乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の違いと見分け方は?

赤ちゃんの肌はデリケートなので肌荒れが絶えません。一方で、乳児期特有の乳児湿疹アトピー性皮膚炎違いについてご存知でしょうか。実は、その違いは医師でも見分けがつきにくいといわれています。今回は、乳児湿疹とアトピーの原因や症状、治療法の違いについてまとめました。

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の違いは?

赤ちゃん アトピー 乳児湿疹 違い

乳児湿疹

赤ちゃんは皮膚が薄くてバリア機能*が未熟なため、肌トラブルがつきもの。生後間もない新生児から1歳頃までの乳児期特有の肌荒れを総称して乳児湿疹と呼ばれています。

乳児湿疹は、その原因や症状が多岐にわたり、新生児期に多い新生児ニキビや乳児脂漏性湿疹、生後3ヶ月以降に多い乾燥性湿疹など様々です。

基本的には、1日1回はお風呂で肌を清潔に洗うこと、保湿ケアをすることで、徐々に症状は改善され、皮膚のバリア機能が整うにつれて1歳までには乳児湿疹はみられなくなります。

*外部の有害物質をシャットアウトする力、外的刺激で傷つくことから守る力

アトピー性皮膚炎

一方で、アトピーはアレルギー性の皮膚炎で乾燥とかゆみを伴う湿疹が慢性的に繰り返し起こります。

様々な解釈がされていますが、生まれつきのアレルギー体質と乾燥肌が原因という見方もあります。

早い子の場合だと生後2~3ヶ月頃にアトピーを発症しますが、月齢が低いうちはいったん乳児湿疹と診断されることが多いです。その後、かゆみのある湿疹がなかなか治らないなど、経過をみてアトピーと診断されます。

治療にはステロイド外用薬などの塗り薬でかゆみや炎症を抑えていきます。さらに、ハウスダストやダニといったアレルゲンを排除することも大切です。

完治にはある程度時間がかかるため、アトピーとは根気強く付き合っていくことになります。こまめなケアを続けることで、年齢と共に症状が緩和する割合が高くなっていることがわかっています。

乳児湿疹とアトピーの違いは医師でも判断が難しい

乳児湿疹とアトピーは症状が酷似しており、0歳児の場合は医師でさえその違いについて判断が難しいといわれています。そのため、1歳を過ぎるまではアトピーの診断を保留する医師が多いです。

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の違いを見分ける方法

違い チェック

上述のとおり、乳児湿疹とアトピーの違いについて医師でも見分けるのが困難だといわれていますが、日本皮膚科学会では(※1)、アトピー性皮膚炎における判断基準を次のようにしています(一部)。

1.そう痒
2.特徴的皮疹と分布(乳児期:頭、顔にはじまりしばしば体幹、四肢に下降)
3.慢性・反復性経過(しばしば新旧の皮疹が混在する):乳児では2ヵ月以上
※上記1、2、および3の項目を満たすものを、症状の軽重を問わずアトピー性皮膚炎と診断する

赤ちゃんのアトピーは、まずは頭や顔にかゆみを伴うジュクジュクとした湿疹が現われ、その後、首やお腹、背中、ももの付け根、手足へと症状が徐々に体の下部におりながら広がっていきます。

部位から乳児湿疹とアトピーの違いを見分けるのは難しいものの、アトピーでは、2ヶ月以上慢性的に症状がよくなったり悪くなったりを繰り返すのが特徴です。

また、乾燥し白い粉を吹くこと、皮膚がかたくゴワゴワしてくるなどの症状もアトピーの特徴です。耳の付け根が切れる耳切れや、ひじ・ひざ裏の湿疹もアトピーでよく見られる症状。いずれも、赤ちゃんがかゆがって、掻き壊すことでさらに悪化してしまうことがあります。

乳児湿疹は毎日ケアをすれば改善されること、また月齢が進むと共に皮膚のバリア機能が発達することでよくなっていくため、それでも湿疹の症状が治らない・悪化するなどアトピーが疑われる場合は、小児科か皮膚科を受診しましょう。

乳児湿疹がひどいとアトピー性皮膚炎になってしまう?

? 疑問

乳児湿疹が悪化することでアトピーになってしまうと思っている人がいます。

確かに、乳児湿疹のかゆみから赤ちゃんが皮膚をかきむしって傷つき、バリア機能が損なわれた皮膚には様々なアレルゲンが入り込みアトピーになりやすいことがあります。

しかし、乳児湿疹がひどい赤ちゃんが、必ずアトピーに移行するとは限りません。アトピーを予防するためには、毎日のスキンケアが大切です。

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の治療法とケア

治療 方法 ステロイド 薬 軟膏 保湿剤

基本は清潔と保湿ケア

乳児湿疹もアトピー、どちらも予防や治療には、生後すぐからのスキンケアが大切です。毎日のお風呂で肌の清潔を保ち有害物質を排除すること、また保湿ケアによって皮膚のバリア機能を高めてあげることが効果的です。

2014年に国立成育医療研究センターが発表した研究によると(※2)、新生児期からの保湿剤の塗布により、アトピー性皮膚炎の発症リスクが3割以上低下することがわかっています。

また、トラブルを抱えた肌は、傷からダニや花粉、食べ物のカスといったアレルゲンが侵入し、アレルギーを起こしやすいといわれています。これを「経皮感作」といいます。アレルギー予防のためにも、赤ちゃんの頃からの保湿スキンケアが重要です。

症状が悪化したらステロイドの塗り薬を適切に使う

乳児湿疹およびアトピーの症状が悪化した場合は、毎日のスキンケアに加えて、ステロイド外用薬など少し強めの塗り薬を医師に処方してもらう必要があります。

ステロイド外用薬は、「皮膚が薄くなる」「毛深くなる」「黒ずみが起きる」などの副作用が懸念されていますが、赤ちゃん用に処方されるものは強さが弱いものなので、医師から処方されたものであれば、用量・用法を守って安心して使ってください。

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の違いまとめ

赤ちゃん 乳児湿疹 アトピー 肌

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎、どちらも赤ちゃんに起こりやすい肌トラブルであり、症状が似ていることから、その違いを見分けるのはとても困難です。1歳を過ぎるまでは乳児湿疹といったん診断され、その後の経過をみてアトピーを判断していくことになります。

安易に素人が自己判断をするのは避けた方がよいですが、乳児湿疹は1歳を迎えるまでには改善される一方で、アトピーは1歳を過ぎても、かゆみを伴う湿疹が2ヶ月以上慢性的に繰り返すのが特徴です。アトピーが疑われる場合は、小児科または皮膚科に一度相談をしましょう。

また、自宅では毎日のお風呂ケアと保湿ケアを徹底して肌を保護してあげてください。赤ちゃんはかゆみを我慢できないため、かきむしって悪化することのないよう、爪は常に短く切っておきましょう。また、寝具を清潔に保つ、掃除をこまめにするなど、アレルゲンとなるものを排除することも大切ですよ。

赤ちゃんの肌を守り、健やかに育ててあげるためにはママ・パパの努力が必要になることを知っておきましょう。

※1 参考文献:公益社団法人日本皮膚科学会皮膚科Q&A Q3アトピー性皮膚炎
※2参考文献:独立行政法人国立成育医療研究センター 世界初・アレルギー疾患の発症予防法を発見

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter