乳児湿疹はいつからいつまで続く?月齢別症状をチェック!

多くの赤ちゃんが経験する乳児湿疹。症状を繰り返すこともあるので、いつからいつまで続くのか、心配になるママが多いでしょう。また、いつからアトピー性皮膚炎と診断されるのかも気になるところ。赤ちゃんの月齢別の乳児湿疹の症状について、原因やケアの方法などをまとめました。

乳児湿疹はいつからいつまで続くの?

乳児湿疹 いつから

乳児湿疹とは

大人よりも皮膚の厚さが薄く、外部刺激から肌を守るための「バリア機能」が弱い赤ちゃんは、肌荒れを起こしやすいもの。生後間もない新生児から生後半年くらいまでは、肌荒れの原因が混在して特定しにくいため、まとめて「乳児湿疹」と呼びます。

生後2週間から始まり生後半年頃には治まるケースが多い

乳児湿疹はいつから始まり、いつまで続くものでしょうか。もちろん個人差があることが前提として、乳児湿疹は生後2週間前後から始まり、生後半年頃には治まっていることが多いようです。その間は、季節性の問題や肌質によって、症状がよくなったり悪くなったりと、繰り返して起こることも。

生後半年~1歳を過ぎるとだんだんと肌の機能が備わってきて、外的刺激に対しても強くなるため、湿疹が起こりにくくなります。

赤ちゃんの月齢別に起こりやすい乳児湿疹の症状とケア方法

赤ちゃん 乳児湿疹

乳児湿疹は月齢によって起こりやすい症状やその背景にある原因が異なります。赤ちゃんの肌の様子や変化を毎日チェックするようにして、その時々の症状に合ったケアをおこなっていきましょう。

1.新生児期~生後3ヶ月

1-1 ホルモンや皮脂の影響による乳児湿疹

生後2週間前後から生後3ヶ月くらいまでの新生児は、ママから譲り受けたホルモンの影響を受けて皮脂の分泌がとても盛んです。過剰な皮脂分泌によって毛穴に皮脂が詰まってしまうことで、新生児ニキビや脂漏性湿疹といった乳児湿疹が起こりやすくなります。

●新生児ニキビ
毛穴に詰まった皮脂に細菌が感染することが原因。思春期や大人のニキビと同様に、顔全体に膿を持ったり赤いブツブツとした湿疹ができます。症状は軽度です。

●脂漏性湿疹
首から上、おでこ、まゆ、頭皮に黄色いかさぶた状の皮脂の塊ができます。フケと間違えることも。

1-2 余分な皮脂を落として清潔に

新生児期の赤ちゃんはとにかく皮脂の分泌が盛んなため、皮膚を清潔に保つことが大切です。お湯だけでなく、刺激の少ないベビーソープをしっかり泡立てて、やさしく毛穴汚れを洗ってあげましょう。皮膚の清潔を心掛ければ、上記の乳児湿疹も次第に改善していきます。

また、脂漏性湿疹のかさぶたを無理やりにはがすのやめましょう。自然に剥がれてくるのを待つか、入浴前にベビーオイルなどでふやかしてから、やさしく取り除くようにしてください。

2.生後3ヶ月~生後半年

2-1 乾燥が原因による湿疹

生後3ヶ月を過ぎると盛んだった皮脂分泌が徐々に減っていき、今度は乾燥しやすくなります。赤ちゃんの肌はとても薄いため水分を保持しておくのが難しく、乾燥による乳児湿疹が起こります。

特にほっぺは真っ赤になるほどカサカサになります。また、乾燥しているとかゆみがひどく、赤ちゃんが掻きむしった箇所から、細菌に感染してしまいジュクジュクの乳児湿疹に悪化してしまうことも。

2-2 季節に関わらず保湿ケアをする

乾燥を防ぐためにはこまめな保湿ケア大切です。赤ちゃんは年中肌が乾燥しているため、外気が乾燥する秋~冬だけでなく、夏場もしっかり保湿してあげてください。朝やお風呂上がり、外出前、帰宅後には、ベビーローションやクリームで保湿してあげましょう。

新生児期から保湿剤を塗布することで、アトピー発症リスクを軽減できるという研究成果も報告されています。また、保湿することで、ダニや食べ物のカス、花粉等アレルゲンの侵入を防ぐことができるといわれています。

乳児湿疹はいつからアトピーと診断されるの?

アレルギー アトピー 検査

赤ちゃんの乳児湿疹とアトピーの見分け方は、医師でも非常に難しいといわれています。

日本皮膚科学会の「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2016」によると(※1)、乳児期のアトピー性皮膚炎の定義・診断基準を、2ヶ月以上慢性的・反復して起こる場合としています。症状の特徴は、頭・顔から湿疹が出現し、やがて体幹や四肢に広がるとしています。

アトピーの診断は生後4ヶ月~1歳頃から

まずは、乳児湿疹の症状が2ヶ月以上反復して起こっているか、経過を見る必要があります。2ヶ月以上症状が反復し、慢性的に湿疹が起きている場合はアトピーを疑い、考え得る原因を取り除いていき、生後4ヶ月~1歳頃に診断が付くことが多いようです。

ただし、いつからアトピー、いつまでに治らないとアトピーといった確実なことはいえません。アレルゲンには個人差があり、アレルギー検査をおこなう必要があります。

また、乳児湿疹とアトピーは治療法も異なるため、まずは皮膚科専門医を受診し相談してください。

乳児湿疹がいつからいつまで続くかは個人差がある

赤ちゃん 保湿 ケア

乳児湿疹は、一般的には生後2週間前後から生後半年頃まで続くケースが多いものの、「いつから」「いつまで」という決まりはなく個人差があります。まずは、お風呂で皮膚を清潔にすること、保湿ケアを徹底して改善と予防に努めてください。たとえ症状がよくなっても毎日のケアは続けてくださいね。

また、2ヶ月以上肌荒れが慢性的に続くようであれば、アトピーを疑い、皮膚科を受診してください。素人では乳児湿疹なのかアトピーなのか判断するのは難しいため、医師に相談することが必要です。

新生児からのスキンケアで将来の健やかで美しい肌づくりをしてあげましょう。

※1 参考文献:日本皮膚科学会ガイドライン アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2016年版

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter