新生児落屑とは?いつまで?皮がむけたらローションで保湿ケアを

生まれてしばらくすると赤ちゃんの皮膚がむけてカサカサになってきた、と驚いた経験はないでしょうか。これは新生児落屑(しんせいじらくせつ)といい、特別な病気ではありません。新生児落屑について、原因、いつまで続く症状か、ベビーローションでの保湿の必要性などをまとめました。事前に知識を見に付けておくことで、慌てることなくケアをしてあげましょう。

新生児落屑とは?

新生児

新生児落屑(しんせいじらくせつ)、初めて耳にしたという人もいるかもしれません。新生児落屑とは、新生児の顔、頭皮、全身の薄い皮膚がポロポロとはがれ落ちてむけてしまう現象です。皮膚がむけるとカサカサに乾燥してしまうので、初めて見ると驚いてしまうママもいますが、特別な病気ではありません。

ただ、すべての赤ちゃんに新生児落屑が起こる訳ではありません。まして、新生児落屑が起こらない方が多いようです。心配であれば、お産の入院中に医師に聞いておくと安心ですよ。

新生児落屑はいつからいつまで起こるもの?

いつから いつまで 時期

新生児落屑が起こる時期は、個人差はあるものの、一般的には出生から生後1週間前後から生後1ヶ月の間に起こります。

生後1ヶ月以降に起こる、皮膚トラブルや湿疹、カサカサは新生児落屑ではなく、乳児期特有の肌荒れ「乳児湿疹」である可能性が高いでしょう。

新生児落屑の原因は?

? 原因 理由

赤ちゃんはママの胎内にいるとき、「胎脂」という白いロウ状の油分の膜に包まれて保護されています。生まれるときも全身に胎脂がついたまま生まれてきます(胎脂の量は個人差があります)。生まれたあとも、胎脂が赤ちゃんの皮膚の潤いを保ち、外気から保護してくれる役割を担っています。

しかし、出生から数日経つと、胎脂が徐々に乾いてきて皮膚がむける現象が起こります。これが新生児落屑です。

赤ちゃんを保護してくれる油膜がなくなるため、新生児落屑が起こった後は、顔や頭皮、全身がカサカサに乾燥しがちになってしまいます。

新生児落屑の皮は無理やり剥がさないで

注意 医師

新生児落屑が起こると、赤ちゃんの顔や頭皮、全身の皮膚が少しずつカサカサとむけてきます。ついついペリペリと剥がしたくなってしまいますが、無理やり皮を剥がすのはよくありません。

新生児落屑は毎日少しずつ剥がれていきます。沐浴やお風呂の際にやさしく撫で洗いしてあげながら、いずれきれいになるのを待ちましょう。

無理に剥がしてしまうと、赤みや湿疹の原因に。傷口から菌が炎症してしまうこともあります。傷ついたり赤みが長引くようであれば、小児科に相談しましょう。

新生児落屑はローションで保湿ケアをしよう

新生児 落屑 皮膚

新生児落屑は経過を見ていればそのうちきれいになるので、基本的には特別な対処は必要ありません。一方で、胎脂がなくなると肌はカサカサに乾燥してしまうので、ベビーローションなどによる保湿ケアが効果的です。

赤ちゃんの肌機能はまだまだ未熟で、皮膚が薄いことから保水力がなく、外部刺激から守るためのバリア機能も備わっていません。保湿ケアが十分でないと、乳児湿疹、またアトピー性皮膚炎に繋がってしまう可能性もあります。

特にお風呂上がりは水分が蒸発しやすいため、ベビーローションといった赤ちゃん専用の伸びのよい保湿剤でケアしてあげましょう。

次の関連記事では、赤ちゃんにおすすめのベビーローションを詳しくご紹介しています。併せてご参考ください。

新生児落屑と間違えやすい乳児脂漏性湿疹

乳児 脂漏性湿疹

新生児落屑と間違えやすい肌荒れに乳児脂漏性湿疹があります。生後2~3ヶ月頃までの新生児の赤ちゃんに起こります。全身に起こるものではなく、赤ちゃんの首から上、顔やおでこ、頭皮に、うろこのような皮脂の黄色い塊ができる症状です。皮脂が固まっている状態なので、頭皮から匂いがすることがあります。

新生児落屑と同じように特別な病気ではありませんので、基本的には経過を見守ることで対処しましょう。清潔と保湿ケアを心掛けていれば、症状は徐々に改善されます。黄色い塊を無理やり剥がしたりしないように注意してください。

新生児落屑は赤ちゃんの身体が外部環境に慣れるためのステップ

新生児 落屑 肌

生後1週間前後~生後1ヶ月頃の間に、新生児の薄い皮膚がむけるのが新生児落屑の特徴です。赤ちゃんによって起こったり起こらなかったり、個人差はあるものの、特別な病気ではありません。

新生児落屑は、ママの羊水の中で胎脂に守られていた赤ちゃんの身体が、外の環境に慣れるための大切な成長のためのステップだといえます。一生懸命この世界に順応しようと頑張っているかと思うと、赤ちゃんがいとおしくなりませんか?

新生児落屑で皮がむけたら、無理やり剥がすようなことはせずに、保湿ケアをしながら経過を見守りましょう。それでも、皮膚に赤みが出たりしたら、小児科や皮膚科に相談してみてくださいね。

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter