母親学級とは?いつから通うもの?前期~後期の内容を紹介

妊娠すると耳にするようになる母親学級。妊娠中の気になる事柄やお産について学ぶことができます。出産の不安も解消されるのでぜひ参加してみましょう。そこで今回は、母親学級の具体的なカリキュラムの内容やいつから参加すればいいのか、逆に行けない場合についてなどをご紹介していきます。

母親学級とは?

楽しそうな妊婦 マタニティ

母親学級は出産予定日の近い妊婦さんたちが集まって、出産までの過ごし方や分娩のしくみ、赤ちゃんの基本的なお世話の仕方について学びます。「母親教室」や「プレママ教室」と呼ばれることもあります。

母親学級では、スライドを使った講義や赤ちゃんの人形を使った実習などで詳しくレクチャーしてくれるので、初めてママになる場合はぜひ参加してみるといいですね。

また、母親学級でママ友ができたという人も多いです。同じ時期に出産、子育てをするママが集まるので、新しい友達づくりを目的に参加しみるのもひとつですね。

両親学級とは?母親学級との違いは?

赤ちゃんがお腹の中に宿った瞬間から、体内でさまざまな変化が起こるママと違って、パパは赤ちゃんが生まれてくるまで体や生活スタイルが変わらないことが多いです。そのため意識的に「父親」になるための心構えをすることが必要になってきます。そんなきっかけのひとつになるのが両親学級です。

母親学級は妊婦さんが対象ですが、両親学級ではママだけでなくパパも一緒に参加し、妊婦の体の変化や分娩時のサポートなどママ自身では説明しづらいことを教えてくれます。また、沐浴やおむつ替えの実習をすることで、赤ちゃんと接することへのハードルが低くなり、スムーズに子育ての参加がしやすくなるメリットがあります。

なかにはパパのお腹に10kgのおもりをつける妊婦体験をおこなっているところもあるよう。「こんなに重いとは思わなかった!」「バランスをとるのが大変」など驚きの声も。両親学級での体験を通して、「これからいよいよ子育てが始まるんだ」という気付きになるパパも多いようです。

母親学級はどこでおこなわれているの?

手帳をチェックする女性

母親学級は大きく分けて3つのタイプに分けられます。それぞれの特徴をおさえて、ライフスタイルに合ったところを選んで参加しましょう。

病院・産院でおこなわれている母親学級

病院や助産院などで独自におこなわれる母親学級の場合は、主にその病産院で出産予定の妊婦さんを対象にしています。一般的には、妊婦検診に行ったときに案内されることが多いです。

出産時の立会いや母子同室についてなど、より具体的な質問も参加時に聞いてみると良いでしょう。基本的には無料で受けられますが、マタニティヨガなど特別なカリキュラムは有料の場合もあります。

地方自治体でおこなわれている母親学級

自治体でおこなわれている母親学級は、地域の保健センターや公民館などの公的な施設で開催されることが多いです。

区役所や市役所などで母子手帳を受け取ったときに、母親学級の案内をされることが多いので、参加したい場合は自治体に問い合わせましょう。ほとんどが無料でおこなわれます。

民間企業でおこなわれている母親学級

民間企業が主催の母親学級も妊婦さんのコミュニティのひとつ。赤ちゃんのお世話で必要になってくるベビー用品のPRを兼ねている場合がほとんどなので、実際に商品を試して比較検討できる良い機会になりますよ。

新商品など気になるものがあるのであれば、積極的に参加しておくといいかもしれませんね。参加には無料のものもあれば有料のものもありますので、事前に確認しておきましょう。

母親学級はいつから通えばいいの?

カレンダーに記載された予定

母親学級は妊娠経過に合わせた内容で進めながら、妊娠全期にわたって計3~4回おこなうところもあれば、妊娠中期と後期に1回ずつおこなうところもあります。そのため「対象の妊娠経過数」というのが設定されている場合があるので、確認して参加しましょう。

民間企業主催の場合は1回で終わることも多いです。妊娠30週未満など妊娠経過数があらかじめ設定されている場合もあれば、初産の妊婦さんなら参加OKなど主催者やイベントによって違いがあるので当てはまるものを探してみてくださいね。

両親学級は基本的に妊娠後期の方を対象にしているので、妊娠22~35週の妊婦さんが多く参加します。妊娠経過週などを満たしていないと参加できない場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

母親学級の内容は?具体的にどんなことをするの?

ノートに書き込む女性

母親学級は病院や自治体によって回数や時期などが異なりますが、ここでは、4回おこなわれた場合の母親学級のカリキュラム例をご紹介していきます。

母親学級1回目「妊娠初期」

  • 妊娠のしくみや注意点
  • 妊娠中の生活について
  • 胎教や妊婦体操について
  • 母乳マッサージ など

この頃の妊婦さんは、つわりに苦しんでいる人も多い時期。つわりを乗り切る方法や、妊娠中に気を付けたいことなど、妊娠中の食生活を中心に学びます。また、妊娠中でもできる軽めの体操を実施することもあります。

母親学級2回目「妊娠中期」

  • 妊娠中の栄養について
  • 入院・お産の準備
  • 新生児の衣類や用品
  • 妊娠中の以上について など

安定期に入るこの時期は、入院・お産の準備から育児用品の準備について学びます。抱っこやおむつ替え、沐浴など、赤ちゃんの人形使いながら体験を通して学んだりします。また、妊婦に必要な栄養補給サプリメントや粉ミルクの試供品などをもらえることもあります。

母親学級3回目「妊娠後期」

  • 妊娠中の生活について(妊娠後期)
  • お産の経過について
  • 呼吸法・リラックス法の練習
  • 分娩のリハーサル など

妊娠後期に入ってからの母親学級では、主に出産の心構えについて教えてもらいます。出産にむけて分娩のリハーサルをしたり、呼吸法の練習をおこなったりします。また、質問できる時間を多めにとり、出産に関する疑問や不安などをしっかり聞くことも。このときにしっかり自分の不安などを取り除いておきましょう。

母親学級第4回目「妊娠後期~産後」

  • 出産にむけての準備
  • 入院の時期や方法
  • 新生児について
  • 産後の経過と生活 など

4回目では出産シーンの映像を見たり、赤ちゃんが産まれてくるときはどんな風に体を動かしながら産まれてくるのかなど、具体的に説明してもらいます。この出産シーンのビデオを見て思わず涙が出たというママやパパも多いようです。

実際にビデオを見た先輩ママからは「赤ちゃんが産声をあげた瞬間に自然と涙がでてしまい、自分の出産のときも感動してすごく泣いてしまうのだろうなと想像した」という声も。

また、その他にも産後の生活リズムをイメージしながら妊婦さん同士で楽しく話し合うなど、参加したママたちがコミュニケーションをとれるプログラムが組み込まれていることもあるようです。

母親学級は毎回絶対に参加するもの?

疑問

母親学級は出産までに必要な知識を妊娠経過に合わせて教えてくれるので、初産の場合は参加するのが望ましいですが、ほとんどの母親学級は任意参加なので、すべて参加しないといけないわけではありません。

体調が悪いときや、外せない予定が入っているときは無理をしなくても大丈夫ですよ。母親学級は平日おこなわれることが多いため、仕事をしている妊婦さんは妊婦健診で精一杯で、母親学級にはほとんど参加できなかったというケースもあるようです。

ただし、病院や産院によっては、そこで出産予定の場合や立ち合いを希望するときは、両親学級の参加を推奨していることもあります。その場合は出席しておきましょう。

母親学級に行けないときはどうしたらいいの?

どうしても母親学級に参加できなかった場合に、出産に対して不安を感じるときは、疑問に思っていることを妊婦健診のときに尋ねてみたり、母親学級の運営をしている自治体の保健師に相談してみるのもいいですね。専門家の立場からその人に合ったアドバイスや回答をしてくれますよ。

また、育児書やインターネットで調べてみるのもひとつ。育児書は総合的な内容のものもあれば、男の子用・女の子用など細かく分野別に分かれている内容のものも多いです。ただし、書籍やインターネットを活用するときは、その情報が自分に当てはまるか判断が難しいケースもあるので、迷ったときは専門家に相談しましょう。

母親学級で出産の不安を取り除こう!

妻が妊娠中の夫婦

いかがでしたか?出産に不安はつきものです。ですが、同じ時期に出産、子育てをする仲間がいると、色々な悩みや不安も解消しやすくなるものです。

実際に母親学級に参加した先輩ママからは、「細かい質問をたくさんしたけど、丁寧に答えてもらえて安心できた」「隣になった人が同い年で意気投合し、ママ友になった」という声も。さらに、ほとんどの母親学級では育児グッズやマタニティグッズなどのお土産がもらえるのも参加してよかったと言われるポイントのようです。

絶対に参加しなければならないわけではありませんが、ぜひ体調や気持ちと相談しながら、母親学級を楽しんでみてくださいね。

関連キーワード

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter