ベビーバスのおすすめ12選!種類や後悔しない選び方

赤ちゃんは生後1ヶ月頃まで抵抗力が低いので、大人と一緒にお風呂に入ることはできません。そこで赤ちゃんの沐浴に活躍してくれるのがベビーバスです。しかし、ベビーバスにはエアータイプや、シンクなどに取り付けるタイプなどさまざまな種類があります。そこで今回は、ベビーバスの種類や選び方からおすすめ商品までをご紹介します。

ベビーバスは必要?いつまで使える?

ベビーバス 赤ちゃん お風呂 おすすめ

新陳代謝が盛んな赤ちゃんは毎日お風呂に入れてあげたいもの。しかし、新生児は抵抗力が弱く細菌に感染しやすいので、大人と一緒にお風呂に入ることはできません。沐浴するときは赤ちゃん専用のベビーバスを使い、毎日の沐浴で清潔を保ってあげましょう。

ベビーバスがあれば、わざわざお風呂にお湯を張らなくても、リビングやシンクなど好きな場所で、赤ちゃんを沐浴させることができます。首すわり前の赤ちゃんを抱っこしながら洗うのは姿勢がツラく大変ですが、ベビーバスの縁に腕を乗せて固定すると安定しやすくなり楽になりますよ。

ベビーバスはレンタル品もありますが、毎日使うものなので衛生面のことを考えて、購入するママが多いようです。2人目や3人目を考えている場合や、清潔なベビーバスを使いたい人は、購入することをおすすめします。

ベビーバスはいつからいつまで使うの?

一般的に、1ヶ月健診で医師の許可が出たら、大人と一緒にお風呂に入ることができます。それまではベビーバスを使って沐浴をおこないましょう。しかし、いつまでという決まりはないので、ベビーバスできれいに洗えるうちは、赤ちゃんが1ヶ月過ぎてもそのまま使って問題ありません。

双子や兄弟がいて上の子と年齢差がない場合は、二人連れでお風呂に入れるのは大変ですよね。そんなときは、まだベビーバスで林浴を続けても良いかもしれませんね。ママがベビーバスを使った方が負担が少ないと感じるときは、無理して卒業しなくても大丈夫ですよ。

また、1ヶ月検診で医師の許可が出てもいきなり大人と一緒に入浴すると、赤ちゃんが驚く可能性もあります。一緒にお風呂に入るのは赤ちゃんの様子を見ながら、少しずつ慣らしていきましょう。

ベビーバスのおすすめの種類とは?

ベビーバス 種類

「ベビーバス」と一口に言っても、折りたたみ式タイプや空気を入れるタイプなど、さまざまな種類のベビーバスがあります。家庭での収納方法や使い方に応じて、また誰が沐浴をしてあげるのか決めてから選ぶようにしましょう。

床置きタイプのベビーバス

いくつかある中でも一番オーソドックスな床に置いて使うタイプのベビーバス。プラスチックなどのハード素材で作られているため、安定感があり丈夫で耐久性にも優れています。ゆったりサイズのものが多く、赤ちゃんの体を洗いやすいので、新米のパパ・ママにおすすめです。

使った後も掃除がしやすいので、常に清潔なベビーバスを保つことができます。ただし、折りたたみ式ではないため、十分な収納場所がある家庭におすすめのベビーバスです。

エアータイプのベビーバス

空気を入れて膨らませてから使う、エアータイプのベビーバスです。空気を入れるとフワフワの質感で、赤ちゃんも心地よくなるでしょう。

軽量で持ち運びしやすく、ママがメインで沐浴する予定の家庭に便利ですよ。空気を抜いてコンパクトに折りたたんで移動できるので、里帰り出産でベビーバスを持ち運びするときも便利ですね。

エアータイプのベビーバスは、収納スペースに困りませんが、ビニール素材のものが多いため、長期間の使用には向いていません。

マットタイプのベビーバス

シンクや洗面台にマットを敷き、そこにお湯を溜めて赤ちゃんを沐浴させるタイプのベビーバスです。お湯を溜めて使うので、節水にもつながりますよ。

マットなので折りたたみが簡単で、収納スペースにも困りません。ベビーバス以外にも、お風呂の床に敷いて赤ちゃんを寝かせたり、お風呂マットとしても活用することができます。

ただし、使用後はビショビショに濡れている状態なので、しっかり干して乾かす必要があります。

シンクタイプのベビーバス

洗面台やシンクにはめ込んで使うタイプのベビーバスです。床置きタイプのベビーバスに比べて、シンクに向かって立ったまま赤ちゃんを沐浴させることができるので、足腰の負担が軽く済みます。

シンク内で使うことができるので、収納場所も安心です。購入前に、家庭のシンクに入る大きさのベビーバスなのか確認してから、購入しましょう。

床置きタイプのおすすめベビーバス

1.SKIP HOP(スキップホップ) ホエールバスタブ

スキップホップ ベビーバス 床置き おすすめ

出典:www.amazon.co.jp

アメリカで大人気のブランド、スキップホップのクジラ形ベビーバスです。メッシュの背もたれが付いているので、初めての沐浴でも安心感がありますね。背もたれ部分は赤ちゃんの成長に合わせて調整ができるので、沐浴の役目が終わったらプールとして使うこともできますよ。長期間使えるのもうれしいですね。

●税込価格:6,480円
●サイズ:70cm×48cm×29cm
●対象年齢:新生児~
●デザイン:クジラ

楽天市場で見るAmazonで見る

2.永和 新生児用ベビーバス

永和 ベビーバス 床置き おすすめ

出典:www.amazon.co.jp

コンパクト設計なので、お風呂場でもシンクでも使えるベビーバスです。赤ちゃんの頭の部分にはスポンジクッションが付いているので、しっかりと頭をガードしてくれます。

また、底面には滑り止めが付いているため、濡れたお風呂場でも安心。ベビーバスの内側には赤ちゃんのズレ落ちを防ぐ、おしりストッパーが付いているので、ママもパパも安心して沐浴させることができます。

●税込価格:1,800円~
●サイズ:63.4cm×40.7cm×23.6cm
●対象年齢:新生児~3ヶ月
●カラー:通常色(白×グリーン)、限定色(アクアピンク)、限定色(アクアブルー)

楽天市場で見るAmazonで見る

3.西松屋 SmartAngel ベビーバス

西松屋 ベビーバス 床置き おすすめ

出典:www.rakuten.co.jp

ベビー用品やキッズ用品で有名の西松屋のベビーバスです。おしりストッパーが付いているので、新米のパパやママも安心して赤ちゃんを沐浴させることができます。小物置きスペースには、石鹸やガーゼなどちょっとしたベビー用品を入れられるのが便利ですね。

何といっても一番の魅力は、プチプラで手に入ることです。ベビーバスは短い期間しか使わないので、安く購入したい人におすすめです。

●税込価格:999円
●サイズ:(約)74cm×40cm×23cm
●対象年齢:新生児
●カラー:アイボリー

楽天市場で見る

エアータイプのおすすめベビーバス

4.Swimava(スイマーバ) マカロンバス

スイマーバ ベビーバス エアータイプ おすすめ

出典:www.amazon.co.jp

スポーツ知育として有名なスイマーバのベビーバスは、コロンとしたマカロン型のかわいらしい形状です。沐浴の時期が終わっても、プールやおもちゃ入れとしても利用できるのが便利ですね。

マカロンバスは全面がクッション性に優れているため、赤ちゃんはもちろん、ママやパパが赤ちゃんをバスに入れているときも腕が痛くなりません。専用ポーチとハンドポンプが付属として付いているので、旅行や里帰りのシーンに持ち運ぶこともできますよ。

●税込価格:4,212円
●サイズ:(約)48cm×30cm×25cm
●対象年齢:新生児~2歳
●デザイン:マカロン

楽天市場で見るAmazonで見る

5.ベビーザらス ふわっと楽らくベビーバス

ベビーザらス ベビーバス エアータイプ おすすめ

出典:www.rakuten.co.jp

ベビーザらス限定のベビーバスは色合いがポップで、ゾウのプリントがかわいらしいです。ベビーバスの底はゆるやかなカーブがついているので、赤ちゃんを乗せるだけで沐浴ができます。

また、傾斜がついているので、使うお湯の量も少なく済み経済的です。コンパクトに折りたためるので、収納スペースも小さくて助かります。

●税込価格:2,374円
●サイズ:65cm×41cm×30cm
●対象年齢:新生児~6ヶ月
●デザイン:ゾウ

楽天市場で見る

6.Richll(リッチェル) ふかふかベビーバスW

リッチェル ベビーバス エアータイプ おすすめ

出典:www.rakuten.co.jp

背もたれのゆるやかなカーブが赤ちゃんの背中にフィットして、内側に付いているストッパーが赤ちゃんのズレ落ちを防止します。

空気を入れて膨らませるタイプなので、収納も持ち運びも簡単です。沐浴後は引っかけフックを使って、風通しの良い場所で乾かしましょう。

エアータイプのベビーバスですが、縦と横のダブル空気層なので、丈夫で使いやすくなっています。

●税込価格:1,873円~
●サイズ:68cm×47cm×29cm
●対象年齢:新生児~3ヶ月
●カラー:グリーン、パープル、ピンク

楽天市場で見るAmazonで見る

マットタイプのおすすめベビーバス

7.Little Princess(リトルプリンセス) ブルーミングバス

リトルプリンセス ベビーバス マット おすすめ

出典:www.rakuten.co.jp

大きくお花が咲いたようなインパクトのある、リトルプリンセスのベビーバスマット。シンクなどで立ったまま沐浴ができるので、首や腰を痛めにくいのがうれしいですね。

また通常のバスマットと違い、しっかりと厚みがありクッション性に優れているため、赤ちゃんも快適な沐浴タイムを過ごすことができますよ。

おむつ替えマットやプレイマットなど、沐浴時期が終わってもいろいろな使い方ができる便利なマットです。

●税込価格:3,848円~
●サイズ:(約)83cm×83cm×3cm
●対象年齢:新生児~
●カラー:カナリアイエロー、ターコイズ、ホットピンク

楽天市場で見るAmazonで見る

8.赤ん坊カンパニー 安心やわらかマット

赤ん坊カンパニー ベビーバス マット おすすめ

出典:www.amazon.co.jp

吸水性スポンジを使っているので、沐浴のときは水通しが良く、使い終わった後は水切れも抜群なのがうれしいマットタイプのベビーバス。

メッシュ素材なので肌触りがサラッとしていて、赤ちゃんの肌にも優しく、刺激を与える心配もありません。

使った後は洗濯機で洗って、折りたたんで収納することができます。ベビーバス以外にも、お風呂マットやおむつ替えのときにも役立ちます。

●税込価格:2,018円~
●サイズ:53cm×70cm×1cm
●対象年齢:新生児~1歳
●カラー:イエロー

楽天市場で見るAmazonで見る

シンクタイプのおすすめベビーバス

9.Puj(パジ) バスタブ

パジ ベビーバス シンク おすすめ

出典:www.amazon.co.jp

腕の中で赤ちゃんをあやすような形のベビーバスなので、赤ちゃんは安心感に包まれ、パパやママも両手を使って体を洗うことができますよ。

シンクのくぼみにすっぽりと収まるパジのベビーバスは、2つ折りのコンパクトサイズに折りたためるので、収納や移動にも便利です。

クッション性があり冷たくなり過ぎない素材を使っているので、冬場でも赤ちゃんの体が冷えないのがうれしいですよね。速乾性も高いため、常に清潔さを保てるのも魅力です。

●税込価格,:4,298円
●サイズ:48cm×43cm×7cm
●対象年齢:新生児~6ヶ月
●カラー:ホワイト、グレー

楽天市場で見るAmazonで見る

10.Richll(リッチェル) スヌーピーワン・ツーバス

リッチェル ベビーバス シンク おすすめ

出典:www.amazon.co.jp

スヌーピーのデザインがかわいい、リッチェルのベビーバスは、コンパクトサイズなのでシンクや洗面台で使うのに便利。

赤ちゃんの成長に合わせて2段階調整ができるヘッドサポートには、クッションが付いているので、初めて沐浴をするパパやママでも安心して使えますよ。

新生児~生後1ヶ月頃は沐浴として、生後1ヶ月~3ヶ月頃はバスチェアとして使えます。石鹸や小物類が置ける、トレーも付いています。

●税込価格:3,132円~
●サイズ:60.5cm×40cm×21cm
●対象年齢:新生児~3ヶ月
●デザイン:スヌーピー

楽天市場で見るAmazonで見る

ベビーバスは折りたたみ式もおすすめ

11.STOKKE(ストッケ) フレキシバス

ストッケ ベビーバス 折りたたみ式 おすすめ

出典:www.amazon.co.jp

ストッケのベビーバスは大きいサイズですが、折りたたみ式なので収納の場所に困りません。ビニールプールとして使ったり、赤ちゃんが成長してからは収納ボックスにできたりと、使い勝手の良い便利なベビーバスです。

軽くて組み立ても簡単なので、帰省や旅行のときにも持ち運べるのが魅力的。重金属やホルムズなど、有害物質は一切使っていないのがうれしいですね。

●税込価格:4,860円
●サイズ:39cm×66cm×24cm
●対象年齢:新生児~4歳
●カラー:ホワイト、クリア、ブルー、ピンク

楽天市場で見るAmazonで見る

12.Little Princess(リトルプリンセス) フォールディングバス

リトルプリンセス ベビーバス 折りたたみ式 おすすめ

出典:www.rakuten.co.jp

しっかり滑り止めが付いているので、お風呂場でも安心して赤ちゃんを沐浴させることができます。バスタブがガタガタしたり滑ったりすることがないので、パパやママも安心ですね。

使わないときの厚さは約6cmになり、フックで吊り下げられるので、収納場所にも困りません。

お湯の温度が色で確認できる止水栓や、バスタブのフチに石鹸などが置けるトレーがあったりと、便利な機能が充実しているので、初めて林浴するパパやママにおすすめです。

●税込価格:4,143円~
●サイズ:(約)46cm×81cm×23cm
●対象年齢:新生児~
●カラー:ブルー、オリーブ、フューシャピンク、イエロー

楽天市場で見るAmazonで見る

おすすめベビーバスを使って快適な時間を過ごそう

ベビーバス 赤ちゃん お風呂

初めて赤ちゃんを沐浴させるママやパパは、不安が大きいかもしれませんが、沐浴させてあげられる時期は限られています。今回ご紹介したおすすめベビーバスを使って、少しでも負担を減らし、赤ちゃんとの時間を楽しんでいただけたらと思います。

また、ベビーバスの種類はいくつかありますが、ベビーバスで沐浴をする場所はお風呂場なのかシンクなのか、収納サイズはコンパクトにできる折りたためる式が良いのかなど、ご家庭の環境に合ったベビーバスを選んでくださいね。沐浴を卒業してもおもちゃ箱やベビープールなど他の使い道もあるので、ぜひ検討してみてください!

関連キーワード

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter