出産準備はいつから?入院に必要なセットや費用までをご紹介!

妊娠後期の妊婦さんの関心ごとのひとつとして出産準備がありますよね。「出産準備はいつから始める?」「入院時に必要なセットは?」「出産準備の費用はどれぐらい掛かるの?」これから出産を控える妊婦さんはぜひご参考ください。

出産準備はいつから始める?

妊婦 出産準備

妊娠がわかると、次は出産に向けて何を準備したらよいのかワクワクしますよね。実際にベビーグッズを販売しているお店へ行くと、本当に数多くの種類の出産準備用品があり「結局何を準備すればよいの?」と困った経験をしたことはないでしょうか。

妊娠が発覚したら、まずはサプリメントや妊娠線予防クリーム、ヒールのない歩きやすい靴など、すぐに使うものを用意しましょう。その後、お腹が大きくなってきたらマタニティウエアやマタニティパジャマなどを揃えていきます。

入院セットやベビーグッズなど本格的な出産準備は、28週頃、妊娠後期に入ってからで十分間に合います。入院時から産後も使えるものを意識しながら揃えていくと失敗が少ないですよ。

また、出産準備品は病院が用意してくれるものや、病院から指定されるものがあるので事前に確認しておきましょう。

出産準備の費用はどのくらいかかるの?

お金 いくら 貯金箱

出産準備品は、もちろん商品にもよりますが、目安として、ママに必要なグッズを揃えるのにおよそ3・4万円~(マタニティウェアは含みません)、赤ちゃんに必要なベビーグッズには15万円前後の費用が掛かると考えておくとよいでしょう。

もちろん、次にご紹介する出産準備意外にも、人によって必要なものはいろいろと出てくるかもしれません。

出産準備に必要な入院セットリスト!

病院 入院 産科

まずは、出産準備として必要な入院セットをご紹介します。一般的な費用の目安と併せてご紹介します。

マタニティパジャマ・ルームウェア

●2セット
●費用目安:4,000円~

入院中や産後の夜間授乳を考慮すると、前開きのマタニティパジャマがあると便利ですよ。最近ではかわいいデザインが増えています。

授乳ブラジャー(ハーフトップ)

●3~4着
●費用目安:4,000円~

妊娠時期が進むにつれてバストサイズが変化します。入院時には授乳ブラジャーを用意しておくと産後も役立ちます。

キャミソール・タンクトップ(肌着)

●2~3枚
●費用目安:2,000円~(普段使っているものでOK)

出産準備として用意する肌着は、大きなお腹を締め付けないゆったりめのものや、前開きのデザインになっていると、診察や授乳に便利です。

産褥ショーツ

●3~4枚
●費用目安:2,000円~

出産直後は、悪露(おろ)が出るので、防水加工で開閉がしやすい産褥ショーツが必要です。病院で指定のものを用意してくれる場合があります。

産褥パッド(ナプキン)

約1ヶ月分
●費用目安:1,500円~

産褥パッドは、病院で準備してくれるケースが多いようです。産後の悪露はおよそ1ヶ月程度続くので、自分でも用意しておくと安心です。

靴下(着圧ソックス)

●3組~
●費用目安:3,000円~

冷えを防ぐためにも靴下は必須。産前・産後はとてもむくみやすいので、病院から着圧ソックスが支給されることも。病院の指定がなければ自分でも用意しておくとよいですね。

骨盤ベルト・産後ニッパー

●1~2個
●費用目安:2,000円~

病院では出産直後から産後ニッパーや骨盤ベルトの着用をすすめられることが多いです。子宮の回復を進めたり、開いた骨盤を引き締める効果があります。

タオル、洗面道具、スリッパ

●それぞれ必要な種類と数に応じて
●費用目安:2,000円~

日用品や身の回り品など、病院にも確認して入院に必要なものを揃えておきましょう。

カメラ、ビデオカメラ

●1台
●費用目安:8,000円~

立ち会い出産の場合は、パートナーに分娩中を記録してもらうのも◎。生まれたての赤ちゃんとの記念撮影は思い出になりますよ。

マザーズバッグ

●1個
●費用目安:5,000円~

入院時から赤ちゃん用品は使うので、マザーズバッグも出産前に用意しておきましょう。マザーズバッグの中身、赤ちゃんグッズについては、以下で詳しくご紹介します。

出産準備として必要なベビーグッズリスト

新生児 ベビーグッズ

赤ちゃんグッズはどんどん必要なものが増えていきますが、出産準備として最低限揃えておくと便利なものをリストアップしました。一般的な費用の目安と併せてご紹介します。

入院時には、哺乳瓶など病院で用意してくれるものとそうでないものがあるため、次の中から何が必要か事前に確認しておきましょう。

衣服

  • 短肌着・長肌着(50~60cm)・・・2~3枚、3,000円~
  • セレモニードレス・ベビードレス・・・1枚、2,000円~
  • おくるみ・・・1枚、1,500円~
  • ミトン・・・1組、300円~
  • 赤ちゃん用肌着洗い洗剤・・・1個、1,000円~

哺乳瓶、授乳グッズ

  • 哺乳瓶(120~150ml・200~250ml)・・・各1本、1,500円~
  • 哺乳瓶消毒器・・・1個、1,000円~
  • 搾乳器・・・1個、2,000円~
  • 母乳パッド・・・1パック、500円~
  • 授乳クッション・・・1個、3,000円~
  • 授乳ケープ・・・1枚、1,000円~

スキンケア生活用品、衛生用品

  • ベビーバス・・・1個、1,500円~
  • バスタオル・・・2枚、1,000円~
  • ガーゼハンカチ・・・10枚、500円~
  • 風呂用温度計・・・1個、500円~
  • ベビー用爪切り・・・1個、600円~
  • ベビーソープ・・・1個、1,000円~
  • ベビーローション・・・1本、2,000円~

おむつ

  • 紙おむつ・・・1パック、2,000円~
  • おしりふき・・・1個、500円~
  • おむつゴミ箱(必要に応じて)・・・1個、3,000円~

ベビーベッド

  • ベビーベッド・・・1台、15,000円~
  • 布団セット・・・1組、6,000円~
  • 防水シーツ・・・1枚、1,000円~

ベビーカー、抱っこ紐

  • A型ベビーカー・・・1台、50,000円~
  • ベビーカー用レインカバー・・・1個、1,500円~
  • 抱っこ紐・ベビーキャリー・・・1個、15,000円~
  • チャイルドシート・・・1台、10,000円~

出産準備で知っておきたいこと

肌着 ベビー グッズ 出産準備

ゆとりを持って出産に臨むためには、いつから、何を揃えるか、計画的な出産準備は大切なこと。当記事では、出産準備に最低限必要なものをリストアップしたつもりです。しかし、人によっては不要だったり、せっかく買っても2~3回しか使わなかったりするものがあるかもしれません。

また、出産準備の内容は赤ちゃんが生まれる季節によっても左右されます。まずは張り切りすぎずに必要最低限のものを準備するようにして、必要なものはその都度購入していく方が費用面でも合理的ですよ。育児で買い物へ行けないママでも、今ではネットショッピングですぐに何でも手に入ります。

ほしいと思った出産準備品は即時購入はせずにまずはチェックしておいて、ママ友の口コミを参考にしたり、妊婦検診の際に看護師さんや助産師さんに相談してみるのもよいかもしれませんね。

出産を控えたママたちにとって、合理的な出産準備、快適なマタニティ・産後生活が送れるとよいですね。

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter LINE@