赤ちゃんと新幹線はいつから乗れる?多目的室とは?料金やおすすめ座席紹介

帰省や家族旅行のときに赤ちゃん連れで、新幹線を利用することもあると思います。しかし、いつから乗車できるのか、おむつ替えや授乳はどうしたら良いのかなど、不安や心配事も多いと思います。そこで今回は、赤ちゃんと新幹線に乗るときに掛かる料金や座席、また知っておくと便利なポイントについてもご紹介します。

赤ちゃんの新幹線はいつから?

新幹線 赤ちゃん いつから

赤ちゃんが新幹線を利用するとき、特に生後何ヶ月からという決まりはありません。しかし、新生児期の赤ちゃんは免疫力が低く、体温調整機能も整っていないので外出は控えましょう。

1ヶ月健診で問題がなければ、外気浴で慣れさせながら少しずつ外出できますが、長時間の外出や多くの人が利用する新幹線に乗るのは、赤ちゃんにもママにも負担がかかるため、おすすめしません。

新幹線に乗せるなら、生後4~5ヶ月以降が良いでしょう。このくらいの頃から、赤ちゃんの首がしっかりしてきて縦抱きやおんぶができ、生活リズムも安定してきます。

ただし、あくまでも目安なので、ママと赤ちゃんの体調を見て新幹線に乗る時期を判断してくださいね。

赤ちゃんが新幹線に乗るときの料金は?

赤ちゃん 新幹線 料金

基本的に赤ちゃんが新幹線を利用するときは、大人が赤ちゃんを抱っこして座席を利用しない場合は赤ちゃんの料金が無料です。1~6歳の乳児も同じく、抱っこをして座席を利用しなければ、新幹線の乗車券も特急券も無料です。

ただし、座席に座らず抱っこをして料金がかからないのは、大人1人に対して乳幼児2人までとなっています。大人1人に対して乳幼児3人の場合は、1人分の子供料金の乗車券と特急券が必要です。

赤ちゃんが指定席を利用する場合

新幹線の指定席を利用する場合は、乳幼児であっても席を利用すると有料となり子供料金がかかります。新幹線の乗車券と特急券が必要となるので、注意しましょう。

赤ちゃんが自由席を利用する場合

新幹線の自由席を利用する場合、乳幼児は原則無料です。未就学児を連れて新幹線に乗るときは、自由席の方がお得です。

しかし自由席は、座席が必ず空いているとは限りません。赤ちゃんを長時間抱っこするのも大変ですし、授乳するのも一苦労だと思います。そのため、おむつ替えやまだ授乳が必要な時期はなるべく自由席は避けるようにした方が、良いかもしれません。

新幹線で赤ちゃんのおむつ替えや授乳をするときはどうする?

赤ちゃん おむつ替え 新幹線

以下では、赤ちゃんの授乳の際に知っておくと便利なポイントをまとめてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

多目的室を利用する

多目的室は、原則として体の不自由な人が利用できる部屋ですが、誰も使っていないときは、赤ちゃんの授乳やおむつ替えのときにも利用することができます。

多目的室の設置場所は、16両編成の場合は11号車、8両編成と12両編成の場合は7号車に設置されていることが多いです。授乳やおむつ交換のとき以外にも、体調が悪いときにも利用できるので、赤ちゃん連れで新幹線に乗るときは、多目的室の場所を確認しておくと便利ですよ。

多目的室は普段鍵がかかっているので、利用するときは車掌さんに声をかけましょう。

授乳ケープを持参しておくと安心

新幹線の多目的室は、いつも利用できるわけではありません。なので、多目的室が使えないときのことを考えて、授乳ケープを持参しておきましょう。

車内など公共の場で授乳ケープを使用することに賛否両論ありますが、新幹線には授乳室がないので、マナーとして授乳ケープは持参しておくことをおすすめします。

おむつ替えだけの場合は、洋式トイレに設置されているおむつ交換台を利用しましょう。

ミルクのお湯は自分で準備しておくのがおすすめ

通常、新幹線には赤ちゃんのミルク用のお湯は用意されていませんが、東海道新幹線では自分で用意した水を、電子レンジで温めてもらうことが可能です。

しかし、基本的に新幹線には赤ちゃんのミルク用のお湯は用意されていないので、魔法瓶などを持参するようにしましょう。

赤ちゃんと新幹線に乗ったときベビーカーはどこに置く?

赤ちゃん ベビーカー 置き場所

旅行や里帰りなど長距離移動のシーンで頼りになるベビーカー。新幹線に乗るときはどこに置けばいいの?と思われる人も多いのではないでしょうか。ベビーカーを持ち込むときのポイントをまとめてみました。

最前列座席の足元

新幹線の各車両の最前列は、通常の座席と比べて足元が広くなっています。そのため、座席の前のスペースに、ベビーカーを畳んで置くことができますよ。

しかし、隣席が家族でない場合は、隣の人の迷惑となることがあります。赤ちゃんと大人2人以上で新幹線の最前列に乗ると、ベビーカーを足元に置いても迷惑になりませんよ。

最後列座席の後ろ側

新幹線の各車両の最後列座席の後ろ側は、空きスペースがあるので、その部分にベビーカーを置くことができますよ。

最後列座席を確保して、自分の後ろにベビーカーを置くとより安心ですね。

通路や荷物棚にベビーカーを置くのはNG

新幹線の通路にベビーカーを置くと、通路を通る人の迷惑となるのでベビーカーを置くのは避けましょう。また、荷物棚にベビーカーを置くと、ベビーカーが落下したり、ベビーカーの車輪に付いた土が座席に落ちたりする可能性もあります。

周囲の人とのトラブルを避けるためにも、新幹線の通路や荷物棚にベビーカーを置くのは避けて、新幹線の最前列座席や最後列座席を確保するようにしましょう。

もしベビーカーの置き場所に困った場合は、車掌さんに相談してくださいね。

赤ちゃんと新幹線に乗るときのコツ

コツ 新幹線 赤ちゃん 提案

赤ちゃん連れで新幹線に乗るときは、以下の3つのコツをおさえておくと、移動がより楽になりますよ。

コツ1.人が少ない時間帯に乗車する

赤ちゃんと新幹線に乗るときは、ビジネスマンの利用が多い平日の早朝から午前中は避けるのがベター。また、仕事で利用することが多いグリーン車も、静かに過ごしたい人が多いので、赤ちゃんと一緒に乗るときは避けましょう。

赤ちゃんと新幹線に乗るときは、平日の10時~15時の比較的人の少ない昼間がおすすめです。

コツ2.新幹線に乗る前に授乳やおむつ替えをしておく

新幹線に乗る前に、赤ちゃんに授乳やおむつ替えをしておくと安心ですよ。お腹がいっぱいになっておむつもきれいな状態なら、新幹線の心地よい揺れと抱っこで、赤ちゃんも眠ってしまうかもしれません。

新幹線に乗るときに利用する駅の、授乳室やおむつ替えができるトイレなどを事前に調べておくと安心ですね。時間に余裕のあるスケジュールを組むと、当日慌てずに行動できますよ。

コツ3.赤ちゃんが泣き出したときはデッキに行く

新幹線で赤ちゃんが泣き続けると、周囲の人の迷惑となってしまうことがあります。おむつや授乳以外の理由で赤ちゃんが泣き出したときは、赤ちゃんを抱っこしてデッキに移動しましょう。場所が変わると、赤ちゃんもママも気分転換になりますよ。

赤ちゃんと新幹線に乗るときのおすすめの座席

新幹線 座席 赤ちゃん おすすめ

1.自由席より指定席

自由席は席の場所が選べず、場合によっては座れないこともあります。赤ちゃんをずっと抱っこしているのは、体力的にも大変ですよね。

新幹線で赤ちゃんと快適な時間を過ごすためにも、自由席より指定席を選ぶようにしましょう。

2.多目的室の近くの座席

赤ちゃんの授乳をするときに利用できる多目的室は、新幹線に1ヶ所しかありません。必ず使えるわけではありませんが、多目的室が近い座席を確保しておくと、授乳をするときに安心ですよ。

3.トイレやデッキに近い座席

赤ちゃんのおむつ替えをするときに、トイレが近くにあるのかを確認して新幹線の座席を選ぶのもポイント。

また、赤ちゃんが泣いてしまったときは抱っこをしてデッキに移動するので、トイレから近くデッキに移動しやすい座席を選ぶようにしましょう。

4.窓側よりも通路側の座席

赤ちゃんと新幹線に乗ると、おむつ替えや授乳など赤ちゃんを抱っこして座席を離れることが多くなります。そのため、すぐに移動ができる通路側の座席がおすすめです。

また、赤ちゃんと一緒に乗る大人が2人の場合は2人席、3人の場合は3人席の座席を確保すると、隣の席の人に迷惑をかけることなく過ごすことができるので、臨機応変に対応しましょう。

赤ちゃんと新幹線に乗るときの便利グッズ

赤ちゃんと新幹線に乗るときは赤ちゃんが飽きないように、音の出ないおもちゃやお菓子、飲み物などを持参しましょう。

普段遊んでいるおもちゃの他に、何種類か新しいおもちゃを持って行くと、初めて見るおもちゃに赤ちゃんは夢中になりますよ。他にも、あまり重くない布絵本などもおすすめです。

そして、赤ちゃんがぐずってしまったときに活躍するのが、抱っこ紐です。赤ちゃんがぐずったためデッキに移動すると思いますが、1回の抱っこの時間が短時間でも、何度も座席とデッキを往復するのは大変ですよね。赤ちゃんを抱っこする人の体力面を考えて、抱っこ紐があると便利ですよ。

エリック・カール はらぺこあおむし どこでもソフトブック

はらぺこあおむし 布絵本 ソフトブック 便利グッズ

出典:www.amazon.co.jp

世界中の子供たちに愛されている『はらぺこあおむし』の布絵本です。カラフルな色彩はもちろんのこと、普段の絵本とは違うツルツルの感触だったり、絵本の中にミラーが隠れていたりと、赤ちゃんが飽きないような仕掛けが随所に組み込まれています。

普段は絵本で読んでいる赤ちゃんも、新幹線に乗るために布絵本を用意してあげると、絵本に夢中になって泣き出したりしなさそうですよね。

●対象年齢:0歳~
●税込価格:2,160円

楽天市場で見るAmazonで見る

赤ちゃんと冬休みの時期に利用したいファミリー車両!

東海道新幹線 ファミリー車両 赤ちゃん 冬休み 帰省 家族旅行

出典:www.jrtours.co.jp

ファミリー車両とは?

東海道新幹線によるファミリー車両とは、冬休みの帰省や家族旅行の時期に、子供がいる家族が利用できる車両のことです。ファミリー車両には、子供がいる家族しかいないため、赤ちゃんがいても気兼ねなく過ごすことができるのが最大の魅力。

「料金が掛かった人数+1席分」用意してくれるので、1席分に荷物やベビーカーを置くことができますよ。オリジナルシールのプレゼントや、家族の記念撮影ができたりとサービスも充実しています。

ファミリー車両の赤ちゃんの料金は?

1歳以上の子供が乗車する場合、子供料金がかかります。0歳児の赤ちゃんはファミリー車両でも無料です。

4日前まで申し込みができますが、旅行プランとなるため10日前からキャンセル料金が発生します。片道だけファミリー車両を利用することも可能です。

赤ちゃんと新幹線の時間を楽しもう

赤ちゃん 新幹線 移動

赤ちゃん連れでの新幹線の移動はなにかと気を使いますが、事前に多目的室やトイレの場所を確認して座席の確保をしておくと、より安心して移動ができますよ。新幹線に乗る当日は、時間に余裕を持ってスケジュールを組んでくださいね。

また、新幹線に乗ったら座席の周囲の人に「赤ちゃんが小さいやめ、ご迷惑をおかけします」と、一言挨拶するのもポイントです。

初めて赤ちゃん連れで新幹線に乗る場合は、なおさら心配したり不安になったりするかと思いますが、あまり身構えすぎず、素敵な新幹線での旅を楽しんでくださいね。

関連キーワード

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter