子供に多い冬の感染症とは?ウイルスから守る予防とママ達の体験談

気温が下がり空気も乾燥する冬は、感染症による病気が増加します。そこで今回は、流行する感染症から子供を守るために、病気による発熱などの症状の経過や対処法、また病気にかからないために家庭でやっておきたい予防法についても紹介します。実際にあったママ達の体験談も参考にしてみてくださいね。

子供が感染症にかかりやすいのはなぜ?

クエスチョン ?

生まれたばかりの赤ちゃんは、免疫機能が未発達で抗体を作り出すことが出来ません。しかし、お腹の中で胎盤を通して抗体をママからもらったり、母乳に含まれている抗体を取り入れることで守られています。

しかし、ママがかかったことがない病気に赤ちゃんが感染した場合は抗体に守ってもらうことはできません。また、お腹の中でママからもらった抗体は生後6ヶ月頃までには徐々に減ってしまい病気にかかりやすくなります。

子供は感染症などの病気を繰り返して免疫をつくっていきます。小学生になるくらいまでは、冬の季節に流行る風邪などの感染症にかかりやすいですが、それも免疫力をつけるためには必要な過程なのです。

赤ちゃん・子供が冬にかかりやすい感染症とは?

子供 熱 風邪

感染症といっても様々な病気がありますが、なかでも冬に赤ちゃんや子供がかかりやすい感染症があります。冬に流行する病気の症状や対処法を事前に確認しておきましょう。

1.風邪

主な症状

風邪は発熱や鼻水・鼻づまり、せきなどの症状が特徴です。加えて、痰(たん)がからんだりのどの痛みが出たりすることも。発熱がきっかけで熱性けいれんを起こすこともあります。

かかりやすい年齢

風邪は冬になると子供から大人までかかりやすい病気なので、いつでも注意が必要です。生後6ヶ月以降はとくに注意しましょう。

治療やおうちケアの方法

こまめな水分補給を心がけ、離乳食は消化のよいものを少しずつ食べさせましょう。もし鼻水が出ているようであれば吸引器などを使って吸い取ってあげてください。鼻水が喉に落ちるとせきや痰の原因になります。

鼻がつまっていて苦しそうなら、鼻の中を加湿してあげてください。お風呂や沸かしたお湯の蒸気を利用すれば、鼻づまりが楽になり、鼻水も吸い取りやすくなります。

3日を超える発熱、1週間もせきが続くときは重症化の恐れがあるので、病院を受診してください。水分がとれない、眠れない場合も受診すると熱などの症状を抑える薬を処方してもらえます。

2.RSウイルス感染症

主な症状

RSウイルス感染症は秋から冬にかけて毎年流行し、鼻水やせき、38度以上の発熱などの症状が特徴。通常は1~2週間で治りますが、気管支炎や肺炎を併発することも。

厚生労働省は、生後1ヶ月未満の子供が感染した場合には通常とは異なる症状が出ることがあるとしており、場合によっては無呼吸発作を起こすこともあるそうです(※1)。低出生体重児、早産児などは重症化することもあります。

かかりやすい年齢

1歳までの子供なら半数以上、2歳を迎えるまでには100%近くの子供が1度は感染するといわれているほど感染力の強いウィルス(※1)。新生児期からかかることがあります。生後2ヶ月未満の赤ちゃんは入院になることも。

治療やおうちケアの方法

自宅では、せきを抑えるために部屋の加湿・水分補給が大事になります。鼻水がつまって子供が苦しい思いをしないよう、こまめな鼻水の除去も必要。栄養も補給させて体力をつけさせましょう。

RSウイルスに直接効く特効薬はないので、熱やせきなどの症状を和らげる治療をします。症状に応じて点滴や酸素マスク、吸入などの処置がされることもあります。

3.インフルエンザ

主な症状

毎年冬になると流行するインフルエンザ。38度を超える高熱が続いたり、全身のだるさ、筋肉痛に似た節々の痛み、嘔吐や下痢などの症状が出ます。肺炎や脳症を併発する危険性もあるので早めに受診しましょう。生後6ヶ月からは予防接種も受けられます。

かかりやすい年齢

インフルエンザは子供から大人までかかる感染症。ただし、保育園または幼稚園に通っている子供はまだ手洗いなど予防管理が難しく、同じ園に通っている子供が感染していると流行しやすい傾向にあります。

治療やおうちケアの方法

おうちでのケアは、子供に十分な睡眠をとらせ、こまめな水分補給を心がけましょう。離乳食などの食事内容は、なるべく消化しやすいものを。大人と同じく、病院を受診する以外の外出は厳禁です。

検査で感染が確定した場合は、症状に応じて解熱鎮痛剤や去痰薬、抗ウイルス薬などが医師から処方されます。

4.溶連菌感染症

主な症状

秋から春にかけて流行しやすい感染症で、突然の発熱とのどの痛みから始まり、のどの奥は血がにじんだように真っ赤になります。ただし、2歳までの子供には高熱の症状が表れないこともあるので、子供が3歳未満の場合は注意してください。

また、身体全体に赤くてプツプツとした発疹が現れた後に皮がむけるのも症状のひとつ。舌の表面に発疹ができる、通称イチゴ舌も見られます。また、腹痛や頭痛、リンパ節が腫れるなどの特徴も溶連菌感染症に多い症状です。

かかりやすい年齢

一般的には中学生まで(2~14歳)の子供に多いとされています。中でも特に注意すべきなのは5~9歳の子供。溶連菌感染症患者のうち半分ほどをしめるそうです。

治療やおうちケアの方法

食事がとれるようなら、辛味・酸味や熱い食べ物など喉に刺激のある食べ物を子供に与えないようにしてください。食べ物を飲み込めないようであれば、脱水を避けるため水分を飲ませます。

小児科を受診した場合は医師から処方された抗菌薬を服用します。溶連菌感染症に用いる抗菌薬には5~10日間の服用期間があり、たとえ症状がなくなったとしても期間いっぱいは飲まなければなりません。加えて合併症防止効果もあるので、忘れずに服用しましょう。

冬にかかる感染症で1年を通して気を付けたい病気

赤ちゃん 感染症 病気

1.流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

主な症状

流行性耳下腺炎は、体内にウイルスが潜入してからおよそ2~3週間で症状が現れる感染症です。最も顕著な症状が見られるのは子供の頬。ぷっくりと頬が腫れた状態になり、痛みも伴います。他にも発熱・嘔吐・倦怠感・頭痛などの症状も。大抵は症状が現れてから3日程度、長くても1週間ほどで症状のピークは軽くなるでしょう。

かかりやすい年齢

4~5歳ころの子供が多くかかる病気です。1歳までの子供はママの胎内にいたころの免疫が備わっているので、流行性耳下腺炎への感染は多くありません。

治療やおうちケアの方法

頬が痛くて食べ物が噛めないときは、プリンやゼリーなど噛まなくても食べられる食品を与えましょう。酸味のある食べ物やしっかりと噛まなければならないものは避けてください。

1週間以上も腫れている、頭痛が酷いなどの場合は早急に医療機関へ受診をしてください。

2.突発性発疹

主な症状

38度以上の高熱が3~4日続き、熱が下がって24時間以内に、かゆみのない赤い発疹がお腹を中心に全身へ広がります。発疹は大抵の場合2~3日で色が薄くなり、消えていきます。原因となるウイルスが2種類あるため、2回かかる赤ちゃんも。

かかりやすい年齢

乳幼児に多く、とくに生後6ヶ月~1才くらいにかかりやすい感染症です。初めての病気が突発性発疹というのも珍しくありません。

治療やおうちケアの方法

ウイルス感染のため、抗菌薬は使用しません。熱が高い場合は解熱剤が処方されることもあります。また、以前に熱性けいれんを起こしたことがある場合は、けいれん止めの薬を使うこともあります。

子供を感染症から守る予防のポイント

子供 手洗い

冬は、空気も乾燥して風邪をひきやすい環境になります。病気になると免疫力が低下して他の感染症にもかかりやすくなるので、普段から感染症予防の習慣を身につけるようにしましょう。

感染症の流行を確認する

感染症の流行状況を知ることも、感染症予防には有効な手段。住んでいる地域でどんな感染症がどのくらい流行しているかを知っておきましょう。流行している間はできるだけ外出を控え、赤ちゃんが退屈しないように、室内で体を使った遊びをするなどの工夫を。

感染症の流行状況は、東京都感染症情報センターの「各地の感染情報」から調べることができますよ。

予防接種

感染症によっては、子供に予防接種を受けさせることで重症化のリスクを軽減させられます。冬に流行るインフルエンザは、流行する前に予防接種をすることが大切です。病院も予防接種で混雑するので、冬が近づいたら予防接種のスケジュールを立てておきましょう。

予防接種で注意しておきたいのが、必ずしも感染症を予防できるわけではない、ということ。あくまでも重症化するのを免れるための予防策と心得ておきましょう。

また、子供だけでなく大人も予防接種を受けておくのも大切。受けられる予防接種はできるだけ受けておきましょう。とくに、低月齢の赤ちゃんがいる家庭は、大人の予防対策が重要です。

手洗いとうがいで感染症予防

帰宅したら、大人はまず洗浄料でしっかり手を洗い、うがいもしましょう。立っちができる赤ちゃんは洗面台に立たせ、大人の手で包むようにして手を洗います。手が洗えない赤ちゃんは、お湯で絞ったタオルで丁寧に拭いてあげましょう。

うがいは、冬の感染症などによる病気の予防対策のひとつですので、1歳を過ぎたらうがいができるように練習しておくといいですね。

また、二次感染を予防するためにも赤ちゃんのお世話をする前、した後にも必ず洗浄料で手洗いを。手洗いをした後に、消毒用アルコールで手指の消毒をするとすると、より安心です。

加湿

乾燥するとウイルスが繁殖しやすくなるので、冬に子供と室内で過ごすときは温度と一緒に湿度にも注意しましょう。札幌市保健福祉局によれば、室内で過ごす際の湿度は40~60%程度が最適。加えて、湿度30%以下になると風邪などの病気になりやすいそうです(※2)。

また、のどがカラカラの状態でウイルスが口から入ると、通常のどを保護しているはずの粘膜がウイルスを防ぎきれずに侵入してしまいます。こまめな水分補給でのどを常に潤して、ウイルスの侵入と増殖を予防しましょう。

子供が感染症にかかったらいつから登園できる?

幼稚園 保育園

子供が感染症にかかったときに気になるのが登園の再開時期。感染症ごとに登園禁止期間は異なります。いつまで休ませればいいのかわからない、というママのために今回紹介した感染症の一般的な登園時期について調べてみましたので参考にしてみてください。

風邪

風邪にかかった場合の登園時期について、明確な規定はありません。子供の体調を見て、いつも通りの元気が戻ったなど、感染症の症状がなくなったら幼稚園や保育園に通わせるとよいでしょう。発熱があったときには、平熱に戻ってから丸1日様子を見て登園させるか決めてください。

溶連菌感染症

文部科学省では溶連菌感染症にかかった際の登園目安として、抗菌薬による治療開始より24時間後から可能としています(※3)。ただし、合併症の危険性も少なくないので、子供をしっかりと休ませるなど様子を見ながら登園のタイミングを決めましょう。

RSウイルス感染症

RSウイルス感染症の症状であるせきや発熱など症状に改善がみられ、体調が回復してきたら登園できます。ただし、この感染症には1度かかっても充分な免疫が得られず、何度もかかることがあるため、十分に手洗い・うがいを続けさせましょう(※4)。

インフルエンザ

発熱した次の日から5日、熱が下がってから3日経過した子供が登園できるとしています。登園禁止期間が長く設定されている理由については、子供の胎内では感染症の原因ウイルスが長期間増殖してしまうためです(※5)。

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

耳下腺など子供の顔が感染症によって腫れた日から5日が経過していること、そして体調が回復していることが、登園許可の下りる基準となっています(※4)。

子供が感染症にかかった!ママの体験談

赤ちゃん 病気 熱

子供が実際感染症にかかったらどうなっちゃうの!?というママのために、子供の病気のケアをしてきたママ達の体験談を紹介します。子供が感染症にかかったときの経過は病気の度合いにもよってことなりますが、ケアや予防策の参考にしてみてください!

インフルエンザ体験談~2歳男の子ママ~

●主な症状:熱、食欲不振、鼻水
●受診:1回
●薬:解熱剤、タミフル、鼻水粉薬

前日までの様子

冬の寒い時期1月頃、鼻かぜをひいたのか1週間ほど鼻水がでていたけれど熱もなくそれ以外の症状がなかったので家の鼻吸い器で鼻水を取るだけで薬を飲ませたり病院へ行ったりはしなかった。

病気発症の経過

《1日目》
保育園から帰ってきて、夕飯の時間になっても食欲がなくなんとなくいつもより元気がなかった。インフルエンザが流行りはじめていたので心配になり、熱を測ってみたら37度後半だったので、急いで布団を敷いてなるべく安静にさせて水分を取らせる。

息が荒くなり顔もほてっていたので、夜にまた熱を測ったところ、38.5度。その後も定期的に熱を測ったら夜中には39度に。

《2日目》
朝になっても熱は38度台と下がらず、顔色も悪いので小児科を受診。検査してもらったところA型のインフルエンザと診断される。家に帰ってすぐに、処方してもらった薬を飲む。その後、夕方には熱が下がるものの食欲はまだなし。

《3日目》
薬をちゃんと飲んでいるからか、熱は下がって元気になってきたけれど、まだ食欲は戻らず家でなるべく安静に過ごす。薬のせいなのか便がゆるくなる。

《4日目》
下痢までは、いかないけれど便がゆるく、食欲はまだないので水分を意識して摂取させる。

《5日目》
食欲も戻ってきてだいぶ元気になる!でもまだ、身体がだるいのかゴロゴロして寝っ転がる時間も多く昼寝も長い。

《6日目》
ようやくいつも通りになってきたので、様子を見つつ生活をもどしていった。

ママのコメント

冬になると軽い風邪のような症状がよくでていたので油断していたところがありました。発熱する前、鼻水がでていたときに小児科を受診しておけばよかったのかもと反省。発熱時は、とにかく水分補給をすることを意識してすぐに飲めるようにストロー付きマグに水を入れてベッドの横に置いておきました。

突発性発疹体験談~8ヶ月女の子ママ~

●主な症状:発熱、不機嫌
●受診:1回
●薬:解熱剤

前日までの様子

冬場だったけれど、風邪などの病気の傾向もなく特に普段と変わった様子はなくて、保育園にも元気に登園していた。

《1日目》
いつもとあまり様子は変わらないが、体がいつもより熱く感じて夕方に熱をはかってみたら38度。夜中はとにかく機嫌が悪く夜泣きも激しい。

《2日目》
熱も下がらず、とにかく機嫌が悪くて抱っこが続く。初めての高熱に戸惑い、小児科を受診。解熱剤を処方されて、「突発性発疹だったら熱が下がった後に体にブツブツがでるでしょう。」とのこと。熱が治まらないので、解熱剤を飲ませる。夕方になったら熱も下がるが、機嫌は引き続き悪い。

《3日目》
朝も熱はなくお腹、ふともも、顔と全身にブツブツが出てきた。見た目は痛々しいが、かゆみなどはないようなので見守る。

《4日目》
熱もでなくなりブツブツだけ残り、機嫌も少しずつもどる。

《5日目》
ブツブツはあるが元気になりいつも通りになったので、様子を見ながら安静に過ごしていく。

《6~7日目》
ブツブツも目立たなくなってきて完治した様子。

ママのコメント

なんの前触れもなく、急な発熱と機嫌の悪さに動揺してしまいましたが小児科を受診して先生から解熱剤を処方してもらい一安心しました。先生から事前に熱が下がったらブツブツがでると聞いていたので、その後は落ち着いて対応できました。

とにかく機嫌が悪くてずっと抱っこの状態が2日間続き、夜泣きもひどかったので家事を手抜きして子供が昼寝したときに一緒に自分も寝たりしながら乗り切りました!

子供の感染症は自己判断せずに医療機関へ

赤ちゃん 医師

子供が感染症にかからないよう、冬だけでなく年間を通して普段からしっかりと対策を行うようにすることは大切ですが、どんなに予防していたとしても絶対に病気にならないということはありません。

子供は病気になっても大人と比べて回復するのは早いですが、重症化するのも早いので自己判断せずに異変を感じたら早めにお近くの小児科を受診しましょう。受診すべきか判断に迷うことがあれば、病院や保健相談所などに電話で相談してみてくださいね。

※1 参考文献:厚生労働省「RSウイルス感染症Q&A(平成26年12月26日)」
※2 参考文献:札幌市「健康で快適なくらしを!室内環境篇その1」
※3 参考文献:文部科学省「学校において予防すべき感染症の解説P44」
※4 参考文献:厚生労働省2012年改訂版保育所における感染症対策ガイドライン
※5 参考文献:村野小児科アレルギー科「インフルエンザの情報」

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter