【専門家監修】妊婦の足つぼマッサージは禁忌?妊娠中に押してはいけないつぼとは?

妊娠中は、むくみや便秘解消にと足つぼマッサージを受けたいと考える妊婦さんも多いことでしょう。しかし、刺激する足つぼによっては、お腹が張ってしまったり、禁忌とされている足つぼがあるという話も。

そこで今回は、妊婦さんは足つぼマッサージをしてもよいのか、禁忌のつぼ、足つぼマッサージを受ける際の注意点等をまとめました。

妊婦は足つぼマッサージを受けても大丈夫?

クエスチョン

妊娠中は、腰痛や足のむくみ、足がつってしまうなど、本当に様々な不調が身体に現れます。妊娠前であれば、足つぼマッサージやアロマテラピーなどに行き、すっきりリフレッシュしていたという人もいるでしょう。

しかし、妊婦さんの足裏の施術は、専門店以外では断られるケースが多いのが現実です。「妊婦さんでも行ける」といった足つぼのお店を選んで訪れる必要があります。

実は医学的な根拠はない

よく足裏には「子宮を収縮させるつぼがある」と耳にしますが、実は医学的には根拠はないと言われています。医師によっては、あまり強い刺激を与えなければ、リフレッシュする程度の足つぼマッサージであれば問題はないという見方もあります。

ただし、刺激するつぼによってはお腹が張ってしまう人もいます。医学的根拠がないからこそ、妊婦さん自身がきちんと体調を見極めながら無理をしないことが大切です。

妊婦に足つぼマッサージが禁忌とされてきた理由とは?

足つぼ マッサージ

妊婦さんにとって禁忌と捉えられがちな足つぼマッサージ。それには次のような理由が考えられています。

妊娠中は通常よりも強い効果が現れてしまう

足裏に張り巡らされている自律神経。妊婦さんの場合は自律神経のバランスが乱れていて過敏になっています。

妊娠中の不調を治すために足つぼマッサージをすると、過敏状態の自律神経を刺激することになり、想像以上に効果が現れてしまうことがあるそうです。

妊娠初期に押してはいけない禁忌のつぼがある!?

足つぼマッサージには、特に安定期前の妊娠初期の妊婦さんに影響を与えかねないつぼが存在します。下記は特に注意すべきつぼとして知られています。マッサージの際は、必ず専門家に相談することをおすすめします。

●三陰交(さんいんこう)

足首内側にあるくるぶしの上に位置する足つぼ。くるぶしの中央部分に置いた指から数えて4本目の場所にあります。

三陰交は、3つの経絡が交わるつぼで、生理痛や生理周期の乱れの緩和、足のむくみや下痢の解消など女性にうれしい効果が期待できます。また出産を控える妊婦さんには、陣痛促進や逆子にも効果があると言われていますが、妊娠初期に刺激してしまうと予期せぬことが起こる可能性も。

●太衝(たいしょう)

足の甲、親指と人差し指の間の下にあるつぼです。両指の骨がひとつに繋がるところの、最もへこんだ部分に該当します。

イライラや憂うつな気分の緩和の効果がある一方、三陰交と同じく陣痛を促す効果があるとされており、妊娠初期の妊婦さんは避けたほうが良いとされています。

●湧泉(ゆうせん)

湧泉は、足指をギュっと閉じた時に、人差し指の下部にできる“くぼみ”にあり、「生命の泉が湧き出る」と言われるつぼです。血流促進やむくみ解消、便秘などに効果があると言われています。

一方で、子宮への血行を良くすることから、安定期前の妊婦さんには注意すべきつぼとされています。

妊婦が足つぼへ行くおすすめの時期は?

妊婦

妊婦さんが足つぼマッサージをするのであれば、安定期に入る16週以降の妊娠中期からがよいでしょう。妊娠初期は母子共に不安定な時期なので、足つぼに限らず、無理をしないことが大切です。

安定期は母体が安定し始める頃なので、安全に足つぼマッサージをおこなえば血流がよくなり、母体から胎児に栄養を適切に届けることができます。また、妊婦さんのマイナートラブルである、便秘やむくみなどによる身体の不調を改善してくれる効果も期待できます。

妊婦が足つぼを受ける場合の注意点

注意

妊婦さんが安全に足つぼマッサージをするために、4つの注意点をご紹介します。

1.足つぼの知識がない人は押さない

素人が足つぼを刺激すると、押してはいけないつぼや箇所を誤って押してしまう恐れがあります。妊婦さんの足つぼマッサージは、専門医や信頼できるお店で施術してもらいましょう。妊婦さん専用のコースがある店舗を選ぶと安心ですね。

2.食後はつぼを刺激しない

食後は、内容物を消化するために全身の血液が胃腸に集中します。消化のタイミングで足つぼを押してしまうと、血液が胃に届かず別の部分に流れてしまい、胃の内容物を全て消化することができなくなってしまいます。これにより便秘が悪化する可能性も考えられます。

消化不良を起こさないためにも、食後から少なくとも1時間置いてから足つぼマッサージをするようにしましょう。

3.つぼはやさしく刺激する

強めの足つぼマッサージが好きだからといっても、妊婦さんの足つぼは強く押してはいけません。もともと足つぼマッサージは「痛気持ちいい」程度の強さが最適といわれています。気持ちよいと思うくらいの“ほどほど”の力で刺激してもらうようにしましょう

4.つぼは長時間押してはいけない

つぼを押す時間も重要なポイント。妊婦さんの足つぼマッサージは長時間の刺激は禁忌。10分程度で終わらせるようにしてください

妊婦の足つぼは専門医に相談しよう

医師

妊婦さんは、身体の不調を訴えても安易に薬を飲むこともできません。そんなときに足つぼマッサージで症状を緩和させたいと思うかもしれませんが、特に妊娠初期の施術はおすすめできません。

安定期以降は無理のない範囲で足つぼマッサージをおこなうことも可能ですが、妊娠初期から切迫による安静指示が出たことがある人や、安定期以降もつわりが続く人、お腹が張りやすい人、妊娠糖尿病や妊娠高血圧の診断が出ている人は、体調の変化や施術の刺激に敏感に反応する傾向があるため注意が必要です。

ツボ押しはご自身でおこなうと圧の加減が難しいため、上記の既往がある人はご自身でのツボ押しは避けましょう。

妊娠中にツボ押しやマッサージを受けたい場合は、事前に産婦人科の医師または助産師に相談の上、国家資格を有する専門家が在籍する治療院で施術を受けることをおすすめします。

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter LINE@