お宮参りとは?いつ・どこで・服装・初穂料・流れを確認しよう

赤ちゃんの生後1ヶ月頃におこなう行事がお宮参りです。お宮参りという言葉はよく聞くけれど、いつ、どこで、赤ちゃんとママ・パパはどんな服装で行けばよいのか、初穂料、お宮参りの流れやマナーについて、きちんと知らない人も多いでしょう。そこで今回は、知っておきたいお宮参りのあれこれについてまとめました。

お宮参りとは?

赤ちゃん お宮参り

お宮参りとは、土地の守り神である氏神様(うじがみさま)に、新しく氏子(うじこ)となる赤ちゃんが無事生まれたことの報告や、健やかな成長をお願いするために、初めて赤ちゃんと氏神様を引き合わせる儀礼です。

初宮詣(はつみやもうで)や産土神参り(うぶすなかみまいり)ともいわれています。

お宮参りに行く時期はいつ?

時期 いつ カレンダー

お宮参りにいつ行くか、その基本的な時期は、出生日を1日目と数えて男の子であれば生後31日目、女の子の場合は生後33日目とされています。

ただ最近では、日数にこだわりすぎずに生後1ヶ月前後の時期にお宮参りへ行く家庭も多いです。赤ちゃんとママの体調のよい日や、家族の予定が合う日、天候のよい日などに参拝すればよいでしょう。

お宮参りの時期は地域によって違う

お宮参りにいつ行くかは、実は地域によっても違いがあります。

関東の一部地域や東北地方、北海道では、生後100日頃に百日詣り(ももかまいり)として参拝します。そのほか、下記地域などでお宮参りの時期や内容が異なります。

  • 青森県の一部地域・・・男の子:生後120日目、女の子:生後110日
  • 山形県の一部地域・・・男の子女の子問わず生後51日目
  • 沖縄県の一部地域・・・男の子女の子問わず生後100日頃、先祖のお参り

また、寒い地域によっては、真冬にはお宮参りをおこなわずに暖かい時期になるまで待つケースも多いです。詳しくは、両親や祖父母に聞いてみましょう。

お宮参りは大安に行くべき?

お宮参りへいつ行くか、暦の大安や仏滅などの六曜を気にする人が多いかもしれません。仏滅や友引にお宮参りへ行くのは縁起が悪いのでしょうか? しかし、六曜は神道や仏教とは直接関係のないものなので、神経質に気にしなくても大丈夫です。

神社のホームページにも、「六曜については俗信・俗説であるため、お参りの吉日には関係ない」といった旨の記載があることが多いです。

一方で、ママ・パパが「赤ちゃんのお宮参りは必ず大安に」といった晴れの日を選びたいという強いこだわりがあれば、後悔のないように日程を決めるとよいかもしれませんね。

お宮参りはどこの神社へ行けばいい?

お宮参り 神社

お宮参りは、赤ちゃんが生まれた土地の守り主である氏神様の神社。つまり、これから赤ちゃんと共に生活していく、近くの神社へ参拝するのが一般的です。

しかし、近くの神社以外に、信仰している神社や少し遠方でも大きな神社へお宮参りに行く人も多く、必ず「どこの神社でなければいけない」と決められているわけではありません。

生後1ヶ月~数ヶ月の赤ちゃんを連れて行くことを考慮しても、できるだけ近場の神社を選ぶ方が負担が少なく済みます。

お宮参りに予約は必要?

お宮参りは予約が不要、または予約できない神社がほとんどです。受け付けている曜日や時間は神社によって異なります。

また、年末年始等時期によっては、混雑が予想されるため、あらかじめ予約が可能かどうか、神社に確認しておきましょう。

お宮参りの赤ちゃんの服装は?

お宮参り

お宮参りの赤ちゃんの服装は、習わしでは、白羽二重を着せて上から「祝い着」と呼ばれる着物を掛けるスタイルが正装です。祝い着は、「産着」や「初着」ともいわれます。男の子と女の子で色や柄が異なります。

最近では、白羽二重ではなくベビードレスを着せて、祝い着をかけるのが主流。祝い着は、購入せずに着物専門店でレンタルする人が多いです。

着せ方は、赤ちゃんを抱っこしてから祝い着を掛けて、抱っこする人の首の後ろで蝶々むすびをします。

お宮参りのママ・パパ・祖父母の服装は?

お宮参りの大人の服装は、女性は着物、男性はネクタイ着用のスーツといった正装が基本ですが、最低限のマナーを守った服装であれば大丈夫です。デニムやジャージ、サンダル、ノースリーブ、派手や色や柄は控えましょう。

ママは、授乳口のついたワンピースや、きれいめな服装にジャケットを羽織るだけでもきっちりとした印象になります。産後1ヶ月ほどは体型が戻っていない時期でもあるため、無理をせずにゆったりとした服装でも大丈夫です。

また、ママ側・パパ側の両家の祖父母と一緒に行く場合は、事前に服装を打ち合わせておくとよいでしょう。

お宮参りの初穂料はいくら?

初穂料 のし

お宮参りでは、神職に祝詞(のりと)を奏上してもらう際に、神様に奉納する金銭として初穂料(祈祷料)を納めます。

お宮参りの初穂料は神社によって異なりますが、多くのケースでは5,000円から志で納めることとなっています。神社のホームページ等で事前に確認し、あらかじめ用意しておくようにしましょう。

初穂料はのし袋に入れて持参する

ご祈祷受付で初穂料を財布から出すことはマナー違反ではありませんが、のし袋を用意していくとスマートです。のし袋の表書きには、「御初穂料」「御玉串料」「御礼」のいずれかを書き、下段には赤ちゃんの名前を記入します。

のし紙がない場合は白封筒を利用しましょう。

お宮参りで赤ちゃんを抱く人は?

お宮参りの習わしでは、父方の祖母が赤ちゃんは抱っこをします。ただ、各家庭の事情にもよるため、母方の祖母が抱いたりママが抱いたりしても問題ありません。

お宮参りの事前に誰が赤ちゃんを抱くのか決めておくと、当日スムーズですよ。

お宮参りの流れとやり方

お宮参り 神社

  1. おはらい
  2. 祝詞奏上(のりとそうじょう)
  3. お鈴の儀
  4. 玉串拝礼
  5. 直会(なおらい)

ご祈祷に際して厳しいマナーはありません。基本的に、神職・巫女の指示に従い、お祈りを進めれば大丈夫です。携帯電話の電源を切っておき、記念撮影なども禁止です。

「祝詞奏上」では、赤ちゃんの名前等を読み上げていますので、耳を澄ませて聞いてみましょう。

「玉串拝礼」では、玉串を捧げて「二礼(2回お辞儀)」→「二拍手」→「一礼(1回お辞儀)」の作法でお参りをします。親族の中から代表1名がおこなうことがほとんどですが、参拝者全員に玉串が渡されル場合も、赤ちゃんを抱いている人は玉串拝礼は省略し、親族と合わせて二礼をします。

お宮参りの記念写真や食事会はした方がよいの?

レストラン 食事会

お宮参りの後に、記念写真や食事会をしている家庭が多いですが、決まりがあるわけではありません。せっかく家族が揃うので記念になる一方で、長時間の外出は生後1ヶ月の赤ちゃんに負担がかかることを配慮しましょう。

記念写真の撮影は別日におこなってもOK

記念写真の撮影は、できるだけ神社や自宅から近い写真館を選んだり、当日にこだわらずに別日におこなったりしてもよいですね。

お宮参り当日に記念写真を撮影する場合は、参拝前にすると、赤ちゃんが疲れていなくて笑顔の写真が残せるかもしれません。

お宮参りの食事会はホテルなどが主流

お宮参りに祖父母と一緒に行く場合、お祝いの食事会を開くことがあります。

お宮参り当日の食事会は、自宅よりもホテル等のレストランでおこなわれることが主流です。個室のあるお店であれば、赤ちゃんとママにも負担がかかりにくいのでおすすめ。

自宅でお宮参りの食事会を行う場合は、仕出し弁当を利用すればママの負担が軽減されますよ。

お宮参りで赤ちゃんの成長をお祈りしよう

赤ちゃん 手

お宮参りは、氏神様に無事赤ちゃんが生まれたことを報告、感謝し、健やかに育つようお祈りする神事です。お宮参りを機に、家族そろって赤ちゃんの健康を願うのは素敵な風習ですね。

当記事を参考にして、お宮参りの最低限の常識や作法、マナーを知っておき、赤ちゃんが生まれたらお宮参りへ行く準備をしましょう。

関連キーワード

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter