ベビーローションは顔に塗っても大丈夫?もし口に入れてしまったら?

ベビーローション-顔_191101

「全身ケアできるベビーローションって、そもそもどこまで使っていいの?」と疑問に思う人は少なくないはず。

赤ちゃんのにも使えるのでしょうか?もし口に入れてしまった時はどうしたらいいのか?今回は、ママ達のそんな気になる疑問についてお答えします。

そもそもベビーローションは顔にも使った方がいいの?

赤ちゃん 保湿

結論から言うと、赤ちゃんの顔にもベビーローションを使い保湿したほうが良いと言えます。

赤ちゃんの皮膚は大人の半分ほどの薄さしかなく、肌のバリア機能や保湿力も低いため、乳児湿疹などの肌トラブルを招くケースも。

乳児湿疹は顔にも出やすい症状です。皮膚が薄い赤ちゃんにとって乾燥は大敵!ベビーローションをしっかり顔にも塗り、保湿をするようにしましょう。

【生後2ヶ月】新生児ニキビや脂漏性湿疹に注意

ママのホルモンの影響を受けやすい生後2ヶ月までの乳児は皮脂分泌が活発です。皮脂の過剰分泌によって毛穴に詰まった皮脂は、新生児ニキビや洗い残しなどによって脂漏性湿疹の原因になります。

脂漏性湿疹は、顔や頭部にできる黄色いかさぶたのような湿疹で、かゆみはありません。

ケア方法は1日1回の沐浴やお風呂で清潔な肌を保つこと。水温が高すぎると皮脂は簡単に流れてしまうので注意しましょう。ベビーソープの洗浄液が残らないようしっかり洗い流すことも大切です。

沐浴後は乾燥対策として、ベビーローションを顔から体まで全身に適量塗りこみ保湿を。特に顔のほっぺや口周り、お腹は皮脂がほぼなくカサカサしやすいため、重点的に保湿してあげましょう!

【生後3ヶ月以降】乾燥による乳児湿疹に注意

一方で、生後3ヶ月以降は皮脂の分泌は減少し、季節を問わず乾燥しやすくなります。

カサカサした肌はかゆくなり、赤ちゃんは無意識のうちにかいてしまいます。炎症が起こるとそこから菌が入り込み、ひどい場合はジュクジュクの乳児湿疹を引き起こすことがあります。

顔や体にベビーローションをしっかり塗って保湿してあげることで、肌のバリア機能が正常に働き、健やかな肌へと導いてくれます。

もし顔に塗ったベビーローションが口に入ってしまったら?

ベッドで驚いた表情の赤ちゃん

気を付けてベビーローションを顔に塗ったとしても、指をくわえた時に赤ちゃんの口にベビーローションが入ってしまう…なんて経験はありませんか?

基本的に赤ちゃん用として作られているベビーローションの多くは、舐めても大丈夫なように作られています。そのためもし口に入ってしまっても、慌てる必要はないので安心してください。

とはいっても、ベビーローションはあくまでも化粧品。大量に口の中に入れてもよいものでもありません。

誤ってベビーローションをたくさん誤飲してしまった場合は、取り除くか拭き取るようにし、経過を観察して赤ちゃんの様子に異変がないかチェックしてください。異変があればすぐに病院で診てもらいましょう。

そもそもなぜ赤ちゃんは何でも口に入れたがるの?

赤ちゃん 顔 指くわえる

赤ちゃんといえば、触れたものをなんでも顔に近づけて口に入れてしまうところがありますよね。ヒヤリとした経験を持つママも多いのではないでしょうか。目が離せず困っているママも多いはず。

ではそもそも、なぜ赤ちゃんはそのような行動をするのでしょうか。実はちゃんとした理由があったのです。

赤ちゃんは「口でものを見ている」

赤ちゃんはまだ目がよく見えず、触って判断する力がほとんどありません。最初に発達するのは、毎日の授乳を通して発達する口周りの感覚や筋肉です。そこで、赤ちゃんは舌を使ってものの情報を得ていると言われています。

この「口でものを見る」感覚を「共感覚」と呼びます。この共感覚は成長とともに消えていくので、終わる時期には個人差がありますが、大きくなると口に物を入れる行動が次第になくなっていきます。

舐めることが学びになる

赤ちゃんが新しいものや自分の存在を知るには、舐めることも重要になります。そうすることで、学びや遊びになっているのです。

ただし、なんでも口に入れて良いわけではありませんので、ベビーローションなど肌に塗る化粧品は、大人が衛生面や安全面をしっかり確保してあげたうえで、赤ちゃんの行動を見守ってあげることが大切です。

顔にも塗りたいから!ベビーローションをより安心して選ぶための注意点

赤ちゃん 顔 おもちゃ

顔にも塗るからこそ、より安全なベビーローションを使いたいですよね。赤ちゃんに使う際は必ず、「ベビー用」と書かれたものを使いましょう。さらに以下のポイントに注意すると、より安全なベビーローションを選べるはずです。

ただし、使用後にかゆそうな行動をとっていたり、肌が赤くなっているなど気になることができたら、すぐに該当商品をもって病院に連れて行きましょう。

◇ベビーローションを選ぶ際のポイント

  • 「ベビー用」と書かれているもの
  • 天然由来の原料を使っているオーガニックのもの
  • オーガニック認証を取得している
  • 無添加、無香料、無着色など低刺激のもの
  • 「舐めても大丈夫」などの記載がある

ベビーローションで顔も体も全身トラブル知らずの肌へ!

赤ちゃん 肌 健康 ママ

赤ちゃんの肌を守るためには、できるだけ早い時期からのスキンケアを。トラブルを起こしてからではなく、起こさないよう予防することが肌を健康にツルツルに保つためには重要。

ベビーローションは保湿剤のなかでもさっぱりとした使いやすい使用感です。朝や外出前など気になったときに、顔や体に気軽にさっと塗れるので重宝します。肌質や季節に合わせて、乾燥が気になるときは、朝はベビーローション、夜はベビークリームと、時間帯でスキンケアアイテムを変えるのも手。毎日のケアで赤ちゃんの肌を守ってあげましょう。

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter LINE@