであれば、ぬるま湯と中性洗剤の割合を200:1を目安に溶かしてください。リキッド製品用のメイクブラシの場合は、ぬるま湯と洗剤の割合を50:1を目安に混ぜ合わせましょう。汚れの度合いが酷い場合は中性洗剤を増やしてみてください。

メイクブラシの洗い方<2>メイクブラシ用の石けんで洗浄する方法

【準備するもの】
・ぬるま湯
・メイクブラシ用石けん
・タオル

【洗い方の手順】
(1)メイクブラシの毛先をぬるま湯につけます。
(2)ぬるま湯で濡らした毛先に、メイクブラシ用石けんを上からブラシで優しく滑らせるように、石けんを馴染ませます。
(3)メイクブラシを指で軽く押し洗いしていきます。
(4)汚れが落とせたら、洗剤が完全に落ちるまでぬるま湯で十分にすすぎます。
(5)メイクブラシの筆先を軽く搾り、水気をなくします。
(6)メイクブラシに残った水分をタオルで拭き取ったら毛先の形を整え、日陰で乾かして完了です。

メイクブラシの洗い方<注意点>

メイクブラシを長く持たせ、清潔かつ化粧ノリがよいメイクブラシを使い続けるために、洗い方の注意点をまとめましたので、参考にしてみてくださいね。

1.洗浄液をメイクブラシの金属部分につけない、つけ置きもNG

メイクブラシの先端と本体部分の間にある金属部分には、なるべく洗浄液をつけないように注意しましょう。

ブラシの根元は、毛を束ねるための接着剤を使い、金属カバーで留められています。この中に水や洗浄液が内部に染みこんでしまうと、束ねる接着剤の力が弱くなり、メイクブラシの抜け毛の原因に。さらに、金属カバーの中に水が溜まってしまうと、雑菌の発生につながります。

洗うときは、できるだけ金属部分を濡らさないように、ブラシの根本から毛先までの汚れた部分を中心に、洗浄してください。洗浄液にメイクブラシをつけ置きする洗いするのもNGです。

2.毛先に触れるときは優しい力で

メイクブラシを強い力で押し洗いしたり、引っ張りながらタオルドライすると毛先が傷むだけでなく、抜けてしまう恐れがあります。メイクブラシの寿命を縮めることにつながるため、毛先の傷みはなるべく避けなければなりません。洗うときも乾燥させるときも、メイクブラシは優しい力で触れるよう心掛けることが大切です。

3.乾燥は念入りに、ドライヤーはNG

メイクブラシの毛先は完全に乾かすようにしてください。生乾きの状態でメイクに使用すると、ブラシの中で細菌が増殖する恐れがあります。

また、早く乾燥させたいからといって、日光やドライヤーの温風を直接当てるのはNG。メイクブラシの毛が傷み、毛先が四方八方に広がって、劣化を早めてしまいます。陰干しでしっかりと乾かしてから使用しましょう。

乾かす際は置き場所にも注意しましょう。乾燥中にメイクブラシの毛先が当たっていると、変形や毛先の広がりにつながってしまいます。重ならないように寝かせたり、グラスやコップなどに立てて入れると良いですよ。

【洗い方ワンポイントアドバイス】洗う前と乾燥前に櫛でとかす

メイクブラシを洗う前、また水分を絞ったあとの乾燥させる前には、ブラシを櫛でとかすのがおすすめです。乾燥前に櫛を通すことで、水洗いによる毛先の乱れを均一に整えることができます。いきなり根元から一気にとかすのではなく、ブラシの毛が切れてしまわないように、毛先からとかしていきましょう。

使用後のメイクブラシ毎日のお手入れ方法

メイク中の女性

使用後のメイクブラシはどうしていますか?ちょっとしたケアでブラシの汚れ方も変わってきます。普段のお手入れを見直してみましょう。

1.パウダーブラシ

パウダー用メイクブラシを使用した後は、付着したパウダーを落とすように片手で毛先をはたきます。はたいてもパウダーが落ちない場合には、テーブルなどにティッシュを敷き、メイクブラシを優しく滑らせてみてください。

収納する前に毛先を整えることも大切なポイントです。

2.リップブラシ

リップ用メイクブラシは、ティッシュの上で軽く毛先を滑らせるだけ。1つの工程でお手入れ終了です。

なお、パウダーブラシとリップブラシは毎日欠かさずお手入れすることで、洗う頻度も少なくなるとか。お手入れの度に洗い方を確認しないようにするためにも、毎日行うようにしてください。

買い替えのタイミングはいつ?

クエスチョンマークのアイコン

定期的にブラシを洗ったり、毎日汚れを落としたりしていても、メイクブラシは消耗品なので傷んできてしまいます。メイクブラシに使われている毛の種類によって異なりますが、毛先が広がってきた、毛がすり減ってきた、パウダーの含みや肌あたりが悪くなってきたら、メイクブラシの交換のサインです。

メイクの仕上がりにも影響するので、まだ使えると思わずに適切なタイミングでメイクブラシを交換しましょうね。

忙しい女性におすすめ!メイクブラシ洗浄の時短を叶えるクリーナー

StylPro(スタイルプロ) メイクブラシ専用ウォッシャー&ドライヤー

スタイルプロ メイクブラシ専用ウォッシャー&ドライヤー

出典:www.rakuten.co.jp

メイクブラシの洗浄・乾燥が20秒で叶う画期的なアイテム!

イギリスのメイクアップアーティストの間で話題のクリーナーが日本に上陸。今まで乾かすのに1~2日かかっていたところを、StylProは遠心力の力でなんと10秒で洗浄し、10秒で乾燥を完了してくれるという優れもの。手を汚さず、簡単にメイクブラシのお手入れができるので、忙しい女性におすすめです。

●対象:自然毛OK、人工毛OK
●セット内容:
・スタイルプロ
・シリコン製アダプター8個(30、24、19、15、11、9、7、5mm)
※フラットタイプのブラシの柄には使用できません。
・シリコンリング/ネック/スピンドリル/ボウル/単4電池2本
メイクブラシ専用洗浄 10ml(1回分)X2
●税込価格:楽天/8,618円、Amazon/8,618円

(2018年7月10日 10:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

こまめなお手入れと正しい洗い方でメイクブラシを清潔に!

メイク道具

メイクブラシを清潔に保てば、納得いくメイクに仕上がるだけでなく、消耗品であるメイクブラシのもちも長くなりますよ。肌に直接使うものだからこそ、大切に扱いたいですよね。メイクブラシの洗い方や注意点をおさえて、ぜひメイク道具のお手入れを見直してみてください!

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter