【医師監修】赤ちゃんのサーモンパッチの原因は?消えないの?レーザー治療すべき?

サーモンパッチとは、赤ちゃんの顔にできる赤いあざ(母斑)です。サケの赤い模様に似ていることが名前の由来の症状。おでこやまぶた、鼻の下など、顔の目立つ部分にできるため「消えないままだったらどうしよう?」と心配になるママも多く、どのような治療をすべきなのかも気になります。今回は、サーモンパッチの原因や症状、レーザー治療などについてご紹介します。

サーモンパッチとは?どんな症状?

新生児 赤ちゃん

サーモンパッチとは、赤ちゃんの顔に現れる、境目のはっきりしない平らでピンクよりの赤いあざのことで、あざの色が産卵期のサーモン(サケ)に現れる赤い模様に似ていることから「サーモンパッチ」と名付けられました。

正式名は「正中部母斑」といい、医学用語で「正中」は、身体の左右の真ん中に位置するところを意味します。おでこの中央、上まぶた、鼻の下、上唇といった、顔の中心にうっすら出るのが特徴です。

あざは皮膚の盛り上がりはなく、赤ちゃんに痛みやかゆみは伴いません。

新生児のサーモンパッチの発症率は2~3割程度といわれており、決して珍しい症状ではありません。

新生児・赤ちゃんにできる赤いあざには、サーモンパッチの他にも、苺状血管腫や単純性血管腫(ポートワイン母斑)、ウンナ母斑が挙げられます。

単純性血管腫(ポートワイン母斑)との違いは?

サーモンパッチとよく似ている赤いあざに、単純性血管腫(ポートワイン母斑)があります。

単純性血管腫(ポートワイン母斑)は、あざの境目がはっきりしている点と、顔を中心に腕や脚など全身にできる点が、サーモンパッチとの主な違いです。

また、サーモンパッチのように成長と共に自然に消えることはありません。レーザー治療で薄くすることは可能なため、早期に専門の医療機関を受診する必要があります。

サーモンパッチの原因は?

毛細血管のイメージ図

サーモンパッチは、毛細血管の異常増殖が原因で起こります。顔の中心にある毛細血管が何らかの理由で拡張して、赤血球の色が皮膚の表面に浮き出ることによって、赤あざのように見えるものです。

しかし、なぜ毛細血管が拡張するのか、その原因についてははっきり判明していません。

サーモンパッチは生まれた時からできるあざなので、「妊娠中の過ごし方が悪かったのかも」とママが自分を責める必要はありません。例えば、妊娠中の打撲や栄養不足、遺伝などによる原因は関係なく、防ぎようのない症状のひとつといえます。

サーモンパッチは成長と共に自然に消えるの?いつ消える?

ハイハイしている赤ちゃん

サーモンパッチは命に関わる病気ではありませんが、顔の目立つ部分にできるため、ママ・パパとしては「一生このままなのではないか」「いつ消えるのか」と不安になってしまうもの。

サーモンパッチは、赤ちゃんが成長するに伴い皮膚が厚みを増すことで、自然と目立たなくなるケースがほとんどです。

日本皮膚科学会によると、「正中部母斑は生後1年半以内に大部分は自然消退するので、治療をおこなう必要はない」としており、また、「正中部母斑は新生児の20~30%にみられるので、正中部母斑の可能性があるものは生後1年半様子をみて、消退しないものに対してレーザー治療をおこなうのがよい(※1)」との記載もあります。

ほとんどのサーモンパッチの症状は、成長に伴って自然に消えるので過度に心配しなくて大丈夫。焦らずゆったりとした気持ちで、赤ちゃんの様子を見守ることも大切です。

ただし、1歳~1歳半を過ぎてもあざが消えないという場合は、専門医のもとでしかるべき治療をおこなうことをおすすめします。

サーモンパッチが消えない場合の治療方法は?

病院で診察を受ける赤ちゃん

一般的に、3歳を過ぎてもサーモンパッチが消えない場合は、大人になっても赤あざが残る可能性が高くなります。

1歳~1歳半を過ぎたタイミングで、治療をすべきかどうか、一度専門の皮膚科で相談してみるとよいでしょう。

サーモンパッチは外用薬や内服薬では効果が得られないため、「レーザー治療」が主流になります。

レーザー治療の内容や費用

サーモンパッチの治療には「色素レーザー」と呼ばれるレーザーを用います。血液中のヘモグロビンの赤い色にのみ反応する波長の光を当てることによって、異常に拡張した毛細血管を破壊します。

正常な皮膚にはダメージを与えることなく、気になる赤あざだけを消すことができる方法です。

皮膚の浅い部分にあるサーモンパッチは、1~2回の照射で消失させることが可能。深いところにあるサーモンパッチでも、4~5回ほど繰り返すことによって、ほとんど目立たなくなります。

費用は病院によって異なりますが、サーモンパッチのレーザー照射の大半は保険が適用されるため、経済的な負担を抑えることができます。

レーザー治療のデメリット

目にレーザーの光が当たると失明するリスクがあるため、目周りのサーモンパッチのレーザー治療には危険が伴うことを理解しておく必要があります。

また、レーザーで処置をすると、少しの痛みを伴います。ゴムをはじくような軽い痛みですが、小さな子供の体にとっては負担になるかもしれません。

乳幼児の場合は、動いてしまうことも考えられるので、全身麻酔をするケースもあります。

しかし、乳児期の赤ちゃんはまだ意思がはっきりとしていないので、かえってレーザー治療がやりやすい、という考えもあります。成長するにつれて痛みに対する恐怖も増していくためです。

いずれの場合も、まずは早期に受診し、医師と治療の進め方をよく相談してください。

サーモンパッチと診断されたらまずは気長に見守ろう

赤ちゃん ママ 見守る

サーモンパッチはおでこやまぶた、鼻の下など顔の目立った箇所にできるため、親としてはどうしても気になってしまうもの。ただし、ほとんどの場合が1~2歳頃には自然に消えるといわれています。

ママ・パパが過剰に反応したり気にしたりせずに、まずは気長に成長を見守りましょう。

もしもサーモンパッチが消えずに残ったとしても、レーザー治療で薄くすることは可能です。治療を開始するタイミングや方法、デメリット、費用など、少しでも不安に思うことがあれば一人で悩まずに病院で相談してくださいね。

※1 参考文献:皮膚科Q&A アザとホクロ

関連キーワード

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールママをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter LINE@