へその緒が取れた後の出血や膿は大丈夫?消毒やお手入れの方法

赤ちゃんが生まれてからついていたへその緒取れた後、どうケアすればよいのか戸惑うママは多いでしょう。出血や膿が出たり、かさぶたができるのは問題ないでしょうか。へその緒と「でべそ」の関係を気にする人も。へその緒が取れた後の消毒やお手入れする方法、保管についてもまとめました。

へその緒が取れる時期はいつごろ?

新生児

へその緒(臍帯)とは、胎盤と赤ちゃんをつなぐ「管」のことです。およそ長さは50~60cm、太さは直径1~1.5cmくらい。へその緒には血管が流れており、ママから栄養や酸素をもらうために重要な役割を果たしています。

赤ちゃんが無事にこの世に生を受けると、へその緒はお役御免となり、生まれてすぐに新生児のお腹に3cmほど残した状態で切り取られます。

赤ちゃんのお腹にはへその緒が残ったまま、生後1日でおへその周りに溝ができ、1~2週間前後になるとへその緒が自然に剥がれ落ちます。へその緒が取れた後のおへその中は、重力によって徐々に下がり、中に凹みができる大人と同じ状態に変わっていきます。

へその緒が取れる時期は平均なので、なかなか取れなくても心配する必要はありません。へその緒を無理に引っ張っることで、出血したり細菌に感染したりする恐れがあるため、気を付けしましょう。

へその緒が取れた後の食毒・お手入れ方法は?

綿棒 コットン 消毒

へその緒が取れた後、翌日にはかさぶたになりますが、ケガによる傷口と同じように、よく乾燥するまでは細菌に感染しないように消毒が必要です。へその緒が取れた当日と翌日は消毒するようにして、その後は様子を見ながら乾いているようであれば必要ありません。なお、退院後~へその緒が取れるまでも消毒は必要ですよ。

へその緒が取れた後のお手入れは、頻繁に触ると傷口が開いて炎症を起こす原因になりかねません。やりすぎないように、1日1~3回を目安に食毒しましょう。

1.赤ちゃんの肌を清潔にする

おへその消毒前は赤ちゃんの体を清潔にしましょう。沐浴後やお風呂上がりにお手入れするのがおすすめです。お手入れをするママの手も清潔にしましょう。

2.コットンを用意して二つ折りする

へその緒が取れたあとのお手入れにはコットンパフを使います。綿棒よりも消毒液が染み込みやすいです。ママが普段使っているもので構いませんが、毛羽立ちにくいものがおすすめ。三角になるように斜めに二つ折りにします。

3.消毒液をコットンにふくませておへそをぽんぽんする

二つ折りにした三角の先端に消毒液を含ませて、やさしくおへそをぽんぽんとします。なお、綿棒でおへその奥までお掃除する必要はありません。

4.消毒後はよく乾燥する

消毒後は、湿り気が残っていると細菌が繁殖しやすくなります。乾くのを待ってからおむつやベビー服をかぶせてください。

へその緒が取れた後に出血、膿ができたら?

出血

へその緒が取れた後におへそから出血してしまうことがあります。へその緒には血管が通っているため、血管が閉じておらず出血があることはめずらしいことではありません。焦らずにまずはコットンなどで血を軽くおさえてあげます。じくじくしたり赤みが出ていなければ、しばらく様子をみてもよいでしょう。

しかし、出血が続く、赤みが出る、膿が出る場合は、臍炎や臍肉芽腫の可能性があります。早めに病院を受診しましょう(臍炎・臍肉芽腫については以下で詳しくご紹介します)。

また、かさぶたから血にじむことがありますが、じくじくしていなければ触らずに様子をみてください。次第にかさぶたもきれいに取れることが多いです。

へその緒が取れた後のおへその病気

医師 病院 病気

日本小児外科学会によると(※1)、へその緒が取れた後に出血や膿、じくじくが続くようなら、病院での治療が必要なおへその病気の可能性があります。

臍炎(さいえん)、臍周囲炎(さいしゅういえん)

新生児のへその緒が取れた後、傷口が細菌に感染してしまうことで、おへそとその周りが赤く炎症して腫れる病気が臍炎(さいえん)または臍周囲炎(さいしゅういえん)です。じくじくと湿気があり、出血、膿があります。臍炎は悪化すると、炎症がお腹の中に広がり、菌が全身に回って危険な状態に陥ることがあります。早期に病院を受診してください。

臍肉芽腫(さいにくげしゅ)

臍肉芽腫(さいにくげしゅ)は、へその緒が取れた後、おへその一部に組織が残り増殖して肉芽組織ができます。赤くいぼのようなものが盛り上がり、じくじくしたり出血したりする症状です。臍肉芽腫を放置して悪化させてしまうと感染症を引き起こすこと可能性があります。治療法は、一般的には、臍肉芽腫を切除したり硝酸銀で焼灼しします。病院で相談してください。

へその緒が取れた後にでべそになることがある?

赤ちゃん でべそ

へその緒が取れた後、赤ちゃんがでべそになることがありますが、へその緒の切り方とは関係ありません。でべそには2つの種類があり、腹筋に隙間から空気が漏れており、赤ちゃんが泣いたりいきんだりすることでおへそが飛び出すのが臍ヘルニアで、穴がないのがでべそです。

赤ちゃんに多いのが臍ヘルニアによるでべそだといわれています。でべそに触れるとやわらかくお腹の中に戻るものの、再び赤ちゃんが泣くとまたおへそが飛びだし、出たり入ったりします。

臍ヘルニアによるでべそは一般的に1~2歳には自然に治ることが多いです。1~2歳を超えてもでべそのままであれば、小児科や小児外科で相談しましょう。

へその緒が取れた後は大切に保管しよう

へその緒 取れた後 保管

へその緒が取れた後は、保管をしておきましょう。古くからの日本の習慣ですが、赤ちゃんとママがつながっていた「親子の絆」を大切にする意味が込められているようです。将来赤ちゃんが大きくなったときに、思い出のひとつとして見せてあげるとよいですね。

へその緒が取れた後は、カビが生えるのを防ぐため、しっかり乾燥させることがポイントです。清潔なガーゼの上にへその緒を置き、風通しのよい場所に置き、数日かけて自然乾燥させます。

へその緒がしっかり乾燥したら、通気性がよい桐箱などで保管するのがおすすめです。産婦人科で専用保管ケースをプレゼントされることもあります。名前、出生時の体重、身長などが刻印できるオリジナルアイテムが販売されているので、お気に入りの保管ケースを探してみるのも楽しいですね。また、箱の中に入れてへその緒を保管するときは、乾燥材を一緒に入れておくとよいですよ。

※1 参考文献:日本小児外科学会 臍炎・臍肉芽腫(さいえん・さいにくげしゅ)

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter Twitter