妊娠すると乳首が痛い・かゆい・色が変わる!変化とトラブルについて

妊娠するとホルモン分泌の影響で胸には多くの変化が起こります。その中でも乳首の変化に不安や驚きを感じる人は少なくないでしょう。今回は、乳首が痛い・かゆい・色が黒ずむ・白いカスが出るなど、妊娠初期症状として起こりがちな症状や原因についてご紹介します。

妊娠中に乳首が痛い・かゆい・色や大きさが変わる原因とは?

胸 トラブル

妊娠すると、乳首がチクチクする、かゆい、痛い。または色や大きさが変わった、という人も多いのではないでしょうか。個人差はあるものの、こういった乳首に変化を感じるのも妊娠初期症状のひとつです。

それでは、妊娠中に起こる乳首の変化についてそれぞれ詳しくみてみましょう。

乳首が痛い

妊娠初期症状の中でも「乳首がチクチクするようになった」と感じる人が多いようです。

乳首の痛みはホルモンの働きが原因です。妊娠するとプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンの分泌量が増加します。これは生理前にも分泌されるホルモンで、黄体ホルモンの働きによって、生理前の症状(月経前症候群:PMS)でよくみられる胸の張りが強く感じられ、同様に乳首の痛みにも影響します。

乳首がかゆい

妊娠中は乳首のかゆみがひどくなったり、湿疹が出ることがあります。かゆみの原因は様々ありますが、痛みを感じるのと同様に、黄体ホルモンの影響や肌の乾燥、妊娠線ができる前の兆候などが挙げられます。

また、胸が大きくなり皮膚が引っ張られるのもかゆみを感じる理由のひとつ。保湿対策をしっかりおこない、皮膚を柔らかくすることが大切です。

もともとアトピー性皮膚炎を持っている人は、妊娠中に悪化する場合があるため、医師と相談してケアする必要があります。

乳首・乳輪の色が黒ずむ

妊娠初期症状として多くみられる乳首や乳輪の黒ずみは、妊娠中に増加する卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンが原因です。これらの女性ホルモンはメラニン色素細胞を刺激するため、肌のメラニン色素数が増えて、色素沈着が起こりやすくなる仕組みです。

そもそも乳首にはメラニン色素が多いので、黒ずむのは正常な妊娠経過と言えます。さらに、メラニン色素は皮膚を強くする働きがあり、赤ちゃんの授乳をするときに、乳首や乳輪が傷つかないよう色素沈着しているのだとか。

また、赤ちゃんは視力が未熟なため、授乳の際に乳首がはっきりした黒色だと見えやすく、吸いつく目印になっているとも言われています。

妊娠中に色が濃くなった乳首は、通常は産後半年~1年ほどで薄くなっていき、自然と元に戻っていきます。もしも産後も黒ずみが残っている場合は、年齢と共に肌代謝が衰えて、くすみがちになっている可能性があります。

なお妊娠中は、乳首だけでなく脇やデリケートゾーンの黒ずみも目立ちやすいです。

乳首・乳輪の大きさが変わる

妊娠すると「乳首や乳輪が大きくなる」という声をよく聞きますよね。個人差はあるものの、妊娠5~8週には乳首や乳輪が大きくなり、乳輪腺が隆起してきます。さらに妊娠周期が進むにつれて、おっぱい全体が固く張ってきて大きくなります。

これは授乳に備えて乳管の枝分かれが始まったり、母乳を作る乳腺が発達しているから。おっぱいが大きくなり引っ張られて乳輪が拡大することもありますが、大きさが変わることは異常ではないため、心配しなくても大丈夫です。

乳輪の周りに白いぶつぶつがある

妊娠すると乳輪の周りに白いぶつぶつが見られることがあります。これは「モントゴメリー腺」と呼ばれる、男女問わず誰にでもあるものです。

モントゴメリー腺は皮膚の保湿成分である皮脂を出す分泌腺で、乳首や乳輪を守る働きがあります。白いぶつぶつに見えるのは、妊娠中におっぱいが大きくなると共に、モントゴメリー腺も発達し浮き出るため。

この白いぶつぶつを、ニキビのような感覚で無理に絞るように押し出してしまうと、白い皮脂が出てくることがあります。その際、手が清潔でないと、指についていた細菌に感染してしまい炎症を起こす可能性があります。無理に潰したりしないようにしましょう。

分泌された皮脂の黄色い残りカスが付着した場合は、ガーゼなどで優しく拭き取ってください。入浴時にそっと洗い流すだけでも大丈夫です。お風呂上がりは特に乾燥しやすいので、バスト専用の保湿クリームなどを塗って乾燥対策をおこないましょう。

モントゴメリー腺は、授乳が終わると徐々に目立たなくなります。

乳首から乳垢・乳カスが出る

妊娠中にみられる乳首につく白いカス状のものは、母乳が分泌され始めて固まったものです。妊娠中は妊娠期が進むにつれてプロラクチンという女性ホルモンが分泌され、母乳を作る準備をおこないます。そのため、準備段階として分泌され始めた母乳が乳首のまわりにカスのように溜まってしまいます。

その他の原因として、汗が垢となって乳首に溜まっていることがあります。実は乳首にも汗腺があり、汗がカス状の垢となり乳首に溜まってしまうことも。乳首に溜まった垢は母乳を詰まらせる可能性があるため、きれいに落とすことが大切です。

乳首の乳カスや垢はオイルパックをすると取りやすくなります。入浴の20~30分前にオリーブオイルやベビーオイル、馬油などをコットンに取り乳首に貼ります。さらにその上からラップをかけておき、入浴時にシャワーで優しく洗い流しましょう。乳首に溜まった乳垢をきれいに落とし、保湿することで乳腺を塞ぐ予防になります。

妊娠中の乳首の痛みやかゆみを和らげるために

胸 ブラジャー

通常のブラジャーを着用しているのであれば、胸を圧迫しないマタニティ用のブラジャーなど、締め付けの少ない下着に変更してみてください。妊娠中は肌が敏感になるので、下着の素材は綿100%の肌に優しいものを選ぶのがおすすめです。

また、乳首マッサージをおこなっていると、痛みやかゆみが悪化する恐れがあるので中止してください。特に妊娠初期に乳首マッサージは必要ありません。乳首を刺激すると子宮を収縮させお腹が張ってくることがあります。乳首マッサージは、順調な人であれば妊娠20週頃から始めましょう。

乳首が痛い、かゆみがひどい、皮膚に湿疹があるなど、心配な場合はかかりつけの産婦人科の医師や皮膚科に相談してください。

妊娠中に乳首がかゆいのは皮膚トラブルの可能性も?

医者 発見

妊娠中~産後は、乳首に限らずいろいろな皮膚トラブルが起こりやすい時期でもあります。主な原因は、妊娠・出産によって体内のホルモンや免疫の状態が大きく変化するため。

妊婦さんに起こりやすい皮膚トラブルが「妊娠性掻痒症(にんしんせいそうようしょう)」です。全身、特にお腹などに強い乾燥やかゆみを感じる症状です。他にも、四肢や体幹に湿疹ができる「妊娠線痒疹(にんしんせいようしん)」などがあります。

その場合、診察は産婦人科ではなく皮膚科を受診します。症状を我慢するとストレスになるため、早めに相談してください。掻いて傷ができたところから細菌が侵入すると治りにくくなったり、跡が残る場合があります。

妊娠中の乳首の変化、産後は自然に戻ることが多い

妊婦 安心

妊娠すると妊娠初期から始まる体の変化にとまどう人も多いかと思います。初めての妊娠ならなおさらですね。

しかし、これらの乳首の変化は妊娠中のホルモンによる正常な妊娠経過。産後は自然と元に戻っていく症状がほとんどなので、あまり深く考えすぎないようにしましょう。

まずは、乳カスのケアや保湿をおこない、妊娠20週からは乳管開通の乳首マッサージをしてみてくださいね。かわいい赤ちゃんの授乳に欠かせない大切な部分でもあるので、おっぱいトラブルを防ぎ母乳育児に備えて準備してあげましょう。

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter