里帰り出産する?しない?スケジュールや準備、産後の出生届やお礼まで

実家が遠い人や初めて出産する人は、特に里帰り出産を選ぶ人が多いでしょう。しかし、里帰り出産にはメリット・デメリットの両方があり、里帰り出産を「しない」決断をする人もいます。パパや実家の両親とよく相談することが必要です。今回は、里帰り出産について、いつからいつまで帰省するのか、準備、費用、産後の出生届、実家へのお礼まで、幅広くまとめました。

里帰り出産とは?

妊婦 お腹

里帰り出産とは、出産前後を実家で過ごすこと。他の都道府県に実家がある人(ただし、遠すぎるとかえって負担になってしまうことが)や、初めての出産の人は特に里帰り出産をすることが多いです。

里帰り出産のメリットは?

メリット1.精神的な安心感

里帰り出産では、家に一人になることが比較的少ないので、妊娠中から精神的に安心できます。何かあったときや陣痛がきたときも、家族がいてくれるのは心強いです。

メリット2.実母に赤ちゃんのお世話を手伝ってもらえる

里帰り出産の最大のメリットは、実母や実家の家族に家事や赤ちゃんのお世話を手伝ってもらえることです。

出産直後の産褥期と呼ばれる期間は、できるだけ安静にして、出産で受けたダメージを回復させる大切な時期。この産褥期に実母がいてくれることで、気兼ねなく家事や赤ちゃんのお世話を手伝ってもらえるので、産後の体をしっかりと休めることができます。

ただし、かえって「せっかく実家にいるのだからもっと手伝ってよ」と実家の家族から催促されてしまうことも…。里帰り出産の意味について、事前に相談しておくことが大切です。

メリット3.実母に育児の不安を相談できる

実母はもちろん出産経験者、ママの大先輩です。「赤ちゃんが寝ない」「微熱があるようだけど病院に行った方がよいの?」「赤ちゃんが下痢しているようだけど…」など、初めての育児で不安や疑問がいっぱいでも、実母がよき相談相手となってくれることでしょう。

また、赤ちゃんの授乳等で夜に眠れない日々が続いたときは、昼間にお世話を代わってもらうなど、できるだけ協力してもらうとよいですね。一人で不安や育児ストレスを抱え込むよりも、ただ愚痴を聞いてもらうだけでも心がラクになりますよ。

メリット4.赤ちゃんのお披露目ができる

通常、出生後1ヶ月健診を終えるまでは、赤ちゃんの外出は控えるようにいわれているため、実家が遠方であればなかなかお披露目のタイミングもずれてしまうもの。

里帰り出産であれば、すぐに実家のじいじ・ばあばにも孫の姿を直接お披露目することができるので喜ばれます。ただし、パパ側の義理父・母への配慮も忘れずに。

里帰り出産のデメリットは?

デメリット1.病産院を変える必要がある

里帰り出産にあたり、妊娠発覚時から通っていた病産院から、実際に分娩する病院に転院する必要があります。転院に際して、仕方のないこととはいえ、転院先を決めたり諸手続きをしたり手間がかかるうえ、実家が遠いと移動も母体の負担になりますよね。

また、せっかく、もともとの病産院の医師と信頼関係が築けても、途中で替えなければいけないのは少なからず負担となってしまうことが。

そのほか、無痛分娩を希望している人は、転院先が対応しているかどうかも確認する必要があります。

デメリット2.実母からの可干渉がストレスに

実母のアドバイスはありがたい反面、育児に関する考えに今と昔のギャップがあり、押し付けられるとかえってストレスとなってしまうことがあります。

「お風呂上がりは白湯を飲ませるもの」など、現代であれば気にしなくてよいとされていることまで強要されると、イライラが募ってしまい…。「今ではこう考えられている」と現代の育児について、きちんと伝えるようにしましょう。

また、実家や実母とはいっても、気を遣ってしまうという人もいます。お世話をしてくれるのはありがたいけれど、自分のペースで生活できないので、何だかんだ自宅の方が落ち着くと感じることも。

デメリット3.パパとのすれ違い

里帰り出産で帰省する期間は人それぞれですが、短くても1~2ヶ月は家を離れることになります。その間、パパと会えないことで寂しさを感じたり、パパが父親としての自覚を感じにくかったりということがあります。

昨今では、ママの不在中にパパが羽を伸ばし過ぎてしまうなど、出産・育児に奮闘するママとの温度差が生じてしまうことで、心のすれ違いができやすいこともデメリットとして挙げられます。産後クライシスに陥ってしまう可能性も。

また、立ち会い出産を希望している夫婦は、タイミング次第では立ち会うことができない可能性があります。

デメリット4.実家が田舎

実家が田舎すぎると、病産院まで遠い、コンビニが徒歩圏内にない、車がないとどこへも行けない、WI-FI環境がない、など不便に感じてしまうことがあります。

里帰り出産を「しない」派の意見

NO しない

多くの人が里帰り出産のメリットを感じている中で、里帰り出産を「しない」「しなくてよかった」と感じている人もいます。里帰り出産をしない派の意見をご紹介します。

実家が遠いから

「-自宅から実家までは、新幹線と在来線を乗り継いで4時間近くかかる距離にあります。妊娠中、また産後は赤ちゃん連れでの移動を考えると、母子共に負担となるため、里帰りはしませんでした。

もしも里帰り出産をしていたら、何ヶ月も長期間にわたり実家に居座っていたと思いますが、そうなると、夫との気持ちの“ズレ”が生じる気がしていました。

産後は大変でしたが、夫が協力的だったので何とか乗り切ることができましたよ」

たった1週間でも実母にイライラ・気を遣ってしまった

「-里帰り出産をせずに、産後1週間だけ母親に来てもらいました。

たった1週間でしたが、いろいろと頼むのに気を遣ってしまったうえ、自分と違う家事のやり方にイライラしてしまい…。

今思うと、些細なことですが、あのときはホルモンバランスが乱れていたことから、必要以上にイライラしてしまっていたのかもしれません。

もしも里帰り出産をしていたら、母親とケンカをしたり、逃げ場がなくてストレスになっていたりしただろうなと思います」

パパが積極的に家事・子育てをしてくれた

「-周囲から、『産後は本当につらい』『里帰り出産しなくて大丈夫?』と散々いわれていたので、不安はあったのものの、自宅近くの無痛分娩ができる病産院での出産を希望していたため、里帰り出産を断念しました。

産後は、確かに育児に家事に大変ではありましたが、夫が想定していた以上に協力的で。自分ができる掃除や洗濯、ゴミ捨てなどの家事はほとんどやってくれて、赤ちゃんをあやしたり沐浴に入れたりと積極的に育児にも介入してくれました。

大変な反面、夫が早くから父性に目覚めてくれたのではないかと思い、里帰り出産をしなくてよかったなと思いました」

里帰り出産のスケジュール!いつからいつまで帰る?病院の予約はいつ?

スケジュール いつから いつまで 時期 期間

里帰り出産には早めのスケジュール管理が必要です。里帰り出産に必要な準備について、妊娠期の時系列に沿ってご紹介します。

妊娠3ヶ月:里帰り出産をするか家族と話し合う

産婦人科で妊娠の確定診断を受けたら、パパや実家の家族と話し合い、里帰り出産をするかしないかを相談しましょう。

特に昔ながらの考えを持つ実家では、里帰り出産をしないことに対して、反対されることがあります。一方で、里帰り出産をしたくと思っても、実家に都合があるので、受け入れ態勢が整っているかを確認してください。

妊娠3ヶ月:通院先の病産院にも里帰り出産することを伝える

里帰り出産をすると決めたら、妊娠確定を受けた病産院にもその旨を伝えます。初診時に分娩を希望するかどうかを聞かれることが多いので、もしも決まっていなければ、決まり次第伝えましょう。通院している病産院に紹介状を書いてもらう必要があります。

妊娠5~6ヶ月:転院先の病院を決める、分娩予約

安定期のうちに、里帰り出産をする転院先の病院を決めておく必要があります。人気の病産院によっては、早期に予約がいっぱいになるため、できるだけ早めに動き始めることが大切です。

転院先の雰囲気を知るためにも、妊娠20週ぐらいまでには、一度転院先で診察を受けるとよいでしょう。

妊娠7~8ヶ月:出産・入院準備

里帰りまでに、入院・出産、産後に必要な準備をします。産後に必要となる、ベビー用品やママの衣類などはあらかじめ実家へ送っておきましょう。おむつ等の消耗品は帰省先でも購入できます。

また、実家への移動方法についてできるだけ負担のかからない交通手段を調べておくほか、里帰り出産中にパパにお願いしたいことなどをまとめておきましょう。

妊娠9ヶ月:実家へ移動する

臨月での長距離移動は不安が伴うため、妊娠9ヶ月、34週頃までには実家へ移動しておきましょう。健康保険証や母子手帳も忘れずに。

産後1ヶ月:赤ちゃんと一緒に自宅へ戻る

無事に出産し、産褥期を実家で過ごして1ヶ月健診を終えたら、赤ちゃんと一緒に自宅へ戻ります。2~3ヶ月と長期にわたり実家に滞在する人もいますが、産後クライシスを避けるためにも、またパパが子育てに慣れるためにも、できるだけ早く自宅へ戻ることをおすすめします。

里帰り出産の費用は? 妊婦健診の助成金は使える?

費用 お金

里帰り出産にかかる費用は、通院していた病産院と転院先の両方でかかります。

  • 通院していた病産院…妊婦健診料、各種検査費、紹介状作成費用など
  • 転院先…妊婦健診料、各種検査費、分娩費用、入院費用、出生証明書作成費用など

また、自治体から妊婦健診にかかる助成金を受けられる「妊婦健康診査受診票」は、基本的に(他県での)里帰り出産の場合は使用できません。ただし、一時的に妊婦健診料を自費で負担し、出産後、決められた期限内に現住所の自治体に申請することで、助成を受けることがほとんどです。

助成金の申請手続きには、未使用の「妊婦健康診査受診票」や分娩した病産院の領収書や母子手帳のコピー等が必要となりますが、各自治外によって異なるため、確認してください。

里帰り出産の出生届はどこで手続きする?

出生届 手続き

里帰り出産で赤ちゃんが生まれたら、出生日を含む14日以内に出生届を提出する必要があります。里帰り先で対応するのか、パパに手続きを頼むのか、あらかじめ夫婦で決めておきましょう。

届け出をする場所は、「父母の本籍地」または「届け出人の所在地」「出生地」のいずれかで大丈夫です。

出生届の手続きに必要な書類は下記の3点。

  • 出生届(出生証明書欄に医師等の記入・押印があるもの)
  • 母子手帳
  • 印鑑

パパに手続きを依頼するときは、出生証明書や母子手帳送付し、退院までにまた母子手帳を送り返してもらう対応が必要となります。

里帰り出産後に必要なその他手続きは?

出生届のほか、里帰り出産で赤ちゃんが生まれたら、下記4点の手続きが必要となります(※必要手続きは各自治体によって異なります)。

  • 健康保険証
  • 乳幼児医療証
  • 児童手当
  • 出生通知書
手続き申請方法必要なもの
健康保険証(国民健康保険)窓口へ提出本人確認書類、個人番号(マイナンバー)カード、母子手帳、保険証
健康保険証(社会保険)勤務先勤務先へ確認
乳幼児医療証郵送または窓口へ提出申請書、健康保険証、母子手帳
児童手当郵送または窓口へ提出認定請求書、個人番号(マイナンバー)カード、健康保険証の写しまたは年金加入証明書

※申請方法や必要書類等は各自治体によって異なるため、詳細は確認してください。

里帰り出産のお礼は必要?いつ・何を渡す?

お礼 プレゼント ギフト

里帰り出産では、実家とはいえ、結婚し別世帯となっているにもかかわらず1ヶ月以上お世話になるので、きちんとお礼をしましょう。もちろん、実家の家族はお礼を望んでいるわけではないので、さりげなく渡せるとよいですね。

里帰り出産のお礼の相場は、1ヶ月を2万円×滞在月数と考える場合が多いようです。もし、生まれた赤ちゃん以外に第一子等が一緒にお世話になる場合は、子供一人あたり5,000円×滞在月数を上乗せします。

生活費として現金でお礼を渡す人もいれば、「現金は受け取ってくれない」ということであれば、何かプレゼントの形で贈るのもよいですね。

また、お礼をいつ渡すかについて、里帰り出産の初日に渡すのがスマートでしょう。もし可能であれば、里帰り出産初日にはパパも同席して、「妻がお世話になります」と一言添えて渡せば、実家の両親はうれしく、パパの面子も保たれます。

ただ、パパが同席できないケースは多く、さらに滞在中にお礼を受け取ってくれない、といった場合には、自宅へ戻る際にわかりやすい位置にそっと置いておく方法も。帰宅後に、電話などで「少しだけど受け取ってね」と伝えましょう。

里帰り出産をするかしないかは家族でよく相談しよう

ママ 母 祖母 孫 三世代

里帰り出産には、メリット・デメリットの双方があるため、「する」「しない」どちらの選択も正解と不正解はありません。それぞれの家庭の事情やスタイルに合わせて、納得できる方を選んでください。パパや実家の両親ともよく相談しましょう。

里帰り出産することにしたら、早めの準備を心掛けてください。特に、転院先の病産院はできるだけ早く予約することをおすすめします。

出産を終えたら、滞在中は母体の体力回復を優先して、帰宅時はきちんと両親にお礼を伝えてくださいね。

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter