妊婦は飛行機に乗れる?母体や胎児への影響、海外は行ける?

妊婦さんは飛行機に乗っても大丈夫でしょうか?妊娠初期・中期・後期、いつまで乗れるかも心配ですよね。出産前に夫婦だけの海外旅行を楽しみたい人もいるでしょう。一方で一番の気がかりはお腹の赤ちゃんのこと。妊婦さんが国内線・国際線の飛行機に乗るときの注意点について、ANAやJALといった大手航空会社の案内を参考にまとめてみました。

妊婦は飛行機に乗れるの?

飛行機 海外

国内線

全日本空輸(ANA)※1、日本航空(JAL)※2、どちらも諸規則はあるものの、妊婦さんの搭乗は可能です。ただし、以下の妊婦さんは事前の手続きが必要となります。詳しくは各航空会社に確認してください。

  • 出産予定日が4週間以内(妊娠36週以降)に入っている場合
  • 出産予定日が7日以内の場合は医師の同伴が必要
  • 予定日がはっきりしない場合
  • 双子以上の妊娠をしている人
  • 早産の経験がある人

国際線

国内線と同様に、上記に該当する妊婦さんは事前の手続きが必要であるものの(国際線の場合、出産予定日14日以内の場合は医師の同伴が必要)、妊婦さんでも国際線の飛行機に乗って海外へ行くことが可能です。

ただし、妊婦さんの海外への渡航は、時期や目的地を考えて計画することがすすめられています。妊婦さんの飛行機は自己管理となるため、海外旅行を計画する前に、かかりつけの医師に相談すると安心です。

また、国内線・国際線を問わず、つわりや出血などの症状があったり、貧血、妊娠中毒症、切迫流産などの合併症がある場合は、事前に医師に確認してください。

妊婦が飛行機に乗れるのはいつからいつまで?

母子手帳 妊娠 初期 中期 後期 いつまで

妊婦さんの飛行機は、「いつから」「いつまで」と明確な決まりがあるわけではありません。ANAとJALの規定によると、妊娠後期での搭乗は医師による診断書や医師同伴が必要になります。

具体的には、出産予定日が4週間以内(妊娠36週以降)に入っている場合は、航空会社へ医師による診断書の提出が必要となります。また、国内線は出産予定日が7日以内、国際線は出産予定日が14日以内の妊婦さんは、診断書の提出および医師の同伴が必要です。※以下で詳しくご紹介します。

妊婦さんが飛行機に乗るおすすめの時期は、安定期である妊娠12~28週まで(4~8ヶ月まで)といわれています。つわりが落ち着き、お腹も大きくなりすぎる前で比較的動きやすく飛行機での負担も比較的少なく済みます。

しかし、安定期とはいっても、飛行機では気圧が変かしむくみが起こりやすくなります。一般論として大丈夫かどうかよりも、自分自身の体調ときちんと相談することが必要です。

妊婦が飛行機に乗ったら胎児に放射線の影響はあるの?

妊婦

妊婦さんが飛行機に乗るとき、「胎児に放射線の影響がある」といったウワサを耳にしたことはありませんか?

飛行機に乗った場合の放射線量は地上の2倍ほどだといわれていますが、その数値にも変動があり詳しいことは未だわかっていません。

胎児に影響が出る放射線量は年間100~200m/SVであり、例えば飛行機で成田空港からニューヨークを往復する際に浴びる放射線量は0.1~0.2m/SVといわれています(※3)。妊婦さんが飛行機に乗って胎児に影響が出るということは、ほぼ考えられないそうです。

【妊娠時期別】妊婦が飛行機に乗るときの注意点

飛行機 機内

妊婦さんでも飛行機に乗ることは可能ですが、自身が妊娠中であることを自覚して、お腹の赤ちゃんのためにも注意したいことがあります。

また、妊娠時期を問わず妊婦さんが飛行機に乗る際は、母子手帳や健康保険証は機内まで携帯するようにしてください。かかりつけの産科医や家族の連絡先もあらかじめ携帯しておくと、万一のときに安心です。

妊娠初期

妊娠初期はまだまだ安定していない大切な時期。つわりがある人も多く体調が変化しやすいため、無理をしてはいけません。やむを得ない事情がある場合を除き、妊娠初期の飛行機はできるだけ避けた方が安心です。海外旅行も控えるようにしましょう。

また、妊娠初期はまだまだお腹が出ておらず、妊婦だと周りに認識してもらえないことがあるので、マタニティマークタグをつけておくと、いろいろと手伝ってくれますよ。

なお、妊娠に気が付く前の妊娠超初期~初期に飛行機に乗ってしまったという人もいるかもしれません。その場合は、妊婦さん自身に体調不良などの症状がなければほとんど心配ありません。

妊娠中期

つわりも落ち着き安定期に入れば、飛行機にも比較的安心して乗ることができます。安定期とはいえ、体調には個人差があるため、無理をせずに、心配なことがあれば医師に相談してください。海外旅行もできるだけ近場にすることをおすすめします。

海外へ行くときなど長時間のフライトになる場合は、安定飛行中にこまめに歩いたり、ストレッチをしたりして、むくみを改善するよにしてください。

妊娠後期

お腹が大きくなると共に、動きが鈍くなり疲れやすくなる時期です。子宮が膀胱を圧迫することでトイレの頻度が多く、むくみもますますひどくなります。長時間の飛行機移動はおすすめできません。

座席はトイレに近い通路側を選び、シートベルトが子宮を圧迫しないようにブランケット等の上から締めるようにしましょう。

さらに妊娠36週以降は、航空会社にて事前に諸手続きが必要になるため、確認してください。

妊娠後期の妊婦が飛行機に乗るときの搭乗規定

飛行機 搭乗

前途したように、妊娠後期になると飛行機を利用する際に必要な条件がいくつかあります。ANA、JALによる搭乗条件をご紹介します。

出産予定日28日以内:医師の診断書の提出

国内線・国際線共に、出産予定日28日以内に飛行機に搭乗する場合は、医師の診断書が必要です。またJALの場合は、出産予定日がはっきりしない場合、双子以上の妊娠の場合、早産の経験がある場合にも、診断書の提出が必要となります。

診断書は搭乗日の7日以内に作成されたものに限ります。診断書は各社ホームページでダウンロードすることが可能です。

出産予定日7日以内(国内線)、14日以内(国際線):医師の同伴

国内線で出産出産予定日7日以内、国際線では出産予定日14日以内の場合は、診断書の提出に加えて、医師の同伴が必要になります。

出産予定日から28日以内:同伴幼児は1人まで

出産予定日から28日以内の場合、妊婦さん1人あたりが同伴できる2歳未満の幼児は1人のみで、座席の確保が必要となります。

出産予定日から28日以内:非常口座席の利用不可

出産予定日から28日以内の妊婦さんは、万一の緊急時の援助における負担から、非常口座席の利用はできません。

妊婦が飛行機に乗るとオリジナルマタニティマークタグをもらえる

マタニティ マーク タグ

ANAやJALでは、妊婦さんの飛行機の搭乗に際し、オリジナルのマタニティマークタグをプレゼントしています。妊娠中の飛行機での旅のよい記念になりますね。

また、マタニティマークタグ以外にも、妊婦さんが飛行機を利用する際には、空港内の電動カードサービスや優先搭乗サービスなど各種サポートがあります。少しでも負担を減らすためにも、積極的に活用したいですね。詳しくは各航空会社に確認してください。

妊婦の飛行機は無理しないように

注意

妊婦さんでも、時期に応じて飛行機に乗ることは可能です。胎児への影響も大きくないと考えられています。

しかし、妊婦さんは自分が思っている以上に身体に負担がかかります。無理はせずにできるだけ近場のフライトに留めるようにしたいですね。不安に思うことがあれば、かかりつけの産科医に相談して、心にも余裕を持って旅行の計画を立てるようにしましょう。

※1 参考文献:ANA 妊娠中のお客様 [国内線]
※2 参考文献:JAPAN AIRLINES 快適な空の旅のために
※3 参考文献:文部科学省 放射線による影響

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter