英語絵本の選び方は?0~3歳向けの読み聞かせ人気作品15選!

赤ちゃんが英語に親しむために最適なのが、英語絵本の読み聞かせ。しかし、たくさんの種類の中から選ぶのは大変。どの絵本を選べば良いのか分からなくなってしまいますよね。そこで今回は、英語絵本を選ぶときのポイントと、初心者から読める0~3歳向けの人気英語絵本15点をご紹介します。

英語絵本を選ぶときのポイント

英語 絵本 選び方 ポイント

子供のために英語に触れさせたいけど、そもそも自分が英語を話せないし読み聞かせなんて無理!と思っているママ。今回は、そんな理由で英語に触れる機会をためらっているママにおすすめの、親子で楽しめる英語絵本をご紹介します。

以下では、読み聞かせにぴったりの0~3歳向け英語絵本の選び方をまとめました!

1.イラストだけでも物語の内容が読み取れる

英語絵本の読み聞かせは、イラストを見てその物語の場面を想像しながら、耳から英語が入って全体の内容を理解する、というのが大切です。

イラストを見て内容が想像しやすい英語絵本は、内容と英語がスッと頭に入り理解するのが早くなります。なので、イラストを見て物語の内容を理解できるような、分かりやすい英語絵本を選ぶようにしましょう。

2.シンプルで色鮮やかなイラスト

赤ちゃんはまだ、絵本の言葉や文字の全てを理解することができません。そこで重要なのが、絵本のイラストの色彩。赤ちゃんが興味を持ちやすいイラストは、明るくはっきりとしたイラストです。

時に0歳の赤ちゃんは、言葉やストーリーよりもイラストに興味を持ちます。色鮮やかなイラストの他に、シンプルな色ではっきりとした色彩のイラストでも良いでしょう。

3.わかりやすいストーリー内容

挨拶を繰り返す内容や、起床から睡眠までの1日の様子を描いたものなど、比較的内容が分かりやすい絵本を選ぶのがおすすめです。

少し内容をひねった英語絵本を選ぶと、ストーリーを理解できないまま話が進んでしまうので、つまらない印象を受けてしまいます。赤ちゃんが英語絵本に興味を持てるような、わかりやすい内容の絵本を選んでくださいね。

4.身近なものを題材としている

絵本の題材はさまざまなものがありますが、赤ちゃんに読み聞かせをする時におすすめなのは、食事や睡眠、お風呂や、街で見かける電車やバス、ペットの犬や猫など、普段過ごしている生活に密着した内容の絵本です。

身近なものが題材だと、内容を想像して興味を持ちやすく、その分ストーリーのも理解しやすくなります。

5.短くリズム感のある言葉が使われている

長い文章が続く英語絵本よりも、耳に残りやすい単語が繰り返していたり、リズム感のある文章で書かれた絵本の方が、赤ちゃんも興味を持ちやすくなるでしょう。

文章の中に動物の鳴き声や車の音など、同じ言葉が何度も繰り返されていると、反復するので頭に残り、声に出すようになるかもしれません。

6.絵本に楽しい仕掛けがある

絵本に扉が付いていたり、穴が開いていたり、飛び出す仕掛けがあったりと、楽しい仕掛けがある絵本を子供たちは好みます。

仕掛け絵本は好奇心を刺激して、絵本にも英語にも親しみやすくなります。また、ママ自身が絵本の仕掛けを楽しみながら読み聞かせをすると、その楽しさが赤ちゃんにも伝わって、英語絵本が好きになるかもしれませんね。

7.読み聞かせをする人の好きなデザインや内容

読み聞かせをする人の、好みの英語絵本を選ぶことも大切です。繰り返し何度も同じ英語絵本を読むので、読み聞かせをする人が好きだと思える内容やイラストではないと、読むのが苦痛になってしまいます。

親子で、英語絵本を読み聞かせする時間が楽しい時間と思えるように、自分の好みの絵本も何冊か選んでくださいね。

日本の絵本が英語版で販売されていることもあるので、パパやママが小さい頃好きだった、絵本の英語版を選ぶ方法もありますよ。

わかりやすい内容で子供も一緒に英語を楽しめる絵本

今回は、0~3歳向けの初めて英語絵本を読み聞かせする人でも、読みやすいレベルの英語絵本を紹介します。動物や街で見かける電車など、身近なものが題材になっていると、より自然と英語に慣れしめますよ。

1.Let’s Play

Let’s Play 英語絵本

出典:www.amazon.co.jp

日本でも「スイミー」でお馴染みの人気絵本作家、レオ・レオニが小さい子供向けに描いた英語絵本。仲良しネズミ2匹が「今日は何をして遊ぶ?」とアイディアを出し合いながら、1日を過ごす様子が描かれています。

「Good morning」や「Good night」などの挨拶の他に、「Book」や「Flower」と簡単な英単語が多く使われた文章なので、初めて読み聞かせをするパパやママにもおすすめの1冊。全体のイラストの色彩が鮮やかなので、ページを開くのがワクワクする楽しい絵本です。

●税込価格:800円~
●著者:Leo Lionni(レオ・レオニ)
●出版社:Knopf Books for Young Readers; Brdbk版
●ページ数:28ページ

楽天市場で見るAmazonで見る

2.GOOD NIGHT, GORILLA

Good Night, Gorilla 英語絵本

出典:www.amazon.co.jp

アメリカでは不動の人気を誇る絵本で、赤ちゃんがいる家庭の本棚には、必ずこの絵本があるそうですよ。文字は少なく、イラストだけで内容が理解できる英語絵本となっています。英語が苦手なパパやママも、楽しく読み聞かせができますよ。

夜の動物園を見回りするおじさんが、檻の中にいるゴリラに「Good Night」と声を掛けるところから物語は始まります。夜寝る前に読み聞かせをするのにおすすめの1冊。

●税込価格:885円~
●著者:Peggy Rathmann(ペギー・ラスマン)
●出版社:G.P. Putnam’s Sons Books for Young Readers; Brdbk版
●ページ数:34ページ

楽天市場で見るAmazonで見る

3.Maisy’s Bedtime

Maisy’s Bedtime 英語絵本

出典:www.amazon.co.jp

主人公のメイシーちゃんが、寝る前に歯磨きをしたりトイレに行ったりと、ベッドに入って就寝する前にすることが描かれています。

メイシーちゃんの真似をしていくと、自然と生活習慣を身に付けることができますよ。カラフルで可愛らしいイラストで、メイシーちゃんの部屋の様子や動きが伝わってきます。

簡単な英語で短い文章なので、英語に自信が無くても大丈夫ですよ。他のメイシーちゃんシリーズと一緒に購入する人も多いようです。

●税込価格:437円~
●著者:Lucy Cousins(ルーシー・カズンズ)
●出版社:Candlewick; Us.版
●ページ数:24ページ

楽天市場で見るAmazonで見る

4.Yummy Yucky

Yummy Yucky 英語絵本

出典:www.amazon.co.jp

表紙にも描かれている可愛らしい赤ちゃんが、食べられるもの(美味しいもの)を口に入れて「Yummy」、食べられないものを口に入れて「Yucky」と言っていく内容の絵本。

見開きページに並べて比べられるようになっているので分かりやすく、難しい単語もあまり無いので、初心者レベルの人も安心して読み聞かせをすることができます。

親子で一緒に「Yummy!」「Yucky!」と声を出しながら読み進められますよ。

●税込価格:761円~
●著者:Leslie Patricelli(レスリー・パトリセリ)
●出版社:Candlewick; Brdbk版
●ページ数:24ページ

楽天市場で見るAmazonで見る

5.Trains

Trains 英語絵本

出典:www.rakuten.co.jp

電車好きの子におすすめの絵本です。「電車が通ります」「電車は駅で止まります」と短い文章なので、読み聞かせをしやすいですよ。「ガタンゴトン」と言いながらページを開いていくと、喜ぶ赤ちゃんが多いようです。

シンプルな絵本の内容ですが、カラフルな色使いで何度繰り返し読み聞かせをしても飽きない魅力的な1冊です。『Trucks』『Planes』など同じ乗り物シリーズもありますよ。

●税込価格:957円~
●著者:Byron Barton(バイロン・バートン)
●出版社:HarperFestival; Brdbk版
●ページ数:34ページ

楽天市場で見るAmazonで見る

6.Where’s Spot?

Where’s Spot? 英語絵本

出典:www.amazon.co.jp

扉や箱を開けてスポットという子犬を探す仕掛け絵本です。スポットが隠れているだろう場所を開けてみると、別の動物たちが「いないよ(No)」と答えます。

扉や箱を開いていくごとにいろいろな動物たちが隠れているので、自然と動物の名前を覚えることができますよ。著者が自身の息子のために描いた絵本なので、イラストや文字が大きくて子供に優しい絵本になっています。

●税込価格:901円~
●著者:Eric Hill(エリック・ヒル)
●出版社:Warne; Brdbk版
●ページ数:12ページ

楽天市場で見るAmazonで見る

7.Dear Zoo

Dear Zoo 英語絵本

出典:www.amazon.co.jp

「ベッドにピッタリの動物を送ってください」と動物園に手紙を送ると、大きな箱に入った動物が送られてきました。しかしその動物は、大きすぎたり小さすぎたりなかなかピッタリの動物ではありません。主人公は最後に、何の動物を選んだでしょうか。

動物が入った箱の部分が仕掛けになっていて、何が出てくるのかドキドキ・ワクワクしながら読み聞かせをすることができますよ。動物の名前と一緒に形容詞も覚えることができるので、読み聞かせをしながらママも勉強することができます。

●税込価格:748円~
●著者:Rod Cambell(ロッド・キャンベル)
●出版社:Little Simon; Brdbk Anv版
●ページ数:18ページ

楽天市場で見るAmazonで見る

8.Excuse Me!

Excuse Me! 英語絵本

出典:www.rakuten.co.jp

「ごめんなさい」「ありがとう」など、日常生活で使える最低限のマナーの言葉を覚えることができる絵本です。普段の生活で使えそうな言葉ばかりなので、子供もワクワクしながら覚えそうですね。

「Excuse me」と「I ’m sorry」の違いが分かるようになるので、絵本と同じシチュエーションに遭遇したら、ふと言葉にするかもしれませんよ。

●税込価格:652円~
●著者:Karen Katz(カレン・キャッツ)
●出版社:Grosset & Dunlap; Ltf版
●ページ数:14ページ

楽天市場で見るAmazonで見る

9.COLER ZOO

Color Zoo 英語絵本

出典:www.amazon.co.jp

四角や丸などのさまざまな形で、動物たちの顔を表現する絵本。色、形、動物を覚えるのにピッタリですよ。各ページによって出てくる動物が異なり、鮮やかな色合いで描かれています。

最後のページには、登場した動物や色、形の名前がまとめて書かれています。楽しみながら読み聞かせをした後に、親子で復習をしたらすぐ英語も覚えられそうですね。

●税込価格:942円~
●著者:Lois Ehlert(ロイス・エラート)
●出版社:HarperFestival; Brdbk版
●ページ数:26ページ

楽天市場で見るAmazonで見る

10.I Like It When…

I Like It When… 英語絵本

出典:www.amazon.co.jp

子供ペンギンが、自分はパパやママと何をしている時が好きなのかを、ママに向かって語るお話しです。原色の赤・青・黄・緑で描かれたイラストに、子供は興味を惹かれるでしょう。

「手を繋いでくれる時」には手を握り、「くすぐってくれる時」には体をくすぐったりと、絵本の真似をしながら読み聞かせをすると、単語を覚えていくのはもちろん、親子の愛情もより深まりますよ。

最後のページ「I Love you.」の言葉を、寝る時の合言葉にしている家庭もいるようです。

●税込価格:749円~
●著者:Mary Murphy(メアリー・マーフィー)
●出版社:HMH Books for Young Readers; Brdbk版
●ページ数:22ページ

楽天市場で見るAmazonで見る

11.Little Blue And Little Yellow

Little Blue And Little Yellow 英語絵本

出典:www.amazon.co.jp

あおくんときいろちゃんの素朴な丸みと静かな力強さが、子供たちの想像力を掻き立てる絵本。

あおくんときいろちゃんがうれしくなり抱き合うシーンは、「青+黄=緑」という色の概念、そして哲学的なテーマも含まれているので、赤ちゃんだけではなく大人も勉強になる1冊。色鮮やかなイラストなので、赤ちゃんも楽しみながら読むことができます。

●税込価格:966円~
●著者:Leo Lionni(レオ・レオニ)
●出版社:Knopf Books for Young Readers; Brdbk Rep版
●ページ数:42ページ

楽天市場で見るAmazonで見る

ページをめくるのが楽しくなる、仕掛け英語絵本

ページをめくるのが楽しくなるような、仕掛けがある英語絵本もおすすめ。特に、小さな子供には飽きずに読み進められて人気です。

12.Where Is Baby’s Belly Button?

Where is baby’s Belly Button? 英語絵本

出典:www.amazon.co.jp

子供が好きな「いない いない ばあ」のような仕掛け絵本です。目はどこかな?おへそは?と仕掛けをめくって探していきます。「Where is baby’s~」の繰り返しなので、英語が苦手な初心者レベルでも大丈夫ですよ。

仕掛けは厚めにできているので、仕掛けがめくりやすくなっています。分かりやすい大きな字で、親子一緒になって口や耳、おへそなどの体の部位を覚えることができます。

●税込価格:577円~
●著者:Karen Katz(カレン・キャッツ)
●出版社:Little Simon; ed版
●ページ数:14ページ

楽天市場で見るAmazonで見る

13.pat the bunny

Pat the Bunny 英語絵本

出典:www.amazon.co.jp

可愛いうさぎが主人公の仕掛け絵本。触ったり、においをかいだりと英語で読んだことを実際に体験できるので、英語と行動との関係を認識しやすくなります。やさしいイラストと穏やかな雰囲気の絵本は特に女の子におすすめ。いろいろな仕掛けで遊びながら英語に親しむことができる絵本です。

優しい雰囲気の可愛いウサギが主人公の、大人気ロングセラー仕掛け絵本。ふわふわの白ウサギを触ったり、花の匂いを嗅いだりと、実際に体験できる参加型絵本となっています。絵本を読んで子供の五感を満たしてくれるのはうれしいですね。

可愛らしい見た目なので、プレゼントにも◎。絵本の大きさが小さめなので、外出時にバッグに入れておくこともできますよ。

●税込価格:1,208円~
●著者:Dorothy Kunhardt(ドロシー・クンハート)
●出版社:Golden Books; Spi Rei版
●ページ数:24ページ

楽天市場で見るAmazonで見る

英語絵本の読み聞かせは苦手!CD付きの英語絵本おすすめ作品

英語の発音に自信が無いパパやママも大丈夫!そういう時はCD付き英語絵本がおすすめ。最初はCDを流しながら赤ちゃんに絵本を見せて、慣れてきたらCDに合わせて、ママも一緒に読み聞かせをしましょう。

今回は、エリック・カールの英語絵本を2冊紹介します。CD付き英語絵本は、読み聞かせをする人の英語の発音の練習にもなりますよ。

14.The very hungry Caterpillar

The very hungry Caterpillar 英語絵本

出典:www.amazon.co.jp

日本でも大人気「はらぺこあおむし」の英語絵本。イラストの色の鮮やかさに、大人も子供も惹きつけられるでしょう。

月曜日から日曜日まで、毎日いろいろな食べ物を食べるあおむし。曜日や数、食べ物の名前の英語を身に付けることができますよ。少し長い文章も出てきますが、CDがあるので安心。また、ちょっとした仕掛けも付いて絵本なので親子で楽しめる英語絵本です。

●税込価格:1,272円~
●著者:Eric Carle(エリック・カール)
●出版社:Philomel Books; Brdbk版
●ページ数:16ページ

楽天市場で見るAmazonで見る

15.Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?

Brown Bear, Brown Bear, What Do You See? 英語絵本

出典:www.amazon.co.jp

こちらもエリック・カール著者の絵本。文章のリズムが良く、まるで歌っているかのような絵本なので、読み聞かせをする人も楽しめる1冊です。イラストも色鮮やかですよ。

次々と動物が登場して、何を見ているのか教えてくれます。同じフレーズの繰り返しで難しい言葉が使われていないので、初めて読み聞かせをする人におすすめ。エリック・カールの絵本は有名なので、プレゼントにも喜ばれそうですね。

●税込価格:2,678円
●著者:Eric Carle(エリック・カール)
●出版社:mpi
●ページ数:32ページ

楽天市場で見るAmazonで見る

英語絵本の読み聞かせをして英語を好きになろう

英語 絵本 読み聞かせ 読書

英語絵本の読み聞かせは、単語や発音が少し間違えても大丈夫。大切なのは、読み聞かせしている時間が楽しいと思ってもらうことです。毎日英語絵本の読み聞かせを続けていると、それが習慣となり、子供から「この絵本読んで」と頼まれるようになりますよ。

最初の英語絵本は、初心者レベルの絵本や、比較的イラストの多い絵本から始めましょう。そうすることで、英語に対して苦手意識を持つことが無く、親しみを持ってくれますよ。

親子で楽しみながらたくさん読み聞かせをして、英語を好きになっていきましょう。

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter