赤ちゃんの海デビューはいつから?海水浴の持ち物や注意点

夏が近づいてくると「今年は赤ちゃんとに行きたい」とワクワクしているママ・パパもいるでしょう。今回は、赤ちゃんはいつから海デビューできるのか、また海水浴の持ち物や注意点について詳しくご紹介します。おすすめの水遊び用おむつ・パンツもピックアップしましたので、併せてチェックしてみてくださいね。

赤ちゃんは海でいつから遊べるの?

海水浴 遊ぶ

赤ちゃんがいつから海で遊べるようになるかは、生後6~9ヶ月以降、しっかりとお座りができるようになってからを目安としてください。

その頃には徐々に体力もついてきます。それまでは、車などの長距離移動は赤ちゃんにとって負担が大きいので、体調トラブルを回避するためにもレジャーも近場で済ませるようにするとよいでしょう。

また、プールと違って気温の高い屋外で過ごす海水浴は想像以上に体力を消耗します。赤ちゃんの海デビューは、海を少し体験してみる程度が適当です。大人のように1日中海で過ごすことは赤ちゃんにとって負担が大きすぎるので、海での滞在時間や体調の変化には十分に注意してあげる必要があります。

赤ちゃんとの海水浴における注意点

海 赤ちゃん

まだまだ体が未成熟な赤ちゃんは、大人以上に注意が必要です。ここで、赤ちゃんとの海水浴におけるトラブルを未然に防ぐための注意点をみてみましょう。

日差しの強い時間帯は避ける

海では体力の消耗が激しいため、赤ちゃんを連れて行く時にはできるだけ涼しい時間を選びましょう。一般的に10時~15時の日差しの強い時間は避けた方が良いと言われています。

赤ちゃんが海を楽しめる最適な時間は朝の9時頃か夕方の16時頃です。ただし、早朝や夕方になると水温が下がり、赤ちゃんに負担がかかるので注意しましょう。

思ったより過ごせる時間が短いと感じるかもしれませんが、赤ちゃんの体調を考え無理をさせないようにしてくださいね。

日焼け対策

赤ちゃんの皮膚はとても薄くデリケート。直射日光を浴びるとすぐに肌の水分は蒸発し、日焼けしてしまいます。日焼けし過ぎると肌の表面がやけどのように炎症し、熱が身体にこもって発熱することもあります。

日焼け止めは必ず塗りましょう。ママが赤ちゃん用の日焼け止めを使うのは良いですが、赤ちゃんが大人用を使うのはNGです。赤ちゃん用のものを使用しましょう。

その他にも長袖のラッシュガードを着せたり、首が隠れるような帽子をかぶせるなど、紫外線対策は念入りに。海ではできるだけ肌の露出を避けるようにしてください。

感染症に注意する

赤ちゃんは手に取ったものを何でも口に入れてしまいます。初めての海では興味深々で砂や落ちている物、海藻など何でも口に入れようとします。

しかし、海水には目に見えないバクテリアがたくさん含まれているので体内に入ると危険です。お腹を壊したり、傷口から感染症にかかる場合があります。

赤ちゃんを海で遊ばせる時には、口にものを入れないよう、目を離さないようにしてください。

やけどやケガに注意する

海では日焼け以外でも、やけどやケガをしてしまう原因がたくさんあるので注意が必要です。砂浜を歩かせる時はビーチサンダルを履かせてあげましょう。

特に日差しが強い時間帯の砂浜は赤ちゃんにとってかなり高温なのでやけどの恐れがあります。それ以外にも、落ちている空き缶、バッグやベビーカーの金属部分など、赤ちゃん目線で手の届く範囲にはたくさんのやけどの原因となるものがあります。

赤ちゃんの周りに危険なものが無いかしっかり確認してあげましょう。

熱中症予防、赤ちゃんの体力を考える

赤ちゃんは海に浸かると思った以上に体力を消耗します。その上、体が小さいので簡単に体温が下がり、海から上がって風に当たるとさらに冷えてしまいます。水に浸かるのは1回5分までとしましょう。

海に入ることがなくても、紫外線を浴びたり高い気温の中では体力は消耗します。たとえパラソルの下など日陰で過ごしていても、長時間だと熱中症になる恐れがあります。海での長居はし過ぎず、こまめな水分補給や休憩で熱中症を予防しましょう。

赤ちゃんの海デビューに必要な持ち物

海 紫外線対策 熱中症対策

それでは、赤ちゃんと海に出かける時の持ち物をご紹介します。基本的な外出の持ち物はいつもより多めに持っていくと安心。それ以外にも、紫外線・熱中症対策グッズや遊び道具などを用意します。安全に楽しむためにもしっかり事前準備をしておきましょう。

基本的な持ち物

  • 母子手帳・健康保険証
  • 着替え・タオル・おむつ
  • ベビーカー
  • ミルク
  • ウェットティッシュ・おしり拭きシート

●母子手帳・健康保険証

海に限らず、赤ちゃんと遠出をする時には母子手帳と健康保険証は必ず携帯しておきましょう。ケガや病気は突然起こるもの!いざという時にすぐに地元の病院を受診できるように持っていると安心です。海ではクラゲやケガをする可能性もあるので、注意が必要。

●着替え・タオル・おむつ

着替えやおむつ、タオルは多めに持って行きましょう。洋服が海水で濡れてしまうと乾いても塩分が残り、赤ちゃんの肌に刺激を与えてしまいます。赤ちゃんは汗も大量にかくため、こまめに着替えさせてあげましょう。

紫外線・熱中症対策に必要な持ち物

  • 赤ちゃん用日焼け止め
  • 帽子・ラッシュガード・UVバーカーなど
  • おやつ・飲み物(赤ちゃん用のスポーツドリンクや麦茶を入れたマグ)
  • クーラーバッグ
  • レジャーシート・ビーチパラソル
  • 救急セット

●飲み物

赤ちゃんは新陳代謝が活発でよく汗をかきます。白湯や赤ちゃん用のスポーツドリンク、麦茶などを持参し脱水症状を防ぐためにもこまめに飲ませてあげましょう。

水遊び・砂遊びに必要な持ち物

  • 水遊び用おむつ・パンツ、もしくは水着
  • 歩ける赤ちゃんはビーチサンダル
  • 砂場遊びセット・おもちゃ

●水遊び用おむつ・パンツ、水着

プールと違って海水浴場付近にはお店が少ないところが多いです。海の家に水遊び用のおむつなど用意してあるところもありますが、現地調達は基本的にできないと考えておきましょう。また、水着は体に合ったサイズのものを着せてあげましょう。海に出かける前に試着してみると良いですね。

●砂場遊びセット・おもちゃ

赤ちゃんは何でも手に取った物をおもちゃにして遊び始めます。しかし、危険なものや落ちているゴミなどで遊び始めてしまうと困りますよね。おうちで使っている砂遊びや水遊び用のおもちゃを持参しておきましょう。じっとしていてほしい時にも、おもちゃがあると便利です。また、肌荒れや傷があって海に入れない場合でも、おもちゃがあれば赤ちゃんも十分楽しめますね。

赤ちゃんとの海水浴におすすめの水遊び用おむつ・パンツ

赤ちゃんの場合は水着ではなく、水遊び用おむつやパンツを履かせて、その上からロンパースやTシャツ、ラッシュガードといったスタイルを選ぶ人が多いようです。こちらの方が着替えさせやすく、日焼け対策にもなります。

水遊び用おむつは、大きく分けると使い捨ての「紙おむつタイプ」のものと、繰り返し使える「パンツタイプ」の2種類があります。それぞれの特徴をおさえて使い勝手の良い方を選んでくださいね。

ただし、水遊び用のおむつやパンツには吸水材が入っていないため、いつも使っている通常のおむつの代わりとしては使えません。尿やゆるめのうんちはもれてしまう場合もあるので、ご注意ください。

1.グーン スイミングパンツ 3枚 男の子用

グーン スイミングパンツ 男の子用

出典:www.amazon.co.jp

赤ちゃんが安心して楽しく遊べる使い切りタイプのスイミングパンツ。水に入っても膨らまず、ぴったりフィットしてくれます。立体ポケットギャザーがとっさのうんちをブロック。男の子用と女の子用があります。サイズに余裕があるので大きい子にも合わせやすいと好評。

●サイズ展開:M(7~12kg)、L(9~14kg)、BIG(12kg以上)
●税込価格:211円~

楽天市場で見るAmazonで見る

2.水遊び用おむつパンツ BABY SWIM

水遊び用おむつパンツ BABY SWIM

出典:www.amazon.co.jp

赤ちゃんの肌に優しい防水素材でできた水遊び用のおむつパンツ。紙のスイムパンツと違い繰り返し洗って使えるので経済的です。股部分の立体ギャザーでとっさのうんちも安心。品質にもこだわった日本製がうれしいですね。

●サイズ展開:80、90、100
●税込価格:1,279円~

楽天市場で見るAmazonで見る

3.ハッピーナッピー スプラッシュアバウト

ハッピーナッピー スプラッシュアバウト

出典:www.rakuten.co.jp

水遊び用おむつ機能付きの繰り返し使えるスイムパンツ。厚さ1mmのウェットスーツ素材を使用しているので、伸縮性が高く腰と足のつけ根にぴったりフィットしてくれます。さらに、下痢や病原菌の散乱による、クリプトスポリジウム症感染のリスクも大きく削減。かわいいデザインでバリエーションも多く、赤ちゃんをさらにかわいくみせてくれます。

●サイズ展開:Lサイズ(ウエスト42cm~47cm)、XLサイズ(ウエスト45cm~51cm)、XXLサイズ(ウエスト47cm~53cm)
●税込価格:1,999円~

楽天市場で見るAmazonで見る

注意点と持ち物おさえて赤ちゃんの海デビューを楽しもう

赤ちゃん 海デビュー

赤ちゃんの海デビューは大変に思えるかもしれませんが、安全に海水浴を楽しめるよう事前にしっかり準備をしておきましょう。そして、当日は赤ちゃんから目を離さず、体調の変化に気を付けておくことが大切です。ぜひ、楽しい海デビューで家族の素敵な思い出をつくってくださいね!

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter