赤ちゃんの手足が冷たい原因とは?正しい対処法や病気の可能性

赤ちゃんは体温が高い割に手足だけが冷たいと感じたことはありませんか?「そのままにしておいても大丈夫なの?」「温めるべき?」と迷うママは少なくありません。今回は、赤ちゃんの手足が冷たい時に考えられる原因や、その状態によって異なる正しい対処法についてご紹介します。

赤ちゃんの手足が冷たい原因は?

赤ちゃん 手

大人に比べて、赤ちゃんは皮下脂肪が少なく体温調節機能が未熟です。そのため、簡単に体がのぼせたり冷えたりしてしまいます。

一方で、赤ちゃんには、心臓をはじめとする内臓が位置しているお腹といった、体で一番大切な部分は冷やさないようにする機能はしっかり備わっています。

体に蓄えた熱はお腹周りを温めることに重点を置いているので、中心部の熱が不足している時は、体全体を同じ体温で維持せずに、手足など末端への血流を抑えて、体全体が冷えないように調整します。

その結果、赤ちゃんは手足のみが冷たい状態になりやすいのです。

赤ちゃんの手足が冷たいことで考えられる病気とは?

赤ちゃん 手

赤ちゃんの手足が冷たいのはめずらしいことではありませんが、病気を疑うためにまず確認がしたいのは様子と機嫌です。

赤ちゃんは、自分でどうしてほしいのか伝えることができないので、ママは機嫌や様子から異常を見つけてあげなければいけません。特に赤ちゃんの機嫌の良し悪しは、重要な判断材料となります。

手足が冷たい状態でも、機嫌が良ければそれほど心配する必要はありません。逆に、手足が冷たいうえに機嫌が悪い時は、病気が原因で不快な状態であるというメッセージの可能性が高るため注意が必要です。

ここでは、手足が冷たくなる症状を伴う病気について紹介していきます。

風邪の初期症状

赤ちゃんは風邪の初期症状のひとつとして、手足に冷たい症状が現れる場合があります。

手足が冷たくなる以外にも、機嫌が悪く元気がなかったり、手足の震えなどの症状も現れます。

また、体温が35度以下になったり、反対に37.5度以上になったりと、体温の極端な異常が現れることも風邪の初期症状の特徴です。

末梢性チアノーゼ

手足が冷たいうえに、肌が紫色に変色していたら、末梢性チアノーゼと呼ばれる病気の可能性があります。

末梢性チアノーゼは血液中の酸素が一時的に不足し、手足などの体の末端へ酸素が届かなくなることで起こります。

赤ちゃんの場合、泣き過ぎやミルクを一気に飲む、鼻詰まりなどが原因で酸素不足になることが多いようです。

一時的に血液が手足に届きにくくなるので、手足などの末端四肢が冷たくなり、皮膚の色が紫色に変色してしまうのです。

ほとんどの場合、赤ちゃんが落ち着けば呼吸も元に戻り、酸素の供給も十分におこなわれて元の色に戻るので、過度な心配はいりません。

中枢性チアノーゼ

チアノーゼの中でも、心臓や呼吸に病気や障害があることが原因で起こる中枢性チアノーゼの場合は、病院での治療が必要です。

手足が冷たくないのに顔やお腹など全身が紫色に変色していたり、全身が冷たい場合はとても危険です。

赤ちゃんの全身が紫色になっていたり、全身が冷たい場合は早めに病院を受診しましょう。

赤ちゃんの手足が冷たい時の受診の目安

治療 医師 病院 薬

手足に冷たい症状を見つけた場合、心配な時はまず最初に体温を測ってみましょう。

赤ちゃんの平熱は高めなので、37.5度以下であれば正常な状態です。手足が冷たいと感じても、機嫌が良ければ過度な心配はいりません。

ここでは、赤ちゃんに手足の冷たい症状が見られた時に注意したい、受診が必要な症状の目安について紹介していきます。

発熱している

赤ちゃんは手足は冷たいのに、実は発熱しているケースもあります。

もともと大人よりも基礎体温が高く平熱でも36.5~37.5度程度ありますが、それ以上の体温になっていたら発熱していると判断しましょう。

手足が冷たいのに発熱している場合は、まだまだ熱が上がる可能性が高いので、注意が必要です。

放置してしまうと新たなトラブルに繋がる可能性があるので、すぐに病院に連れていってあげましょう。

下痢や嘔吐の症状がある

手足が冷たいと感じるとともに、下痢や嘔吐の症状が見られる場合は、体が冷えてお腹を壊している可能性が高いです。

手足と併せてお腹も冷たいと全身の体温が足りていない状態なので、温めてあげることが必要です。下痢や嘔吐の症状は、赤ちゃんの体力を消耗し、脱水症状を起こしてしまう危険性があります。

症状が続く場合は、早めに医師に相談するようにしましょう。

手足以外も冷たい

手足だけが冷たいのは、赤ちゃんにとって珍しいことではありませんが、背中やお腹も冷たい時は注意しましょう。調子が悪く、病気の前兆である可能性があります。

大人が風邪気味な時に、悪寒がしたり、体がガタガタ震えることがあるのと同じような症状が赤ちゃんにも起きます。

赤ちゃんの体調を確認する時には、全身をよく見て、手足以外も冷たいか触って確認してください。

赤ちゃんの手足が冷たい時の誤った対処法

手足 赤ちゃん

赤ちゃんを触って手足だけが冷たい時、何となく温めてあげたほうが良いような気がしますよね。

しかし実際には、温めたほうが良い場合と、冷たいままにしておいたほうが良い場合があります。

ここでは、赤ちゃんにとって逆効果になってしまう、手足が冷たい時の誤った対処法について紹介していきます。

手足を温めすぎてしまう

赤ちゃんにとって、手足が冷たいことは必ずしも悪いことではありません。外気の暑さや寒さを感じることで抵抗力もでき、丈夫で健康な体づくりへと繋がります。

手足が冷たいからと必要以上に温かくしていると、体はいつまで経っても体温をコントロールできず、上手に汗をかくことができなくなってしまいます。

また、赤ちゃんの手足を過剰に温めてしまうと、体温が上がりすぎてしまい、体調を崩す原因にもなりかねないので注意が必要です。

靴下や手袋で手足を守りすぎてしまう

赤ちゃんの健康な成長のためには、体調の維持以外にも、脳や感覚機能の発達も大切なことです。

そのためには、直接手足で外部の様々な変化や刺激を感じることがとても重要です。常に靴下や手袋で手足を守っていると、必要な刺激が感じられず、脳の発達をさまたげてしまいます。

赤ちゃんの成長のためにも、過度に手足を守りすぎないほうが良いと考えられています。

赤ちゃんの手足が冷たい時の正しい対処法

赤ちゃん 足

赤ちゃんの手足が正常な理由で冷たい場合、そのうえでどんなことに注意すべきなのでしょうか?

ここでは、赤ちゃんの手足が冷たい時の正しい対処法について、具体的にご紹介していきます。

室内の温度・湿度を調節する

冒頭でもご紹介したように、赤ちゃんは体温調節機能が未熟なので、大人よりも気温の変化の影響を受けやすいです。

さらに大人に比べて平熱も高く、新陳代謝が活発な赤ちゃんのためには、室内の温度を調整してあげることが大切です。

赤ちゃん自身が手足を冷たい状態にして体温を調節する以外にも、過ごしやすい環境づくりのサポートをしてあげましょう。

また、室内環境を整える時は、湿度も重要なポイントです。赤ちゃんにとって理想的な湿度は40~60%といわれているので、意識してみてください。

特に、湿度が40%以下になると乾燥を感じる以外にも、風邪などのウイルスが活発になるといわれているので注意が必要です。

季節ごとの室内環境の対処法のポイントについては、以下を参考にしてみてください。

<<夏>>

  • 室内の温度の目安は、25~27℃程度
  • クーラーなどの冷風が直接当たらないようにする
  • お腹を冷やさないように肌着を着せておく

<<冬>>

  • 室内の温度の目安は、18~22℃程度
  • 暖房などの温風が直接当たらないようにする
  • 床暖房の上に直接赤ちゃんを寝かせない
  • 布団をかけすぎない
  • 厚着をさせすぎない

寝る時は肌掛けやタオルケットを活用する

赤ちゃんを寝かせる時は、手足を出して体幹の部分にだけ肌掛けやタオルケットをかけ、体温を調節してあげましょう。

赤ちゃんが暑いと感じた時に自分で動いて避けられるアイテムを選ぶことで、体温の調節がしやすいので便利です。

靴下や手袋を付けてしまうと、赤ちゃんは自分で脱ぐことができないので、体に熱がこもりやすくなります。

上手に熱を放出できないと体調を崩す原因に繋がりかねないので、注意しましょう。

赤ちゃんの手足が冷たい時は様子を見ながら対処しよう

赤ちゃん ママ

赤ちゃんの手足が冷たい場合でも、機嫌が良かったり目立った異常がなければ、正常に体温調節ができている証拠のひとつです。

手足が冷たいからと焦って無理に温めようとせずに、経過を見ながら上手に対処していきましょう。

ママは赤ちゃんの体の発達がスムーズに進むように対処して、健康で丈夫な体づくりをサポートしてあげてください。

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter