妊婦は辛いものを食べてもいい?無性に食べたくなる激辛料理の影響は?

妊婦さんはつわりの影響で食の好みが変わり、無償に辛いものを食べたくなることがあります。しかし、「妊娠中の辛いものはお腹の赤ちゃんによくない影響を与える」そんな噂を聞いたことはありませんか?そこで今回は、妊婦さんは辛いものを食べてもいいのか、食べ過ぎによって気を付けたい症状についてご紹介します。

妊婦は辛いものを食べてもいい?赤ちゃんに影響は?

辛い スパイス

妊婦さんは辛いものを食べるとよくない、お腹の赤ちゃんに悪影響がある、といった噂を聞いたことはありませんか?確かに、刺激が強い食べ物は、妊娠中にあまりよくないイメージを抱きます。

しかし、妊娠中だからといって、辛いものを特別控える必要はなく、お腹の赤ちゃんにも直接的な悪影響を及ぼすことはありません。

例えば、妊婦さんが摂取を控えたいとされる食べ物には、生ものや非加熱のナチュラルチーズ、水銀を多く含む魚介類などが挙げられますが、これらは感染に注意すべき菌を含んでいたり、胎児の中枢神経に影響を与えるリスクが潜んでいます。

辛いものにはこれらのような胎児への悪影響はないものの、辛いものに限らず、何でもほどほどにしておくことが大切。摂り過ぎには注意して、非妊娠時よりも控えめにするぐらいがちょうどよいでしょう。

妊婦は辛いものを食べたくなる!

辛い 料理 食べたい

妊婦さんはつわり症状の影響で、食べ物の好みが変わることがあります。妊娠前までは興味のなかった食べ物が好きになったり、反対に受け付けなくなったり。

中でも、酸っぱいものや辛いものが食べたくなる妊婦さんが多いのだとか。韓国発の「辛ラーメン」や激辛タンメン、キムチ鍋、カレーなど、特定のものばかりを無償に食べたくなるのもつわり症状の特徴です。

辛いものの食べ過ぎはよくありませんが、つわりで他の食品を受け付けないとき、食欲がわかないとき、辛いものを上手に摂り入れるのもひとつの方法。唐辛子やスパイスは食欲不振の解消に役立ちます。

なお、つわりの原因ははっきりとわかっていませんが、ホルモンの影響や赤ちゃんの存在に拒絶反応を起こしていることなどが背景にあると考えられています。

妊婦が辛いものを食べるときの注意点

スパイス 辛い 量

妊娠中に辛いものが食べたくなるからといって、食べ過ぎたり、毎日激辛料理を食べ続けたりと、極端な食生活を送っていると、妊娠高血圧症候群に代表される次に挙げるような母体によくない影響を及ぼす可能性が。

もちろん、妊娠中かどうかに限らず、辛いものは刺激が強く、塩分が多く含まれているので、食べ過ぎると健康に害を及ぼす可能性があります。何でも適量を心掛けましょう。

妊娠高血圧症候群

妊娠中に塩分を摂り過ぎたり太り過ぎると、妊娠高血圧症候群の危険が高まります。

妊娠高血圧症候群とは、妊娠20週以降に高血圧を発症し、悪化すると肺や腎臓の機能障害、早産、低出生、死産などに影響を与える可能性が。また、妊娠高血圧症候群の妊婦さんは分娩時のリスクが高まります。

妊娠高血圧症候群の予防には、塩分を控えること、外食は避ける、加工食品を避けるなどの工夫をしましょう。

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」によると(※1)、妊婦さんが1日に摂取する塩分の目安は7.0g未満が目標値とされています。できるだけ減塩の食べ物をチョイスするようにしましょう。

辛いものが食べたくなったら、塩分は控えつつ、香辛料をうまく使ってみるとよいですね。

妊娠糖尿病

妊娠高血圧症候群と同様に、太り過ぎると妊娠糖尿病のリスクを高めます。妊娠糖尿病は、巨大児や産後の母体に異常が生じるリスクが発生します。

味付けの濃い辛いものや脂っこい辛いものは控えるようにしてください。また、辛いものはついつい白米や麺などの炭水化物が進んでしまいますが、急激な体重増加を防ぐためにも注意しましょう。

辛いものと一緒に甘いジュースや炭酸飲料の摂り過ぎにも要注意です。

下痢

辛いものは刺激が強く、トウガラシに含まれるカプサイシンは消化不良を起こすことも。妊婦さんはホルモンバランスの変化による影響で、お腹の調子が狂いがちになるため、辛いものを食べると下痢や腹痛を引き起こす可能性があります。

妊婦さんには減塩・カロリーカットの辛いものがおすすめ

辛いもの好きの妊婦さんは、できるだけ塩分やカロリーが控えめなものを選ぶよう心掛けてください。

ハウス ヘルシーオカレー 香り高いスパイシータイプ 中辛

ハウス ヘルシーオカレー

出典:housefoods.jp

美味しさをそのままに、塩分を30%オフした減塩カレールウです。スパイシーな味わいで辛いものが好きな妊婦さんにおすすめです。2皿分×3袋の小分けになっているため、保管にも便利ですよ。

●内容量:102g
●税込価格:楽天/288円、Amazon/268円

(2018年7月4日 14:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

無塩ドットコム 黒胡椒にんにく唐辛子

無塩ドットコム 黒胡椒にんにく唐辛子

出典:www.muen-genen.com

唐辛子と黒こしょう、ニンニクの香ばしい味わいが美味しい、食塩不使用の調味料です。野菜炒めなど、料理の仕上げにふりかけて食べられます。量によってお好みの辛さに調整できる所が魅力です。

●内容量:90g
●税込価格:楽天/605円、Amazon/540円

(2018年7月4日 14:30時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

楽天市場で見るAmazonで見る

妊婦は辛いものをバランスよく摂り入れよう

妊婦 食事 バランス

妊娠中に無性に辛いものが食べたくなったとき、ずっと我慢し続けるのはつらいですよね。ストレスを溜めないためにも、適度に辛いものを食べるようにしてください。

量や頻度を守れば、妊婦さんが辛いものを食べても、母体・お腹の赤ちゃん共に悪い影響を与えることはありません。つわりで食欲がないときも、辛いものであればおいしく食べられるかもしれませんね。

妊婦さんは、バランスのよい食生活を心掛けつつ、辛いものを上手に摂り入れてマタニティライフを乗り越えていきましょう。

※1 参考文献:厚生労働省 日本人の食事摂取基準(2015年版)

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter