新生児の女の子のおまたの洗い方とは?白いカスは胎脂?赤い血は?

「どこまで洗えばよいのかわからない」という声が多い女の子のおまた。ママとしては同性だけど、デリケートな赤ちゃんの陰部は気を遣うもの。そこで今回は、新生児女の子おまたの洗い方をご紹介します。洗い方のポイントと手順を知ればあなたもきっと簡単に思えるはず!さらに、気になるおまたの白いカスや赤い血、腫れの原因についても詳しく見ていきます。

新生児の女の子のおまたの基本構造

赤ちゃん 女の子

女の子のおまた(外陰部)は、外側の大陰唇(だいいんしん)と内側の小陰唇(しょういんしん)が尿道口と膣口を覆っていて、細菌などの侵入を防いでくれています。さらに、膣口の中は自浄作用があります。

しかし、女の子のおまたは普段は閉じていることから、汚れが溜まりがちです。内部で細菌が繁殖し、尿道炎や膀胱炎、カンジダ膣炎などを発症する恐れがあります。毎回、外陰部を開いてケアしてあげることが大切です。

ただし、デリケートな部分なので、ゴシゴシこするような洗い方をするのは禁物。洗いすぎると、炎症を起こしてトラブルのもととなるので注意しましょう。

新生児の女の子のおまたの洗い方

ベビーソープ
泡 洗う

新生児の女の子のおまたを洗う時は、大人と同じで前から後ろへ洗うことがポイント。石鹸は肌にやさしいベビー専用の泡が出るタイプがおすすめです。

1.石鹸を泡立てておまたの外側を洗う

石鹸を泡立てたら大陰唇の外側につけ、性器の周り→太もものつけ根→おしりの順で洗います。おしりを最後にするのは、肛門内にいる細菌が尿道や膣の入り口に付着して、膀胱炎などを起こすリスクを避けるためです。

2.おまたを開いて内側をぬるま湯で洗い流す

次は外陰部のひだを軽くめくって、割れ目の内側を洗い流します。膣口には自浄作用があり、分泌物を出して洗い流す作用もあるので、内側の粘膜部分を石鹸で洗う必要はありません。やさしくぬるま湯で洗いましょう。

ただし、大陰唇の中に石鹸成分が残ると、湿疹やかぶれの原因になります。洗い流しはしっかりおこなってください。

3.ひだの中のうんちはお湯の中ですすぐ

大陰唇の内側にうんちが残っていることがあるので、お湯の中でやさしくママの手を左右に揺らしながらすすいでください。お湯につかればうんちがふやけて出てくるので取りやすくなります。

4.タオルで水分をふき取る

おまたを洗い終わったら、タオルでポンポンと軽く押さえるように水分を拭き取ります。洗う時と同じように、強くこするのはNGです。デリケートゾーンを清潔に保つために「洗う」「乾かす」のプロセスをきちんと踏むことが大切になります。

新生児の女の子のおむつ替え

おむつ 替え おしり ケア

新生児の女の子のおむつを替える時は、たとえおしっこだけだとしても、必ずおまたを拭き取るようにしてください。おしっこが皮膚についたままだとおむつかぶれや炎症の原因になります。

正しく拭き取ってあげないと、おしりに残った便が尿道や膣の中に入り込んで細菌感染を起こす恐れもあります。

おしりふきのポイント

  • 前から後ろへ向かって拭く
  • 割れ目の粘液の部分も毎回広げて拭く
  • 前後にゴシゴシ拭かない
  • おむつ替えをした後はすぐに手を洗う

おしりとおまたの拭き方の順番は洗い方と同じです。前後にゴシゴシふくのは菌を拡散することになるので避けましょう。汚れが取れない場合は、シャワーなどで洗い流す必要があります。割れ目の部分は毎回、傷をつけないようやさしく丁寧に拭いてあげましょう。

新生児の女の子のおまたの気になる症状と原因

新生児
赤ちゃん 驚き

新生児の女の子のおむつを替える時に、白いカスがたまっていたり、赤い血が出ていたりしてびっくりしてしまうことがあります。しかし、新生児の女の子にはよく見られる現象なので心配しすぎることはありません。以下では、新米ママたちの多くが驚いた新生児の女の子のおまたに関する気になる症状や原因についてお答えします。

新生児の女の子のおまたのびっくり①白いカスが溜まっている

新生児の女の子の外陰部を開くと、内側のひだの部分に白いカスがたくさんついていて、びっくりしてしまうことがあります。

生まれたばかりの赤ちゃんのおまたに見られる白いカスは「新生児胎脂(しんせいじたいし)」である可能性が高いです。新生児胎脂は脂肪を主成分とし、赤ちゃんの肌を外的刺激から守るバリア的役割を果たします。

沐浴やお風呂を繰り返すうちに自然と落ちていくので、神経質になりすぎる必要はありません。気になるようでしたら、綿棒にベビーオイルなどを塗って、そっと拭ってあげましょう。

新生児胎脂が落ち着いてきた頃、再び白いカスが溜まるようでしたら、その正体は恥垢(ちこう)です。新陳代謝によってできたカスで、そのままにしていると細菌が繁殖する原因になります。恥垢はきちんと洗ってあげることが必要です。

新生児の女の子のおまたのびっくり②赤い血が出ている

新生児の女の子の性器から出血が見られることを「新生児月経」と言います。ママの女性ホルモンが赤ちゃんに移行するために起きる現象です。

出血量は少なく、通常は1~2週間ほどでなくなります。病気とは違って生理現象なので、特に治療の必要はありません。慌てずしばらく様子を見ましょう。長引くようでしたら医師に相談してみてください。

新生児の女の子のおまたのびっくり③陰部が腫れている

新生児の女の子のおまたは、おむつなどで常に湿り気を帯びているため、細菌が繁殖して炎症を起こし、赤く腫れることがあります。

外陰部に腫れが見られたら、患部を清潔に保ち、抗菌剤を塗って治療をおこないます。大人の薬剤は強すぎるので、病院に行って赤ちゃん用のものを処方してもらいましょう。

新生児の女の子のおまたの正しい洗い方を学んで清潔に保とう!

新生児 ママ

新生児の女の子のおまたの構造は基本的には大人の女性と同じです。しかし、男の子に比べて複雑なので、同性のママでもどうやって洗えばいいのか迷ってしまうかもしれません。特に、胎脂や新生児月経などの赤ちゃんならではの現象に、びっくりすることもあるでしょう。

しかしナーバスになりすぎず、他の体の部分と同じように、やさしく丁寧に洗って清潔に保ってあげましょう。わからないことや不安に思うことがあったら、恥ずかしがらずに医師や看護師に相談してくださいね。

関連キーワード

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter