パッチテストのやり方とは?赤ちゃん・敏感肌の化粧品チェック

皮膚が薄く乾燥しがちな赤ちゃんや、肌のバリア機能が弱い敏感肌の人、アレルギー反応が出る人にとって化粧品選びは特に気になるもの。そこで必要となるのがパッチテストです。今回は、自宅でできるパッチテストのやり方や、皮膚科でおこなう場合の価格相場などについてご紹介します。

パッチテストとは?

スキンケア 手元

初めて使用する化粧品に含まれる成分に対して、アレルギー反応の有無(赤みや痒み、かぶれなど)を事前に調べるテストを「パッチテスト」と呼びます。パッチテストには、自宅で簡単にできる簡易なパッチテストから、皮膚科でおこなえる本格的なものまであります。

パッチテストは赤ちゃんから大人まで必要!?

赤ちゃん ママ

敏感な肌にとって、肌状態をよくするためのスキンケア商品がかえってダメージを与えてしまう可能性があります。使用前には、化粧品に含まれている成分が肌に合うかを事前に確かめる「パッチテスト」をおこないましょう。

特に皮膚が未熟な赤ちゃんや、敏感肌の人は初めて使用する化粧品にはパッチテストをおこなうことをおすすめします。

赤ちゃんの肌

赤ちゃんの皮膚の厚さは大人の1/3ともいわれており、皮脂膜や角質層が薄いため非常に乾燥しやすいのです。さらに、バリア機能が未熟でダメージを受けやすくなっています。そのため、保湿ケアや紫外線対策は必須。

しかし、ベビーローションや日焼け止めなどを初めて使う場合は、どんなにやさしい成分や低刺激な商品でも事前にパッチテストをおこなってあげましょう。

アレルギー反応が出るかどうかは、個人の体質にもよります。赤ちゃんの体質や肌質を知るためにも、初めてのものを使用する場合は必ずパッチテストをしてあげましょう。

敏感な大人肌

加齢により敏感肌で悩む女性は多くいます。年齢とともに肌のターンオーバーの周期が遅くなり、乾燥しやすくなります。さらに、乾燥が進むと肌のバリア機能が弱り刺激に対して敏感になってしまいます。

また、特定の成分に対してかぶれたり、赤くなったりとアレルギー反応を起こしてしまう人もパッチテストをおこないましょう。化粧品を変えるときは、まずトライアルセットなどでパッチテストをおこなってから、切り替えるのがおすすめです。

自宅で簡単!パッチテストのやり方

皮膚 敏感

それでは、自宅でも簡単におこなえるパッチテストのやり方をご紹介します。赤ちゃんやアレルギー、敏感肌の人はぜひ試してみてください。

赤ちゃんのパッチテスト

(1)入浴後の肌が清潔な状態で、赤ちゃんの二の腕や太ももなどの皮膚のやわらかい箇所に、日焼け止めもしくはベビーローションを10円玉ほどの大きさに塗る
(2)24時間おきに様子をみる
(3)2日目に赤みなど異常がなければ、皮膚が敏感な顔や首などを塗る

始めの段階で赤みやかぶれが見られた場合は、すぐにパッチテストの使用を中止し洗い流しましょう。

アレルギーや敏感な大人肌のパッチテスト

(1)入浴後の肌が清潔な状態で、化粧品を二の腕の内側に10円玉大ほど塗る
(2)24時間後に様子をみる
(3)2日目に異常がなければ再度二の腕の内側に塗る
(4)さらに24時間後に観察し、テスト部分に異常がなければ化粧品を使用してもOK

途中で皮膚に炎症がでた場合はすぐに中止してください。また、生理中はホルモンバランスの影響で肌の変化が大きくなりパッチテストの判断が難しくなります。生理が終わった日から1週間は期間をあけておこないましょう。

アイテムによってパッチテストのやり方が変わる

基本的なパッチテストのやり方は上記の方法ですが、アイテムによって変えることもあります。クレンジング、石鹸、シャンプーなどは、原液をそのまま使うのでなく、精製水で薄めたものをガーゼにしみこませるか、絆創膏のガーゼ部分に塗ったものを張って経過を見ましょう。

パッチテストで判断できること

気づき アイコン

自宅での簡易パッチテストでアレルギー反応が見られた場合にわかることは、「この化粧品に含まれているいずれかの成分にアレルギーの可能性がある」ことです。

しかし、アレルギーの反応が出たからといって、記載されている成分表を見て、むやみに「この成分が悪い」と決めつけるのは適切ではありません。肌に合わない成分を突き止めるには、皮膚科でパッチテストをおこなうことをおすすめします。

皮膚科で本格的なパッチテストができる

皮膚科 検査

皮膚科では、セルフよりも本格的なパッチテストをおこなうことができます。

雑色皮フ科では(※)、使用している化粧品などを持参し専用のテープに乗せて皮膚に貼り付けます。2日後にはがして、皮膚が何により赤くなっているかを調べていきます。かぶれの原因となっている製品が判定したら再びパッチテストをおこない、かぶれの原因成分を特定することも可能です。

パッチテストはクリニックごとに実施する曜日や時間が決まっていることが多いので、お近くのクリニックの日時を事前に確認しておきましょう。検査中はシャワーや入浴ができない場合もあるので、検査前に入浴しておくことをおすすめします。ただし、妊娠中はパッチテストを受け付けないクリニックが多いので、非妊娠時におこないましょう。

パッチテストの料金目安

料金の目安は、初診料、検査料、パッチテスト実施料などがかかり、保険適用の個人負担で数千円が目安となります。ただし、クリニックによって受診内容は異なるので、詳細はお近くのクリニックへ問い合わせてください(保険が適用されない場合もあります)。

使用前のパッチテストで肌に合った化粧品選びを

赤ちゃん ママ

いかがでしたか?自宅でおこなえる簡易パッチテストなら簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね。いくら無添加や低刺激のものを選んでも、人によっては肌荒れを起こす場合もあるので、自分の肌に合ったものを選ぶのが大切です。

使用前のパッチテストで肌質を知ることにより、赤ちゃんもママもより安全な化粧品選びをしていきましょう。

※参考文献:雑色皮フ科 化粧品かぶれ

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter