妊婦は猫や犬を飼ってはいけない?トキソプラズマ感染症とは?

妊婦さんは「を飼ってはいけない」という話を聞いたことはありませんか?妊婦さんは母子感染を防ぐためにも、様々な菌から身を守らなければいけません。とはいっても、妊娠前から家族の一員として猫を飼っていた人はどのようなことに注意すればよいのでしょうか。今回は、猫などから感染するとされるトキソプラズマのこと、また妊婦さんの猫や犬との接し方についてまとめました。

妊婦は猫や犬を飼ってはいけないの?

猫 ペット

もともと猫や犬といったペットと同居している、妊娠を機に子供の教育のためにもペットを飼いたい、またペットは飼えないけれど「猫カフェ」などで動物と触れ合いたいという妊婦さんもいるでしょう。

一方で、「猫などの動物は菌を持っているので妊婦は触ってはいけない」「猫などの動物に舐められると危険」といったウワサを聞いたことはありませんか?

「妊婦は猫や犬を飼ってはいけないか?」結論としては、飼ってはいけない訳ではありません。妊娠する前から猫を飼っているという妊婦さんも多いでしょう。

ただし、お腹の赤ちゃんのためにも、いつもよりも注意深く接する必要があります。それは、「トキソプラズマ」に感染しないようにするためなのです。

猫や生肉から感染するトキソプラズマとは

ウイルス 病気 細菌 感染

トキソプラズマとは、「トキソプラズマ原虫」による感染症のことです。猫などの哺乳類、鳥類に寄生している原虫です。人への感染経路は、猫のフンに触ったり、フンが混じった土に触れたり、生ハム、レア肉、パテ、生魚、スモークサーモン、を食べることでも感染する恐れがあります。

犬からのトキソプラズマ感染リスクは低い

猫はトキソプラズマの終宿主であるため、フンからの感染に十分注意をしなければいけませんが、犬を含むその他の動物は中間宿主です。犬のフンからトキソプラズマが感染するリスクは通常低いと考えられています。

ただし、犬などの動物や鳥類が持つ病原菌はトキソプラズマだけではないため、犬のフンやおしっこを処理したあとには手洗いをしっかりしてください。また、顔や口を舐められるようなことも避けた方が安心でしょう。

妊婦が猫からトキソプラズマに感染したらどうなるの?

妊婦 胎児

妊婦が初感染すると流産、死産、胎児感染のリスクがある

神戸大学大学院医学研究科の「トキソプラズマ妊娠管理マニュアル」によると、通常は、健康な成人がトキソプラズマに感染したとしても、免疫系の働きにより8割は症状がなく、2割は発熱やリンパの腫れ、筋肉痛、疲労感等、軽度の急性感染症状を経過し数週間で回復するとされています。

また、妊娠する以前に感染した経験のある人は抗体ができているため、妊婦になっても心配する必要はありません。

しかし、妊婦さんがトキソプラズマに初めて感染すると、胎盤を通して赤ちゃんにトキソプラズマ原虫が入り込む危険があります。赤ちゃんが「先天性トキソプラズマ症」にかかると、自然流産や死産のリスクのほか、生まれて何年も経過してから症状が現れることもあります。

感染時期と胎児へのリスクの違い

なお、胎児感染率や症状の度合いは、感染した妊娠時期によって異なるとしています。

「妊娠初期の感染では胎児感染率は低いが症状は重度」であり、「妊娠の経過と共に胎児感染率は増加し、妊娠末期では60~70%に達するが、症状は軽度や不顕性が多くなる」ということです。

感染時期胎児感染率症状
妊娠6ヶ月以上前
妊娠14週以前10%以下流産、死産、重症度が高い
妊娠15~30週約20%不顕性や軽度症状
妊娠31週以降60~70%不顕性が多い、顕性でも軽度

▲神戸大学大学院医学研究科 トキソプラズマ妊娠管理マニュアルより

赤ちゃんへの影響

トキソプラズマは、胎児感染(先天性トキソプラズマ症)を起こすと、「胎児・新生児期より、水頭症、脳内石灰化、小頭症、精神神経・運動障害、小眼球症、肝脾腫、網脈絡膜炎、などを起こす」リスクがあり、さらに「遅発型として、成人までに痙攣、網脈絡膜炎、精神神経・運動障害などを起こす」リスクがあることも指摘されています。

妊婦さんがトキソプラズマに感染した場合、赤ちゃんにどのような影響があるか、エコーで胎児の脳室の大きさなどを調べることは可能ですが、そのほか詳細は出生しないとわからないことが多いようです。

妊婦が猫からトキソプラズマを感染したら、治療法や薬は?

医師 病院 受診 薬 治療

まずは、妊娠が発覚したら、病院でトキソプラズマの検査をおこないましょう。多くの病院では妊娠初期に必須の検査になっている場合が多いですが、オプションの検査となっていたり、料金も病院よって異なるため確認してみてください。妊娠後期に再検査をおこなうこともあります。

もし妊婦さんがトキソプラズマに初感染した疑いがある場合は、分娩まで「アセチルスピラマイシン(AcSPM)」という抗生物質の服用や、羊水PCR検査をおこなうことがあります。早期治療をすることで、母子感染のリスクを軽減することができるのだとか。

治療法や薬については、かかりつけの医師の指示に従ってください。

猫を飼っている妊婦が注意すべきこと

注意

もともと猫を飼っている妊婦さんは、既にトキソプラズマ抗体を持っている可能性があります。一方で、妊娠前までに感染したことのない場合、過度に神経質になる必要はないものの、お腹の赤ちゃんの健康を考えると、感染予防のために注意すべき点があります。

  • 猫のフンは手袋をして処理をする
  • 猫のフンを処理したあとは手洗いを徹底する
  • 猫はできるだけ部屋飼いにする
  • 調理中、食事中は猫が近寄らないようにする

また、妊婦さんは、猫との接し方だけではなく次の点にも注意するようにしてください。

  • 犬や他の動物のフンは手袋をして処理をし、手洗いを徹底する
  • 犬の散歩のとき、猫や動物のフンに触れないようにする
  • 犬に顔や口周りを舐められないようにする
  • ガーデニングや土いじりは手袋をする
  • 生ハム、レア肉、寿司、刺身、いくら、パテ、スモークサーモンを食べない

猫は飼っていないけれど…、猫カフェに行っても大丈夫?

猫 カフェ

「猫カフェ」のにいる猫たちは、基本的には室内で飼われており、きちんと検査をしている施設が多いようです。ただ、施設によってはそうでない猫カフェも存在することを理解しておく必要があります。

ペットを飼えない妊婦さんが猫カフェで癒やされたい―…、そういう思いがあるかもしれませんが、元気な赤ちゃんを産むまではできるだけ猫カフェへ行くのは控えた方がよいかもしれません。

赤ちゃんを守るために。妊婦は猫との接し方を気を付けよう

猫

妊娠前から猫や犬などのペットと同居している妊婦さんは、衛生面に十分に気をつけながら過ごしてください。神経質になりすぎると、かえってストレスになるため、ペットとの癒やし時間を楽しむようにしましょう。

ただ、トキソプラズマに感染した場合の赤ちゃんへのリスクを考えると、妊娠後に新たに猫を飼ったり、猫カフェへ行くことはあまりおすすめできません。「どうしても猫を飼いたい」と考える場合、医師に相談してアドバイスをもらってはいかがでしょうか。

※ 参考文献:神戸大学大学院医学研究科 トキソプラズマ妊娠管理マニュアル

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter LINE@