妊娠中はお腹が毛深くなる!原因は?処理して大丈夫?産後は戻る?

妊娠すると身体に様々な変化が起こりますが、戸惑いを隠せない症状のひとつが「お腹深くなること」。多くの妊婦さんが経験している悩みです。せっかくのマタニティフォトもお腹の毛がフサフサしていると恥ずかしいですよね…。今回は、妊娠中にお腹の毛が濃くなる原因、自己処理をしてもよいのか、また産後は元に戻るのかなどをご紹介します。

妊娠するとお腹の毛が濃くなる原因は?

妊娠 お腹 毛 増える 濃くなる

妊娠すると、赤ちゃんの成長するにつれてお腹が大きくなると共に、フサフサ濃くなる腹毛…。多くの妊婦さんが妊娠中にお腹の毛が濃くなった・増えたと実感しています。

妊娠するとお腹の毛が濃くなる原因は、妊婦さんの体内で起こっているホルモンバランスの変化による影響。これらのホルモンにはメランン色素を増やす作用があり、色素沈着を引き起こしやすくします。

そのため、お腹の毛量が増えたというよりは、メラニン色素の影響で毛が濃く目立つようになったといえます。お腹に正中線ができたり、正中線に沿うように毛が濃く感じたりするのもそのため。

お腹の毛が目立つようになる以外にも、妊娠すると脇や乳首、乳輪、足の付け根など、もともとメラニン色素が多い部分の黒ずみが目立つようになります。また、肌のターンオーバーが正常におこなわれないことから、ミやそばかすができやすいともいわれています。

また、お腹の毛が濃くなるのは「胎児を守るため」などともいわれますが、医学的根拠はありません。

妊娠中の濃いお腹の毛は産後に元に戻る?

疑問 ?

妊娠中のお腹の毛の濃さにショックを受けている妊婦さんもいるかもしれませんが、出産して、しばらくするとホルモンバランスが戻るにつれて、お腹の毛も徐々に元に戻っていきます。

妊娠中のお腹の毛が濃いのは一時的なものなので、気にし過ぎなくても大丈夫ですよ。

妊娠中のお腹の毛は自己処理して大丈夫?

妊婦 毛 処理 脱毛 注意

妊娠中のお腹の毛が濃いのは一時的な変化なので、できれば処理しない方がよいです。毛の自己処理がお腹の赤ちゃんに何かしらの影響があるわけではありませんが、妊婦さんはホルモンバランスの影響で敏感肌になっているので、過度な自己処理は肌荒れのもと。

妊婦健診の際に毎回お腹を出すことになりますが、産婦人科の医師や看護師は見慣れているので、気にしなくても大丈夫です。旦那さんに「お腹の毛を見られるのが恥ずかしい」という人もいますが、生理的な現象だと説明すればきっと理解してもらえますよ。

しかし、マタニティフォトなどお腹を記念写真に残すときや、何かしらの理由で人にお腹を見られる機会があるときは、できるだけ肌に負担をかけない方法でムダ毛の処理をしましょう。

妊娠中のお腹の毛の自己処理には、カミソリを使います。できるだけ肌への負担を軽減できるように、アルコールフリーのシェービングクリームをあらかじめ塗っておきましょう。また、処理後はこちらも低刺激のボディクリームやローションでケアしてください。

脱毛ワックス・クリームは、妊婦さんにはおすすめできません。肌への刺激や特有のにおいが強いことから、トラブル回避のために商品パッケージには、「妊婦や授乳中の人の使用は控えるように」注意書きが記載されているものもあります。

妊娠中のお腹の毛はプロに脱毛してもらってもよい?

脱毛 エステ サロン

大半の脱毛サロンやクリニックでは、妊婦さんの脱毛を受け付けていません。ホルモンバランスが不安定なため体調を崩しやすく、脱毛の施術効果も出にくいためです。

また、脱毛サロンでの施術には、レーザーやフラッシュなどの電気機器を使います。これら施術による子宮収縮などの体調変化に対して、脱毛サロンやクリニック側では責任を取ることができないため注意しましょう。

妊娠中のお腹の毛が濃いと赤ちゃんの性別は男の子?

性別 男の子 女の子

妊娠中の体毛が濃いとお腹の赤ちゃんの性別は男の子」という噂を聞いたことはありませんか?

しかし、これは都市伝説にすぎず、妊婦さんの体毛の変化は体内環境の変化によるもので性別とは関係ありません。

一般的に、赤ちゃんの性別の予想がつくのは妊娠6~7ヶ月頃。赤ちゃんの性別が男の子でも女の子でも、妊婦さんのお腹の毛は濃くなることがあるので、あまり噂話に振り回されないようにしましょう。

妊娠中のお腹が毛深いのは産後もとに戻る

妊婦 お腹の毛 今だけ

女性にとって、毛深くなるのは気になってしまうもの。しかし、お腹の毛が濃くなるのは妊娠中の特有の変化であり、産後は徐々にもとに戻ります。お腹の赤ちゃんにも影響はありません。

自己処理はここぞというときに限るようにして、繰り返さないようにしましょう。

妊娠中は、様々な体の変化や不調に戸惑うことが多いですが、マタニティライフの思い出のひとつとして割り切って、あまり気にし過ぎないようにしてくださいね。

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter