赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで?原因と対策は?放置してよい?【助産師監修】

泣いている赤ちゃん

赤ちゃんのお世話をする中でママを悩ませる夜泣き。夜泣きが続くと、ママも寝不足になったり精神的なストレスを抱えてしまう原因に。

赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで続く?夜泣きの原因と対策法は?放置してもよいの?夜泣き対策におすすめのお助けグッズと併せてご紹介します。

赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで?

夜間授乳をするママと赤ちゃん

日中は機嫌よく過ごしていても…、夜になると頻回に泣き出す赤ちゃん。おむつを替えても、ミルクやおっぱいをあげても、なかなか泣き止まなかったり、何度も起こされたり。「原因がわからない!」と困っているママは多いかもしれません。

赤ちゃんは夜泣きをするものと覚悟はしていても、毎日続くとつらいものですよね。

生後2~3ヶ月頃に始まり、生後8~9ヶ月にはピークを迎える

赤ちゃんの夜泣きは「いつから」始まるのか、個人差はあるものの、一般的には生後2~3ヶ月頃に始まり、生後8~9ヶ月頃にピークを迎えるといわれています。

生後8~9ヶ月頃は赤ちゃんの認知する能力や情緒が発達し、自己主張も強くなってきます。この頃には、毎日のように夜泣きに悩まされるママがいるようです。

1歳~1歳半頃には徐々に収まっていく

また、夜泣きは「いつまで」続くのか、こちらも個人差はあるものの、1歳~1歳半頃が目安となります。

この頃までには、毎日決まった時間に就寝・起きるようにし、昼間の活動を活発にしていれば、生活リズムが整ってきて夜泣きをすることも減ってくるでしょう。

2・3歳で突然夜泣きをしたり、または夜泣きをしない子も

一方で、2歳や3歳になってからいきなり夜泣きが始まるケースや、夜泣きをほとんどしない赤ちゃんもいます。兄弟・姉妹でも夜泣きには違いがあるようです。

2歳以降の突然の夜泣きに悩まされる場合は、その背景に環境の変化や精神的な不安が原因として隠されている可能性もあります。

赤ちゃんの夜泣きの原因は?

眠っている赤ちゃん

赤ちゃんの夜泣きの原因ははっきりとはわかっていません。いくつかの原因が重なっている可能性も考えられます。

夜泣きの原因として挙げられる事項をご紹介します。

レム睡眠

赤ちゃんも大人と同じように、深い眠りの「ノンレム睡眠」と浅い眠りの「レム睡眠」を繰り返しています。

夜泣きはこの睡眠サイクルともかかわっており、眠りが浅くなったレム睡眠時に夜泣きが起こると考えられています。

そのため、赤ちゃんが夜泣きをしているとママは「何かつらいのかな」「苦しいのかな」「何がいけないのだろう」とついつい心配になってしまいますが、夜泣きにあまり特別な意味はないことも多いのです。

赤ちゃんの脳が発達している証拠

夜泣きは、赤ちゃんの脳が発達している証拠ともいわれています。

脳が発達してくると、日中に受けた刺激を眠っている間に処理するようになります。いつもと違う場所にお出かけしたり、たくさんの人に会ったりと、新しいことや刺激的なことを日中に体験すると、夜に脳が興奮状態に陥ってしまうことが。

脳の興奮状態によって、怖い夢や不安な夢をみて夜泣きをしているのかもしれません。

ママの姿が見えない不安や寂しさ

生後6~7ヶ月頃になると、ママ・パパを認識し他の人との区別がつくようになります。月齢が進むと感情が豊かになると共に自我が芽生えてきます。

ふと目が覚めたときに、ママの姿が確認できないと、不安や寂しさが原因で夜泣きをしてしまうことがあります。

睡眠環境

母乳・ミルクやおむつといった原因以外にも、何かしらの睡眠環境が夜泣きの原因になっている可能性が。

部屋の室温は赤ちゃんに快適になっているでしょうか?赤ちゃんは大人よりも体温が高いので暑がり。洋服の着せすぎや布団のかけすぎに注意しましょう。

赤ちゃんの夜泣き対策法

赤ちゃんと添い寝するママ

赤ちゃんの夜泣きが起きたとき、まずは基本のポイントをチェックしてみましょう。

基本の夜泣き対策チェックポイント

  • おむつは濡れていないか
  • お腹は空いていないか(おっぱい・粉ミルク)
  • 暑くないか・寒くないか(温度・室温・布団や衣類の着せすぎなど)
  • そのほか寝具の状態や騒音など、寝室の環境が赤ちゃんに不快な状態でないか
  • 発熱など体調不良や病気は考えられないか

ただ、これらを解消しても「夜泣きが解消されない!」ということは多々あります。赤ちゃんの夜泣きの原因ははっきりとはわからないため、いろいろな方法を試してみるとよいでしょう。

昼間に活発に活動する

夜にぐっすり眠ってほしいとき、まずは日中の生活を見直すことから始めてみてください。

朝は早起きを心掛け日光の光を浴び、できるだけ昼間にたくさん活動して疲れさせると、夜にぐっすりと眠れるようになります。昼間に天気がよければお外にお散歩へ行きましょう。

お昼寝はできるだけ決まった時間にして、寝過ぎないように注意してください。午後3時以降のお昼寝は避けるようにすると、生活にメリハリがついてきて、徐々に夜泣きも減ってくるかもしれません。

入眠儀式を習慣化する

睡眠サイクルがまだできておらず、昼と夜の区別がつきにくい赤ちゃんには、入眠儀式の習慣化を始めましょう。

例えば、就寝前にパジャマに着替える、部屋を真っ暗にする、オルゴール音楽をかけるなど、「今から寝るよ」という合図を印象付けましょう。即効性はありませんが、習慣にすることで、徐々に睡眠サイクルが整ってきます。

スキンシップで安心感を与える

お腹は減っていないし、おむつも濡れていない。それでも夜泣きをするときは、赤ちゃんが不安に思っているかもしれません。

抱っこや添い寝をしながら身体の一部をトントンすると赤ちゃんは落ち着きます。隣にいてママの顔を見るだけでも安心して寝ついてくれるかもしれませんよ。

泣き止む音・音楽を聞かせる

赤ちゃんが泣き止むといわれている音や音楽を聞かせると安心して眠ってくれる、というママの体験談も多いです。特に「胎内音」「ドライヤー」「ビニール袋」の音は効果的といわれています。

寝かしつけ用音楽のCDも販売されていますが、無料アプリやYouTubeで動画を検索することもできますので、試してみてはいかがでしょうか。

気分転換をする

何をしても夜泣きが止まらないときは、思い切って赤ちゃんと気分転換をしてみましょう。

ベランダに出て外の空気に触れてみると、ぐっすり眠ってくれるかもしれません。中には、チャイルドシートに載せて気分転換にドライブする、なんてママもいるようです。

夜間授乳をやめる

赤ちゃんの夜泣き対策として、「夜間の授乳を止めたら夜泣きが解消された」というママの声が実は多いです。しかし、実際には夜泣きが解消されないこともあります。

離乳食をしっかり食べて栄養面で問題がなければ、夜間断乳を検討してもよいでしょう。夜間断乳をする場合は、母乳以外から水分が取れるかどうかも確認して、水分補給を心掛けてくださいね。

おっぱいを飲みながら眠りに入った赤ちゃんは、おっぱいが近くにないと夜泣きをしてしまうことがあるようです。最初のうちはおっぱいをほしがってしまうため、ママも赤ちゃんも大変ですが、慣れると夜間に覚醒することも減るでしょう。

また、夜間断乳をおこなっているときでのどが渇いている場合は、母乳やミルクではなく、麦茶や湯ざましをあげてみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんの夜泣き対策グッズ

ママたちのお助けグッズとして、赤ちゃんの夜泣きに着目した商品がたくさん販売されています。夜泣きに特効薬はなく、こういった夜泣き対策グッズの効果は人それぞれですが、ママと赤ちゃんに合えば力強い味方になってくれるかもしれませんね。参考にしてみてください。

※以下の夜泣き対策グッズはシェリールママ編集部による選定

1.タカラトミー すやすやメロディ

タカラトミー いっしょにねんね すやすやメロディ

出典:www.rakuten.co.jp

癒しのメロディと共に、お腹にいたときの胎内音がバックミュージックに聞こえるベビーミッキーのぬいぐるみです。聞き慣れた音を聞くことで、赤ちゃんも安心して眠ることができるかも。タイマー付きなので、メロディを付けたまま眠ってしまっても安心です。

●対象年齢:生後0ヶ月~
●税込価格:5,478円

(2019年10月30日 16:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

販売サイトで見る

2.AMOMA ベビースリープ(赤ちゃん専用ブレンドアロマ)

夜泣き専用アロマ

出典:www.amazon.co.jp

助産師でもあるマタニティセラピストが開発した、寝かしつけ専用アロマです。寝る前に枕やパジャマに数滴垂らせば、やさしい香りが眠りへ導きます。

繰り返し使用することで、この香りを嗅いだら「安心して眠れる」と赤ちゃんの入眠儀式の習慣にも。100%天然エッセンシャルオイルなので、赤ちゃんにも安心して使うことができます。

●対象月齢:0歳~
●容量:10ml
●税込価格:1,698円

(2019年10月29日 16:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

販売サイトで見る

3.スワドルアップ ORIGINAL

スワドルアップ ORIGINAL

出典:lovetree.jp

オーストラリア発の夜泣き・ぐずり泣き対策おくるみです。少し変わったかたちのおくるみですが、そのワケは、赤ちゃん特有のモロー反射を抑えながらも、下半身は足を上げられるようになっていて、自然とママのお腹にいた時のような姿勢をつくれるようになっています。

スワドルアップには素材違いで多種類展開されていますが、こちらのORIGINALは迷ったらおすすめのスタンダードなオールシーズン用です。

●対象年齢:目安0~12ヶ月
●カラー:グレー、ブルー、ピンク
●税込価格:3,731円

(2019年11月7日 9:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

販売サイトで見る

4. 西川 アンパンマン寝かしつけまくら ママ楽ね

アンパンマン寝かしつけまくら

出典:www.amazon.co.jp

添い寝をしてやっと寝かしつけたのにベッドの上に置いた瞬間また泣き始めて…、ということを防いでくれるお助けグッズです。抱っこするママの腕に枕を通すことができ、ベッドの上に腕ごと置いて、そっと腕を引き抜くことができる優れもの。柔らかい素材で赤ちゃんの頭をやさしく包み込んでくれます。授乳枕としても使えます。

●対象月齢:0歳~
●税込価格:1,571円

(2019年11月7日 10:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

販売サイトで見る

5.はぐくみプラス すやねむカモミール

はぐくみプラス すやねむカモミール

出典:www.rakuten.co.jp

ママも赤ちゃんも安心して飲めるオーガニックのハーブティーです。いつからいつまで続くのかも分からない夜泣きにイライラしてしまうとき、癒しのハーブティーでリラックスしましょう。ママの心の余裕は赤ちゃんにも伝わるはずです。親子で使える夜泣き対策アイテムです。

●対象年齢:離乳食に慣れた1歳前後から
●内容量:42g(1.4g×30包入り)
●税込価格:3,980円

(2019年10月30日 16:00時点)

※表示価格は、時期やサイトによって変更される場合があります。詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。

販売サイトで見る

赤ちゃんの夜泣きは放置しても大丈夫?

ベビーベッド

実は「夜泣き」は“添い寝”が当たり前の日本特有の概念だといわれており、海外では赤ちゃんの自立を促すため別々の部屋で眠ることから、ママ・パパが夜泣きに悩むことは少ないのだとか。

赤ちゃんを別室で寝かせた後にベビーモニターで観察しながら、必要に応じて授乳をしたり、おむつ替えをしたり、抱っこしてあやしたりするそうです。

日本人のカルチャーでは、夜泣きをしている赤ちゃんを放置すると「かわいそう」と感じやすく、さらに集合住宅では近隣への迷惑も気になるところ。

夜泣きの対策法に正解はないため、海外のように夜泣きを見守るのもひとつの対策ですが、注意したいポイントがあります。

時間を決めて離れて見守る

夜泣きを離れて見守る時間をあらかじめ決めておきましょう。はじめのうちは2~3分程度から様子を見るようにします。徐々に時間をのばして、一人で眠る練習をします。

赤ちゃんが泣いたとき、すぐに抱っこしたりあやしたりしなくても、少し様子を見ていると、案外一人で泣き止みそのまま眠ってしまうことがあります。必要以上にあやすことで、かえって赤ちゃんを起こしてしまうことも。

ただ、泣き疲れて眠るまで長い間放置するのは、特に低月齢の赤ちゃんにはおすすめできません。また、集合住宅ではご近所に一言断りを入れて、理解を得られてからにした方がよいでしょう。

基本はたっぷりスキンシップを取ることが大切

「夜泣きを放置すると“サイレントベビー(感情表現が出にくい子)”になる」といった話を聞いたことはありませんか?

サイレントベビーは医学的には根拠のない俗称であり、夜泣きを少し放置したからといって、いわゆるサイレントベビーになることはあまり考えられません。

とはいっても、赤ちゃんをいつも放置してよいわけではなく、基本はたっぷりのスキンシップを取ることが大切です。

また「抱っこしすぎると抱き癖がつく」という心配もありますが、赤ちゃんは抱っこしてもらうことで、安心感や信頼感が生まれ、情緒が安定します。スキンシップは幸せホルモンの「オキシトシン」が出るともいわれています。

日頃からママ・パパと赤ちゃんとのスキンシップが取れていれば、夜泣きをすぐにあやさなくても、信頼関係が崩れることはないでしょう。

赤ちゃんの夜泣きはいつか終わりがくる

ぬいぐるみを抱いて眠っている赤ちゃん

どんなにかわいいわが子でも、原因もわからず毎日のように夜泣きが続くと、ママは心身共に疲れ切ってしまいます。夜泣きが激しい時期は、ホルモンバランスの関係でママの精神状態も安定していない頃。

夜泣きが続いてつらくなったら、家族にも協力を求めるようにしましょう。休日はパパに夜泣きのお世話をしてもらうなど、できるだけママも心身共に健康でいられるようにしてくださいね。

深夜にママひとり、夜泣きと戦っていると、終わりの見えないゴールに漠然とした不安を抱いてしまうかもしれません。

しかし、赤ちゃんの夜泣きはいつか終わります。今回ご紹介した対策法を試しながら、「今だけの苦労。いつか笑って話せるときがくる」と念頭におきながら乗り越えていきましょう。

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter LINE@