美肌へ導く正しいクレンジングの方法・やり方、種類別の使い方

クレンジングにはクリームやオイルなどいくつかの種類があり、それぞれ正しく使う方法やり方が異なります。また、マツエクをしている人の場合はどのようにクレンジングすればよいのでしょうか。今回は、オイル・ジェル・クリーム・シート・リキッド・ミルクといったクレンジングの種類別に使い方について詳しくまとめてみました。

美肌の基本!効果的にクレンジングするためにまず覚えておきたいこと

クレンジング 洗顔 方法 やり方

どの種類のクレンジングにも共通していえる、クレンジングの基本についてまずはおさえておきましょう。美肌を保つためには必須の方法なので、覚えて実践することをおすすめします。

  • その1.目元・口元などのポイントメイクは専用のメイク落としを使ってやさしく落とす
  • その2.清潔で汚れていない乾いた手にクレンジングを取る
  • その3.Tゾーンなど皮脂の多い部分から皮脂の少ない部分へ順番に洗う
  • その4.肌はこすらずにやさしく撫でるようにクレンジングを肌になじませる
  • その5.熱いお湯ではなくぬるま湯でクレンジングを洗い流す
  • その6.髪の生え際やあごまわりなどもクレンジング成分を残さないように念入りに洗い流す

種類ごとに違う!正しいクレンジング方法とは?

クレンジング オイル リキッド 洗顔

クレンジングには、主成分が異なるいくつかの種類があります。クレンジング力の強い種類から順番に方法をご紹介します(クレンジング力は商品によって異なります)。また、一般的に「クレンジング力が強い=肌への負担が大きい」と考えられているため、頭に置いたうえで自分に合うクレンジングを選ぶとよいですね。

クレンジングオイルの使い方(クレンジング力強)

油性のエマルジョンファンデーションなどのばっちりメイクや、ウォータープルーフの化粧品を使用したときにおすすめなのがクレンジングオイル。濃いめのアイライナーやマスカラもきれいに落としてくれます。クレンジングオイルを正しく使う方法は「乳化」がポイントです。

1.必ず乾いた手に500円玉ほどのクレンジングオイルを取りTゾーンから顔全体に伸ばし、メイクや汚れと指の腹を使ってくるくるなじませます。

2.手に少量のぬるま湯か水を垂らして、顔のクレンジングオイルとなじませて乳化させます。

3.顔全体が白っぽくなり乳化したら、ぬるま湯で洗い流します。

クレンジングジェルの使い方(クレンジング力普通~強)

クレンジングジェルには、「オイルフリー」と表示のあるオイルフリー水性ジェル、オイルイン水性ジェル、油性ジェルの3種類があります。水性ジェルは油性ジェルと比べるとクレンジング力が弱めなので、ナチュラルメイクの人におすすめ。ジェル特有の弾力のあるテクスチャで、肌への負担が少ないクレンジングです。ジェルの重さが消えるまでなじませるのがポイントです。

1.さくらんぼ大程度の量のクレンジングジェルを乾いた手に取ります。ジェルの量は少なすぎても多すぎても肌滑りが悪く負担となります。

2.(オイルフリー水性ジェル以外は)手に取ったクレンジングジェルを手の中で温めます。こうすることで肌なじみがよくなります。

3.Tゾーンから顔全体にクレンジングジェルを伸ばし、メイクや汚れと指の腹を使って円を描くようにくるくるなじませます。

4.油性ジェルの場合は、ジェル特有の「重いテクスチャ」がすっと消え、肌滑りがするすると軽くなるまでなじませます。その後、ぬるま湯で洗い流します。

クレンジングクリームの使い方(クレンジング力普通)

油分が含まれているクレンジングクリームは、洗い上がりの肌がしっとりとするクレンジングで乾燥肌の人におすすめ。また、クリームのやさしいテクスチャーが肌との摩擦を防いでくれるため、ニキビや敏感肌の人にも向いています。

1.さくらんぼ大程度のクレンジングクリームを乾いた手に取り、手のひらでクリームを温めます。

2.Tゾーンから顔全体にクレンジングクリームを伸ばし、クリームが白色から透明っぽくなるまで指の腹を使ってやさしくなじませます。

3.洗い流すタイプはぬるま湯で丁寧に洗い流します。ティッシュオフが可能なタイプであれば、ティッシュを顔にあててクリームを吸収させるようにして拭き取ります。

クレンジングシート・リキッドの使い方(クレンジング力弱~中)

旅行やヘトヘトに疲れたときに便利なのがクレンジングシートやリキッド(液状)タイプ。クレンジングシートは不織布(シート)にクレンジング液が含まれていて、拭き取るだけでメイク落としが可能です。クレンジング力は弱めですが、拭き取ることで効果が高まります。摩擦による肌への負担から、毎日使うというよりは応急処置的に使う方法として留める方がよいでしょう。

1.クレンジングシートは、ポイントメイク落とし用、顔全体用の2枚使うようにします。リキッドタイプはコットンを2枚用意しましょう。

2.まずはポイントメイクから落とします。ポイントメイクはこすって落とすのではなく、クレンジングシートまたはリキッドを含ませたコットンを上から30秒ほどやさしく押さえて、メイクを浮き上がらせます。

2.顔全体を拭き取るときも、できるだけゴシゴシこすらないように、クレンジング液とメイクがなじむように、ゆっくりとすべらせていきます。

3.クレンジングシート・リキッドは基本的に洗い流しは不要です。ダブル洗顔をおこなうときは、この後洗顔をします。

クレンジングミルクの使い方(クレンジング力弱)

クレンジングミルクは乳液状で水分を多く含んでいるため、滑らかな使用感で伸びがよいのが特徴です。摩擦が起こりにくく低刺激なうえに、肌の潤いを取り過ぎないので乾燥肌や敏感肌の人におすすめ。一方で、クレンジング力は弱めなので、ばっちりメイクや脂性肌の人にはあまり向いていません。

1.クレンジングミルクは比較的、特にポイントメイクが落ちにくいので、アイメイクやリップはあらかじめポイントメイクリムーバーでオフしておきましょう。

2.500円玉ほどのクレンジングミルクを乾いた手に取り、手のひらでミルクを温めます。

3.Tゾーンから顔全体にクレンジングミルクを伸ばし、指の腹を使って汚れやメイクとやさしくくるくるなじませます。

4.十分になじんだらぬるま湯で洗い流します。

マツエクしている人のクレンジング方法は?

マツエク 目元

まつげエクステ、通称「マツエク」をしている人は、クレンジングの方法にも気を遣う必要があります。せっかくマツエクをしているのに、クレンジングによって取れやすくなってしまうためです。

マツエクの接着剤は油分に弱いため、ポイントメイクリムーバーの使用はNG。そのため、目元には落ちにくいウォータープルーフのアイライナーやアイシャドウの使用は控えましょう。

クレンジングの種類は、油性のオイルやジェル、クリームは避けてください。シートやコットンもエクステにひっかかると取れてしまうことがあるため、あまり向いていません。マツエクをしている人はオイルフリーの水性ジェルやリキッドがおすすめです。

マツエク人気から、「マツエクOK」と商品に記載のあるクレンジングも増えているため、探してみてください。マツエクのサロンで相談してみるのもよいですね。

クレンジング後の効果的な洗顔方法

洗顔 タオル

そもそもクレンジングの後に洗顔は必要?

「ダブル洗顔不要」と記載されている商品以外は、基本的にクレンジング後も洗顔が必要です。

クレンジングの役割は「メイクを落とすこと」。メイクには油分が含まれているために、洗顔料だけではファンデーションやアイシャドーなどを十分に落とすことができません。

ただし、肌に残ったクレンジング料や汚れ、メイクのほか、古い角質を落とすためにはクレンジングだけでなく、洗顔が必要となります。

毛穴詰まり・汚れには蒸しタオルがおすすめ

毛穴の詰まりや汚れが気になる場合、クレンジング後の洗顔をする前に蒸しタオルを顔にあてるのがおすすめです。

クレンジングを始める前に、蒸しタオルをつくり始めます。蒸しタオルは水で濡らしたタオルをくるくる巻いて、電子レンジで500Wで1分程度加熱するだけ。温まり具合は電子レンジの加熱時間で調節してください。

やけどに気を付けて、顔全体に蒸しタオルをあてます。毛穴がよい感じに開いて、詰まった汚れを洗顔できれいにしてくれます。

洗顔後は、毛穴が開きっぱなしにならないように、化粧水で引き締めてください。

洗顔料は泡のキメ細かさが”キモ”

洗顔をより効果的に使う方法は、できるだけキメ細かい泡をつくることです。粗い泡では毛穴奥の汚れまで浮き上がらせてくれません。

できれば、泡立て用ネットを使ってふわふわの泡をつくってください。キメ細かい泡は乗せるだけでこすらなくても汚れを取り除いてくれます。

乾燥肌は洗顔料を乗せている時間を短く

特に乾燥肌の人は、長時間洗顔料を顔に乗せていると、本来必要な油分まで取り除かれてしまい、洗い上がりがつっぱりやすくなります。顔全体の細部まで泡をやさしく丁寧に乗せたら、さっと洗い流しましょう。

肌質に合ったクレンジングを選び、正しい方法で美肌をつくろう

スキンケア 女性

せっかく毎日クレンジングをしていても、正しい方法・やり方でないと、効果は半減してしまいます。メイク汚れや皮脂汚れが落とし切れていなかったり、反対に皮膚に本来必要な油分まで取り除きすぎてしまっている、なんて可能性も。

今回ご紹介したように、クレンジングは種類によって正しい方法があります。また、肌質に合っていないクレンジングを使っているかもしれませんよ。今のやり方でよいのか、一度ご自身のクレンジング方法を見直すきっかけにしてくださいね。

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter