【助産師監修】授乳中のアルコールが与える母乳や赤ちゃんへの影響とは

妊娠中に我慢していたアルコール、「産後はやっと解禁!」という訳にはいきません。授乳中も同じようにアルコールの摂取について気を付けなければいけません。「一口くらい…」と思っているお酒好きのママもいるかもしれませんね。そこで今回は、アルコールが母乳や赤ちゃんに与える影響、アルコール摂取後の間隔は何時間ほどあけるべきなのかなど、気になる疑問について紹介します。

授乳中のアルコールはどんな影響があるの?

深夜授乳をするママと赤ちゃん

アルコールは、適量であれば大人には楽しみのひとつですが、赤ちゃんにとっては害以外の何ものでもありません。具体的に、授乳中のママが摂取したアルコールは、母乳そして赤ちゃんにどのような影響を与えるのでしょうか。

飲んだアルコールは母乳に移行する

母乳は赤ちゃんにとって大切な栄養源。そんな母乳はママの乳腺で血液をもとにつくられています。

アルコールが母乳へ移行する割合は高く、厚生労働省によると、母体血中濃度の90~95%が母乳に検出され、飲酒量の平均2.0±0.2%が乳児に移行するとされています(※1)。

たった2%前後とはいっても、赤ちゃんの体重がママよりも10分の1以下であることを考えると、少ない量とはいえません。

赤ちゃんの寝つきが悪くなるなどの影響

大人は体内のアルコールを肝臓で分解することができますが、赤ちゃんは肝臓が未発達。アルコールをうまく分解できず、体内に多量のアルコールが残されてしまいます。

ママが飲んだアルコールが母乳に移行することによって、赤ちゃんが眠り過ぎたり、反対に寝つきが悪くなったりすることがあります。また、落ち着きがなくなる、ホルモンバランスが崩れるなどの可能性もあるといわれています。

長期的な赤ちゃんの発達に与えるアルコールの影響については、研究結果や専門家の意見も様々で、まだはっきりとわかっていません。

母乳の出が悪くなる

さらに、授乳中、長期にわたって多量のアルコール摂取をしている場合、赤ちゃんにおっぱいを吸われる刺激によって分泌される「プロラクチン」というホルモンの分泌量が低下し、母乳の出が悪くなることがあります

厚生労働省によると、アルコール摂取による母乳分泌量の減少の結果、赤ちゃんの成長が抑制されたという報告もあります(※1)。

添い寝や添い乳による事故の危険性

アルコール摂取によって、添い寝や添い乳をしながらママが深く眠り込んでしまい、意図せず赤ちゃんに覆いかぶさってしまい、赤ちゃんが窒息してしまう危険があります。

同様のケースの事故で死亡例もあるため、お酒に強い・弱いにかかわらず、少しでもアルコールを飲んだときには、赤ちゃんとの添い寝や添い乳はやめておきましょう。

「少しお酒を飲んでしまった」からと、過剰に神経質になる必要はありませんが、上記のような赤ちゃんへの影響を考慮すると、授乳中のアルコールは控えることをおすすめします

アルコールを摂取したら授乳の間隔は何時間置くべき?

時計 時間

まずは、繰り返しにはなりますが、前提として授乳中の飲酒はできるだけ控えるのが望ましいです

それでも、仕事上のお付き合いやストレス解消に「一口ぐらいなら」とお酒を口にした場合、その後の授乳の注意点について紹介します。

飲酒から目安2時間以上は空ける

アルコールを分解するのに必要な時間は、飲んだお酒のアルコール度数や量、さらにママの体重や肝臓、筋肉量などによって個人差があります。

そのうえで、目安としてアルコール摂取から2時間以上は授乳を控えるようにしてください。アルコールの影響が薄まるといわれています。また、2時間以降もママ自身がアルコールが残っていると感じるようであれば、それ以上間隔を空けるようにしましょう。

その場合、必要に応じて搾乳をしておきましょう。あまり時間が空き過ぎると乳腺が詰まる可能性があります。

ご参考に、飲酒運転防止のためのガイドラインによる1時間あたりのアルコール分解速度の男女共通平均値4gを基準にして(※2)、お酒の種類別に空けたい間隔目安をご紹介します。

お酒の種類アルコール度数(%)飲酒量アルコール量が消えるまでの時間☆
ビール5%350ml3時間30分
缶チューハイ5%350ml3時間30分
ワイン12%120ml2時間53分
日本酒15%180ml5時間25分

☆アルコール量が消えるまでの時間=アルコール量(g)*÷4(g)

*アルコール量(g)=アルコール度数(%)÷100×飲酒量(ml)×0.8

酔いがさめていても授乳はNG

飲酒後でも酔いがさめていれば「すぐに授乳をしても大丈夫だろう」と考えるママがいます。

しかし、アルコールを摂取してから、30~60分後に血液中の濃度が最大になるといわれており、酔いがさめたとしてもアルコールはまだ血液内に残存しています。体内からアルコールが完全に抜けるには時間がかかります。

もともとお酒には強く、すぐに酔いからさめる人であっても、授乳するタイミングは飲酒から間隔を置かなくてはいけないことを知っておきましょう。

飲み過ぎてしまったときは1日置くのが理想的

久々の飲み会などでお酒を飲み過ぎてしまい、飲酒量やアルコール度数がわからないときは、意識的に授乳までの間隔を長く空ける必要があります。

一般的に、よほどの深酒でない限り、1日経過すればアルコールが血液中に残存しているとは考えにくいそうです。

ただし、前述のとおりアルコールの分解速度には個人差があるため、そもそも授乳中は飲み過ぎないよう注意することが大切です。

授乳中のアルコールとの付き合い方

注意

飲酒後の授乳の間隔のほかにも、授乳中のアルコールとの付き合い方について、次のような点も知っておきましょう。

飲酒は授乳頻度が減少してから

授乳回数が頻回な新生児や低月齢のうちは、リスクを回避するためにもお酒を我慢するようにしましょう。

授乳間隔が4時間ほど空けられるぐらいになれば、仮にアルコールを摂取しても、授乳の間隔を空けられるので安心です。

水をたくさん飲む

アルコールを摂取するときは、水を多めに飲むように心掛けてください。水分を同時に摂ることで、アルコールの血中濃度を比較的低く抑えることができます。

少量のお酒入りのお菓子は食べても大丈夫

洋酒など、お菓子やケーキの風味づけにアルコールが含まれていることがあります。一般的に、お菓子に含まれている程度のアルコールの量であれば、過度に気にしなくてもよいとされています。

ただし、「お子様は控えてください」など注意書きがあるようなお菓子はアルコール度数が強い可能性があるので、控えた方が安心です。

ノンアルコール飲料や栄養ドリンクの摂り過ぎにも要注意

ノンアルコール飲料には実はごく少量のアルコールが含まれている可能性があります。ただし、1%未満の大変低い濃度のため影響は大きくないと考えられていますが、できるだけ避けた方が安心でしょう。

また、栄養ドリンクにもアルコールを含んでいるものがあるため、注意が必要です。「授乳中にも飲める」と記載があるものを選ぶとよいですね。

授乳中のアルコールは赤ちゃんのためにも控えよう

アルコール ビール

授乳中の飲酒は、赤ちゃんへの影響を考えると、禁酒するのが一番でしょう。授乳中のアルコール摂取が、かわいい赤ちゃんにリスクを伴うことであるならば、禁酒もつらくないかもしれません。

ただ、ストレスが溜まりママ自身にかえって悪影響をもたらす場合は、タイミングを見計らい、一口程度にとどめるようにしてください。

授乳期間は、長い育児生活を考えるとそう長い期間ではありません。「あのときアルコールを我慢していなければ…」と後悔することのないように、授乳期間を大切に過ごしてくださいね。

※1 参考文献:厚生労働省 たばことお酒の害から赤ちゃんを守りましょう
※2 参考文献:独立行政法人 労働者健康安全機構 中国労災病院 治療就労両立支援センター

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter LINE@