年末の大掃除はいつから?スケジュールの立て方と掃除のコツを紹介

気持ちよく新年を迎えるために、この年末の時期に大掃除をする人も、多いのではないでしょうか。大掃除を始める前に、スケジュールを立てて掃除をする場所をリストアップしておくと、よりスムーズに進めることができますよ。今回は、大掃除の手順やコツ、掃除が大変にならないめの普段の習慣についてご紹介します。

年末の大掃除を始めるタイミングはいつから?

フローリングに並んだ掃除道具

年末の大掃除を始めるタイミングは、いつからという明確な決まりはありません。しかし、年末の時期は仕事やイベントで忙しく、同時にお正月の準備をする人も多いと思います。

そのため、12月の年末にまとめて大掃除をするのではなく、11月頃からスケジュールを立てて掃除をするのがおすすめです。12月になると気温もグッと低くなるので、年末の大掃除のときは寒さも厳しくなります。なので、11月後半から計画的にスケジュールを組んで、少しずつ大掃除をしていきましょう。

また、大掃除をすると大量のゴミが出るので、年末のゴミ出しの日もチェックを。ゴミ回収の最終日より前に大掃除を終わらせておくと、余裕を持って年末を過ごせますよ。

年末大掃除のチェックリスト

チェックリスト

一通り大掃除をした後、「この場所を掃除するの忘れてた!」とならないためにも、あらかじめ事前に掃除する場所を書き出してチェックリストを作成しておくのがおすすめ。

大掃除リストを作っておくと、「次はどこを掃除しよう」と悩む時間がなくなるので、効率良く時間を使うことができます。一緒に掃除する人がいる場合は、漏れがないかの確認もできますよ。

以下に、年末の大掃除で掃除をしておきたい場所をピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 天井
  • エアコン
  • 照明器具
  • リビング
  • 階段
  • カーテン
  • 窓ガラス・網戸
  • 収納・押入れ
  • トイレ
  • キッチン周り
  • バスルーム
  • 床(ワックス)
  • 玄関

掃除をする場所が決まったら、次に掃除をする順番と日付を決めましょう。事前にスケジュールを決めてから大掃除をすると、効率的に進められますよ。

手書きリストが面倒な人は、エクセルなどの表計算シートを利用すると便利です。また、To Doリストが作れるスマホアプリもあるので、ダウンロードしてみるのもおすすめ。

年末の大掃除を効率よくする手順とは?

スポンジで掃除をする女性

掃除をするうえで、大原則として知っておきたいのが「上から下へ」「奥から手前へ」掃除を進めることです。

ホコリは上から落ちてくるので、せっかく床をきれいにしたのに、棚からゴミやホコリが落ちてきたら、先に掃除をした床が汚くなってしまい、二度手間になってしまいます。このような無駄をなくすためにも、「上から下へ」の順番を守って、大掃除をしていきましょう。

また、「奥から手前へ」掃除を進めていくのも、大掃除をする上でのコツです。掃除が済んだところを踏まないために、奥から掃除を始めて手前の出口で終わらせましょう。特にワックスがけを行うときには注意してくださいね。

大掃除をするときは、天井→照明器具→窓ガラス・網戸→キッチン周り→トイレ・洗面台→床面の順番で進めていきましょう。

1.天井

ホコリを落とした後に、こびりついた汚れを落としましょう。ポリプロピレン製のポリバタキを使うと、撫でるだけでホコリが吸着していくので便利ですよ。こびりついた汚れは、床用のモップなどの柄が長い物に、雑巾などを取り付けて拭き取りましょう。

2.照明器具

やけどや感電防止のために、必ず電源を切ってから掃除をしましょう。ガラス製やプラスチック製の照明器具は、ホコリを取ってから水拭きして乾かします。

シェードが金属製品でできているものは、水拭きをすると錆びる可能性があるので、乾拭きで拭きましょう。

3.窓ガラス・網戸

窓に付いた汚れのほとんどはホコリなので、濡れ布巾で掃除をしていきましょう。仕上げに丸めた新聞で拭くと、よりきれいに仕上がります。

窓ガラスを掃除した後、網戸を取り外してまんべんなく水をかけたら、洗剤をつけたブラシを使ってこすっていきます。全体をこすったら流して、よく乾かしましょう。

また、大掃除のタイミングで、普段は掃除をしないカーテンレールの汚れも取りましょう。ホコリを掻き出して掃除機で吸った後、潤滑油を差すと滑りが良くなりますよ。

4.キッチン周り

換気扇とレンジフードの汚れは手強いので、重曹を使って掃除をすると、簡単に汚れが落ちていきますよ。三角コーナーや排水溝のヌメリ取りには、「カビキラー」などの塩素系漂白剤を使って、掃除をしていきましょう。

スプレーをして数分置くと汚れが浮き出て、そのまま洗い流せば汚れを触らずに済みます。

5.トイレ・洗面台

トイレ掃除は、汚れの程度によって中性洗剤や塩素系洗剤を使い、ブラシで念入りにこすり洗いをしましょう。仕上げに漂白剤を使うと、除菌効果もありますよ。

洗面台のシンクの汚れは、全体的にスプレーをした後、汚れを浮かせるために数分置いておきます。その後、スポンジでこすり洗いをしましょう。蛇口も細かなところは、使い古しの歯ブラシを使うと、汚れが取れますよ。

6.床面の掃除機

フローリングの場合は、あらかじめペーパーモップでホコリを取ってから掃除機を使うと。効率よくゴミを取り除くことができます。

カーペットの場合は、毛の流れと逆方向に掃除機をかけると効果的です。その後にコロコロクリーナーをかけて、掃除機では取れない髪の毛やペットの毛を取り除きましょう。

年末大掃除をするときに知っておきたいコツ

フローリングのリビング

掃除の基本を知っておくと、より年末の大掃除が効率的になりますよ。大掃除を始める前に、以下のポイントを抑えておきましょう。

いらないものを捨てる

部屋がもので溢れていると、なかなかきれいになりません。いらないものを思い切って処分してから、大掃除に取り組みましょう。

ものを捨てるかどうかの判断は「使える・使えない」ではなく、「使う・使わない」の判断で決めましょう。物がなくなると部屋がスッキリするだけではなく、気持ちも明るくなっていきますよ。

ホコリを取ってから拭き掃除をする

拭き掃除をするときは、ホコリを取ってから洗剤を使うのが基本です。ホコリが付いている状態で拭き掃除をすると、雑巾にホコリが付着して、取り除くのに時間がかかってしまいます。

まず初めにホコリを取り除いてから、洗剤拭き→水拭き→乾拭きの順番で進めましょう。水拭きのコツは、雑巾を固く絞ってから使うことです。汚れが落ちやすくなりますよ。

洗剤の拭き取りは「下から上へ」

汚れた部分に洗剤を使う場合は「下から上へ」塗り、拭き取りも同様に「下から上へ」おこないましょう。上から下へおこなうと、液だれが取れなくなることがあるので、注意してくださいね。

人に頼む

家族や誰かと一緒に暮らしている場合は、皆で協力して年末の大掃除をおこないましょう。特に男性にお願いするときは、「身長が低いから天井の掃除をしてほしい」など、根拠を示してからお願いをすると、より協力的になってくれるかもしれませんよ。

年末の大掃除をラクにするために定期的な掃除を

拭き掃除をする女性

前回の大掃除から時間が経つため、汚れも溜まり洗剤を駆使して時間をかけて掃除をしなければいけません。しかし、日頃の掃除のやり方を見直すだけで、年末の大掃除も少しラクになるんですよ。

汚れはほこりから始まり、時間が経つほどに進行して頑固な汚れになります。落としにくい汚れほど、より強力な洗剤を使うことになるので材質を痛めないためにも定期的な掃除は大切。毎日掃除をする場所や、週1で掃除をする場所などを決めて、こまめにお手入れをするとよりスマートに大掃除をおこなえますよ。

毎日掃除をしておきたい場所

毎日掃除をする場所は、短時間で終わらせるのがベスト。ルーティーン化することで、掃除に対して面倒な気持ちもなくなりますよ。

◇床掃除

毎日の床掃除は、クイックルワイパーでササッと終わらせましょう。仕事で忙しく朝に掃除ができない人も、クイックルワイパーなら音が出ないので、夜に掃除ができますよ。掃除機を使わなくても、気になるホコリが取れるので毎日のきれいを保つためにも、床掃除をしましょう。

◇入浴後の浴槽洗い

浴槽の掃除のコツは、入浴後に掃除をすることです。お湯を抜いた後にすぐ掃除をすると、洗剤を使わなくても湯垢を落とせますよ。壁や浴槽に冷水をかけたあと、タオルなどで拭くと浴室が乾燥しやすくなり、カビの発生を予防できます。

◇玄関のホコリ

出入りが激しい玄関は、ホコリや砂が入るこみやすいため、汚れが目立ちます。毎日ほうきで掃くだけでもきれいになるので、出かける前に掃き掃除をするのを日常化していくと、習慣になり面倒にならずに済みますよ。

週に1回掃除をしておきたい場所

時間が経つことで、汚れは素材との結びつきを強くし落としにくくなります。毎週こまめに掃除をして、頑固な汚れを予防しましょう。

◇家具の乾拭き

木製の家具はホコリ汚れが目立つもの。しかし、安易に水拭きをすると水分が残ってしまい、家具を傷めてしまう可能性があります。家具を傷つけないように、きれいな布で乾拭きをしてホコリを拭き取ってくださいね。

◇キッチンの油汚れ

毎日使うキッチンは、口に入れる料理を作る場所なので、清潔に保ちたいですよね。軽い汚れであれば食洗器洗剤でも落とせますが、頑固な汚れはアルカリ性の洗剤がおすすめです。

毎日キッチンの掃除をするのが面倒な人は、1週間に1回でも掃除をして、頑固な油汚れを防ぎましょう。

毎月1回掃除をしておきたい場所

年末の大掃除まで忘れがちな場所ですが、毎月掃除をすることできれいな状態を保てて、暮らしやすくなりますよ。

◇冷蔵庫の内外

冷蔵庫の掃除は食品の安全を考えて、重曹やクエン酸などを使った、ナチュラルクリーニングがおすすめ。また、冷蔵庫の中を掃除することで、賞味期限が切れた物がなくなるので、余計な食品がなくなり電力の節約にもつながります。

◇トイレの黄ばみ・黒ずみ

トイレの黄ばみの成分はアルカリ性なので、酸性洗剤が適しています。一方、頑固な黒ずみ汚れは、塩素系アルカリ性洗剤が効果的です。どちらを使っても落ちない場合は、耐水ペーパーを使って汚れを落としましょう。

トイレ使用後に掃除シートで掃除をすると、大掃除のときの掃除の時間が短縮できますよ。

◇洗濯機の掃除

洗濯機の中に塩素系漂白剤とお湯を入れて、「洗い」で5分洗濯機を回します。その後、最低3時間から一晩そのままにして、ゴミを取り除きましょう。そして「洗い」のみを3回程繰り返して、最後に「標準」コースで運転させます。

こまめに洗濯機の掃除をすることで、室内干しをしたときの嫌な臭いも防げますよ。

年末の大掃除をして気持ちよく新年を迎えよう!

リビング インテリア

年末の大掃除はスケジュールを立てて効率的に掃除をするのがポイント。その際、掃除のコツを知っておくと大掃除もスムーズにできますよ。

大掃除に苦手意識を持っている人も、普段から習慣付けた掃除をしていると、年末の大掃除が少しラクになります。普段掃除ができないところもきれいにして、スッキリとした部屋で新年を迎えましょう!

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter