チャイルドシート新生児から使えるおすすめ7選!乗せ方のコツを紹介

日本では、チャイルドシート新生児を含む6歳未満の子供に付けることが義務化されています。しかし種類が多く、機能性や対象年齢も商品によって違うので、どれを選べば良いのか分からないですよね。そこで今回は、チャイルドシートの乗せ方や選び方のポイント、さらに新生児から乗れるおすすめ人気商品をご紹介します。

新生児のチャイルドシートはいつから?

新生児 いつから

産まれてすぐの赤ちゃんは、首が据わっていなくて不安定。その赤ちゃんをチャイルドシートに座らせて大丈夫なのか、と心配に思う人もいるでしょう。現在日本では道路交通法により、6歳未満の子供が車に乗車する際、チャイルドシートを付けることが義務化されています(※1)。

新生児も対象となっているので、チャイルドシートは赤ちゃんが産まれる前から準備しておきましょう。

チャイルドシートはどこに取り付けたら良い?

目の届く助手席にチャイルドシートを取り付けたくなりますが、取り付ける際は後部座席にしましょう。助手席に付けると、万が一事故に遭った時にエアバックが開くと、押しつぶされたり、ケガをする恐れがあります。

基本的に後部座席の道路側(右側)と歩道側(左側)ならどちらでも構いませんが、JAFは乗せたり降ろしたりすることを考えて、助手席側をおすすめしています(※2)。必要な場合はベビーミラーを取り付けて、運転席から赤ちゃんの様子を確認できるようにしておくと安心です。

新生児のチャイルドシートの乗せ方

新生児 チャイルドシート いつから

乗せ方ポイント1.チャイルドシートは進行方向に対しての後ろ向きに取り付ける

乳児用のチャイルドシートは、頭が前の座席側にくるように後ろ向きに取り付けます。乗せる前に、チャイルドシートが進行方向に対して後ろ向きに取り付けられているかを確認しましょう。体重が10㎏を超したら、前向きが良いでしょう。

乗せ方ポイント2.チャイルドシートは45度で設置する

新生児の場合、背もたれの角度は45度が一般的とされています。首が座るまでは、起こさず寝た状態で設置しましょう。この角度は赤ちゃんを事故の衝撃から守り、抱っこされているときに近い角度に調整されています。

乗せ方ポイント3.乗せる時はお尻側から乗せる

チャイルドシートに赤ちゃんを乗せる時は、お尻の部分から乗せましょう。

新生児用のチャイルドシートはベッドタイプが多いので、お尻側から乗せたら寝そべらせると大丈夫です。この時、ベルトがきちんと外れているかも確認しておいてくださいね。

乗せ方ポイント4.素早くベルトを装着する

きちんと装着させるのは大切ですが、時間が掛かりすぎてしまうと寝ていた赤ちゃんは起きて泣き出したり、バタバタしたりと装着するのに、より時間と手間が掛かってしまいます。素早くチャイルドシートに乗せて、ベルトを装着させるのがポイントです。

また、赤ちゃんをチャイルドシートに乗せるときは、寝ているタイミングで乗せると泣き出したり、バタバタせずに楽に装着がおこなえますよ。

新生児から使えるチャイルドシートの選び方

新生児 チャイルドシート 選び方 ポイント

チャイルドシートにはさまざまな種類があります。対応車種やチャイルドシートの対象年齢など、どのようなタイプのチャイルドシートを購入するか決めておきましょう。

選び方1.チャイルドシートの安全性

現在、日本での使用が認められているチャイルドシートには、「Eマーク」や「自マーク」が貼ってあります。

「Eマーク」は国土交通省による、安全基準に適合していることを示しています。また、2012年6月30日より以前に製造されたチャイルドシートには、改定前の「自マーク」が添付されている場合があります。

輸入品の場合は「米国基準適合マーク」や「ECE規則」が適用されているので、購入時に確認してみましょう(※3)。

選び方2.チャイルドシートの対応車種

どんな車にも設置できるようにほとんどのチャイルドシートが設計されていますが、一部外国車や古いタイプの車種は対応していない場合があります。

デザインが気に入ったチャイルドシートを見つけたら、自分の車に対応しているのかどうかしっかり確認してくださいね。

選び方3.チャイルドシートの対象年齢

いつからいつまでの期間のチャイルドシートを使用したいのかイメージすると、スムーズに商品を選ぶことができますよ。

乳児用と幼児用が兼用した乳幼児タイプや、乳児から学童まで使えるタイプなど、チャイルドシートによって種類はさまざま。

今、チャイルドシートを使いたい場合は新生児用や、乳幼児タイプのチャイルドシート。長い期間、買い換えずに使いたい場合は、対象年齢の広いチャイルドシートを選びましょう。

選び方4.チャイルドシートの機能性

新生児のチャイルドシートは座席が回転し、ドアの方向に向くタイプや、ベビーカーとドッキングできるタイプなどがあります。自分の育児生活の中で、どのチャイルドシートを購入したら便利なのか、よく考えてから購入してくださいね。

新生児から乗れる人気チャイルドシートおすすめ7選

1.Aprica(アップリカ) フラディア グロウ ISOFIX プレミアム

アップリカ 新生児 チャイルドシート

出典:www.amazon.co.jp

首や腰が据わっていない赤ちゃんにとって、もっとも安定した姿勢「平らで寝る」ことができるアップリカのチャイルドシートです。シートが簡単に取り外して洗濯できるので、常に清潔なチャイルドシートを保てますよ。

大きなヘッドサポートがピッタリフィットして、衝撃の負担を軽減します。また、上半身がW型、下半身はM型の台形シートで、股関節脱臼の予防にも配慮しています。

≪商品詳細≫
●税込価格:74,520円
●対象年齢:新生児~4歳頃
●カラー:ネイビー、ブラック
●安全基準:UN規制(UN-R44/04)

楽天市場で見るAmazonで見る

2.Combi(コンビ) ホワイトレーベル クルムーヴ スマート ISOFIX エッグション JG-600

コンビ 新生児 チャイルドシート

出典:www.amazon.co.jp

「かんたん、かくじつ、あんしん」を元に作ったチャイルドシートは、取り付けの不安が圧倒的に減ります。チャイルドシートの装着方法は、コネクターをカチッとロック音がするまで差し込めばOK。

また、指1本で360度回転、リクライニングの調整ができる簡単操作が、ママからの人気ポイントです。日差しや紫外線から守るために、全身を包み込むサンシェードが付いているので、寝ている時も安心ですよ。

≪商品詳細≫
●税込価格:64,800円
●対象年齢:新生児~4歳頃
●カラー:ホワイト、ネイビー
●安全基準:UN(ECE)R44/04

楽天市場で見るAmazonで見る

3.MAXI-COSI(マキシコシ) ペブルプラス

マキシコシ 新生児 チャイルドシート

出典:www.amazon.co.jp

マキシコシのチャイルドシートは、対象年齢が新生児期から15ヶ月頃まで。使用期間は短いですが、使い道は4wayと多機能性のある商品です。

バウンサーやベビーキャリー、専用ベビーカーにドッキングなど、1つでチャイルドシート以外の使い道ができるのがうれしいですよね。ワンタッチボタンで着脱が簡単に、そして静かにできるので、スヤスヤ寝ている時も起こさず安心して移動することができますよ。

≪商品詳細≫
●税込価格:37,800円
●対象年齢:新生児期~15ヶ月頃
●カラー:ロビンレッド、レッドオーキッド、ノマドグリーン、ノマドブルー、リバーブルー、ノマドサンド、アースブラウン、コンクリートグレイ、スパークリンググレイ、ブラックダイアモンド、ブラックレイベン
●安全基準:ECE R44/04

楽天市場で見るAmazonで見る

4.LEAMAN(リーマン) チャイルドシート ネディアップ

リーマン チャイルドシート 新生児

出典:www.rakuten.co.jp

各生産ラインで厳しい独自基準を設けているリーマンのチャイルドシートは、日本製なので安心して使うことができます。

ヘッドレストと肩ベルトが、ワンタッチで7段階に調整可能。汗っかきな赤ちゃんが快適な時間を過ごせるように、シート本体に通気穴が設けられています。

簡単な取り外しができて、軽量・コンパクト設計なので、扱いやすいとママからの人気商品です。

≪内容詳細≫
●税込価格:14,665円~
●対象年齢:新生児~4歳児
●カラー:グレー
●安全基準:UN R44/04

楽天市場で見るAmazonで見る

5.Nebio(ネビオ) ネムピット

ネビオ 新生児 チャイルドシート

出典:www.rakuten.co.jp

ゆったりワイド設計なので、成長が早い赤ちゃんでもあまり狭く感じないネビオのチャイルドシート。車に設置する時は目印のカラーで、簡単に取り付けることができますよ。

飲みこぼしや吐きこぼしをしても、カバーを取り外して手洗い洗濯することが可能なので、いつも清潔さを保てます。新生児から4歳まで使えてこの価格なのでとても人気商品で、売り切れてしまうこともあるそうです。

≪商品詳細≫
●税込価格:7,980円
●対象年齢:新生児~4歳頃
●カラー:ブラック、レッド、ネイビー、グレー
●安全基準:ECE-R44

楽天市場で見るAmazonで見る

6.西松屋 [ディズニー]チャイルドシート・くまのプーさん

西松屋 くまのプーさん チャイルドシート

出典:www.rakuten.co.jp

西松屋限定モデルの、くまのプーさんがデザインされたチャイルドシートです。赤ちゃんはもちろんですが、パパやママも見ているだけで癒されますよね。

超軽量のコンパクトタイプなので、軽自動車やコンパクトカーにおすすめ。前向き3段階、後ろ向き1段階にリクライニング機能が付いています。ヘッドパットが厚いので、振動や衝撃もしっかり吸収してくれますよ。コスパの良さもおすすめポイントなので、くまのプーさんが好きな人は購入候補にいかがでしょうか。

≪商品詳細≫
●税込価格:14,799円
●対象年齢:新生児~4歳頃
●柄:くまのプーさん
●安全基準:ECE R44/04

楽天市場で見る

7.Joie(ジョイー) チルト

ジョイー 新生児 チャイルドシート

出典:www.amazon.co.jp

他には無い可愛いデザインが目を引く、ジョイーのチャイルドシート。細かいところにもおしゃれを楽しみたいママに人気です。産まれたばかりの赤ちゃんもうれしい新生児パッド付き。

クッション性に優れたソフトパットを座面に使っているので、座り心地も抜群です。リクライニング機能は、4段階に調整することができますよ。5点式シートベルトでしっかり赤ちゃんを守ってくれます。

≪内容詳細≫
●税込価格:9,800円
●対象年齢:新生児~4歳頃
●カラー:レッド、ブラウン、ブラック、ミッドナイトブラック&ベージュ、ミッドナイトブラック、ミッドナイトブラウン、ダスク、ラテ、マリーン、モカ、コーラルストライプ
●安全基準:ECE R44/04

楽天市場で見るAmazonで見る

新生児のチャイルドシートはレンタルできる?

退院や里帰りの時など、普段あまり車に乗せて外出する機会が少なく、退院や里帰りの時だけチャイルドシートを使いたいという人は、レンタルサービスを利用するのがおすすめ。使いたい時にレンタルできて、出費を抑えることもできますよ。

チャイルドシートのレンタルは、レンタル会社によって期間や価格がまちまち。インターネットでレンタルを申し込むことができるので、「チャイルドシート レンタル」などで検索してみてください。

【レンタル】Combi(コンビ) プリムベビー

コンビ 新生児 チャイルドシート レンタル

出典:www.rakuten.co.jp

コンビのチャイルドシートが楽天でレンタルできます!1台でチャイルドシート、ベビーキャリー、ロッキングチェア&ラックの3役をこなします。パパもママも使いやすく、スムーズに移動することが可能なおすすめチャイルドシートです。レンタル期間は1ヶ月から選べます。

●税込価格:2,160円(送料別途)
●レンタル期間:1ヶ月

楽天市場で見る

新生児のチャイルドシートでしっかり赤ちゃんを守ろう

新生児 ママ
安全

警視庁とJAFによる「チャイルドシート使用状況全国調査」によると、1歳未満のチャイルドシートの使用率は87.1%のようです(※4)。年々使用率は上昇していますが、6歳未満のチャイルドシートは義務付けられています。

新生児の赤ちゃんは首が据わっていないから不安、という気持ちも充分分かりますが、抱っこしたまま車に乗るのは、非常に危険です。

チャイルドシートは、万が一の時に赤ちゃんを守ってくれるもの。赤ちゃんが車内で安全に過ごせるように、装着や乗せ方に気を付けながら、赤ちゃんにピッタリなチャイルドシートを選んでくださいね。

※1 参考文献:国土交通省 自動車総合安全情報 ~自動車の安全な交通を目指して~ チャイルドシートの種類
※2 参考文献:JAF 交通安全とエコ はじめてのチャイルドシートクイックガイド
※3 参考文献:国土交通省 自動車総合安全情報~自動車の安全な交通を目指して~チャイルドシート安全基準マーク
※4 参考文献:警視庁/日本自動車連盟(JAF) チャイルドシート使用状況全国調査(2017)

関連キーワード

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter