赤ちゃんが離乳食を食べない!原因と対策とは?

赤ちゃんが離乳食食べないと、心配になりますよね。それにせっかく食事を準備したのに食べてくれないと、ママだってイライラしてしまうこともありますよね。そこで今回は離乳食を食べない原因、母乳やミルクだけで栄養は大丈夫なのか、食べないときの対策や注意点などを紹介します。

赤ちゃんが離乳食を食べない原因は?

疑問

赤ちゃんが離乳食を食べないのには、様々な原因が考えられます。あてはまることがないか、確認してみましょう。

開始時期が早すぎる

離乳食初期で赤ちゃんが食べない場合、離乳食を始めるのが早すぎる可能性があります。離乳食の開始の目安は5~6ヶ月頃とされていますが、赤ちゃんの成長は個人差が大きいもの。運動機能などが充分に発達していないと、離乳食をうまく飲み込むことができません。

赤ちゃんの成長や発達パターン、食欲などは一律ではないので、一人ひとりの成長に合わせてゆっくり進めていきましょう。

食べるタイミングが合っていない

母乳やミルクを飲んだ後でお腹いっぱいのときや、お腹が空きすぎて機嫌が悪いときは、離乳食を食べないことも。また、赤ちゃんが眠たいときや疲れているときなど機嫌が悪い場合も食べない原因となることがあります。

スプーンなど食器が合っていない

感覚が敏感な赤ちゃんの場合、スプーンの質感や大きさが合っていないことが原因で離乳食を食べないことがあります。また、離乳食を入れた食器が熱くなっていて赤ちゃんが触ったときに驚いてしまうことも。離乳食時に使用する食器を今一度見直してみましょう。

スプーンの使い方が間違っている

スプーンに離乳食をのせすぎたり、赤ちゃんの口の奥のほうまで入れてしまうのはNG。離乳食はスプーンの先端に少量のせて、赤ちゃんの下唇にちょんちょんとつけるようにしてあげましょう。

食べる場所が合っていない

まわりにおもちゃなど気になるものが多く食事に集中できないと、離乳食を食べないことがあります。また、椅子の座り心地が悪い、自由に動けないことが嫌で離乳食を食べないということも。

味や固さが合っていない

離乳食の段階が進んで、赤ちゃんの味覚が発達してくると、好みではない味のものは食べないことがあります。また、離乳食の食材が赤ちゃんにとってちょうどいい固さや大きさでないと、吐き出してしまうこともあるので様子をよくみてみましょう。

食事の時間が楽しくない

ママがイライラしていたり、無理やり離乳食を口に入れられたりすると、赤ちゃんは食事の時間が楽しくないと感じてしまいます。そうすると食事をしたいという気持ちが育たないため、離乳食を食べないことにつながってしまいます。

赤ちゃんが離乳食を食べないときの対策

離乳食 赤ちゃん

赤ちゃんが離乳食をなかなか食べないときは、食べてくれるように赤ちゃんの気持ちに合わせた対策をしてみましょう。

離乳食を食べる環境を整える

1.食べることに集中できる環境をつくる

食事をするときはおもちゃを片づけて、テレビを消して食事に集中できるようにします。また、椅子に座ることを嫌がる場合は、抱っこで離乳食をあげるなど工夫してみましょう。

2.食べる時間を決める

離乳食を食べない赤ちゃんの場合、お腹がある程度空いていて機嫌がよいときに食事をすることが大切です。生活のリズムを規則正しくすることで、食事のリズムも整います。また、母乳やミルクは食事の時間の間隔を考えて与えるようにしましょう。

3.スプーンや食器は使いやすい物を選ぶ

赤ちゃんの口の大きさにも個人差があります。いろいろな形や質感のスプーンを赤ちゃんの口の大きさや好みに合わせていくつかのスプーンを試してみましょう。

食器は赤ちゃんが使いやすいように底に滑り止めがついているものや持ち手がついているもの、落としたり投げたりしても壊れにくい素材でつくられた食器を選ぶと安心です。

また、食器を赤ちゃんの好きなキャラクターで揃えることで、食事に興味を持ち食べてくれるきっかけになることもあります。

4.一緒に食事を楽しむ

離乳食を食べない原因にはママと密着できる母乳とは違い、ママから離れていくことへの不安があるのかもしれません。

ママも一緒に食事をしたり、優しく声を掛けながら口に入れてあげるのもポイントです。みんなが楽しそうに食べているところを見ると、赤ちゃんも『自分も食べたい』と思うことも。

赤ちゃんが食べやすい離乳食を

1.味や食感を工夫する

離乳食は薄味が原則ですが、赤ちゃんの発達や離乳食の段階に合わせて適度に味つけをすることも大切。野菜スープや昆布・かつお節だしなどを使えば甘みと旨味がプラスされて食が進むことも。

また、同じ食材でも切り方を変える、とろみをつける、すりつぶすなど形状をかえてみたり、同じサイズでも食材違いを経験させてみましょう。咀嚼の練習にもなるので、いろいろな調理法を試してみましょう。

2.食事の温度を確認する

おいしさを感じるには味や食感だけでなく、食事の温度も大切。離乳食の温度が熱すぎたり、冷たすぎたりすることが離乳食を食べない原因かもしれません。

離乳食をあげる前に、食べやすい温度かどうか確認しましょう。電子レンジ対応の食器なら、すぐに温めなおせて便利。

離乳食を食べないと栄養不足になる?

離乳食

離乳食をなかなか食べてくれないと気になるのが栄養面ですよね。生後7~8ヶ月ごろまでは母乳やミルクが栄養の中心になっているので、気にしすぎなくて大丈夫です。その後も、1歳くらいまでは偏食があったり、食事の量が少なかったりしても、母乳やミルクで栄養をカバーできます。

まずは、しっかり口を閉じて食べる楽しみを育んであげましょう。食べないからといって心配し過ぎたり、イライラするのは禁物ですよ。

ただし、離乳食の食べる量を増やしたいからといって、自己判断で母乳やミルクの量を減らさないようにしましょう。

栄養不足が心配な場合は栄養相談を

各自治体にある保健所などで、保健師や栄養士による栄養相談を受けつけていることがあります。体重が増えない、離乳食を食べないのでイライラしてしまうなど、悩みがある場合は相談してみましょう。

離乳食を全く食べないだけでなく、体調や発育に心配があるという場合は、かかりつけの小児科を受診しましょう。

赤ちゃんが離乳食を食べないときの注意点

注意点

無理強いしない

赤ちゃんが、食べないからといって無理やり口に押し込んだりはしないでください。ママは「食べさせること」につい必死になりがちですが、「赤ちゃんが自分で食べるようになることの練習」というこうとを忘れず、ゆとりを持って接していきましょう。

赤ちゃんはママと一緒に心地よく過ごすことで、安心した気持ちで新しいことに取り組むことができます。食事をするとお腹がいっぱいになって気持ちいい、ということを赤ちゃんが感じられようにしてあげてくださいね。

栄養バランスにこだわり過ぎない

たんぱく質や野菜など栄養バランスのよい食事が理想ですが、赤ちゃんはなかなか思い通りには食べてくれないもの。最初から栄養バランスにこだわり過ぎると、ママも赤ちゃんも食事を楽しめません。

食材や味の好みは成長とともに変わっていきます。最初は食べない食材があっても食べられるものからゆっくり進めていきましょう。

イライラしてしまうときは気分転換を

離乳食を食べさせることだけが目的となってしまうと、食べないときにイライラしてしまいます。ママがイライラしていると、赤ちゃんの食べたい気持ちもなくなってしまい、結果離乳食を食べないという悪循環に。

赤ちゃんが食べないことにイライラしてしまったら一度離乳食を中断して、ママと赤ちゃんで気分転換をしてみましょう。

ベビーフードを上手に利用してみよう

市販 離乳食

意外と手間がかかる離乳食を毎日作るのは大変ですよね。せっかく作った離乳食を食べてもらえないとイライラした気持ちになってしまうことも。時間や気持ちに余裕がないときは、市販のベビーフードを上手に取り入れてみましょう。

また、味の濃さの程度が分からないときは、ベビーフードを味見してお手本にするのもいいですね。

離乳食を食べない赤ちゃんもいつかは食べるようになる!

赤ちゃん 離乳食

離乳食は赤ちゃんにとって、大人が思う以上に大きな変化です。それまでの栄養源が液体から個体に変わり、腸内環境も大きく変わるとき。離乳食のステップがスムーズに進む子は少なく、行ったり戻ったりしながら経験を重ね、少しずつ成長していくものです。

赤ちゃんによって離乳食を食べない原因は様々ですが、普段から赤ちゃんの様子をよく観察して、食べない気持ちに寄り添いながら無理なく進めてくださいね。

赤ちゃんはママを困らせたくて離乳食を食べないわけではないので、少しでも食べられるようになったらしっかり褒めて見守ってあげましょう。

関連キーワード

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter