乳児湿疹は母乳が原因?ママが気を付けたい食事や食べ物とは

新生児や乳児によく起こる乳児湿疹。その原因のひとつが母乳にあると考えられています。母乳育児の場合、赤ちゃんの栄養となる「母乳の質」はママの食事や食べ物に左右され、乳児湿疹や赤ちゃんの体に影響を与えます。そこで今回は、乳児湿疹と母乳の関係、気を付けたい食事や食べ物についてご紹介します。

乳児湿疹の原因は母乳?

乳児湿疹 赤ちゃん 肌荒れ

乳児湿疹とは生後間もなくから1歳くらいまでに、赤ちゃんの顔や体に起こる肌荒れ症状の総称です。

ほとんどの乳児湿疹の場合は、清潔と保湿ケアを徹底していれば自然と治まっていきますが、まれに症状が悪化してしまい、強いかゆみや赤くジュクジュクにただれてしまうことがあります。

症状がひどい場合は、医療機関を受診するなど、早めに対処することが必要です。

乳児湿疹の主な原因は皮脂の過剰分泌や乾燥

乳児湿疹の主な原因としては、生後2ヶ月頃までは皮脂の過剰な分泌による毛穴の詰まり、生後3ヶ月以降は急激に進む肌の乾燥が一般的です。

母乳の質も乳児湿疹の原因のひとつ

ただし、乳児湿疹の原因のひとつとして、母乳が関係していることも少なからず否定できません。

基本的に、母乳は血液の成分と同じで、血液の成分は恒常性があり一定の範囲内に収まっています。そのため、ママの食事の内容によって母乳の成分や味は大きく変化することはないですが、微量に影響を受けます。

母乳育児の場合、赤ちゃんの栄養源は母乳に依存することになるため、母乳の質は赤ちゃんの健康に関係してくるといえます。

そのために、母乳の質がよくないと赤ちゃんの肌にも影響を与えて、乳児湿疹に繋がってしまう可能性があるようです。

乳児湿疹が出たら母乳は断乳した方がよいの?

授乳 中 母乳

母乳育児中に赤ちゃんに乳児湿疹ができてしまったとき、どうしたらよいのでしょうか。

乳児湿疹の原因のひとつに母乳が関係している可能性はあるものの、だからといって母乳育児をやめる必要はありません。

母乳には赤ちゃんに必要な免疫物質や栄養がたくさん含まれているため、母乳はできるだけ続けてあげる方がよいでしょう。

赤ちゃんに乳児湿疹が見られたときは、まずは基本のスキンケアを毎日おこなうこと。それでも乳児湿疹が改善されないとき、母乳が原因かと疑われるときは、ママ自身の食事内容を見直してみてください。

以下では、具体的に乳児湿疹の原因となり得るママの食べ物、母乳の質をよくする食べ物についてまとめています。

乳児湿疹の原因に!母乳の質を悪くする食事や食べ物

ジャンクフード 食事

母乳は乳腺で血液をもとにしてつくられており、ママが食事で摂取する食べ物が関係しています。

例えば、授乳中のママが次のような脂っこい食べ物や甘いお菓子ばかりを食べていると、脂肪分や糖分が多い母乳になる可能性があります。

  • 揚げ物
  • ハンバーガーやポテトなどのジャンクフード
  • 脂っこい肉類
  • チョコレートやケーキなどの甘いスイーツ
  • スナック菓子
  • 辛い食べ物
  • 塩分の多い食べ物

また、たんぱく質ばかり摂るなど、偏った栄養でつくられた母乳は、赤ちゃんが上手に消化しきれないことがあります。できるだけバランスのよい食事を心掛けましょう。

乳児湿疹の予防・改善におすすめの母乳をつくる食事や食べ物

和食 食事

乳児湿疹の予防や改善のために、母乳の質をよくするための食事のポイントをご紹介します。

和食中心の食事がおすすめ

母乳のために理想の食事は一汁三菜の和定食。さらには、産後に不足しがちなカルシウムや鉄分を意識して多めに摂取するとよいですね。

一度の食事ですべての栄養素を摂ることは難しいので、1週間のトータルで、たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルの5大栄養素をバランスよく摂るように心掛けましょう。

「赤ちゃんのお世話もあるし何種類も調理をするのは大変」という場合は、野菜をたっぷり入れた汁物や野菜炒めがおすすめ。調理も簡単で一品で多くの栄養を摂ることができます。

間食は食べ物を工夫する

授乳中はとにかくお腹が空いて、間食が増えてしまう人も多いはず。そんな時は、甘いお菓子や、脂質・糖分・塩分の高い食べ物ではなく、工夫して食べ物を選びましょう。

甘い食べ物が食べたい時はフルーツやふかしたサツマイモなどで糖分を摂取。それだけでは空腹が満たされない場合は菓子パンではなくおにぎりでお腹を満たしましょう。

少し口が寂しいときは、野菜チップスなど、できるだけヘルシーな食べ物がよいですね。

また、温かい飲み物は血行をよくして、空腹感を落ち着かせてくれるのでおすすめです。なるべくノンカフェインのものを選んで、甘みがほしい時には黒砂糖を使うとよいでしょう。

乳児湿疹だけじゃない、アレルギーも母乳と関係がある?

アレルギー アトピー 検査

乳児湿疹だけでなく、アレルギーと母乳も関係はあるのでしょうか。

確かに、ママが食べた卵や牛乳などのアレルゲンがごく微量に母乳中に混ざり、食物アレルギーを持つ赤ちゃんに反応が出るケースは否定できません。

ただし、授乳中のママが食事制限をしたところで、赤ちゃんのアレルギー発症率は変わらないとも考えられており、むやみに母乳育児をやめる必要もないでしょう。

また、母乳と粉ミルク、どちらがアレルギーが起こりにくいか、といった議論も答えがはっきりと出ていません。

アレルギーが心配される赤ちゃんの母乳育児については、まずは医師に相談してみるとよいでしょう。

並行して、質のよい母乳をあたえられるよう、食事内容の見直しや栄養バランスの整った食事を心掛けることも大切です。

乳児湿疹は良質な母乳とスキンケアで対策しよう

赤ちゃん 乳児湿疹

赤ちゃんにとって栄養いっぱいの良質な母乳のためには、ママが規則正しく、健全な生活を送ることです。栄養バランスのよい食事の他にも、こまめな水分を補給や、軽い運動、睡眠や休養を取ることも大切です。

母乳は乳児湿疹の原因のひとつである可能性がありますが、決してそれだけが原因ではありません。あまり思い悩み過ぎずに、過度な食事制限などはおこなわないようにしましょう。

あまり気にしすぎると、ストレスになって母乳が出が悪くなってしまうかもしれません。

また、乳児湿疹の予防・改善には、毎日のスキンケアが大切です。赤ちゃんの肌をできるだけ清潔に保つようにして、肌のバリア機能を高めるために、ベビーローションなどで保湿ケアをしてあげましょう。それでも乳児湿疹がひどいときは、小児科で相談してみてくださいね。

ママ&プレママに
おすすめの特集

シェリールをフォローして
最新情報を受け取ろう

Twitter