産後の生理はいつから?兆候はある?再開が早い・こないときは?

産後生理(月経)がいつから再開するのか、第二子以降を考えている人にとっては大切な問題ですよね。産後の生理再開の時期は個人差が大きいものの、授乳が大きく影響しています。今回は、産後の生理について、いつから再開するのか、兆候はあるのか、生理痛や経血量の変化は、生理不順や周期などをまとめました。

産後の生理再開には授乳が影響している?

授乳をするママと赤ちゃん

そもそも生理とは、受精卵を着床させるための子宮内膜が不要になり、経血(月経血)となって体外に排出されるものです。妊娠をすると生理がなくなり、受精卵が子宮内膜に着床して胎盤がつくられ、赤ちゃんがお腹の中で成長していきます。

出産によって胎盤が排出されても、体内の状態はすぐに元どおりにならないため、産後すぐに生理が再開することは(一般的に)ありません。産後の生理開始が「いつから」というのは個人差が大きく、また、その時期は授乳が密接に関係しています。

妊娠中から産褥期にかけて、体内のホルモン状態は妊娠前と大きく変化しますが、そのひとつがプロラクチンというホルモンの増加です。プロラクチンは「乳汁分泌ホルモン」とも呼ばれ、その名のとおり母乳を促す働きがあります。

一方で、プロラクチンには排卵を促す黄体化ホルモンの働きを阻害します。授乳している間はプロラクチンの分泌が高まっているため、つまり、卒乳までは排卵が起こりにくい=生理がきにくい状態が続きます。

ただし、授乳中も100%生理が再開しないとはいえません。体の回復具合や授乳頻度なども生理の再開に影響すると考えられており、授乳中でも生理が再開する人はめずらしくありません。

一方で、授乳中で生理がなくても排卵して妊娠する可能性もあります。

産後の生理再開はいつから?

疑問Q&A

産後の生理再開の時期目安

一般的に、最初から粉ミルク育児の場合は産後2週間以降にプロラクチンの低下がみられ、その後2~3ヶ月で排卵・生理が再開します。母乳育児の場合も、授乳を止めて2~3ヶ月で生理が再開するケースが多いです。

ただし、母乳育児を続けていても、個人差は大きいですが、産後5ヶ月~1年ほど経つと生理が再開することがあります。

産後の生理再開が早いまたは遅いケース

ただし、産後の生理再開が早い人のケースでは、出産から1ヶ月ほどで生理が始まることも。あまりに早いとかえって不安になってしまいますが、子宮の回復が早かったことが原因として考えられます。

一方で、産後の生理再開が遅い人では、授乳を止めているにもかかわらず、産後1年以上経っても生理が再開しないケースがあります。ホルモン異常、ストレス、またはその他の病気が潜んでいる可能性も否定できないため、授乳をやめて半年以上再開がないときは婦人科で相談してみましょう。

産後の生理再開に兆候はある?

疑問を抱く女性

妊娠前の生理の兆候と同じように、おりものが増えたり眠気を感じたり、身体がだるくなったりという症状が出る人がいますが、生理前の兆候も個人差が大きいです。

産後の生理再開の目安時期を知りたい場合は、基礎体温をつける習慣を身に付けるとよいでしょう。

産後に生理がこない!受診の目安と注意点

チェック表

産後、粉ミルクで授乳して半年経っている、または断乳してから6ヶ月以上経っているにもかからず生理がこない場合や、以下の項目にあてはまる場合は注意が必要です。ホルモンや子宮の回復に異常がある可能性が考えられます。

一度、婦人科を受診して専門医に相談してみましょう。

  • 断乳してから6ヶ月以上経っても生理がこない
  • 産後18ヶ月経過し、かつ授乳間隔が開いているのに生理がこない
  • 産後に生理が再開した後、再度こなくなった
  • 経血の量が極端に多い、経血が長く続く
  • 血の塊(レバー様)のような経血が多い
  • 経血の量が極端に少ない、ナプキンがほとんど汚れない
  • 生理痛がひどく、立って動くことが困難

産後の生理再開と妊娠の関係

妊娠

一般的に、産後から生理再開までの期間は、性行為をしても妊娠しにくいといわれています。しかし、生理が再開していなくても、排卵していることはあるため、妊娠の可能性があります。

このため、妊娠を計画しない期間は、たとえ出産直後、生理がきていなくてもきちんと避妊するようにしましょう。

反対に、高齢出産などの理由で、産後早い段階で次の妊娠を希望する場合は、早めの断乳を視野に入れることがあります。

パートナーとよく話し合い、必要に応じて医師や助産師など専門家のアドバイスを受けながら妊活を進めましょう。

産後の生理の出血量や生理痛

生理 ナプキン

個人差はあるものの、産後の初回の生理において、普段と同じぐらいの出血量だったり、期間が1週間前後で終わるようであれば、生理が再開したと考えてよいでしょう。

また、一般的に出産を経験すると経血量が減ったり、生理痛の症状が軽くなるといわれていますが、実際には、初回の生理では症状が重いケースが少なくありません。それでも、回数を追うごとに、生理痛が軽くなることが多いようです。

経血の量が多過ぎる、生理痛の痛みが激しいといった症状が続くときは受診して医師に相談しましょう。

産後の生理周期は?生理不順になるの?

カレンダー いつ 時期 周期

産後、生理再開後しばらくはホルモンバランスが安定していないため、周期が一定ではない可能性があります。妊娠前と多少の違いがあっても、数回は様子をみてもよいでしょう。

また、産後の慣れない育児へのストレスや、慢性的な不眠、疲労、生活環境の変化によって、生理不順を招いてしまうことも。

産前・産後は、体質の変化を実感する人も多く、妊娠前は生理が比較的軽く、周期が安定していた人も、産後は生理不順に悩まされることはめずらしくありません。

産後の生理再開は個人差が大きい

スキンシップする赤ちゃんとママ

産後の生理がいつから再開するかは、ママたちにとって重要なことですが、個人差が大きいです。母乳育児中はホルモンの影響で生理がこないことが多く、断乳から3ヶ月ほどを目安に再開することが多いでしょう。

断乳後も長期にわたって生理がこない、または経血量が異常に多かったり生理痛がひどいといったことがあれば、婦人科で一度に相談してみてくださいね。

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter